読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

自分を大きく変えたいと感じたら、一気に大幅に変えた方が良いよね。

ライフハック


f:id:nekoyamachan:20170118200841j:plain

 

何かきっかけがないと、なかなか動けないよね。

 

長い間頑張った部活が終わったり、仕事で大きな失敗をしたり。

大きく変化しようと思ったら、きっかけが欲しくなる。

 

じゃあ平凡な日々では、そんなきっかけはないのだろうか。

自慢ではないが、私は極めて平凡な日々を送っている。

 

平凡東日本代表に選抜されかねない、凹凸のない日々。

しかし、そんな毎日にも少なからず刺激はある。

 

隣の部署との合コンのお誘いや、同僚Aと同僚Cが食事をしたお話など。

いいなぁ!!と思う時や、羨ましいなぁ!!と思う事もしょっちゅうだ。

 

しかし、働き盛りの男性なのだから、やはりもっと魅力を高めたい。

だからこそ、自分を変えるきっかけをいつも探しているのだ。

 

これは私だけでなく、全ての男性に共通ではないだろうか。

いつの日か、咲かせて見せよう、おかまオトコ道、的なことを妄想しているだろう。

 

 

しかし前述のように、大抵の日々は平凡だ。

変化するチャンスを待っていても、なかなか訪れない。

 

中には毎日、イケイケGOGOなライフを送られている方もいる。

生まれながらにイケメンフェイスが標準装備されている男性も珍しくない。

 

そんな方は、毎日が自分を見つめなおすチャンスに違いない。

なぜなら自分が変わるほど、周囲の反応も如実に変わるからだ。

 

さらにそんな彼らの周りには、同じようにリア充たちが沢山いる。

そうなると、自分一人が劣化するわけにはいかないのだ。

 

こうなったら、完全に好循環だ。

周囲のやる気が自分のやる気を刺激し、前進あるのみ猪突猛進だ。

 

 

しかし大抵の場合、そんな恵まれた環境ではないだろう。

お昼からマックを食べ、夜は次郎に行くのがデフォルトかもしれない。

 

こうなると、さらに差は開く一方だ。

 

一方は刺激されまくる生活で、もう一方は劣化の一途を辿る

たった数年で、両者の間には目に見えた差が生まれるだろう。

 

 

これは見た目だけではなく、仕事等の全ての取り組みに当てはまる。

 

 

ビール腹の30代と腹筋バキバキの30代。

どちらを仕事のパートナーに選ぶかと言われれば、申し訳ないが後者だ。

 

これは印象だけで判断してしまっているが、まぎれもない直感である。

自分を律することができる人間は、それだけで信頼感を得られる。

 

 

人の印象は、最初の0.8秒で決定してしまうのだ。

 

 

 

無理やり自分を変えるきっかけを用意する

f:id:nekoyamachan:20170118211641j:plain

 

だから私も、もっと自分を変えたいのだ。

 

そう考えると、無理にでも変えるきっかけを用意しなければならない。

事態は急を要しているのだ。

 

 

そんな時、お勧めしたい方法がある。

自分の中のやる気スイッチを、無理やり入れる方法だ。

 

それは全とっかえだ。

 

自分に関わる平均点の物を全て、一ランク上にクラスチェンジする。

そして自分の変化をガッツリ体感し、もっと欲を駆り立てるのだ。

 

まず、自分自身は自分の変化に気が付きやすい。

しかし少し変化したくらいでは、周囲の人は気が付かないだろう。

(あなたの写真を懐中時計に入れているくらい、熱心なファンがいれば別だが)

 

 

そして人が変化を感じないと言うことは、褒められないということだ。

褒められなければ、モチベも上がらない

すると、変化がなかったと感じて自分磨きも辞めるだろう。

 

 

こうなってしまったら、自分磨きは大失敗だ。

何も変化しないまま、不用意な失敗の経験だけ蓄積されるだろう。

 

それは自分の自信を不用意に奪い、もう一度変わるきっかけを奪ってしまう。

どんどん悪い方向に転がり、最悪自暴自棄になる。

 

これは自分なんてどうせ現象と呼ばれている。(私に)

 

この現象を起こさせないために、とにかく一気に変化しよう。

あらゆるものを変え、絶対に人に褒められよう。

 

 

この全とっかえには、お勧めしたい一つの目安がある。

それは先ほどの、自分と人の感覚の相違点のお話だ。

 

自分:超変わった!

周囲の人:まあまあ変わった

 

だいたい体感的に自分と周囲とでは、この位の開きがある。

そのため、自分で超変わった!と実感できる位を目安にすると面白い。

 

 

じゃあ具体的に進めてみよう。

全とっかえとは、何を変えれば良いのだろう。

 

それは、人が良く見る部分から攻めていくと良いだろう。

あくまでも目安だが、この順で自分を全面リニューアルしてみよう。

 

お勧めの自分リニューアル順

・フェイスケア(清潔感・透明感)

・頭髪ケア(清潔感・白髪などの染色)

・爪、手のケア(専用ケア用品を買って)

・口臭、体臭(全部試す)

・服装、靴(無難が最強、特に靴)

・机周り(清掃徹底)

・カバン、身の回り品

 

 まずはフェイスケアと頭髪ケア、そして時点で爪と指。

とにかく清潔感を重視し、爪などもしっかりと磨いておこう。

 

服装は無難かつ良い品質のものを。

他の全ての要素がしっかり整ってから、個性的な格好をすると最強だ。

 

 

しかし、これらを一つづつ書いていくとエゲつない文字数になってしまう。

それぞれが一冊の本に出来るレベルのテーマなのだ。

 

まずは変わる!という意識ともに、専用のケア用品を検索してみよう。

こんなのもあるのか、と刺激を受けるのも非常に楽しい。

 

どのケア用品が良いかは、個人の好みもあるだろう。

個人的には、ロングセラーで比較的高価なものに失敗は少ないと思う。

 

最近はお試し期間なども沢山あるので、まずはきっかけとして頼んでみよう。

もし自分に合ってなかったとしても、次の物を選べば良いだけだ。

 

個人的には一週間程度試せる、スターターキットなどをお勧めしよう。

BULK HOMMEなどは、薬局などの洗顔料とは明らかに違うだろう。

 

 

まずは一歩づつ。

 変化を願っても、必ず100点の結果になるわけではない。

しかし前より悪くなることは、まずないだろう。

 

全とっかえは、思ったよりも楽しい時間なのだ。

段々と褒められる回数が増えれば、段々と意識も加速する。

 

ぜひ一緒に、全とっかえしようではないか。

変わろうとする機会が多いほど、成功するチャンスも増えるだろう。

 

かくいう私も、まだまだ自分磨きをしなければならない。

私はまず、身長をあと2センチ伸ばすことにしようか。

 

 

気が付けば、あっという間に年を取る人生だ。

悔いの残らぬように、ギアを上げまくって生きていこう。

 

 

ご利用規約
当サイトに掲載されているコンテンツをご利用になり いかなる問題が生じた場合にも当サイトは一切の責任を負いません。 またシェア・リンク・ご紹介を除く、一切の転載禁止とさせていただきます。

© 2016 ねこやまローカボ日誌