ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

お疲れの日は、レンジ柔らか鶏肉オニオンぽん酢タルタル(糖質5.1g)が超時短だよ!


f:id:nekoyamachan:20170312193902p:plain

 

タルタルって、人を狂わせるよね。 

 

拝啓、母上様。

私は今日も元気に、タルタルっています。

 

 

皆様、最近お疲れではありませんか?

そんな時、きちんとタルタルを摂取されてますか?

 

お疲れの時、何かで悩んでいる時。

タルタルという選択肢を、お近くにご用意されてますか?

 

 

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC。

 

確かにこれらは、体にとても大切なビタミン群である。

しかし私たちは、人生においてもう一つ大切な成分を忘れてはならない。

 

 

その名は、TARUARU。

過去の賢人が編み出した、世界最高峰の合法エッグである。

 

 

この非合法なまでに美味しい。秘伝のソース。

その最大の特徴は、全ての料理を2ランクあげる、その性質である。

 

全てを包み込む、タマゴとマヨの組み合わせ。

まごう事なきテイストに、多くの食材はその門前にひれ伏す。

 

 

唐揚げ。ステーキ。天ぷら。

 

多くの人々を虜にしてきた、大好物界のスーパースターたち。

その彼らすら、TARUTARUの前ではサブタイトルまで成り下がる。

 

一度掛けられたら、もうおしまい。

全てのテイストが、TARUTARUの魅力に包囲されるのだ。

 

時にはこのタルタル、使用を躊躇する時すらある。

それはこのテイストがあまりに攻撃的で、食材の個性を殺しかねないからだ。

 

 

だが、それでいい。

 

これぞ、食材界の黄金ルール。

王道テイストは強者らしく、食材の上に鎮座する資格を持つのだ。

 

美味しいタルタルを食べ、胃袋から元気になればよい。

そして次回のタルタルDAYを設定し、その日まで邁進しようではないか。

 

 

本日ご紹介する、レンジ柔らか鶏肉オニオンぽん酢タルタル

タルタルをとことん楽しむ、簡単で美味しい逸品だ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

もう意識は目の前のタルタルに殆ど奪われているけど、いい感じに頑張るから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

鶏肉オニオンぽん酢タルタルの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170312193914p:plain

 

まずは包丁で切り開いた鶏むね肉に、塩胡椒を各6ふり。

そしてそれを、以下の調味料に5分間漬け込もう。

 

・おろしたまねぎ 1/4個分

・料理酒 小さじ2

・ぽん酢 大さじ1.5

 

f:id:nekoyamachan:20170312193918p:plain

 

そして次にタマゴを2個分かぶるくらいの水に入れて、黄身を箸て刺しておこう。

それを600Wで4分30秒レンチンすれば、いい感じの堅タマゴの完成だ。

 

以前自転車で転んだ時、特売のタマゴを3パック破壊したことがある。

その時は全てこの方法でタルタルにしたが、流石にタルタルが嫌いになる量だった。

 

f:id:nekoyamachan:20170312193920p:plain

 

そしてこれに、以下を入れてしっかり細かくしておこう。

 

・すりごま  小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2

 

こちらの味付けはいたってシンプル。

キングオブタルタルのテイストで攻め込もうではないか。

 

f:id:nekoyamachan:20170312193924p:plain

 

そして漬けておいた鶏もも肉を、皮を上にしてタレごとシリコンスチーマーに投入。

これをレンジで4分ひっくり返して2分レンチンすればOKだ。

 

後は細かくスライスし、底に貯まったエキスにしっかりまぶそう。

もはや、どのタイミングでつまみ食いの手が伸びてもおかしくない。

 

f:id:nekoyamachan:20170312193902p:plain

 

周囲への最大限の注意を払いながら、いざ完成だ。

芳醇な香りと共に、守護霊が制止するまでタルタルをかけ続けよう。

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170312193928p:plain

 

10分見続けられる。

 

そんな私のタルタル癖が暴露される、このビジュアル。

10分どころか、13分は見ていられる美しさだ。

 

これを口に入れれば、想像している味の答え合わせが出来るのだろう。

しかし敢えて、私は口に広がるその味を妄想し続けたいのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170312193931p:plain

 

まあ実際には妄想も10秒で終わり、いざ一口。

タップリとタルタルを絡め、柔らかそうな鶏肉を口に運ぶ。

 

もうやだ。美味しい。

 

思わず理不尽な駄々をこねてしまう、このテイスト。

旨さの中に柔らかさが包括され、タルタル感が口内で爆発する。

 

あぁ、美味しい。

 

これは週13で食べられる。 

上司命令なら、週15までのヘビロテが可能な美味しさだ。

 

タルタルチキンを、全てレンジで作る。

この荒業を覚えてしまったら、もっと人生は楽になるかもしれない。

 

少なくとも、毎日タルタルを作らないと別れる!と仰る旦那様をお持ちの場合。

これは、最高に役に立つレシピだと言えるだろう。

 

ああ、今日もナイスなタルタルデイだった。

実は昨日もタルタルデイだった秘密は、このまま墓まで持っていこう。

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

心行くまで書かせてもらった。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

お勧めのタルタルレシピとかあったら、ぜひ教えてね。

次回のタルタルデイの時は、新しいタルタルを楽しみたいのだ。

 

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・鶏もも肉 300g
・たまご  2個
・玉ねぎ  1/4個


調味料
・料理酒 小さじ2
・ぽん酢 大さじ1.5
・塩/黒胡椒  各軽く6ふり
・すりごま  小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2


このレシピが皆様のお気に召せば、大好きなタルタルをもっと気軽にお楽しみいただけるだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。