ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

毎日のお買い物で無駄遣いをしない方法を、真面目に考えてみるね!



f:id:nekoyamachan:20170206200525j:plain

 

畏るべし、無駄遣い。

 

何故私は、必要のないものを買ってしまうのだ。

何故私の家には、XO醤が4つもあるのだ。

 

私のもっぱらの悩み、無駄遣い

大きな無駄遣いはないが、小さな無駄遣いは山の様にある。

 

そしてその小さな無駄遣いが、私の家計を圧迫する。

将来台湾のマンションを購入する野望が、どんどん遠ざかっていくのだ。

 

何故私は、必要のないものを買ってしまうのか。

逆に何故、この世には無駄遣いをしない人種が存在するのだ。

 

 

そもそも、人の本能には「興味」というジャンルがある。

その興味という本能は、大人になっても消えやしないのだ。

 

全く必要なくても、半額シールが張ってあれば手に取ってしまう。

たとえそれがお線香でも、人はとりあえず確認するのだ。

 

 

え?普段は498円なのに…。

198円!?

 

この段階で、たとえお線香でも興味が湧いている。

そして私の思考は、別の方向に向かうのだ。

 

 

探し始めるのだ。

お線香を買う理由を。

  

もしかしたら、親戚のおばあちゃんの7回忌だったかもしれない。

もしかしたら、部長がいきなり逝去されるかもしれない。

 

あらゆる可能性を考え、このお線香を買う理由を探し始める。

近い将来、お線香を使う機会がないかを模索する。

 

お線香を購入する理由を考えることで、私は得ようとするのだ。

半額で買える喜びを。

 

むしろ、無理やり買おうとしているまである。

198円で喜びを手に入れようとしてしまうのだ。

 

 

もうこうなってしまえば、商品など何でもよい。

お買い得感を受け取れる商品ならば、カゴにぶちこんでしまう。

 

 

そう、 これが私の無駄遣いの諸悪の根源だ。

この発想により、半額のXO醤が4つも台所に鎮座するのだ。

 

これはいただけない。

私の台湾ライフが、どんどんと遠ざかっていく。

 

 

よし見直そう、私の無駄遣いを。

日々のスーパーで無駄遣いをしない方法を、しっかり考えてみよう。

 

 

 

 

スーパーで無駄遣いをしないコース取り

 

スーパーで無駄遣いをしない。

そのために私に求められる行動とは、一体何だろう。

 

少し分析すると、私の行動には問題点が山積していた。

その問題点は、以下の通りだ。

 

スーパーでの無駄遣いの元凶

 

(1) そもそもお金を持って行き過ぎている

(2) 買うものが確定していない

(3) スーパーの滞在時間が長い

(4) 試食コーナーを必ず経由している

(5) 半額シールを探す旅に出る

(6) 可愛い店員さんを見つけてしまう 

 

ざっと今の問題点は、こんなところだ。

そして今すぐ解決できるものといったら…。

 

(1) そもそもお金を持って行き過ぎている

(2) 買うものが確定していない

(6) 可愛い店員さんを見つけてしまう 

 

ざっとこんなところだろうか。

 

(1)に関しては、ONE漱石だけにすればいい。

それは(2)の、買い物の内容を明確にすることにも繋がるだろう。

 

そして(6)に関しては、完全に根性論だ。

これは鋼のハートで、スルーするしかない。

 

可愛い女性は、この世に何千万人もいらっしゃるのだ。

あえてダイエーで探す必要もないかもしれない。

 

根性で立ち向かえば、大抵のことは上手くいく。

要は、本気で抗っているかどうかなのだ。

 

 

では、残りの問題点を解決しよう。

私のスーパーでの無駄遣いも、もう少しで解決するだろう。

 

 

(3) スーパーの滞在時間が長い

(4) 試食コーナーを必ず経由している

(5) 半額シールを探す旅に出る

 

 

うむ、なかなかに厄介な奴らだ。

こいつらが特に問題児なのだ。

 

まず無駄遣いは、買いたくなるものに触れるから生じるのだ。

刺激があるからこそ、触発されてしまうのだ。

 

つまり、低刺激なお買い物をすれば良いのだ。

最短距離で買い物を終了させれば勝利は目前だ。

 

私の最大の課題は、スーパーの滞在時間を減らす事。

これに尽きるだろう。

 

 

では早速、スーパーのコース取りを考えてみよう。

私は、スーパーを楽しみ過ぎているかもしれない。

 

スーパーのコース取り

 

まず早速、スーパーの見取り図を描いてみた。

簡易的で誠に申し訳ない。

 

f:id:nekoyamachan:20170206211649p:plain

 

 

まず、これが基本情報だ。

どこにでもある、都内のダイエーと言ったところだ。

 

そして多くの場合、私はこのコースをこのように闊歩する。

 

f:id:nekoyamachan:20170206212113p:plain

 

まず赤文字の→だが、これは必要な食材を購入している。

毎日のレシピ作成に、楽しみにしているお買い物コースだ。

 

これは外せないコースである。

 

次に、青色の→だが、これが問題なのだ。

多くの無駄遣いは、このコース上で発生しているのだ。

 

何故私は、このコースをたどっているのか。

全く必要ないコースを、なぜお散歩しているのか。

 

その問題は、

f:id:nekoyamachan:20170206212318p:plain

こいつだ。

 

この地図上に点在する3つのどくろマークは、試食コーナーだ。

糖質制限中の私が、糖質を開放できるオアシススポットなのだ。

 

塩麹バターパンや、水餃子

パイナップルケーキや、チーズフォンデュ

 

数々の魅惑の試食品が、私をお出迎えしてくれる。

そして夏夜の虫のように、私は引き寄せられていく。

 

 

もちろん糖質制限中なので、購入はしない。

ベテランの試食のおばちゃんも、恐らくその点は感づいているだろう。

 

しかし結果として、私は無駄遣いしている。

幅広くコース取りをさせることで、刺激的なお買い物をさせられているのだ。

 

これぞダイエーの陰謀

水餃子を敢えて食わせることで、XO醤を購入させているのだ。

 

気が付いてしまった。

タダだから試食しようという発想は、そもそもが間違っていたのだ。

 

タダほど高いものはない。

私はベテランのおばちゃんの手で、転がされていただけなのだ。

 

 

よし、これは早急に改善しよう。

全ての刺激を回避するように、以下のコース取りを検討しよう。

 

f:id:nekoyamachan:20170206213540p:plain

 

 

まずは必要な食材だけ購入し、レジに直行するスタイルだ。

 

うむ、悪くない…。

悪くはないが…。

 

このコース取りだと、お菓子コーナーに接触してしまう。

変なお菓子スイッチが入る可能性も考えられる。

 

これは試食が出来ないストレスが、お菓子に変化する恐れがある。

今一度検討しなおそう。

 

f:id:nekoyamachan:20170206213742p:plain

 

 

これは、野菜コーナーだけを攻める戦略だ。

 

この作戦には、いわずともなが問題が山積している。

ベジタリアンにならなければならない、という点だ。

 

 

折角楽しくローカボレシピを作っているのに、どんな鬼畜縛りだ。

絶品!小松菜のキャベツ添え!とか、完全にアウトだろう。

 

コース取りとしては100点だが、これはだめだ。

もっと実用性のあるコースを選択しよう。

 

 

では最後に、これはどうだろう。

少しぶっ飛んでるが、もしかしてアリかもしれない。

 

f:id:nekoyamachan:20170206214201p:plain

 

 

レジに始まり、レジに終わる。

 

全ての食材を、レジ周りの商品で賄う。

単三電池と水ようかんで、レシピを作るのだ。

 

 

……。

私は馬鹿か。

 

 

よし、明日は最短ルートの購入コースを辿ろう。

きっと私の無駄遣いは、ぐっと減るだろう。

 

私の思い付きに付き合ってくれて、どうもありがとう。

みなさまも、ナイスなコース取りを!!

 

 

じゃっ(*´ω`*)