ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記

遅めの夏休みを利用した、二週間の中国旅行旅。これは偽物バックパッカーねこやまの、中国のんびり横断日誌です。

中国旅行記最終話 旅の終わりのハロウィン上海ディズニーランド

中国横断旅行も、遂に最終日。そのラストを飾るのは、やはりあの夢の国。人々の阿鼻叫喚が轟く上海ディズニーランドは、過去最速で時間が過ぎていった。

中国旅行記29 優しい上海上流人達と酔いの止まらぬ貴州茅台酒

見たこともない陶器のお酒を、ビール感覚でグイっと飲み干す。体内をめぐる高濃度のアルコールは、会話の潤滑油として最適だった。

中国旅行記28 場違いな上海上流階級とすれ違う会話のレベル

宿泊先を決めないままで訪問した、上海ホテル。そこでは思わぬ手厚い歓迎を頂戴する。そして誘われる、未知なる上海の世界。未体験の世界に、会話のすれ違いが止まらない。

中国旅行記27 遠慮のない紹興の夜と最終地上海の喧騒

心地良い騒がしさを感じながら、中国人たちの本気飲みを満喫する。周囲からは注意の声が上がることもなく、店員達も笑顔でその光景を眺めていた。

中国旅行記26 紹興の現代過去のコントラストと理想的な中国飲み

紹興の街並みを歩きながら、その現代と過去のコントラストに思いを馳せる。これからも進化するだろうこの街は、100年後には一体どんな光景になっているのだろう。

中国旅行記25 寝台列車の果物売りと懐かしき紹興の街並み

杯化から揺られること、約14時間。次の街に辿り着くまでには、楽しい笑顔に触れられた。そして到着した紹興では、コントラストの際立つ懐かしい街並みが迎えてくれた。

中国旅行記24 蹴りに怯える杯化の寝台列車とカップラーメンの真実

初めての超長距離移動に挑む、杯化の寝台列車。その唯一の懸念材料は、同室の方が既に爆睡していないかどうか、ただそれだけだった。

中国旅行記23 初めての超長距離移動と部屋が不安な杯化の寝台列車

お世話になった鳳凰にお別れを告げ、次の杯化へと出発する。そしてそこでの初めての寝台列車では、同室の方への底知れぬ不安が溢れていた。

中国旅行記22 感謝の鳳凰最終日ととことん素直な子供達

遂に最終日を迎えた、鳳凰の街。いつまでもここにいたかったが、次の紹興への寝台列車に向けて、大きなリュックを背負った。

中国旅行記21 声を失う夜・昼ダブルの絶景鳳凰川下り

最終日に差し掛かった、鳳凰旅行。そして残すは、思わず無言になってしまう川下り。昼と夜のその姿は、共に深い感動を与えてくれた。

旅行記20 全てに感謝したい湿布探しと夜の沱江川くだり

良く考えればこの中国奥地で、日本語が通じるわけもない。相方もちこの捻挫を治すべく、現地の薬局を探し当てる。しかしその難題は、中国語を話せない私にとっては試練だった。

中国旅行記19  息を飲む鳳凰の夕暮れと立ちはだかる言語の壁

夕方を迎える、中国鳳凰。明かりが落ちると同時に、街の雰囲気は超観光地へと姿を変えた。そんな時に起こった、小さな異変。中国語が話せないことが、これほど厄介なことになろうとは。

中国旅行記⑱ まだまだ続く昼の鳳凰散策とスーパーマーケット

昼も夜も私たちを楽しませてくれる、鳳凰の街並み。その散策は思わず長々と書き続けてしまう、不思議な魅惑に包まれていた。

中国旅行記⑰ 夜と表情を変える中国鳳凰の美味しい昼の表情

煌びやかな夜の姿を隠す、昼の鳳凰。昨晩とは違うその美しさは、まるで夜への準備をしているようだった。

中国旅行記⑯ 中国一美しい鳳凰古城を、手あたり次第に満喫する

極彩色で楽しませてくれる、七星公園鍾乳洞。その色合いに酔わされて市内に繰り出すと、そこにも煌びやかな夜が待ち構えていた。

中国旅行記⑮ 中国一美しいと言われる、煌びやかな念願の鳳凰古城

世界一美しい古城と呼ばれる、中国鳳凰古城。圧倒されるその優艶な光景は、私たちの想像を遥かに超えるものだった。

中国旅行記⑭ 二回目の桂林絶品米粉と、荷物を圧迫する奇跡のザーサイ

昼も夜も美しい、二度目の桂林の街。その現地感溢れる晩御飯と屋台のお土産は、忘れられない最高の味わいだった。

中国旅行記⑬ 驚きが加速する、七星公園鍾乳洞と芸術と動物。

極彩色で楽しませてくれる、七星公園鍾乳洞。その色合いに酔わされて市内に繰り出すと、そこにも煌びやかな夜が待ち構えていた。

中国旅行記⑫ 想像を超える、桂林七星公園鍾乳洞の未知の色合い

広大な象山景区を抜け、いざ二つ目の公園、七星公園に。そしてそこでは、私たちの想像を超える色合いが迎えてくれた。

中国旅行記⑪ 桂林で出会った絶品米粉と、体力を削り倒す象山景区

一日ぶりに戻った、桂林の街。そしてその市内に構える七星公園では、煌びやかな鍾乳洞が私たちを迎えてくれた。

中国旅行記⑩ 観光地価格の陽朔の夜と、香り立つ絶品料理

数々の食に悩み、心地良く酔いしれた陽朔の夜。しかし桂林に戻った私たちは、その街で再度この街の素晴らしさに気付かされた。

中国旅行記⑨ 想像以上に美しい桂林市陽朔の、ジブリ的なご飯たち

次々と楽しいイベントが押し寄せる、中国旅行。新しく到着した陽朔は、想像以上に美しく楽しい街だった。

中国旅行記⑧ 風光明媚な桂林川下りの景色に、色々洗われるの巻

今まで味わったことのない、圧迫感と恐怖感と美しさ。世界遺産桂林の川下りは、二週間の中国旅行における最大の記憶になった。

中国旅行記5 映画の様な平遥古城の夕刻と散財ナイト

未経験の世界に迎えられた、中国横断旅行。世界遺産 平遥古城の夜は煌びやかで、まるで時代感覚が異なる街並みだった。

中国旅行記4 魅惑の平遥古城と制御不能のレンタルバイク

少し煙たい、平遥古城の朝。初日と同じように、外から響く話し声で目が覚める。その声は大きく、まるで目覚まし時計の様だ。

中国旅行記3 騒がしい新幹線と世界遺産平遥古城の夜

最高に楽しかった、中国横断旅行。新幹線に揺られて到着した夜の平遥古城は、グッとくる街並みで迎えてくれた。

中国旅行記2 語彙力0の町中探索と初の快適新幹線

10月13日金曜日。中国旅行も早くも2日目となり、少し寂しくなる。残り13日だと考えると、がむしゃらに遊ぶ意欲が溢れてくる。

中国旅行記1 相方の胃腸破壊と元気なタクシー運転手(成田~北京)

中国横断旅行を画策し、はや半年。チケットを眺め、リュックを選び、本当に楽しい時間だった。毎晩地図を広げ、どの街のどんなご飯を食べようか妄想する。そう考えるだけで、気分は一人ウルルン滞在記。そして昨日、待ち望んでいた夏休みが遂に始まった。も…