ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中学受験ブログ⑥ 講師すらイメージできないアドバイスは、実践するのが一番


f:id:nekoyamachan:20170401151126j:plain

 

何がどうなっているのか、理屈から考える。

 

即反応できることにだけ、全力で取り組まない。

大抵の問題は、反射だけでは対応できないから。

 

その発想は勉強だけではなく、あらゆる行動で必要な発想。

それを子供の頃に理解させ、習慣化させる。

 

物を考えるという、出来ているようで出来ていないこと。

それを生徒に教えることが、私のお仕事だった。

 

 

このお話は、前回からの続きである。

お時間のある際にでも、お読みいただければ幸いだ。

 

~ 過去のバックナンバー ~



 

スポンサー様
 

 

講師がイメージできない思考の教育

f:id:nekoyamachan:20170401151653j:plain

 

岸本先生は、何を言っているのだ。

 

全くイメージが湧かない指導法に、私は愕然とした。

てっきり私は、より効率的な学習方法などを教わると思っていた。

 

月曜に何を解かせ、火曜日に何を解説するのか。

その過程で宿題をどのくらい出し、復習はどのタイミングで行うのか。

 

岸本先生が長年の講師経験で身に着けた、出来ない子用の絶妙な学習プラン。

そんな王道・ベーシックな方法を、私は期待していたのだ。

 

 

しかし返ってきた回答は、そうではない。

私の苦手とする、強者の理論にも思える意識面からの指導法だったのだ。

 

一緒に問題を解いて、共に考える?

コウスケが考えるべき要素から意識が飛んだら、そこに戻してあげる?

 

いったいどういう意味なのだ。

これはもしかして、全て何かしらの暗喩なのか?

 

なんかこう、そういう感じのやり方が有名なのか?

聞いたこともない脳科学者が提案するような、超絶メソッドなのか?

 

 

これはまいった。

まさか岸本先生までも、そっちの世界の住民だったとは。

 

出来る生徒ばかり持つと、どうしても強者の理論を振りかざす。

そして岸本先生もまた、その理論を振りかざすタイプの人間なのだろうか。

  

入社したての若造の私は、そんな悟ったような偏見を持っていた。

23.24の新米塾講師は、そういった発想を持つものなのかもしれない。

 

 

いやまてよ?

 

もしかして先生は、私に教えるのがめんどくさかったのか?

詳細なプランをいちいち説明する、そんな義理はないと言うのか?

 

何かそれっぽい事を言って、適当にやらせる作戦なのか?

私が失敗すれば、彼自身の合格実績がより際立つと考えているのか?

 

 

いや、そんはなずはない。

 

岸本先生の他講師に対する思いやりは、塾内でもとびぬけている。

必要とあらば、無給でも時間をいくらでも割いてくれる先生だ。

 

駐車場にいる野良猫のために、わざわざおにぎりを持参する先生だ。

そんなブッタ的な先生が、そんな利己的な発想をもっているわけがないだろう。

 

私はなんて陰湿な発想をもっているのだ。

ある意味、自分で自分を褒めたくなってきた。

 

 

岸本先生がおっしゃったことには、何かしらの意味がある。

今私にできることは、その言葉を咀嚼することだ。

 

そしてその指導内容を実践し、自分自身でも理解する。

 

その指導方針が、何を意味しているのか。

コウスケに足りないものは、一体何なのか。

 

何をもって、学習とするのか。

物を理解させると言う事は、いったいどういう状態のことなのか。

 

 

考えるたびに、段々と見えてきた。

講師として自分がやるべき、うっすらとした成功イメージが。

 

私は岸本先生に教わった内容を、紙に書きだした。

そしてその指導法の目的を理解するために、何度も反芻した。

 

自分が何をするべきか、何を目的に行動するべきか。

コウスケに何を教えるべきか。

 

 

数日間眺めていると、段々と薄いイメージが下りてきた。

教えるのではなく、気づかせる指導だと。

 

今のコウスケの回答は、まさに反射。

そしてそれは、先日の30秒で終了した小テストに現れていた。

 

自分が知らない=答えられない

このロジックが完成してしまっている。

 

つまり、丸暗記出来ているならなら回答できる。

数字・文字の変化・計算式や感情等が入り込むと、一気にシャットアウトする思考だ。

 

これは算数では、致命的な弱点である。

 

何故なら算数は、丸暗記では対応しきれない科目だからだ。 

全ての問題で、一度解いた問題と数字が完璧に一致することはあり得ない。

 

もちろん、式などを暗記する事は出来るだろう。

しかしその式のもつ意味合いを理解し、実際に組み合わせなければ意味がない。

 

そもそも、算数すら国語の問題である。

何を問われているのか、根本となる国語力が必要なのだ。

 

 

ぐぬぬ。

 

授業を成功させるイメージが、全く湧かない。

室伏広治に、腕相撲で勝てと言われている気分である。

 

いや、悩んでいても仕方がない。

これでは私が嫌う、机上の空論マンじゃないか。

 

 

と、いうことで。

とりあえずは、コウスケと授業をしてみることにした。

 

やってみなければ、何事も分からない。

実際は考えるのがめんどくさかったのは、ここだけの秘密だ。

 

スポンサー様
 

 

周囲に笑われたコウスケとの授業風景

f:id:nekoyamachan:20170401153712j:plain

 

忘れもしない、4月の第三週の火曜日18時からの授業。 

90分の授業に対して、コウスケは30分程度の遅刻で登場した。

 

残り60分もある!と考えている段階で、私は毒されていたのだろう。

残り時間の多さに、ホッとした記憶がある。

 

今日の目的は、コウスケを観察すること。

難しいことはなし、ただどう取り組んでいるのかを観察するだけである。

 

小学5年生のコウスケに対し、用意した数種類の問題。

小学4年生の問題から、念のために幼稚園児の問題まで。

 

どの段階で、コウスケは考え始めるのか。

反射で答えようとするボーダーは、一体どこなのか。

 

 

もし彼が、幼稚園児の問題ですら解こうとしないなら。

それは恐らく知識レベルではなく、別の意識問題である。

 

それは、塾に無理やり行かされることに対する反抗心かもしれない。

そうなれば、私の仕事はその感情をなだめることから始まる。

 

 

お願い神さま。

これ以上、私に難題をぶつけないでくれ。

 

そんな祈りを込めつつ、私は問題をコウスケに渡していった。

小学4年生の問題から、段々とレベルを下げて。

 

 

小4の問題:0点(回答時間約30秒)

 

おおう…。

一度見た光景とはいえ、結構来るものがある。

 

 

小3の問題:0点(回答時間約60秒)

 

これは結構、やばめな状況かもしれない。

心なしかコウスケが、問題を拒否っている気すらしてきた。

 

 

小2の問題:50点(回答時間約3分)

 

…。

神はいた。

 

コウスケには、塾に対する嫌悪感も反抗心もない。

ただ単に、本当に問題が解けない素直な子供だったのだ。

 

周囲のブースからは、見学に来ていた他の講師が群がっていた。

またねこやま先生が、意味の分からないことをしているぞと。

 

小学5年生に、小学2年生の問題を解かせているぞと。

ある意味苛めじゃない?とすら言われたのだ。

 

 

ばかやろう。

貴方たちは、何をいっているのだ。

 

こちとらいたって本気なのだ。

択捉に飛ばされるかもしれない状況で、ふざけていられるか。

 

 

しかしその回答を見て、私はほっと胸をなでおろした。

 

50点。

 

これは適当に問いて得られる点数ではない。

コウスケも嬉しそうに、解答用紙に書かれる赤丸を眺めていた。

 

 

よし、私がやるべき事は分かった。

ここからは徹底して、小学2年生の難問を一緒に問いていけばいい。

 

漠然としたイメージだが、私には確信があった。

ブースの後ろで見ていた岸本先生も、大きく頷いてくれた。

 

~ その⑦に続く ~