ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

優しい味に旨みを練りこむなら、柔鶏むねの低温白だしフォー(糖質4.3g)がいいよ!



f:id:nekoyamachan:20170226193638p:plain

 

さぁ…プリプリの向う側に。

 

どんなジャンルにも、向こう側というものがある。

私はその向こう側の世界を、圧倒的に信じているのだ。

 

何かを一つ、追及するとどうなるだろう。

どんな些細な事でも、継続し続けるとどうなるだろう。

 

ずっと同じことを繰り返していると、段々と見えてくるものがある。

剣道でも柔道でも、サッカーでも卓球でも。

 

スポーツでなくても構わない。

身近にある、些細な事でもOKなのだ。

 

 

たとえば、お掃除

 

ベテランの主婦の方と、大学一年生の上京したての学生。

そのお掃除スキルには、天と地ほどの差がある。

 

 

それは、汚れた場所を磨くスキルだけではない。

決してホコリを見逃さない、アサシン並みの察知能力にも由来する。

 

さらに頑固な汚れに対する、圧倒的な忍耐力

オレンジの皮で汚れを落とす、経験値からの博学も見逃せない。

 

彼女たちには、十分すぎるほどの市場価値があるだろう。

あのお掃除忍者達を街に放てば、きっと全てを綺麗にしてくれる。

 

 

もし彼女たちを、田舎の廃校にお招きしたらどうだろう。

あっという間に建物は価値を取り戻し、かつての栄華を取り戻すだろう。

 

 

いや、田舎の廃校だけではない。

 

カムバックを狙っている、全国のホテル・病院跡も悪くない。

一度価値をなくした建物でさえ、新品同然になるだろう。

 

同じことを繰り返すことによる、目に見えぬ経験則

その数値化できぬ値こそ、私たちが求める最高の英知なのかもしれない。

 

 

そして私も尚、この数年間同じことを継続している。

それは筋トレロカボプリプリチキンだ。

 

そんな本日は、プリプリチキンレシピのスタメン選手をご紹介したい。

それは柔鶏むねの低温白だしフォー

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

優しい味に、沁みこむ味わい。

健康的な一品に、筋トレ後の腹筋もニコッとほほ笑むだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

柔鶏むねの低温白だしフォーの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170226193646p:plain

 

まずは麺棒で叩きまくったチキンに、以下の調味料を加えて少し放置。

 

・塩     軽く4ふり
・白だし   大さじ1.5
・料理酒   小さじ2

 

時間的には、算数の問題でタケシ君がお兄ちゃんを追いかけ始めるくらいの時間だ。

まぁ、要は10分ほどだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193649p:plain

 

そしてこれを、少なめにシリコンスチーマーで600W約4分間レンチン。

少し赤身が残るくらいでOKなので、包丁でカットしておこう。

 

このスープはまさに家宝なので、そのまま残していただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193654p:plain

 

そしてもやしも、レンジで60秒

 

しゃきしゃきしてんじゃねぇぞ!

そう千葉のヤンキーに絡まれるくらいの、快感食感に仕上げておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193700p:plain

 

そしてまずは、以下の調味料を極低温で沸騰させよう。

 

・水     450㏄
・塩     軽く4ふり
・ナンプラー 大さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ1

 

さらに沸騰したら、チキンとモヤシを投入して低温で約7分間

どこまでも低温で攻め尽くし、チキンのMっ気を引き出してあげよう。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193705p:plain

 

そして最後に、以下の調味料を加えていただきたい。

 

・ごま油 小さじ0.5
・白ごま 大さじ1

 

最後は軽く沸騰させる感じで、オールオッケーだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193638p:plain

 

最後にレモン1/4個と、千切りミョウガを2個加えて…。

ざっつオール!!!

 

ピカデリー梅田の掛け声と共に、さぁ完成だ。

このギャグが分かる方とは、きっと仲良くなれそうな気がする。

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170226193709p:plain

 

おいおい…。

プリプリすんなって…。

 

悪かったって…。

こないだ豚肉食べたのは、謝ったじゃないか…。

 

俺には鶏むね、お前だけだって…。

いつまでプリプリしてんだよ…。

 

f:id:nekoyamachan:20170226193712p:plain

 

プリプリ最高。

しっとり爆誕。 

 

なんという、優しいお味。

ジェントル面の名前をほしいままにする、このお出汁。

 

白だしとナンプラーの香りが口に広がり、まさに最高だ。

モヤシのしゃきしゃき感も楽しく、食べ応えもSクラスである。

 

 

プリプリ肉の美味しさ、鶏むね肉にあり。

 

私が戦国武将なら、兜にの印を施すだろう。

たとえそれが原因で、チキン将軍と呼ばれても構わない。

 

国産鶏胸って、なんて最高なんだろう。

私が総入れ歯になるまで、あと4兆回は食べたい逸品だ。

 

 

しかし…。

もし4兆回なら、1日3食だとして。

 

わかった!

36億歳まで生きればいいのか。

 

今のままでは、結構厳しい数値かもしれない。

でも、マルチビタミン飲んだら何とかなるかな。

 

まあ、大丈夫か。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・鶏むね肉 300g
・もやし  1/2袋
・ミョウガ 1個
・レモン  1/4個


調味料
・塩     軽く8ふり
・ナンプラー 大さじ1.5
・白だし   大さじ1.5
・料理酒   小さじ2
・ごま油   小さじ0.5
・白ごま   大さじ1
・生姜チューブ 小さじ1


このレシピが皆様のお気に召せば、プリプリチキンとの思い出が刻まれるだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。