読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

お客人向けの絶品レシピなら、豆乳マスタード冷温ローストポーク(糖質5.0g)が良いですよ!



f:id:nekoyamachan:20161124192509p:plain

 

こんなものしか、ご用意なくて…。

 

損な前置きをかましつつ。

 

抜群に美味しそうなお料理を、ササッとふるまう。

 

お客人を自宅にお招きするとき、何を作ろうか最高に悩む。

 

何が好物で、何が苦手なのか。

お肉は好きか。野菜は食べられるか。

 

そう悩むだけで、余裕で3時間が経過することもある。

 

 

いっそのこと、すしざんまいでも頼んでしまおうか。

いや、それはお料理テクの欠如を露呈しかねない。

 

逆に舌平目のムニエルとか作ってやろうか。

クックパッドをガン見しながら。

 

 

いや、それは張り切りすぎだ。

修学旅行に全身おニューの服で行くようなものだ。

 

こういうおもてなし料理は、ほどほどが一番なのだ。

 

 

あら、遊びに来たの?

近江牛のステーキくらいしかないけど?

 

これはいただけない。

無理してる感、出まくりだ。

 

あっという間に、井戸端会議の餌食にされるだろう。

 

 

おう、遊びに来たのか?

ベビースターラーメンでいいか?

 

これまた極端すぎる。

 

ベビースターが最高峰のお出迎えって、どんな生活水準だ。

この方、恐らくニートだ。

 

 

狙うべきは、その中間。

 

つまり、『少し普段より高価な食材だけど、急な来客でもその位は用意できる生活水準持っているし、ささっと美味しいもの作れるお料理テクは長年の一人暮しで身に着けているから、気にしないでね』的な感じが最高なのだ。

 

決して、本気感を表に出さず。

それでいて、さりげないご馳走。

 

これぞ見栄っ張りな私が求める、最高のおもてなしレシピだ。

良し、答えが見えてきた。

 

 

本日ご紹介するのは、安くてもゴージャスに見える逸品。

柔らか旨い、豆乳マスタード冷温ローストポークだ。

 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

 

私、最高に簡単に説明するから。

皆様の御客人を笑顔にできるよう、全身全霊で頑張りますから。

 

f:id:nekoyamachan:20161018192426p:plain

 ここから初回10%割引次回10%割引

 

豆乳マスタード冷温ローストポークの糖質オフレシピ

f:id:nekoyamachan:20161124192521p:plain

 

まずは安い豚肩ロース300gに、塩胡椒を小さじ1づつ。

さらにフォークでプスプスして、10分放置

 

次にオリーブオイルを大さじ2投入したお鍋で、全面に焼きを入れよう。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192529p:plain

 

存分にコロコロ転がし、全面を黒ギャルの様に日焼けさせよう。

最高にエロチックだが、大切な行程なので気を緩めてはいけない。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192535p:plain

 

そしてこれを耐熱袋に入れて、水の中で空気を抜こう。

ストローで空気を吸うという荒業もあるが、抜群に生臭い香りを吸引する事になる。

 

ただ、逆にそれがいいと言う方もいらっしゃるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192539p:plain

 

そしてこれを、お鍋一杯に沸かしたお湯に投入。

そのとき温度調節のために、水を50cc程差し込もう。

 

蓋をして150度~160度の弱火~中火に設定。

 

あとは、蓋をして20分煮込む

そして火を止めて、さらに20分放置だ。

 

 

f:id:nekoyamachan:20161124192543p:plain

 

おおうっ!!

ひょいぱく、ひょいぱく。(つまみ食いサウンド)

 

f:id:nekoyamachan:20161124192551p:plain

 

次に豆乳マスタードソースだ。

フレンチのプロも作るこのソースは、なかなかぶっ飛んだ逸品だ。

 

まずは豆乳100gと醤油小さじ1をいれ、弱火で軽く沸騰させる。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192554p:plain

 

次に弱火のまま、味噌小さじ1.5とマスタード小さじ2をいれて、軽くかき混ぜる。

15秒ほどかき混ぜたら、パーフェクトだ。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192509p:plain

 

こんなものしか、ご用意なくて…。

会心のドヤ顔を添えて。

 

さぁ、存分に食らうが良い。

大切な客人よ。(上から目線)

 

 

 

 

低糖質の美味しさチェック

f:id:nekoyamachan:20161124192603p:plain

 

ローストポーク、めちゃウマ。

 

まずこの内容のLINEを、元カノに送ろう。

理由は特にない。

 

ほのかに赤みを残したポークは、それだけ脳を混乱させるのだ。

 

 

旨い肉を喰っている!という確実な快感。

この感動は道徳の一環として、子供に教えるべきだ。

 

非行に走る少年たちは、きっとこの快感を探しているに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20161124192607p:plain

 

そしてこの、端っこ。

個人的に一番好きな、肉肉しい部分。

 

あぁ美味しい。

柔らか肉に抗う術を、人類はまだ身に付けていないようだ。

 

給料がこの部分で現物支給されても、あ、いいかな?と思ってしまう。

ただ実際、この肉がATMから出てきたら大パニック不可避だ。

 

 

これはなかなか、ナイスなおもてなしお料理かもしれない。

 

お安く、見た目にも良し。

お肉が嫌い、という方も少ないだろう。

 

ただし。

味見の結果、私は一つ大きな問題に気づいた。

 

 

これ、自分で全部喰っちゃうやつだ。

てへへ。

 

 

あぁ、本日も楽しかった。

好き放題、存分に書かせてもらった。

 

 お休みの日にのんびり文字を書くのは、最高に楽しい。

いつかぜひ、真面目な文章も書いてみたい。

 

今日もご紹介させていただいて、本当に有難う。

いつも多くの方からハテブやスターをいただき、本当に嬉しく思います。

  

ここまで読んでくれて、本当にありがとう。

これからもここで気楽に書いているので、良かったら読んでやって欲しい。

 

お勧めのおもてなし料理とかあったら、ぜひ教えてね。

最凶の追いかえしレシピもご存知なら、ぜひ聞かせていただきたい。

 

 

 

最後に、本日ご紹介した糖質制限レシピのリンクを用意させていただいた。

 

リンク先では細かな写真付き工程や、調味料やタンパク質の詳細をご紹介している。

とても美味しいので、ブックマークなどでご活用いただければ嬉しい。
(※糖質量は1人分)

 

このレシピでご用意いただくのは、以下の通りだ。


材料(2人分)
・豚肩ロース 300g

 

調味料
・豆乳     100g
・塩/黒胡椒  各小さじ1
・マスタード 小さじ2
・味噌    小さじ1.5
・醤油    小さじ1
・オリーブオイル 小さじ2


このレシピが皆様のお気に召せば、自宅へ招き合いの文化が根付くだろう。


沢山の方と糖質制限仲間になれますように。

 

メリクリ!!( *´艸`)