ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

沁みこむ海鮮エキスなら、エビマヨ生姜のトマトソイリゾット(糖質8.1g)いっちゃいましょう!


f:id:nekoyamachan:20170111175139p:plain

 

YOU、沁みこんじゃえばいいじゃない。

 

世の大抵のできごとは、沁みこめば問題は解決する。

 

それは人間もソイライスも同じである。

 

沁みこむ。

 

この便利な言葉。

4文字の単語には、非常に様々な意味が含まれている。

 

しかし今日はそれを、あえてさほど理解せずに使ってみよう。

そうすれば、大抵の問題は瓦解するだろう。

 

 

ねぇ、もう少し家のことに沁みこんでくれない?

 

家事をしない旦那に、こう言ってはどうだろう。

沁みこむという絶妙な言葉の柔らかさが、角のない表現に聞こえるのだ。

 

 

ええ。

当社としても本件には、全面的に染み込むつもりです。

 

あぁ、いいじゃない。

責任を全面的に負うとみせかけて、意味の分からない感じが最高じゃない。

 

 

これ、染み込んでるね!

 

あんまり美味しくない彼女の手料理に出会った時。

是非、この発言で濁していただきたい。

 

角がないどころか、なぜか最高の褒め言葉のように聞こえるだろう。

 

そもそも、料理の全ては何かしら染み込んでいる。

ポイントは、美味しい味が沁みこんでいるとは口が裂けても言わない事だ。

 

 

沁みこむ。

何て便利な言葉なのだろう。

 

そんな本日ご紹介するのは、やっぱり染み込みレシピ。

エビマヨ生姜のトマトソイリゾットだ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

決して例文の意味での沁みこむじゃないから。

ちゃんと美味しさが、ルンルン走り回っているから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

エビマヨ生姜のトマトソイリゾットの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170111175155p:plain

 

まずは、ど定番のソイライスからご用意いただきたい。

木綿豆腐一丁でできる、簡単なソイライスは以下をご参照頂ければ幸いだ。

 

 

f:id:nekoyamachan:20170111175159p:plain

 

次に冷凍エビを8匹、包丁で細かくトントン。

ミンチ状にして、エキスをモリモリ奪い去ろう。

 

f:id:nekoyamachan:20170111175310p:plain

 

次にオリーブオイル大さじ1と生姜小さじ1.5を、中火で30秒加熱。

 

ここにさらにエビを入れれば、お部屋はまるで美ら海水族館のかほりだ。

塩胡椒を各軽く4ふりすることも、お願いできるだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20170111175314p:plain

 

さらにここに以下の調味料を加え、中火で3分間加熱。

 

・トマト缶  1/2缶
・鶏ガラスープのもと 小さじ1

 

クツクツ煮込むと、昨日買ったTシャツは一気にマーブル模様だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170111175402p:plain

 

最後にソイライスを投入し、これまた中火で4分間クツクツ。

最後にマヨを大さじ1.5加え、少し放置しよう。

 

味が沁みこめば、綺麗なオレンジ色に早変わりするだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20170111175139p:plain

 

さあ、これにてリゾットミッション完了だ。

 

ひとりでは…食わねぇっ…てんだ。

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170111175651p:plain

 

意味深な名言で終了して申し訳ない。

あのフレーズが分かる方、おそらく会話の名キャッチャーだろう。

 

さぁ、早速モリモリいただこう。

今年の初詣で、美味しいものが吉的なことが書いてあったのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170111175411p:plain

 

いや、逆に美味しいものが凶なんて状況はあり得るのか?

そんなことを考えながら、早速一口。

 

 

うむ…!

何という心地良い食感だろう。

 

海鮮の旨みと共に、トマトマヨの纏わりつく濃厚とあっさり。

ソイライスの淡白な味を引き立て、がっちりと纏めている。

 

そしてやはり、エビマヨの相性の良さは異常だ。

安定感の高い味付けに、ソイライスのポソポソ感は皆無だ。

 

スープ感も有り、お米感もあり。

中々強引な味付けだが、結構なナイス度だ。

 

 

あぁ、沁みこんでいる

これこそまごうことなく染み込んでいる、というやつだ。

 

 

よし、これで残りの断捨離の力が湧いてくる。

元々元カノに貰ったダンベル、がどうしても捨てられなかったのだ。

(未練たらしいタイプ)

 

さぁ、ちゃちゃっとやっちゃおう!

それが終わったら、お風呂と布団に染み込むとしよう!

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

心行くまで書かせてもらった。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

お勧めのエビマヨとかあったら、ぜひ教えてね。

エビマヨで縛っているあたり、Sなキャラを狙ってる感あるよね。 

 

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・木綿豆腐 2丁
・エビ   8匹
・トマト缶 1/2缶


調味料
・塩/黒胡椒  軽く各4ふり
・マヨネーズ 大さじ1.5
・乾燥バジル お好みで
・生姜チューブ  小さじ1.5
・オリーブオイル 大さじ1
・鶏ガラスープのもと 小さじ1


このレシピが皆様のお気に召せば、お豆腐とトマトの謁見も大成功だろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。