ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

THE筋肉飯。美味・高たんぱく・短時間のほぐしチキンとろろ風おぼろ雑炊(糖質5.5g)



f:id:nekoyamachan:20170410125438p:plain

 

まごうことなき、筋肉飯。

 

そのネーミングの攻撃性から、時に嫌厭される筋肉飯。

しかし封を開けると、美味くて高たんぱくなものが大変多い。

 

夏までにゼットマンになりたい。 

 

これが私の掲げる、目下の目標。

しかしそれを達成するためには、あらゆる困難を越えなければならない。

 

 

その困難とは、時間食事

 

理想のボディメイクを達成するには、徹底した工夫も必要になる。

その中で最も工夫しやすいのが、上記二つの要素である。

 

 

筋トレに関しては、全く苦ではない。

私のミトコンドリア内のどM細胞が、次をくれと求めるほどだ。

 

物事の継続に関しても、結構得意な方である。

小学校の頃に集めた牛乳瓶の蓋は、その数4000を超えていたほどだ。

 

 

しかし時間に関しては、そうはいかない。

 

皆が平等に24時間しか与えられず、私だけ裏技を使うわけにもいかない。

仕事も筋トレもしたいワガママっ子には、この問題は最大の壁である。

 

では時間を捻出するために、何を削るか?

睡眠・趣味・食事、どの時間を犠牲にするべきか。

 

 

ぶっちゃけ、どれも削りたくない。

 

ブログだって書きたいし、飲み会にだって行きたいのだ。

完全にワガママモードに入った私は、全部を両立させるつもりである。

 

 

じゃあどうするのだ?

ワガママばかりではなく、しっかり解決策を提示しろ。

 

そんな筋肉神様からのお叱りを受け。

私は素敵な筋肉レシピを開発した。

 

 

本日ご紹介する、ほぐしチキンとろろ風おぼろ雑炊

時間を短縮しつつ、美味しく高たんぱくな逸品だ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

世界のボディメイクフレンズのために、美味しく仕上げて見せるから。

 

 

 

ほぐしチキンとろろ風おぼろ雑炊の糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170410125447p:plain

 

まずは鶏むね肉350gに、以下の調味料をまぶそう。

 

・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・料理酒   小さじ2

 

そしてこれをシリコンスチーマーに閉じ込め、600Wで4分30秒

あっという間に、ほぐしチキンの原型の完成である。

 

f:id:nekoyamachan:20170410125452p:plain

 

これを冷ましてしっかりほぐし、ハサミなどで半分にカットしよう。

メンドクサイ時には、丼の中でじゃきじゃきやっちゃう所存なのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170410125500p:plain

 

そして納豆にもタレとカラシを入れて、しっかりまぜまぜ。

先に納豆を混ぜてからタレとカラシを投入し、旨みを引き立てておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170410125505p:plain

 

そして最後に以下を投入し、上腕筋に物を言わせて混ぜ続ける。

 

・一味    お好みで
・醤油    小さじ0.5
・ぽん酢   小さじ1.5
・マヨネーズ 小さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ1
・ほぐしチキン 350g
・たまご    1個
・絹豆腐    150g
・納豆     1パック

 

もうここまでくると、作法も何もあったものではない。

強く混ぜたものが勝利する、完全なる弱肉強食の世界なのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170410125438p:plain

 

そしてこれを丼に移したら、いざ完成だ。

筋肉マニアの友人に差し出せば、BCAAと交換してくれるかもしれない。

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170410125511p:plain

 

唐辛子が大好き。

 

そんな筋肉フレンズは、是非少量の唐辛子を入れていただきたい。

ピリ辛な香りが全体に広がり、食欲を一層掻き立てる。

 

気分を徹底的に雑炊に持っていき、脳を完全にマヒさせる。

器も厳かな奴を引っ張り出すと、なお最高だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170410125514p:plain

 

そして胃袋に、問答無用で流し込む。

栄養素と旨みの塊が、口の中いっぱいに広がる。

 

これはまさに快感

トロロにも似た感覚に、喉の奥がグルルと鳴り響くしまう。

 

 

そして同時に襲い来る、ぶっかけたい衝動。

なまはげ並に白米を探す、自分の凶暴な一面に気が付くのだ。

 

しかしそれを抑える、ほぐしチキンの圧倒的食べ応え。

全てを封殺する、完璧なご飯コンビネーションである。

 

 

全て食べ終えた時、胃袋はきっと満たされる。

そして疲弊した筋肉は、ひな鳥の様に栄養分を受け取るだろう。

 

ああ…。

 

なんという素敵な筋肉飯…。

これから夏に向けたボディメイクで、ヘビロテしたい逸品だった。

 

 

あぁ、本日も心行くまで書かせてもらった。

 

レシピをご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

お勧め筋肉飯とかあったら、ぜひ教えてね。

皆様のボディメイク術を、存分に教授させていただきたいのだ。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

 


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・鶏むね肉 350g
・たまご  1個
・絹豆腐  150g
・納豆   1パック

 

調味料
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・一味    お好みで
・醤油    小さじ0.5
・ぽん酢   小さじ1.5
・料理酒   小さじ2
・マヨネーズ 小さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ1


このレシピが皆様のお気に召せば、筋トレ後のご飯も瞬時に作成できる。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。