ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

肉系常備菜なら、生姜塩麹のぽん酢ささ身漬け(糖質5.8g)が美味しいよ!



f:id:nekoyamachan:20170212202048p:plain

 

同じご飯を食べ続ける週って、あるよね。

 

何かしらの理由で、同じご飯を食べなくてはいけない。

そんな日が、年に数回訪れるものだ。

 

毎日の最高の楽しみ、食事筋トレ

そのどちらも私を育んでくれる、大切な時間だ。

 

単調な日々の中でも、自分自身の成長を感じる。

食べたことのないご飯を作り、体を鍛える。

 

それだけでもう、漠然といい感じの気分になれるのだ。

数値化されたものではないが、それは脳が体感する。

 

 

そして時に、そんな大事な時間が失われる時がある。

それは、実家からの大量支援物資だ。

 

大学時代から楽しみにしている、年に一度の救援物資。

経済的な余裕が出来た大人になっても、なおその文化は継続している。

 

昔と比べ、その中身はだんだんと変化している。

ロッテのチョコパイや、謎のタオルセットは昔の話だ。

 

大人になった今、送られてくるのはシックな食材達。

実家の知り合いからもらった、が大半を占めている。

 

 

そしてその救援物資に、時に異変が生じるのだ。

それは、祖母が救援物資の指揮官になったときだ。

 

彼女はやばい。

一度美味しいと言ったものを、エンドレスで送り続ける特性がある。

 

もちろん、祖母のことは非常に大好きだ。

しかし糖質制限をしている今、時に彼女からの救援物資に困惑する。

 

彼女の前で、不用意に美味しいと言ってはいけない。

その言葉は瞬時に脳裏に刻み込まれ、年金の受け取りよりも優先されるのだ。

 

そして完成する、悪魔の方程式。

私=ナスの方程式だ。(※ナスを美味しいと言った年のお話)

 

 

その年の救援物資は、完全にあきらめなければならない。

段ボールの中身は、全てナスになるのだから。

 

送り主は、祖母の名前。

そして内容物の欄には、達筆で茄子と書かれている

 

 

そこから一か月、私のナスライフが始まる。

全ての料理はナスを中心にスクラムを組み、茄子○○というレシピが無限に完成する。

 

 

そんな本日ご紹介したい、このレシピ。

生姜塩麹のぽん酢ささ身漬け。

 

不覚にも祖母の前で、玉ねぎ美味しいと言ってしまった年のレシピだ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

できるだけ美味しく、皆様の玉ねぎを消費させていただくから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 毎回10%のポイントバック割引

 

生姜塩麹のぽん酢ささ身漬けの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20170212202115p:plain

 

まずはささ身を5本、斜めに切り込みを入れて以下の調味料を加えよう。

・塩   軽く6ふり
・料理酒 小さじ2

 

f:id:nekoyamachan:20170212202057p:plain

 

次に登場するのが、祖母’sオニオンだ。

1/4個をみじん切りにし、ささ身に絡ませる。

 

これでやっと、玉ねぎ1/4個。

私は今後、このレシピを200回食べられるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20170212202101p:plain

 

そしてこれを、シリコンスチーマーに入れて裏表を2分づつ600Wでレンチン。

途中でひっくり返していただければ、これ幸いだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170212202107p:plain

 

そしてささ身が冷めたら、ほぐして以下の調味料を加えよう。

 

・ぽん酢 大さじ1
・塩麹  大さじ1
・生姜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

 

この味を祖母に食べさせてあげられていないのが残念だ。

何故なら、祖母は玉ねぎ嫌いなのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170212202048p:plain

 

これを冷蔵庫で5分冷ましたら、さぁ完成だ。

めくるめく旨みを、存分に召し上がっていただきたい。

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20170212202122p:plain

 

私の大好物、玉ねぎ。

その酵素がささ身に染み渡り、しっとり感が半端なし。

 

大ボリュームで完成したこのレシピは、まさに大盛り。

これから私は、心行くまでささ身をむさぼり続けるのだ。

 

段ボールに山積みになった玉ねぎを眺めながら、さぁいただこう。

 

f:id:nekoyamachan:20170212202127p:plain

 

しっとり&甘み。

 

塩麹のお酒にも似た甘みが、湿度を帯びたささ身に絡みつく。

生姜の主張も軽やかに受け止め、鶏肉のしゃきしゃき感で満たされる。

 

まだ頬にご飯が入っているにもかかわらず、箸がフライングする。

これは、なかなかのご馳走だ。

 

 

そして、この大ボリューム。

 

粒々の玉ねぎに当たるだけで、別の味わいに変わる。

一度食べたら、筋トレにも性が出ること間違いなしだ。

 

作り置きをしておけば、疲れた日にも瞬時に用意できる。 

肉系常備菜の名に恥じぬ、最高に使いやすい逸品だ。

 

 

祖母よ、あなたの玉ねぎはしっかりと美味しくさせて頂いた。

いつもファニーなお届け物を、本当に有難う。

 

しかし、私は最近まで知らなかったのだ。

これはあなたの畑のものではなく、農協で買ったという事実を。

 

まぁあれだ。

文句ばかり言っているが、実際にはかなり嬉しいのだ。

また玉葱特急便、待ってるからね。 

 

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

心行くまで書かせてもらった。

  

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

 

 

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

皆様の祖母ストーリー、ぜひ教えてね。

その話を聞いているだけで、皆様と5時間は飲めそうなのだ。

 

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。


とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・ささみ 5本
・玉ねぎ 1/4個


調味料
・ぽん酢 大さじ1
・塩麹  大さじ1
・塩   軽く6ふり
・料理酒 小さじ2
・生姜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1


このレシピが皆様のお気に召せば、実家の祖母もニヤリと笑うだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。