ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

書くことがない!ブログの記事作成のお悩みを少し楽にする、具体的な記事作成法。


f:id:nekoyamachan:20161216120752j:plain

 

楽しく継続したい、毎日の記事作成。

 

ブログライフで時に訪れる、記事更新のお悩み。

 

本日はそのお悩みを、少し和らげる方法をご紹介させていただきたい。

 

何を書けばいいのか。

どう書けばいいのか。

 

ブログを書いていると、書く内容が無くなる事態に陥る。

専門知識を元々お持ちの方ならともかく、これは皆に平等に訪れるだろう。

 

そしてそんな時、どうやって克服していくべきだろう。

何を記事にして、読んでいただける方に届けるべきだろう。

 

極めて基本的な内容ばかりだが、 第三者の意見も時には役に立つだろう。

専門的なアドバイスではないが、少しでもお役に立てれば幸いだ。

 

 

~この記事の目的~

・アクセスの少ない日々の記事を、アクセスアップに直結させる

・今、自分の持っている知識を再確認する

・今自分が持っている知識から、書ける記事を見出す

・ブログの更新を楽しくする

 

毎日のブログ更新にお悩みなら、ご覧いただければ幸いだ。

同じブログ仲間として、是非一緒に楽しんでいこう。 

 

 

 

 

自分に書ける記事を把握しよう

f:id:nekoyamachan:20161221214840j:plain

 

自分が書ける記事とは?

 

自分が何も参照せず、すらすら書けるものは何だろう。

 

確かに中には、良質な記事を毎日配信されているブロガーの方もいる。

多くは専門知識をお持ちだったり、核になる小さな情報をうまく装飾する文章力などをお持ちである。

 

これは従事しているお仕事や、生まれ持ったユーモア等にも左右される。

今すぐ記事をたくさん書きたい!」という目的の場合、この壁が立ちはだかる。

 

それらの記事の多くは「なにも参照しなくても出せる知識」や「経験値」が影響しているため、皆が平等に同レベルの記事を書くことは難しい。

 

 

そして結果として、以下のケースに陥ってしまう。

これらは、私自身も例外なく経験したものばかりだ。

 

・最初は「スポーツ」や「音楽」など、ブログの専門テーマが決まっている

・だんだんと書く内容が少なくなる

・アクセス数が上がらず、求められていない記事だとテンションが下がる

・嫌になってきたタイミングで、頑張っている他のブロガーの方を拝見する

・自分にできることから始めようと、奮起する

・日々の生活を面白おかしく書こうと試みる

・文章力を高める事に苦痛を感じる

 

上記は主に、私がブログを始めた当初に体験した内容だ。

そしてこの調子でブログを更新していくと、以下のゴールにたどり着きやすい。

 

・リプライを得られたとしても、それがアクセスアップに直結しない

・更新を止めた瞬間にアクセスが下がるため、記事の量産に走る

・アクセスからの収益に繋がらない

・検索アクセス数の増加に直結しない

(SEOに反応させる特定のキーワードが少なく、固定アクセスを集められない)

 

これらは、検索流入を目的としていない記事を作成した場合に多い。

日々の雑記などをメインテーマとする場合、記が存在しない。

 

 

この期間が続くと、ブログを書くこと自体が嫌いになる、

そして段々と更新頻度も下がり、最終的にはブログをやめてしまう。

 

ただ、これが純粋に趣味ブログの場合には、そのまま書き続けれられるだろう。

アクセス数やページ毎の滞在率なども気にせず、思う存分書けるだろう。

 

 

しかし、真剣にブログのアクセスアップを狙うのならば、日々の記事更新に正面から

対峙しなければならない。


そして日々の記事更新に対する、より具体的な対処法を講じなければならない。

そうでなければ、苦しい時期が不用意に続いてしまうだろう。

 

 

では、実際に毎日書きやすい記事とはどういったものだろうか。


それは「すぐ書けないが、少しの補強で記事にできる」情報だ。

これは誰しも持っている、日々の情報から派生しうる。

 

 

例えば専業主婦の方で、新しくブログを書き始めるとしよう。

そして専門知識レベルではないが、趣味に関する知識を持っているとしよう。

 

刺繍や料理、自家栽培や海外ドラマ、その種類は何でも良い。

最初は「楽しい!」と続けている趣味であり、記事にしようとは思っていない。

 

ただこれは十分、日々の記事の核になりうる要素である。

 

ここは多くのブロガーの方が論じている内容である。

そして、さらにそこに具体性を持たせていこう。

 

この自分なりの経験や知識に「本や専門書の知識」「十分根拠のあるWEB情報」を添付し、自分なりの言葉にまとめる。

 

そしてさらに、以下の情報を追記してみよう。

 

・自分であればどう行動(検索・購入・使用)するか

・実践している時に、何を悩んだか

・何を目的で始めて、最終的にはどうなったのか

・次回以降の反省点は何か

・第三者の意見(レビューなど)と、どう異なっていたか

・体感的な費用対効果はどうか(商品紹介の場合)

 

ただし、これらは何もないところから生まれるわけではない。

熟考を重ねながら記事を書くか、または書き終わった後に追記しよう。

 

その過程で、自分なりのオリジナルの情報を付け加えてゆく。

これらは「経験」「発想」「感想」から生まれる情報であり、これらを加えることで記事自体も魅力を増してくる。

 

ただし書き慣れていないと、これらの追記も非常に難しい。

これは人に倣うより、自分自身で確認する部分が多いだろう。

 

まずは「自分の場合はどうだったか」「自分ならどうするか」「今後どうするのか」。

これらの情報を、自分なりの言葉で書いてみよう。

 

一つの趣味から生み出せる記事の種類

 

では実際に、一つの趣味からどのような記事が生まれる可能性があるかを見てみよう。

ここではなんとなく「刺繍」をテーマとして考えてみよう。

 

ちなみに私は、刺繍に関する知識は全くない。

小学生の頃、マチ針で大出血をした記憶しか持ち合わせていない。

 

しかし、もし刺繍を始めるなら以下の内容を調べるだろう。

 

刺繍をテーマにした時に考えられる記事候補

 

(検索されやすい記事)
・刺繍の基本的なテクニック

・刺繍を使ったインテリアの組み合わせ

・プレゼントで喜ばれる刺繍の特徴

・ポケモンなどのキャラ刺繍の方法

・刺繍道具や素材の購入場所のおすすめと理由

・自分の作品を販売する方法

・刺繍を使った服など、新しい発想の提案

・自分で教室を開く方法、開業方法

 

(日記的に読みたい記事)
・刺繍が完成するまでの行程

・刺繍に関する雑記

・刺繍界ですごい人と、素人の違い

 

まずはこのように「検索される記事」と「訪問して読みたい記事」に分類される。

前者はSEOを意識した作成が中心となり、後者は習慣的に訪問していただく魅力を追求する。

 

ただし、最初はそれほどSEO最適化をガチガチに見る必要はないだろう。

もちろん最低限の見出しや画像の圧縮などはやっておくべきだが、まずは文字を書く事だけに注力するべきではないだろうか。

 

ワードプレスならば賢威、OPENCAGE様のstorkやハミングバードなどのデザイン性とSEO最適化に対応したテーマも多数ある。

※各SEO効果に関しては、ここでは言及しない

 

それらを購入し、後はひたすら記事を作成するというスタイルもある。

基礎となるSEO対策と、記事作成を完全に分離してしまうわけだ。

 

後に記事のリライトの段階になれば、その段階で本格的にSEO対策や各種の修正を検討すればよいだろう。

 

そして次に「自分なら読みたいなぁ」と思う記事をベースに作成してみよう。

 

もちろん自分が読みたいからと言って、他の人が読みたいとは限らない。

「会心のデキ!」と思ってアップしても、水を打ったように静かなアクセス数の時も多々ある。

 

めっちゃ凹むようなコメントまであるかもしれない。

そんな時は、お煎餅をやけ食いしよう。

 

ただ、最初はそれでも良いだろう。

今回の目的はあくまでも記事を書き上げるまでの訓練だ。

 

まずは思いついた記事を、自分なりに良質に仕上げることを目標としよう。

 

繰り返し記事を更新するなかで、だんだんと読んでいただける核が見えてくる。

最初から100点の目線を持つことは難しいし、繰り返し意識する中で見えてくる要素ではないだろうか。

 

ヒット率も上昇し、読者様の好感触も得られるようになるだろう。

 

時には「くそ記事乙」的な洗礼もあるだろうが、何かしらのメンタルも鍛えられる。

これに関しては、華麗にかわされるのが宜しいだろう。

 

 

 

記事作成に潜む、色々な障害

f:id:nekoyamachan:20161221215132j:plain

 

このように、誰もが日々の生活の情報を記事にすることができる。

しかしそれでもなお、記事を作成しづらい側面は残るだろう。

 

それは、以下の問題点が残るからだ。

 

・知識を補強して記事にする時間がない
・文字を書き慣れていない
・記事作成に必要な情報を集める、本や講座の費用がきつい

 

確かに「書く記事のテーマはいくらでも用意できる」だろう。

しかし、実際に書くとなると別の障壁が生まれる。

 

それは前述の内容から派生する、以下の点だ。

 

書き初めまでに時間がかかる

 

まず、書き初めまでに膨大な時間がかかってしまう現象だ。

二兆文字書くぞぉ!」と意気込んでも、パソコンの前でもじもじしてしまうのだ。

 

これは以下の理由によるところが大きい。

 

1.書こうと思った記事が、既に書かれていた
2.かける情報が少なく、数百文字で終わってしまう
3.記事の内容が万人受けする内容でなく、読者の反応が怖い

 

これらの理由から、書き始めまでに時間がかかり、削除してしまう時もある。

 

こんな記事を書いたら、読者やフォロワーさんが離れてしまうかも…。

そう思うかもしれない。

 

確かに読者の方の好みもあるだろうが、基本的に失礼な事だけ書かなければ良いのではないだろうか。

同時にブログの主軸をあまり逸脱しなければ、「こいつまじか…。」的にお感じになられることも少ないと思う。

 

対処法としては、最初から複数のジャンルの記事を作成しておき、「このブログは複数の記事を提供しますよ!」とお伝えしておこう。

 

例えば「雑記+ライフハック」といった具合に、分類されてはいかがだろう。

そのうち一つでも興味を持っていただければ、フォロー及び読者登録をいただけるかもしれない。

 

もちろん初期からある程度、良質な記事を作成できる前提ではある。

ただ、お読みいただける感謝から更新もはかどり、精神的な障壁もぐっと減るだろう。

 


そう考えるとブログをいきなり開設せず、まず記事を事前に10記事程度作成しておくのも良いかと思う。

 

そんな私自身も「ローカボ日誌」と言いながら、時にライフハック記事も配信させていただいている。

 

いつも好きに書かせていただき、本当に有難う。

怒んないでね。

 

 

次に文字数に関してだ。

収集した情報が少数の場合、即座にコンテンツが尽きてしまう事がある。

 

この対処法は、まず大まかな全体像から細かなセクションを設定すること。

そして各セクションに、配置する情報を置いてみること。

 

さらにそれを、どういった表現で情報で繋げるのかを考えること。

それにより、ある程度の文字数は書けるだろう(500文字以上)

 

ただし記事の滞在率と満足度・シェア率を考えれば、最低2000文字は欲しい。

 

この文字数はルール化された数値ではないが、読者様がタイトルに求める内容や、検索者の意図に沿った情報を行程づけて説明するために最低限必要と感じる文字数である。

 

その場合、核になる情報h2を2つ用意し、それぞれをh3に分割してみよう。

 

記事の全体イメージ

 

(前半部分)

h2 見出し(記事を分割する主テーマ)

-h3 見出し (h2をさらに細分化するテーマ)
-h3 見出し

(後半部分)

h2 見出し(記事を分割する主テーマ)

-h3 見出し (h2をさらに細分化するテーマ)

-h3 見出し

 

あまりに基本的な内容をどや顔で書き綴り、大変申し訳ない。

生卵とか、ぶつけないでね。

 

お話を戻そう。

 

記事全体では、この様に全2×2の4つの核になる情報を収集されてはいかがだろうか。

そしてh3(小見出し)で語り尽くす情報が集められていなければ、もう一度知識集めに走られてはいかがだろうか。

 

その際、時間などを加味してWEBから情報を拾い集める場合には、その参照先は出来れば複数が良いだろう。

 

失礼だと思いつつ率直な意見を述べれば、時にWEB情報には偏りが見られる。

そのため複数の参照先を用意し、自身の情報が正しいかどうかを検証すると良い。

 

さらに記事の完成後は、公開前のブラッシュアップを行おう。

その場合は一度日をまたぎ、自分の記事を客観視してみよう。

 

また公開前に一度読み直すことで、「こ、これ何が言いたいんだ?」といった違和感を感じ取れる。

当日のクレイジーテンションで書いた記事を公開する危険も、グッと減るだろう。

 

 

 

効果的に日々更新するために

f:id:nekoyamachan:20161221215206j:plain

 

最後に僭越ながら、日々ブログをUPする上でのアドバイスをさせて頂けるだろうか。


私の場合、以下の点に配慮すると非常に書きやすくなった。

個人的な意見ではあるが、ご参考いただければ幸いだ。

 

記事作成を習慣化するまでのアドバイス


(1) パソコン、スマホを開く度に300文字書く

(2) 一週間の内、徹底的な情報記事を配信する日を1日だけにする

(3) お気に入りのブロガー様の記事を拝見してから、50文字だけ書いてみる

(4) 100文字程度の習慣的なリライトの癖をつける

 


やはり基本となるのは、書き始めの機会を増やすこと。

そして記事作成のモードに入るよう、自分を誘導することだ。

 

電車の中や休憩時間、空き時間などにちょこちょこ書けば、数日間でも意外と数千文字の記事を作成できる。

 

今は本格的にパソコンに向かわずとも記事が書ける時代なので、コツコツ文字を貯金していく感覚で書かれてはいかがだろう。

 

また毎日数千文字の記事を作成するのは、物理的に用意できない場合もある。

そのため、本格的な記事を作成するのは週に一日だけにして、その他の日は適度な文字数の記事を配信されてみるのはどうだろう。

 

平日は1500文字程度の記事を、週末は数千文字の記事を配信するなど、記事に強弱をつけると非常に継続しやすい。

 

そして、特に(4)の記事のリライトからは本当に良い経験値をいただける。

 

自分の記事の情報の少なさと表現の甘さを確認でき、SEO効果も非常に高い。

記事の滞在率も変わり、最終的にアクセス数もグッと増加する。

 

大幅な文字数で全体的に変えないとリライト効果は薄い、というご意見もあるが、最終的には読者・検索者が求める内容を、以下に簡便に含有できているかに繋がる。

 

文字数だけやたら長くて核になる情報が薄いならば、逆に文字を削除しコアになる情報を濃密に追記することも必要だ。

 

1000文字程度、若しくはそれ以下の記事でも、検索上位にあげられることはある。

要は記事を読み終わった時に受け取る、満腹感にも似た満足感だろう。

 

リライトに関しても、今度記事にさせていただくこともあるかもしれない。

ご覧いただければ幸いだ。

 

 

ここまでお読みいただいて、本当に有難う。

面白い記事ではないかもしれないが、皆様のお役に立てれば幸いだ。

 

また次回もお読みいただければ、最高にハッピーだ。

 

じゃ!良いお年を!!

来年も仲良くしてね。