読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

~快適雑記~ 子供に勉強を教える時、同じことを繰り返させる方法っていいよね(その⑨)



f:id:nekoyamachan:20170415124623j:plain

 

講師が教えない、そんな勇気。

 

時間の経過が亀のように感じ、存在意義すら疑ってしまう。

しかしそれに耐えた時、生徒を観察する本当の目が養われる。

 

私たちが思った以上に。

大人になっても、思考レベルは何も変わらない。

 

想像・実感できないものには、手は出せない。

そんな危機的な状況に遭遇した時、どうすれば良いだろう。

 

 

このお話は、前回からの続きである。

お時間のある際にでも、お読みいただければ幸いだ。

 

~ 過去のバックナンバー ~


 

 

 

仏が笑っていられる、最後のアドバイス

f:id:nekoyamachan:20170415144548j:plain

 

授業終了後。

 

私はもう一度、岸本先生の所に行った。

そして再度、これからの指導方針を相談した。

 

 

間に合わない授業計画を、どう修正するべきなのか。

授業を増やし、単純に指導時間を増加させるべきなのか。

 

どうやれば、自宅でも私の指導内容を反映して復習できるのか。

授業で習った思考方法を、自習時でも生かす方法はないのか。

 

 

彼から指摘された、私の指導上の問題点

これを全て解決する策を、お伺いできないかとお願いした。

 

私の指導方針が持つ問題点を、全て解決しようと思った。

そしてそのバグフィックスした指導方針で、再度合格に近づこうと考えた。

 

 

しかし。

またも私はズレていた。

(ふぁー)

 

 

岸本先生は私に、びっくりするほど丁寧に教えてくれた。

まるで大人が赤子を諭すかのように、驚くほどゆっくりと。

 

 

「ねこやま先生。教えてはいけません

「講師はあくまで、転ばぬ杖です」

 

「理解できるまで、コウスケに付き合ってください」

「それだけで彼の思考力は鍛えられ、全部うまくいきます」

 

 

…('Д')?

 

 

私は完全にパニックだった。

杖ってなんなのだ。メダパニか何かか。

 

彼の教えてくれた方法は、先ほどの丁寧な授業とはまさに真逆

理解できるまで付き合うというのは、どういう意味なのだ。

 

教えてはいけないと言うのは、何となく分かる。

しかしそれは多くの講師が口にする、暗喩的なものではないのか。

 

教えないと言っても、完全に教えないわけにもいかない。

そうでなければ、高いお金を払ってもらう意味はないだろう。

 

 

私は、そう岸本先生に伝えた。

もちろん、私の持ちえる最高峰に丁寧な言葉づかいで。

 

すると先生は、別の表現でもう一度説明してくれた。

クレイジーなほど理解力の低い、この新人講師に。

 

岸本先生のアドバイス(仏が笑ってくれるギリギリの3度目)
  • 同じ内容を繰り返す
  • 講師から教えない。質問だけをさせる
  • 解けるまで解かせる。解けても解かせる
  • 最後の仕上げに、微妙に数値を変えた問題を与える
  • 宿題は全く同じものを出す

 

アドバイスをくれると、先生はそそくさとご退勤された。

どうやら引き抜かれた先でも、大変お忙しいご様子だった。

 

そして私は、またも一人残された。

岸本先生からのメモを片手に、地蔵の様に立ち尽くした。

 

 

具体的とも思えぬ、これらの指導方針。

その多くは通常の行使とはかけ離れた、職務放棄とも思える内容だった。

 

ただこの助言の主は、あの岸本先生である。

私が最も信頼を置く、心優しきアラサーティーチャーなのだ。

 

私は、彼の言葉を繰り返し反芻した。

まるで乳牛の様に、何度も何度も口元に戻して熟考した。

 

 

岸本先生がくれた、計3回のアドバイス

そしてその中でハッキリ分かった、一つの事実。 

 

それは、今の私にはわからないということだった。

アドバイス通りにやることだけが、今の私に必要だということ。

 

恐らく、本当に私は分からないのだろう。

それは単純に、その効果を実感していないから。

 

人は実感や想像できないものは、手が出ないものである。

そしてそれを理由に、多くのチャンスを逃しているのだ。

 

きっと岸本先生にとって、私とコウスケは変わらない。

先生の考える思考するという段階に、私たちは辿り着いていない。

 

ならば、やってみるしかない。

私に残された方法は、ただ従順にその指導方針を試してみることである。

 

 

教えない。

繰り返させる。

説明させる。

 

この地獄の三連星で、私とコウスケは中学受験の基盤を作る。

そして岸本先生の想像する、考えるというレベルにたどり着いてみせる。

 

 

コウスケの授業は、明日の夕刻。

指導方針が何度もぶれるねこやま先生を、彼は許してくれるだろうか。

 

 

 

何もしない授業。進まぬ時間

f:id:nekoyamachan:20170415152736j:plain

 

90分という時間。

それがこんなにも長い時間なのだと、初めて知った。

 

 

コウスケに問題を解かせること、90分。

岸本先生の教え通り、私はひたすら彼に問題を解かせた。

 

当然ながら、圧倒的に遅い回答速度。

その時間を持て余した 私は、その苦痛に耐えていた。

 

時折こちらをチラ見する、悩ましげなコウスケ。

その眼には、なぜ教えてくれないのだと一抹の怒りすら感じられる。

 

しかしコウスケ、分かってくれ。

私は決して、二日酔いで教える気力がないわけではない。

 

これはキミの思考力を育てる、大切な時間なのだ。

だからお願い。お母様には、誤解を招かぬよう伝えて欲しい。

 

 

教えないということは、これほどまでにキツイのか。

思わず口を出しそうになる私は、健全な講師ではないのか。

 

 

10分、20分…。

その時間の経過具合は、まさに地獄。

 

まるで足をねん挫した陸上選手の様に。

私はじっと、コウスケが解く姿を眺めていた。

 

 

僕のこと、嫌いになったのか。

 

彼がもしそう考えていたならば、最高に悲しい。

しかし今はただ、彼が解く姿を観察するのが私のお仕事だ。

 

コウスケは、どんな目線で問題を追っているのか。

そして彼が問題を諦めるタイミングには、どんなアクションをするのか。

 

そしてそんな授業を、私は約1カ月続けた。

コウスケに嫌われるのではないかと、内心怯えながら。

 

~その⑩に続く~