読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

濃厚感溢れるおかずなら、カレーカマンベールのナス鶏つくね(糖質5.3g)がお弁当にいいよ!



f:id:nekoyamachan:20161220193310p:plain

 

カレーとチーズの最強タッグに感謝。

 

世の中に隠れる、間違いない組み合わせ。

 

そのベストカップルを探す、スーパーでの探検は最高だ。

 

見たこともない調味料と、見たこともない食材。

特にインド料理店に併設した、小さな異国の食材店は最高だ。

 

道端で見かけたら、もう抗えない。

スタンプラリーの如く、確実に立ち寄る。

 

中で現地の人が談笑していても構わない。

税務署の職員の如く、全ての棚をチェックする。

 

時にはデキる感じで、メモとか取ってみる。

読めもしないのに、裏の成分表とかも確認する。

 

 

アレと合いそうだな…。

 

そんな意味深なセリフまで呟く始末だ。

 

そうすると、高確率でインド人の店員が話しかけてくれる。

こうなれば、もう最高だ。

 

チキンに合う調味料を聞いたり、爆発的に刺激的な香辛料を試させてもらったり。

マンゴスチンを試食させてもらい、見たこともない女優のポスターも頂戴した。

 

 

しかし過去に一度。

 

あまりに仲良くなりすぎたことがある。

究極に社交的なインド人に店長に出会ってしまったのだ。

 

 

最初は、ごく他愛もない話をしていたのだ。

 

インド人って、毎日カレー食べてるの?

マハラジャって、ホントにいきなり踊りだすの?

象に乗って学校行ったりするの?

 

今思えば、極めて失礼な質問ばかりだ。

しかし彼は、変な日本人が来たとテンションが上がりまくっていた。

 

お前ここで待っていろ。

 

そう言い残した彼は外に飛び出していった。

目の前の馴染みの露店でケバブを大量に買ってきたのだ。

 

これは私の村の文化だ。

新しい友人には、ご飯をご馳走するんだ。

 

良く分からないが、確かこんなことを言っていたと思う。

 

 

ちょっと待ってくれ。

これから友人とステーキを食べに行くのだ。

 

そんな真実を伝えるわけにもいかず、できたてのケバブを頂戴する。

勿論味は格別に美味しく、インド人店長の笑顔も100点だ。

 

しかし、こちとらサムライボーイなのだ。

ここまでされて、ただで帰る訳にはいかない。

 

美味しいご飯と、素敵なインドスマイルを頂戴したのだ。

こちらも全力で感謝の意を示そうではないか。

 

 

何か買って帰ろう。

そう思って店内を再確認し、私は愕然とした。

 

 

ここ、業務用だ。

 

 

陳列されている香辛料は、最小でも500g。

全ての単位が一人暮し学生の年間消費量を、遥かに超えている。

 

しかも聞いたことのない調味料ばかりだ。

 

なんだニゲラって。

宇宙怪獣の一種か。

 

 

仕方なく最も出番があるような気がする調味料を選択した。

 

カレー粉1kgだ。

私は炊き出しに行く石原軍団か。

 

 

この日以降、カレーレシピが爆増したのは言うまでもない。

恐らくかなり香ばしい体臭の22歳だったと思う。

 

 

そんな思い出のある、カレー粉。

 

本日はそのカレー粉との相性を考えた、カマンベールのナス鶏つくね

お弁当のオカズでもひたすら活躍する、美味しい逸品だ。

 

 

良かったらご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

前半の遅れを取り戻すべく、分かりやすく説明するから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

カレーカマンベールのナス鶏つくねの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20161220193321p:plain

 

まず5㎜にカットしたナス一本に、オリーブオイルを小さじ1加えレンチン。

約90秒間のショートトリップだ。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193328p:plain

 

さらに以下を混ぜ合わせる。

 

・鶏ひき肉  300g

・小さくしたカマンベール 30g

・ナンプラー  大さじ1

・塩      軽く6ふり

・大蒜チューブ 小さじ1

・生姜チューブ 小さじ1

・カレー粉   小さじ1

・片栗粉    小さじ2
・マヨネーズ  大さじ1

 

しかしこれでも、カレー粉の消費量は小さじ1。

カレー粉ライフが、いかに長かったのかを物語っている。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193332p:plain

 

これを混ぜる。

CMを挟むほど混ぜる。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193338p:plain

 

そしてオリーブオイルを大さじ1、強火で加熱したら投入していこう。

ここまで来れば、あとは焼くだけの簡単行程だ。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193340p:plain

 

蓋をしながら、両面2分づつ

もう晩酌の準備は万端だ。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193310p:plain

 

मुझे बहुत अच्छा मूल्य इंतजार कर रहा था।
मैं तुम्हें बहुत खाने के लिए चाहते हैं।!!

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20161220193535p:plain

 

あぁ、すまない。

思わず異国の言語が飛び出してしまう香りだったのだ。

 

この凝縮されたナスとチーズ。

口いっぱいに広がる旨みに、最高にハッピーだ。

 

f:id:nekoyamachan:20161220193351p:plain

 

カレーチーズにコクられたら落ちる。

 

一口で思い知らされる、組み合わせのパワーゲージ。

思い通りの美味しさが広がると、それだけで幸せになる。

 

 

旨い調味料×旨い食材=旨い。

 

そんなの常識。

たったたらりらだ。

 

 

あぁ美味しかった。

カレー粉の大人買い、久しぶりにしてみようかなぁ。

 

カレーなんちゃらってだけで、個人的に8割美人度がアップする。

カレーコーヒーとか、ぶっこんだレシピにも挑戦してみよう。

 

 

あぁ、本日も心行くまで書かせてもらった。

インド料理を死ぬほど食べたくなってしまった。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

お勧めのインド料理店とかあったら、ぜひ教えてね。

めちゃくちゃ辛い料理とかも、結構平気なんだ。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・鶏むね肉 300g
・なす   中くらい1本
・たまご  1個
・カマンベール 30g


調味料
・ナンプラー 大さじ1
・塩     軽く6ふり
・大蒜チューブ 小さじ1
・生姜チューブ 小さじ1
・カレー粉   小さじ1
・片栗粉    小さじ2
・マヨネーズ  大さじ1
・オリーブオイル 小さじ4


このレシピが皆様のお気に召せば、お弁当タイムがもっと楽しくなるだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。