読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

栄養モリモリで頑張るなら、マヨ豆板醤のモロヘイヤチーズチヂミ(糖質4.7g)で!



f:id:nekoyamachan:20170110194023p:plain

 

ちんげん菜とほうれん草、どっちなのか。

 

このお話は、私の低学年まで遡る。 

 

全て感覚だけで生きていた、お茶目な時代だ。

 

社会人になっても、本質は変わらない。

何となく、感覚だけで単語を選んでしまうことがある。

 

雰囲気が似ていればOK。

その雑なルールで、会話をしてしまうときがあるのだ。

 

 

この封筒の貼ってるページですよね?

そう言いながら、目線の先には一枚の付箋

 

 

封筒と付箋。

これは分からなくもない。

 

しかもニュアンス的にも類似品だ。

同じ紙であるから、十分セーフの部類だ。

 

 

かき氷買ってきたよ!

そういう友人の手には、森永アイスボックス

 

 

うむ…。

この辺りから、少し雲行きが怪しくなっている。

 

これは完全に細かさが違う。

かき氷を根本から理解していない可能性すらある。

 

いや彼の地元では、かき氷という名で販売されているのかもしれない。

しかし、天下の森永乳業がそんな区別をするだろうか。

 

 

ふろたき大根旨い!

 

これに関しては、もはや芸術である。

彼の実家では、お風呂で大量に大根を仕込む文化があるのだろうか。

 

もしそうだとしたら、大変失礼に当たる。

そう考えると、つっこむ事すらできない逸品だ。

 

 

そして最後は、私の低学年のお話だ。

 

モロヘイヤを買ってきて。

そう言われた私は、スーパーに向かった。

 

当然ながら低学年の私に、モロヘイヤという野菜の知識はない。

結果私は、目の前の選択肢を全て購入したのだ。

 

ほうれん草ちんげん菜を。

 

 

言葉とは、そのぐらい自由なのだ。

結果完成したおひたしは、十分美味しかったのだから。

 

 

本日ご紹介するのは、マヨ豆板醤のモロヘイヤチーズチヂミ

簡単にできる、非常に栄養素もりもりの逸品だ。

 

 

良かったら、ごらんいただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

モロヘイヤの名を広めるべく、美味しいご飯に仕上げるから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

モロヘイヤチーズチヂミの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170110194109p:plain

 

まずは、お鍋タップリにお湯を沸かそう。

そしてそこに、モロヘイヤを茎から入れよう。

 

茎を40秒入れて…。

そのあと全部入れて、さらに30秒だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170110194308p:plain

 

この水分を払い、包丁でトントントントン。

勿論フードプロセッサーでもOKだ。

 

できるだけ簡単に仕上げ、力はもぐもぐするために残しておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170110194111p:plain

 

そしてここに、以下を全部投入。

 

・豆板醤  小さじ1
・片栗粉  大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1.5
・チーズ   50g
・タマゴ   1個

 

これをかき混ぜれば、あっという間にティファール♪

いや、ティファールではない。

 

f:id:nekoyamachan:20170110194115p:plain

 

次にフライパンにごま油を大さじ1.5投入して、ここにスプーンで投入。

両面を90秒づつ焼き上げれば、音速で完成だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170110194023p:plain

 

最後にお好みでマヨ唐辛子を添えて、さあどうぞ。

 

栄養素盛りだくさん。

明日の血となり、肉となるだろう。 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170110194733p:plain

 

このチーズの焦げた面が、何とも艶めかしい。

妖艶な見た目に、思わず30分ほど眺めてしまいそうだ。

 

しかし、この短い人生。

そうは言っていられないだろう。

 

早速、こちらから挨拶に伺おう。

 

f:id:nekoyamachan:20170110194101p:plain

 

おおう…。

 

モロヘイヤの粘りチーズのコク

存分に美味しい旨みが、マヨ唐辛子と共に訪れる。

 

ピリリと辛い中に、マイルドな食材の口当たり。

モロヘイヤの癖のない甘みに、栄養素キングの風格を感じる。 

 

 表面のカリッと仕上がったチーズが、舌に最初に触れる。

その後の滑らかさという、食感の不意打ちが非常に嬉しい。

 

 

あぁ、これは元気が出る。

最初から体力ゲージMAXのところに、エリクサーを使った気分だ。

 

 

美味しかった!

この元気を、さて何にぶつけよう。

 

お仕事でも良いし、ブログでも良い。

何かテンションの上がる事に費やし、ささ自分磨きだ。

 

意識高い系OLみたいなこと言ってゴメンネ。

でも彼女たちって、やっぱり美人だよね。

 

自分に自信があるのって、悪くないよね。

さあ、私も頑張ろう。

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

心行くまで書かせてもらった。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

会心のモロヘイヤレシピとかあったら、ぜひ教えてね。

自宅に植えることを検討するくらい、モロヘイヤ好きなんだよね。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・モロヘイヤ 1袋
・チーズ   50g
・タマゴ   1個


調味料
・ごま油  大さじ1.5
・豆板醤  小さじ1
・片栗粉  大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1.5


このレシピが皆様のお気に召せば、モロヘイヤの名も世に轟くだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。