読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

和の鶏をご所望なら、水漬け鶏ももの滑らかモツァレラ一味焼き(糖質4.5g)をお慕い申す。

糖質制限 絶品ローカボレシピ


f:id:nekoyamachan:20170222193023p:plain

 

昔の料理って、絶品だったはず。

 

漠然と頭に残る、昔のお料理が旨すぎるというイメージ。

私はこのイメージを、どこで集めたのだろう。

 

何かの漫画かテレビ番組で知った、この情報。

昔の人は、美味しいものを作る事に長けていたと。

 

それは、お料理が最高の娯楽だったこと。

そして自然の恵みを存分に享受できた、という2つを根拠とする。

 

 

確かにイメージはぴったりだ。

 

そこらへんに烏骨鶏が走り回り、ストレスもナッシング

タマゴも自然の餌を与えた鶏から生み出され、野菜も農薬なし

 

ここまで完璧な環境だ。

お料理だって美味しくなるはずだ。

 

 

しかし、確かに少なからず疑問はある。

それは当時の人々が、調味料を十分に持っていたかということだ。

 

お醤油やお酒も、一部の裕福な層だけかもしれない。

お米だって年貢で巻き上げられただろう。

 

そう考えると、必ずしも美味しいご飯ではないのだろう。

普段の食事は、サツマイモをふかしただけなのかもしれない。

 

 

しかし、彼らにだってお祝い事はあるはずだ。

毎日コツコツ貯めたお小遣いで、美味しい食材を購入する日が。

 

そしてそれは、おそらくシンプルな食材調味料だ。

 

 

なぜならそれは、最高に楽しみにしていた日だから。

年に一度のお祝いの日に、焦がしちゃった♡などと言えるはずもない。

 

それゆえシンプルな食材で、最高に美味しく仕上げる。

失敗の出来ないご飯だからこそ、どシンプルに攻め込むのだ。

 

そこには私が求める、簡単健康レシピの神髄があるに違いない。

 

 

良し、私も今日は、彼らを見習おう。

シンプルな食材と調味料で、存分に美味しく仕上げようではないか。

 

 

本日ご紹介する、水漬け鶏ももモツァレラ一味焼き

チキンの旨さが口の中で暴発する逸品だ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

人生でも回数の限られた食卓を、存分に煌びやかに仕上げるから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

水漬け鶏ももモツァレラ一味焼きの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170222193031p:plain

 

まずは鶏もも肉をフォークでプスプス、さらには包丁でざくざく。

ぶっちぎりの広げっぷりを披露したら、これを水に10分間漬けておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170222193036p:plain

 

そしてここに、料理酒を小さじ2、塩/黒胡椒を各軽く4ふり。

さらにシリコンスチーマーで600W3分30秒加熱すれば、準備OKだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170222193039p:plain

 

そしてこれを、いい感じに6等分。

私の腹筋に一人一個プレゼントできるよう、しっかり分割しておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170222193050p:plain

 

そして次は、以下を混ぜ合わせておこう。

 

・小葱みじん切り 1/2袋
・醤油      小さじ2
・一味唐辛子   小さじ0.5

 

よぉし、これにて準備OK。

後はオーブンにお任せしよう。

 

f:id:nekoyamachan:20170222193053p:plain

 

最後にクッキングペーパーにモツァレラチーズを30ℊ乗せ、小ネギソースをかける。

 

これを余熱無しのオーブンで220度7分間。 

この文明の利器だけは、過去の大先輩方には真似できないだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20170222193023p:plain

 

うへへへへ!!

チキンパーティの開催だぁぁ!!

(ゲリラ的に盛りあがるスタイル) 

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170222193058p:plain

 

ねこやま

『オーブンからで出来たとき、ハッキリと分かったね。

 ああ、こいつは美味しいってね。』

 

インタビュアー

「それは例えるなら、どんな感覚ですか?

 確信期待高揚感…そういった類ですか?」

 

ねこやま

『いや、そのどれにも当てはまらないかもしれないね。

 なぜかって?それはまだ食べてないからだよ。』

 

インタビュアー

「……。」

 

f:id:nekoyamachan:20170222193102p:plain

 

ねこやま

『ただ、実際に食べて一つ確信している事があるんだ。』

 

インタビュアー

「それはなんですか?美味しいってことですか?」

 

ねこやま

『あぁ、確かにそれもあるかもしれないね。確かに美味しかったから。

 小葱と一味の香り、モツァレラのとろけ具合、全て最高だったよ。』

 

インタビュアー

「それ以外の要素があったと?」

 

ねこやま

『そうだね。あったね。』

『聞きたいかい?』

 

インタビュアー

「若干イライラするので、早く仰っていただけますか?」

 

ねこやま

『いいだろう、それは…。』

絶対に一人前じゃ足りないってことだよ。』

 

インタビュアー

「ありきたりな感想、どうもありがとうございました。」

 

 

ねこやま

『……。』

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

皆様も、美味しいご飯ライフを!!(*´ω`*)

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

 


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(1.5人分)
・鶏もも肉 300g
・小葱   1/2袋
・モツァレラチーズ 30g


調味料
・醤油 小さじ2
・料理酒 小さじ2
・一味唐辛子 小さじ0.5
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり


このレシピが皆様のお気に召せば、モツァレラvsモッツアレラ戦争にも、終わりがくるだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。