読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

噛みしめ放題の、旨み棒棒鶏風ホルモンピリ辛豆板醤(糖質4.1g)は、焼酎最高ですよ!

糖質制限 絶品ローカボレシピ


f:id:nekoyamachan:20161222190253p:plain

 

ゆっくり系のおつまみが大好きだ。

 

キリンさんより、ゾウさんより好きだ。

 

いやそもそも、哺乳類と比較できないレベルに好きなのだ。

 

するめや鮭トバ、ビーフジャーキー。

日本は噛みしめる系のおつまみが、素晴らしく充実している。

 

しかし、そのおつまみ達にも弱点がある。

それは、満腹にならない点だ。 

 

そもそもお酒も好きだが、ご飯も青天井に好きなのだ。

華金の飲み会でも、ご飯セットを頼んでしまう系男子なのだ。

 

 

おつまみは好きだが、おなか一杯にならない。

しかし先に主食を食べると、おなか一杯になってしまう。

 

程よい空腹感で、おつまみと向き合いあいたいのだ。

ご理解いただけるだろうか、このマイハート。

 

 

思春期のワガママだろうか。

いや、新橋の仲間たちも同じ悩みをお持ちに違いない。

 

主食にもなり、おつまみにもなる。

こんなトランスフォーマー的なおつまみを求めているのだ。

 

そんな時、飲み会で出てきた棒棒鶏

これを歯の悪い上司が、死に物狂いで頬張っている時だ。

 

 

私に降りてきたのだ。

おつまみ神が。

 

 

「ねこやま…。

 私の声が聞こえますか…?」

 

はい聞こえます!

感度バッチリです!

 

 

「あなたはホルモンがお好きなはず…。

 それで棒棒鶏を作りなさい…。」 

 

え!?

ほ、ホルモンで棒棒鶏ですか!?

 

そ、それ「またあいつ変なの作ってるよ」的になりません!?

 

 

「それでいいのです…。

 どうせ飲み会でへべれけになるのです…。」

 

な、なるほどぉ!!

どうせ泥酔するのなら、美味しいもの作ったもの勝ちですね!

 

 

「さぁ、作りなさい…。

 そしてそこの、地毛だと言い張る上司に食べさせるのです…。」

 

 

わっかりましたぁ!!

ねこやま、いきまーす!!

 

 

はい。

と、言う事だ。

 

本日のレシピは、おつまみ最強棒棒鶏風ホルモンピリ辛豆板醤

焼酎の空き瓶が乱舞する、最高にハイになれる逸品だ。

 

 

良かったら、ご覧頂けるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

今宵皆様が、最高に楽しい飲みになるように。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

棒棒鶏風ホルモンピリ辛豆板醤の糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20161222190307p:plain

 

まずは豚の白ホルモン200gを、脂を包丁の背で落としてしまおう。

そして細切りにすれば、より健康的なおつまみが完成するだろう。

 

飲み会の段階で健康的ではない。

そんな正統派のご意見は、そっとじ。

 

f:id:nekoyamachan:20161222190312p:plain

 

これを水で存分に洗おう。

 

大事なワイシャツに、カレーうどんの汁が付いた時くらい。

彼女のぬいぐるみに、マヨネーズをかけてしまった時くらい。

 

f:id:nekoyamachan:20161222190316p:plain

 

そして、以下の調味料で味付けしよう。

 

・醤油  大さじ1
・味噌  小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・料理酒 小さじ2
・砂糖  小さじ0.5
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・生姜チューブ 小さじ1

 

これぞ本格焼肉店にも負けない、美味しい味付けだ。

ただし、叙々苑などのアッパークラスとの比較はご勘弁願いたい。

 

f:id:nekoyamachan:20161222190322p:plain

 

これをごま油小さじ1、強火で加熱していこう。

かなりしっかり炒め、焦げ目がつくくらいが理想だ。

 

目安は強火で3分。ガチ系な飲みなら5分

どうでも良い友人の場合、そのまま出そう。(ダメ絶対)

 

f:id:nekoyamachan:20161222190326p:plain

 

最後にピーマンの細切りを4個分投入して、これまた強火で2分

ここはしゃっきしゃきに仕上げてあげよう。

 

f:id:nekoyamachan:20161222190253p:plain

 

さあ、へべれけの準備は宜しいだろうか。

記憶をなくす前に、彼女に「へべれけウィル」とLINEしておこう。

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20161222190331p:plain

 

この香りと、箸で持ち上げた時の感触。

これぞ理想とする、カムカムおつまみだ。

 

一口食べると、千切りのホルモンの食感が堪らない。

噛めば噛むほど旨みが飛び出し、焼酎の螺旋階段だ。

 

 

旨い。

これなら、加茂五葉も瞬殺で無くなるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20161222190333p:plain

 

会話を邪魔せぬ、圧倒的おつまみ感。

少量をつまみ、グビリとお酒を流し込む。

 

もしかして…。

これがあの、幸せというものなのか?

 

 

私がロボとして生まれ、はや20年。

博士に聞いた感情の一つ、幸せ

 

そうか、これが幸せか。

意外と身近なところにあったのだな。(哲学)

 

 

人類は、まっこと素晴らしい。

そしてその中でも、飲み会は最高だ。

 

 

あぁ、今日も深くまで沈みこもう。

ちょっと飲み過ぎかも知れないが、今度反省しよう。

 

では皆様も、幸せな週末をお過ごしいただきたい。

クリスマスまで、あと少しですね。

 

 

あっ、終わってた…。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・豚白ホルモン 200g
・ピーマン   4個

 

調味料
・醤油  大さじ1
・味噌  小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・料理酒 小さじ2
・砂糖  小さじ0.5
・ごま油 小さじ1
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・生姜チューブ 小さじ1

 

このレシピが皆様のお気に召せば、世界のホルモンもニッコリ微笑むだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。

 

ご利用規約
当サイトに掲載されているコンテンツをご利用になり いかなる問題が生じた場合にも当サイトは一切の責任を負いません。 またシェア・リンク・ご紹介を除く、一切の転載禁止とさせていただきます。

© 2016 ねこやまローカボ日誌