ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

鶏レパートリー増強!スイチリマヨポンのささみ海老チーズ焼売(糖質4.3g)いいね!



f:id:nekoyamachan:20170330132957p:plain

 

ささ身レパートリーを、増やしたいんじゃ。

 

そんな気持ちになった、ある日の夕暮れ。

我が家の冷凍庫事情が、大きな原因である。

 

冷凍庫を埋め尽くす、極太のささ身たち。

先月29日に開催された、肉の日の戦利品である。

 

いつものようにお安い、激安のささ身たち。

1本40円という破格に、かご一杯のささ身を買い付けた。

 

毎月行われる、この恒例行事。

私のお肉料理は、このフェスで全て用意するのだ。

 

 

その数、約100本

 

いくらあっても足りない良質タンパク質、ささみ。

ジャーキーやサラダなど、あらゆるお料理に大活躍してくれる。

 

そして購入後は、いつものように個別にラップ包装をされる。

彼らは出番の日まで、冷蔵庫で出番を良い子で待ちつづける。

 

 

だが、今回は事情が違う。

 

大量のささみが入るべき冷凍庫には、先客が存在する。

その先客の存在を忘れ、私は大量のささ身を買い付けてしまったのだ。

 

 

その先客とは、大先輩手羽元

1本15円という鬼安の値段設定に、100本迎え入れた食材である。

 

私はなぜ、こんなにも鶏肉が好きなのだろう。

そして同時に、なぜこんなに計画性なく購入してしまうのか。

 

ささ身100本に、手羽元100本。

通常の感覚であれば、何かしらおかしいと脳が反応するはずだ。

 

しかし私の左脳は、何のためらいもなくがま口を開くのだ。

そして自宅の冷凍庫を見て、その光景に愕然としたのだ。 

 

 

冷凍庫に入りきらない、約30本のささみ。

私は賞味期限の切れる3日間の内に、彼を消費し続けなければならない。

 

 

そして辿り着いた、ささみレパ―トリ―増強作戦。

本日ご紹介するのは、そんなレシピの第一弾である。

  

スイチリマヨポンのささみ海老チーズ焼売

ささ身を海老と共に、プリプリに仕上げた美味しい逸品だ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

ささみを100本食べても飽きることのない、素敵なレシピに仕上げるから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

スイチリマヨポンささみ海老チーズ焼売の糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170330133002p:plain

 

まずはささみ3本と、背ワタを取ったエビをミンチにしよう。

プリプリ感を残すため、海老はあえて粗めにミンチしていただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20170330133006p:plain

 

そしてここに、以下の調味料を混ぜ込み大作戦。

 

・片栗粉 小さじ1
・塩   軽く3ふり
・生姜チューブ   小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5
・マヨネーズ     大さじ1
・オイスターソース  小さじ1
・刻んだ溶けるチーズ 40g

 

混ぜるだけというフレーズ。

まさに最強である。

 

いつの日か、混ぜるだけのお寿司セットも販売して欲しいものだ。

ぐっちゃぐちゃの稲荷ずしが出来たら、それもまた一興である。

 

f:id:nekoyamachan:20170330133012p:plain

 

そしてこれを、サラダ菜に包み込んでいこう。

 

包み方は、サラダ菜一枚づつにスプーンでタネを乗せる。

そしてそれを、ん゛んー!!と握るだけである。

 

これをシリコンスチーマーに円形に並べ、600Wで約3分

放置プレイ系焼売の完成だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170330133015p:plain

 

最後に回しかける、おいすいソースも作っておこう。

以下を混ぜれば、それだけでOKである。

 

・ぽん酢 小さじ1
・スイートチリソース 小さじ1
・マヨネーズ     大さじ1

 

f:id:nekoyamachan:20170330132957p:plain

 

真ん中に水にさらしたカイワレを配置し、いざ完成。

ソースもたっぷりかけ、ダイエット中の友人に自慢のLINEを送付しよう。

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170330133020p:plain

 

貝割れに、スイチリマヨ。

 

なぜこんなにも、しっくりくるビジュアルなのだろう。

居酒屋で一人飲みをするタモさんの様に、違和感のない外観だ。

 

しゃきしゃき感が襲い、甘辛ソースが飛び出す予感が凄まじい。

小学生の頃なら、手づかみでいっちゃってただろう。

 

 

しかし今や、私は分別のある大人。

いただきますと共に、お箸で厳かにいただこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170330133023p:plain

 

いやまてよ…。

私は何を、改まっているのだ。

 

ここまできたらもう、焼売とのガチバトルでいいではないか。

先ほどからの挑発的な香りが、戦いの火ぶたである。

 

もはや本能のままに、頂戴することにしよう。

一人暮しの特権を生かさなければ、独身である理由は見当たらない。

 

 

もぐもぐもぐもぐおもぐごうもうぐg・・・・。

 

う、うまいっ!!!(´◉◞౪◟◉)

 

 

なんと美味しいのだ。

スイチリマヨポン酢に、チーズ焼売。 

 

よく考えれば、どんな化学式でも不味くなるわけがない。

 

うまい棒が、何歳になってもうまい棒であるように。

焼売はささ身で作っても、抜群に美味しいのだ。

 

 

10分かけて作ったご飯を、3分で食べる。

この破壊感と征服感こそ、一人ご飯の醍醐味だ。

 

お弁当にも詰め込みたい、素敵な焼売。

私のリラックマのお弁当箱は、今週いっぱいこれで満たされるだろう。

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

心行くまで書かせてもらった。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

崎陽軒の焼売、久しぶりに食べたいなあ。

あれとハイボールがあれば、長崎まで各駅停車でも問題ないよ。

 

のんびり旅行を計画しつつ、今日も一生懸命働こう。

それこそが、最も充実した生活かも知れない。

 

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

 


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・ささみ 3本
・海老  5匹
・かいわれ 1/2パック
・サラダ菜 1袋
・溶けるチーズ 40g


調味料
・片栗粉 小さじ1
・塩   軽く3ふり
・ぽん酢 小さじ1
・生姜チューブ   小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5
・スイートチリソース 小さじ1
・オイスターソース  小さじ1
・マヨネーズ     大さじ2


このレシピが皆様のお気に召せば、サラダ菜の活躍の場は一気に拡大するだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。