ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中学受験ブログ⑦ 最も有難い、授業の進め方に関するご家族様の理解と支援



f:id:nekoyamachan:20170408133834j:plain

 

考えているか、考えていないか。

 

そんな子供の思考状態を、講師が判断する。

そして同時に、その思考状態を適切な思考回路に戻してあげる。

 

コウスケの中学入試まで、あと二年

残された時間を有効活用するためにも、この作業は欠かせない。

 

繰り返し繰り返し、同じことを繰り返させる。

何をするべきか、やっと理解できた時期のお話だ。

 

このお話は、前回からの続きである。

お時間のある際にでも、お読みいただければ幸いだ。

 

~ 過去のバックナンバー ~



 

スポンサー様
 

 

合格ラインを超える学習スケジュール

f:id:nekoyamachan:20170408134953j:plain

 

小テストが終わり、やるべきことが見えてきた。

私はコウスケに、小学2年生の問題を与えることにした。

 

もちろんこれは、直接得点をあげるものではない。

あくまでもこれから入試までの、下地作りに過ぎないのだ。

 

 

小学二年生の問題を与え、問題の意図を掴ませる。

そしてその意図に沿って、自分の知識を当てはめる。

 

一言で言えば、そういうこと。

しかしコウスケにとっては、どういうこと?な世界である。

 

 

彼は今、解くという段階ではない。

知識を当てはめているだけの、いわばジグソーパズル状態。

 

これから先、難関の入試問題を解いていくには。

自分の知識を問題意図に合わせて、可変的に適応させる必要がある。

 

そうすれば思考能力を必要とする入試問題は、必ず解ける。

御三家のような、発想における才能を必要とする入試問題でなければ。

 

 

確かにコウスケの志望校は、偏差値は高い。

しかしその入試問題は、比較的軽度の論理的思考力で回答できる。

 

多くの問題が、圧倒的な知識量で圧殺できる。

しかしそれだけではなお、合格ラインには到達しない。

 

 

つまりコウスケが合格するには。

思考して回答するという前提が、どうしても必要になってくる。

 

あと二年の間に、その能力を身につけなければならない。

そしてその思考力を元に、圧倒的な知識量を習得する必要があるのだ。

 

 

そのために、小学2年生の問題から扱う。

その目的は、より低い思考のハードルから克服させるためである。

 

そして、考える癖をつける。

じわりじわりと、彼自身の思考力のギアを上げていくのだ。

 

 

しかし、一つ問題がある。

この授業スタイルを、ご両親は理解してくれるだろうか。

 

中学入試を目的に入塾してきているのだ。

なぜ小学校2年生の問題を扱うのか?と、きっと異論を投げるだろう。

 

これもまた、克服しなければならない問題点である。

どうやらコウスケの合格には、様々な障害が潜んでいるようだ。

 

スポンサー様
 

 

母からの家庭通信と、思わぬ味方

f:id:nekoyamachan:20170408141226j:plain

 

そうしているうちに、コウスケの授業がまた始まった。

一週間というのは、何と短いのだろう。

 

 

これはまずい。

なぜなら私は忙しさに忙殺され、ご両親への相談が出来ていなかったのだ。

 

何も相談なしで、小学2年生の問題を扱うのか?

それこそ意識統合も出来ず、大きな問題になりかねない。

 

個別授業において、ご家族様のサポートは必要不可欠。

もっとも勉強時間の多い、ご家庭の理解は欠かせないのだ。

 

 

私はひどく反省した。

 

なぜこんなにも、問題点を先送りにしてしまうのだ。

それで以前は、ワールドカップのチケットを予約し忘れたではないか。

 

ばかばか。

私のばか。

 

このまま小学2年生の問題を扱うのは、非常に危険。

しかしだからといって、小学5年生の問題を解いても意味がない。

 

この90分を、私はどぶに捨てたも同然だ。

何なら、コウスケと古今東西三国志の武将名でもやるべきだろうか。

 

いやコウスケは恐らく、三国志の武将名など一人も分からないだろう。

無防備なハムスターを、ライオンが全力で追い立てるようなものだ。

 

 

とりあえず授業に向かい、私はコウスケを待った。

コウスケは安定の30分遅刻をし、残りは60分だった。

 

軽く注意を促し、授業を開始した。

しかし頭の中では、何をするべきか完全に迷っていたのだ。

 

 

私が悩んでいると、コウスケが一冊の本を差し出した。

それは家庭通信と言われる、ご家庭との文通役目を果たすノートだった。

 

前回の授業はどうだったか。

ご家庭での勉強は、指導された通りに出来ていたか。

 

そんなご家庭での様子を確認する、家庭通信

私の塾では授業の最初に、その家庭通信を書きこむ決まりなのだ。

 

 

そしてこの、ご家族様にも書いていただく家庭通信。

ご家庭によって、その濃度に圧倒的な差が存在するのだ。

 

 

ご指導宜しくお願いします、と丁寧な字で書かれたもの。

部活が忙しくて宿題が終わっていないようです、と情報をくれるもの。

 

何も書かれていない、講師と家庭の温度差を感じるもの。

なかには般若心経の様に、びっしりと埋め尽くされているものもある。

 

 

そのため最初の家庭通信を見る時、非常に緊張する。

塾に対するご家庭のスタンスが、面白いように現れるからだ。

 

クレーマー気質なのか。

モンスターペアレンツなのか。

 

自由気ままに自分の意見を書き込める、家庭通信。

細かな授業内容まで指示する、監視系ママの場合も少なくないのだ。

 

 

私は恐る恐る、コウスケが差し出す家庭通信を開いた。

そこには薄目にしても分かるほど、びっしりと書き込まれていた。

 

これは間違いなく、監視系ママである。

読む前から分かる文字の圧力に、そう直感した。

 

 

しかし読み進めてみると、私はびっくりした。

そこには丁寧な文字で、この様なことが書かれていた。

 

家庭通信に書かれていた内容
  • コウスケはやればできる子だとは思う。しかしその方法が分からないだけ。
  • 先生が小テストでやったことを、継続していただきたい。これからの指導方針は、全て先生に任せる。
  • 家庭では、出された宿題は死んでもやらせる。だからたっぷりと出して欲しい
  • コウスケはどうやら、ねこやま先生が嫌いではないようだ 

 

泣くほど嬉しかった。

あのヒステリック知性の高いお母さまが、ここまで理解してくれるとは。

 

これで私は、ご家族の全面的な協力を手に入れられた。

そして同時に、コウスケに同じことを繰り返させる許しを得たのだ。

 

 

さぁ、残る障害はただ一つ

 

私がどれだけコウスケと共に歩み。

そして彼に、考える力を養ってあげられるかだ。

 

 

家庭通信を見ながらにやける私。

そんな私に、コウスケはもう一つ紙を差し出した。

 

それは先週私が彼に命じた課題。

白紙の小学2年生問題集だった。

 

~その⑧に続く~