ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

手羽先を味わうなら、ガーリック黄身ソースの手羽先塩麹レモン(糖質4.5g)良きかな!


f:id:nekoyamachan:20170402120054p:plain

 

塩麹の焼けた香り、大蒜の豊潤さ。

 

香りはいつも、私たちの記憶にこびりつく。

そして良い香りは、良い記憶材料として想い出に残る。

 

高校生の時、試供品が当たったことがある、

ペットボトル程のリンスとシャンプーが当たる、何とも豪奢なキャンペーンだった。 

 

なぜ応募したのかも覚えていない、キャンペーン。

市場調査か何かを、名目にした懸賞だった記憶がある。

 

 

あなたはどんな香りが好き?

そんなお洒落なキャッチコピー。

 

実際に使った使い心地や、香りの感想。 

送られてきた試供品には、複数のアンケートが付いていた。

 

部活だけに根中していた、ゴリゴリの高校2年生。

お洒落にはかすりもしない私には、回答しづらい質問ばかりだった。

 

 

この香りを誰に伝えたいですか?

この謎の質問には絶句した。

 

どう回答すればいいのだ。

香りを伝えたいとは、一体どういう状況なのだ。

 

もしかして、真面目に考える必要はないのか。

愛犬ララキチとでも、答えておこうか。

 

そんなアンケートに丁寧に答え、同封された手紙で返送した。

まだ実際に使ってもいないのに、良く回答できたものだ。

 

 

そしてその日の夜。

私は実際にシャンプーを使ってみることにした。

 

明日も最高に熱い、夏の猛暑真っ只中。

良い香りと共に登校すれば、何かしらイベントがあるかもしれない。

 

そう思い、私はごしごし泡立てた。

普段使っている、父親のサクセスを脇に寄せて。

 

 

そして私は愕然とした。

そのシャンプーは、死ぬほどいい香りだったのだ。

 

 

なんだこの、バラ畑を突っ走ったような香りは。

実際に走ったことはないが、間違いなくそれ系の香りだ。

 

それに引き換え、なんだサクセストニックって。

シェービングクリームと同じ、メンソールの香りじゃないか。

 

こんなに素晴らしい香りがあるなんて。

私は人生の95%を損していたに違いない。

 

 

しかし、この製品は試供品

いつ販売されるかもわからない、幻の商品なのだ。

 

これはやばい。

もっとちびちび使おう。

 

初回のドバっと感を反省し、私はリンスをちょびちょび使用した。

この一本で残りの高校生活を、賄わなければならない。

 

残りの学生生活、この香りと一緒。

心から嬉しかったのを覚えている。

 

 

しかし、そうは問屋が卸さない。

悪魔は家族に存在した。

 

お風呂から上がり、香りに酔いしれること数時間。

私はとんでもない光景を目にしたのだ。

 

 

お風呂場から聞こえる、母親の叫び声

それとともに、猛ダッシュで出てくる愛犬ララキチ

 

真っ白な泡に包まれた、キョトンとした愛犬。

即座に私は、彼がシャンプーから逃走したことに気が付いた。

 

そして部屋中に漂う、素晴らしい香り。

彼を包み込む泡は、バラの香りを発散していた。

 

 

本日ご紹介するのは、薫り高き素晴らしい逸品。

ガーリック黄身ソースの手羽先塩麹レモンだ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

僅か一日で半減した、シャンプーの怨念を晴らすべく。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%ポイントバック割引

 

ガーリック黄身ソース手羽先塩麹レモンの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170402120059p:plain

 

まずは手羽元8本に徹底的に切れ込みを入れ、以下をすりこもう。

 

・塩/黒胡椒  各6ふり
・塩麹    大さじ1
・レモン汁  小さじ2

 

漬け込み時間は、約10分間

のんびり塩麹の香りをお楽しみいただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20170402120102p:plain

 

そして次にマッシュルームも1パック、半分にカットしておこう。

ここにも塩胡椒を各4ふりし、こちらも準備オッケーだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170402120106p:plain

 

そして次は、極悪なる黄身ソース。

以下を混ぜ合わせるだけの、シンプル工程である。

 

・黄身 2個
・醤油 小さじ0.2
・粉チーズ  小さじ1
・マヨネーズ 小さじ1
・ガーリックパウダー 小さじ0.3

 

周囲への配慮が必要な、攻撃的な大蒜臭。

デートの前日には、全力でお控えいただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20170402120115p:plain

 

そしてこれを、以下の行程で調理していこう。

 

①手羽元の皮面を下にして、中火で3分

②ひっくり返してマッシュルームを投入し、ガサゴソ混ぜる。

 

カリカリ感を引き出すなら、さらに皮面をしっかり焼き上げていただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20170402120126p:plain

 

そしてこれに蓋をして、時々混ぜながら中火で7分

結構しっかり目にご調理していただければ、幸いだ。

 

落としてしまった衝撃で割れた蓋は、ほんのご愛敬だ。 

 

f:id:nekoyamachan:20170402120054p:plain

 

さぁ、これにて完成。

手づかみで頬張る楽しさを、世界中に伝えていただきたい。 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170402120138p:plain

 

綺麗に入った筋繊維、これがほろほろ

写真を撮るために顔を近づけると、それだけで逝ってしまいそうだ。

 

甘みを帯びた手羽先の脂身は、まさに宝石の光沢

カラスに奪われないよう、窓は指差し確認必須である。

 

まずはそのまま、塩麹レモンの香りを楽しもう。

8本しかないという現実を、私は受け入れられるだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20170402120132p:plain

 

攻撃的な黄身ソースをかけ、いざ一口。

 

どごん!!とくる、濃厚な旨み。

サクッ!!とほぐれる、 手羽先の筋肉質。

 

これは抜群に旨い。

手羽先の脂身が、大蒜と最高にマッチする。

 

 

しかしこの、大蒜の香り

思った以上に攻撃的な、凄まじい主張だ。

 

小学校の頃、クラスで一人はいた男子。

答えが分からなくても、とりあえず手を挙げるタイプの旨さである。

 

 

いやしかし、これは夢中になる。

手がテッカテカになるまで、ひたすらむさぼりついてしまう。

 

あっという間に8本平らげ、追加オーダーをしようとする。

そしてここが自宅である現実に、愕然とする。

 

皆様にも是非お試しいただきたい、素敵な逸品。

手羽先大好きっ子と名乗りたくなる、攻撃的なテイストだった。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

じゃ、またね!!(*´ω`)

 

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

 


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・手羽先 8本(約400g)
・タマゴ 2個
・マッシュルーム 1パック

調味料
・醤油 小さじ0.2
・粉チーズ  小さじ1
・塩/黒胡椒  各10ふり
・塩麹    大さじ1
・レモン汁  小さじ2
・マヨネーズ 小さじ1
・ガーリックパウダー 小さじ0.3
・オリーブオイル   大さじ1


このレシピが皆様のお気に召せば、お子様も「てばだいしゅき」と呟くかもしれない。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。