ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

イラスト超解説!糖質カット白いんげん豆(ファビノール)のダイエット効果と副作用とは?

糖質カット白いんげん豆(ファビノール)のダイエット効果

糖質カットによる、脂肪の減少。

 

そんな魅惑的なダイエット効果を持つ、白インゲン豆。

その成分であるファビノールとは、一体どんな成分なのだろう。

 

多くの製薬会社が販売する、糖質制限サプリメント。

その効果の多くは、漠然と表示されている事が多い。

 

そんな本日は糖質制限に役立つ、白インゲン豆。

その白いんげん豆に含まれるファビノール。

 

炭水化物を吸収しないと謳われる、カロリミットなどに含有されるこの成分。

キミは本当に、私たちのダイエットをサポートしてくれるのだろうか。

 

この記事をお読みいただくと
  • ファビノールの詳細を知り、より安全にサプリを活用する
  • サプリの効果と危険性を、分かりやすくイラストで徹底説明
  • 糖質制限のチートデイに備え、安全なサプリを選ぶ知識を持つ

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

この記事が糖質制限中のみなさまのお役に立てば、幸いです!

 

 

スポンサー様
 

 

ファビノールの効果と働き

ファビノールの効果と働き

 

まず最初にファビノールとは何だろう。

 

基本的な内容から、今回はご説明させていただきたい。  

これは白インゲン豆に含まれる成分であり、DHCなどのメーカーではこの抽出エキスを 商品名として、そのまま販売している。

 

WEB上では高頻度で成分名フォアセラミンと記載されており、これは米国特許成分名であり、これには登録商標が設定されているとのことだ。 

日本ではこのファビノールを含有するサプリと言えば、カロリミットなどの市販サプリがある。(※細かくはフォアセラミン含有)

 

つまり、食事の前に飲んだら太んないよ!系のサプリには、多くの場合この成分がふくまれている。 

では早速、ファビノールに期待される売り文句とはなんだろう。

 

ファビノールの売り文句
効果:炭水化物が糖になるのを抑える

 

う、うひょ~!!

 

いくらでも好きな物食べ放題や!!

これ飲んで、スイパラ突撃やぁ~♫

 

そう考えた人々の一人が、私だ。

正しくは考えただけではなく、実行した人だ。

 

しかし何を食べても太らないなんて、そんな都合の良いことはない。

ではここからは徹底して、このファビノールの効果をご紹介させていただきたい。

 

ファビノールの効果が及ぶ炭水化物

 

まずいきなりだが、ファビノールはすべての炭水化物には効かない

これは炭水化物の種類にも関係する問題である。

 

実は炭水化物には、以下の種類がある。

まずはこちらの図をご覧いただけるだろうか。

 

炭水化物の種類

 

そしてファビノールは、複合炭水化物の主成分であるデンプンに効果がある。

残りのお菓子の砂糖や果糖(果物に多く含まれる)などの単一炭水化物には、ファビノールは効果がない。

 

炭水化物の種類

 

つまり、カロリミットのCMでは美味しそうにケーキを食べているが、ファビノール自体はケーキの糖に対しては、何もアクションできない。

 

あれは砂糖等の単糖類にも効果が及ぶギムネマ酸と呼ばれる成分の効果である。

カロリミット等にはこのギムネマ酸が含まれているため、幅広い炭水化物に効果があることを謳っている。

 

つまり前提として、ファビノールは以下の事故などには対応できる。

 

ファビノール対応可能案件
  • 〆のラーメンを食べてしまった
  • 家族でお寿司に行くことになった

 

しかし、以下の惨事には対応していないのだ。

 

ファビノール対応不可案件
  • 友達にスイパラ誘われちゃった
  • 季節限定のカボチャプリンを、お父さんが買ってきた

 

ではこの前提を元に、ファビノールの働きっぷりを分かりやすく説明しよう。

一体ファビノールには、どのような働きがあるのだろう。 

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

まず麺やお米などの炭水化物は、多糖類と呼ばれる大きな糖の状態である。

 

そしてこれを腸壁から吸収するためには、これ以上分解できない糖の最小単位である単糖類にしなければならない。

さらにこれをバラバラにする分解屋こそが、唾液や膵臓から分泌されるαアミラーゼと呼ばれる成分だ。

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

そして彼が多糖類である炭水化物(今回はでんぷん)を細かく吸収しやすくするのだ。

それはまるで、母親が赤子に食べ物をかみ砕いてあげるようなものである。

 

さらに多糖類から単糖類に分解された炭水化物は、腸壁から吸収できるサイズになる。

これによりずんずん体内を進み、吸収への過程を歩むことになる。

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

そしてその後、肝臓により単糖類は全てブドウ糖にされ、血液中に排出される。

つまりこれが、単糖類の吸収に必要な過程と言えるのだ。

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

そしてその時に、血中にある糖質が過剰な場合。

インスリンの脂肪合成作用によって中性脂肪にされてしまうというロジックなのだ。

 

ファビノールの分かりやすい働き
ファビノールの分かりやすい働き

 

そのため、多くの糖質制限では炭水化物の摂取そのものを下げることを目的とする。

これが糖質制限に関する、圧倒的に簡単なロジックである。

 

 

さらにここで本題である。

それはどうすれば炭水化物は吸収されないかという点である。

  

そして製薬会社の答えは、αアミラーゼの炭水化物(デンプン)分解を邪魔すればいい、というもの。

そこでファビノールが持つポリペプチドのアミラーゼ阻害作用を利用するわけである。

 

ファビノールの分かりやすい働き

 

 

これこそがファビノールが糖質カットに役立つという根拠となる。

つまり吸収阻害により糖質を根本的に吸収させないわけである。

 

ちなみにポリペプチドは熱に弱いため、生の白いんげん豆を食べるわけにはいかない。

 

もし生で食べてしまった場合にはレクチン(フィトヘマグルニチン)と呼ばれる糖タンパクが腹痛を呼び起こす。

さらにレクチンには、その他にも過剰摂取による吐き気・嘔吐・胃痛・下痢などのいただけない症状が確認されている。

 

ちなみに以前テレビ番組で、白いんげんに含まれるファビノール効果を白いんげんサラダで摂取しよう!というデンジャラスな企画があったらしい。 

実際には生の白いんげんを摂取するわけではなく、この腹痛の原因となるレクチンを不活性化するために、2.3分間炒ってからご飯にかけるというレシピだったらしい。

 

ただし、レクチンはその程度の加熱ではびくともしない。

当然視聴者からは、大量の腹痛報告が飛び交ったとのことだ。

 

その数は158人にも上り、30人もの入院者が出たらしい。

中には番組内で「生では食べてはいけない」という忠告を無視して、生でいった猛者も一名ほどいらっしゃったようだ。

 

 

お話が少し脱線してしまい申し訳ない。

つまり糖質カットには、αアミラーゼの炭水化物(デンプン)の分解を邪魔すればいいのだ。

 

そうすれば、炭水化物は吸収されないサイズのまま、悠々自適に体内を駆け抜ける。

そして、最後にはぷりっと茶色の物体で登場するわけだ。

 

そのためにもファビノールがポリペプチドを使い、αアミラーゼの分解を阻害する。

これこそがファビノールを含有するサプリの、重要な役割である。

 

ファビノールの分かりやすい働き
f:id:nekoyamachan:20161111162040p:plain

 

そして分解を免れた炭水化物は、大きいサイズのまま。

そのため小腸の穴から吸収されることなく、体内をそのまま通過する。

 

炭水化物の吸収

 

そしてこの時に炭水化物は、食物繊維と似た働きをする。

これは腸内環境を正常化して便秘を解消すると謳うサプリにも、同じ効果が記載されている。

 

炭水化物の吸収

 

つまりファビノールの効果をまとめると、以下の通りである。

 

ファビノールの役割まとめ
  1. αアミラーゼは、炭水化物を吸収できるサイズに分解する
  2. そのαアミラーゼを阻害すれば、炭水化物は大きいままである
  3. そうすれば炭水化物は腸壁から吸収されず、お尻からプリプリでてくる
  4. 結果として糖は吸収されず、大腸の中も清掃してくれる
  5. 便秘も解消され、インスリンの分泌も抑えられ、脂肪もつきにくい

 

なるほど、非常に理にかなっている。

ただし今回はこのファビノールに関して、数点の疑問がある。

 

ファビノールに関する疑問点
  1. 炭水化物をそのまま出して良いのか
  2. サプリは腹痛にならないのか
 

まず本来は体に吸収されるべき炭水化物を、分解しないまま出していいのだろうか。

さらに生のまま食べたら腹痛になるのに、何故サプリではならないのか。

 

では二点を、これまた調べてみよう。

 

スポンサー様
 

 

ファビノールの危険性と副作用

ファビノールの危険性と副作用

炭水化物をそのまま出して良いか。

 

まずはこちらの問題だが、結果から言うとあまり良くない

理由としては、以下の報告が多くみられるからだ。

 

  • 服用後は、腹痛や下痢が多い
  • 服用すると、いつもうんちが大量に出る
  • すごくおならがでる

 

まずこれらは、本来吸収される炭水化物が正しく吸収されていない弊害である。

もしくは吸収に時間がかかっているため、炭水化物がゆっくり腸内を移動し、その過程で、腹痛・下痢・おならを伴っていると考えられる。

 

ファビノールの危険性と副作用

 

また大量のうんちは、摂取した炭水化物が分解されずに出ているためである。

つまり体内を炭水化物が通過するだけの状態であり、自然な状態ではないと言える。

 

この様に、本来吸収されるものを吸収しないデメリットも存在する。

便通が良くなった!という感想も、少し違うような気もする。

 

では次の問題も、合わせてみてみよう。

ファビノールを含むサプリメントには、以下の問題も危惧される。

 

なぜサプリは腹痛にならないのか?

 

次にこちらの問題について。

これは単に、高い抽出技術によるからと言えるだろう。

 

腹痛等の原因になるレクチンを上手く除去し、ファビノール成分だけを抽出する。

それにより、ファビノールのαアミラーゼの阻害効果だけを頂戴するのだ。

 

ファビノールの危険性と副作用

 

そして高い抽出技術のある製品かどうかは、以下の点で判断するべきだろう。

これは購入時に重要なポイントのため、是非一度ご確認いただきたい。

 

  • 抽出後の安全検査が実施されていること
  • 抽出行程を明示していること
  • 嘔吐や吐き気に関するレビューがない(少ない)こと

 

このなかでも、三番目の点を少し補足説明させていただきたい。

 

まずファビノール含有製品を選ぶ際は、胃痛や下痢に関するレビューではなく嘔吐や吐き気に関するレビューに注目するべきである。

何故なら胃痛や下痢などに関するレビューでは、それが抽出技術が低いためなのか、それとも炭水化物を吸収しなかったことが原因なのか、その違いが分からないためだ。

 

このように、購入時は自分自身でもしっかり安全性を確かめなければならない。

サプリメントを選ぶ際には、この種のレビューにもご注意いただきたい。

 

スポンサー様
 

 

ファビノールの注意点

 

さらに細かく、注意点をご説明しても良いだろうか。

このファビノールは広告があまりに多く、過大に説明されている部分が少なくないだ。

 

 まず、以下の二つを見て欲しい。

 

  • 1gで2250kcalの炭水化物をカット!
  • 100mgで800kcalの炭水化物をカット!

 

これは、どちらも今回のファビノールを調べた際に出会った、炭水化物の吸収を阻害する効果に関する紹介文である。

この二つのメリットに関しては個人差もあるとは思うが、4倍近くの差がある。

 

そもそもファビノールの摂取限度は1日700㎎とされているため、下の計算だとマックス摂取で1日5600kcalの炭水化物を除去できる計算になる。

 

いや、これは効果が高すぎる。

なぜなら、ファビノールは極度の量には対応できないとされているのだ。

 

あくまでも少し炭水化物を取り過ぎた時に使用するのが、良いバランスだ。 

そしてもし真実だとしても、極度の炭水化物カットは非常に危険である。

 

まず体は糖を摂取できない場合、肝臓は蓄えていたグリコーゲンやタンパク質を材料として、糖を作ろう作ろう♪とする。

その結果、肝臓には多大の負担がかかり、過度の糖質カットを続ける間はこの危険が常に伴うだろう。

 

ただご覧の様に、ファビノールの効果自体は比較的信頼できる。

要は正しいサプリの選択と、使用バランスを間違えないことが重要ではないだろうか。

 

では最後に、ファビノールを含む有効なサプリを比較してみよう。

 

スポンサー様
 

 

白インゲン豆のおすすめサプリ

 

では実際に、私たちはどのサプリを選べばいいのだろう。

  

今回のサプリメントの選定では、特にamazon・楽天・その他WEBサイトにおける上位評価商品と公式販売元から情報を拝見させていただいた。

さらその中から「国内有名メーカー」「国産安全が売り」「海外最高品質」の3つの商品をピックアップさせていただいた。

 

こちらの情報が、皆様のファビノール選びのご参考になれば、幸いです。

 

DHC ファビノール

DHC ファビノール

 

まずは国内トップシェアのDHCで販売されているサプリメント。

その名も、どストレートに『ファビノール』である。

 

まずこの商品の売りと特徴は、以下の通りである。

※DHC公式サイトから引用抜粋

 

【特徴】

・炭水化物を食べ過ぎる方に
・白インゲン豆の力でブロック

ファビノール1日3粒内容量 1050mgあたり白インゲン豆エキス末690mg

【主要原材料】
白インゲン豆エキス末

【調整剤等】
結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、微粒二酸化ケイ素

 

 価格1750円(約30日分)

 

公式ページを見た印象としては、公式ONLINEショップにもかかわらず、説明が極めて少ないということだ。

そして口コミを押すと 叶 美香が単独で出てくる点も、ギャグかと感じる。

 

さらにその他のWEB上でも、以下のレビュー(要約)が多くみられる。

こちらも前述の安全性の確認のため、是非ご覧いただきたい。

 

DHC ファビノール レビュー
  • 便の回数が増えた、おならが増えた
  • DHCのサプリははずれが多い
  • 個人的には、血糖値は下がった
  • 便通も良くならず、何も効果がなかった

 

まずこれは結構な低評価だ。

ただ、これがDHCの製品自体に与えられた評価なのか、ファビノール自体によるものかは、他のサプリメントと比較しなければならない。

 

価格もそこそこするし、特段こちらで購入する理由も見当たらない。

ただ30日分で購入できるので、最初のお試しにはちょうど良いかもしれない。

 

またファビノール自体、低血糖症の方や妊婦やお子様の服用は非推奨とされているので、ご注意いただきたい。

これは安全なサプリメントライフを送るうえで、必ず守るべき前提と言えるだろう。

 

 

 

オーガランド お徳用白いんげん豆サプリ

オーガランド お徳用白いんげん豆サプリ

 

次に目に留まったのは、オーガランド社の白インゲン豆サプリだ。

シンプルなデザインだが、比較的高評価が集まっているため調査してみよう。

 

この商品の売りと特徴は、以下の通りだ。

 

【特徴】
・桑の葉エキスによる糖類カット
・ゴーヤ成分も複合しており、美容にも効果的

【主要原材料】
白インゲン豆抽出物、還元麦芽糖水飴、苦瓜(ゴーヤ)エキス末、桑葉エキス末、ギムネマエキス末、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

(1粒あたり):白インゲン豆抽出物210mg

参照:白いんげん豆サプリ|サプリメントの通販ならオーガランド本店

 

 価格 972円(約30日分)

 

まず公式ページでは商品の一つに過ぎないからか、細かな説明が記載されていない。

抽出行程も記載されておらず、糖類カット!炭水化物を食べてもOK!的な漠然とした記載が多用されている。

 

そのため、最も信頼できるのはレビューである。

 

ただ公式では「レビューをすればクーポンゲット!」という記載があり、純粋な意見は聞きづらいと判断したため、他の販売サイトのレビューを参考にさせていただいた。

 

オーガランド お徳用白いんげん豆サプリ レビュー
  • ダイエット食より効果はある
  • 不意な炭水化物摂取には、精神的にも楽
  • 炭水化物自体を減らさないと、劇的な効果はないと思う
  • すぐに便通が良くなったが、使用を続けていると落ち着いた
  • 安価なので使いやすい
  • 元々炭水化物をたくさん摂っていたため、ダイエット効果を実感している

 

まず楽天では、1800件近くのレビューからある程度正しい評価を確認できた。

中には送料無料のレビュー書きの為であろう記載も見られたが、辛辣な意見も見れる。

 

そのレビューを30分拝見した感想としては、「嘔吐等の報告が少ない」「ダイエット効果を実感している人も少なくない」「効果のあった方の大半は継続利用者」などなど。

 

公式ショップでは、やはり高評価のわりにレビュー自体が薄いイメージだ。

まだ飲み始めたばかりなので分かりません的なものが圧倒的だ。

 

ただ総括してみるとDHCのサプリメントより安く、圧倒的に評価も良い

お試し使用としても、こちらのサプリメントの方が客観的にはお勧めできる。

 

 

 

Healthy Origins フェイズ2タンパク質コントローラ、白いんげん豆エキス

Healthy Origins フェイズ2タンパク質コントローラ、白いんげん豆エキス

 

そして最後は、海外の高品質サプリを見てみよう。

 

Healthy Origins社から販売されているフェイズ2タンパク質コントローラ、白いんげん豆エキスという、長めのネーミングのサプリメントだ。

海外の人の忌憚ない意見を受けながらも、5段階で4を超える評価を獲得しており、その製造工程も明確である

 

そして商品の売りと特徴は、以下の通りである。

※iherb社販売元サイトから引用抜粋

 

【特徴】
・白インゲン豆エキスから由来する、素晴らしい刺激物なしの栄養素原料
・天然成分
・遺伝子組み換え生物なし
・大豆不使用
・栄養のあるでん粉の高所消化を減少
・ゼラチンカプセル(ゼラチン、エター)、セルロース、ステアリン酸マグネシウム、二酸化ケイ素、砂糖、酵母、小麦、グルテン、トウモロコシ、大豆、大麦、魚、甲殻類、ナッツ類、ナッツ類、酪農品人工甘味料、フレーバー、着色料または防腐剤はありません


【主要原材料】
(2粒あたり):フェーズ2炭水化物コントローラー(Phaseolus vulgarisの標準化抽出物)1.000 mg
※フェーズ2:白いんげん豆のフォセオラミン含有の炭水化物ブロッカー

参照:世界最大オーガニックサプリ販売サイトi-herb社

 

 価格 1,987円(約90日分~30日分)※2016年11月12日現在

 

まず利用者の多い海外サプリということもあり、細かな配慮が徹底されている印象だ。

特に使用していない食品表記と成分表も明確であり、製造工程にも注意を払っている様だ。

 

またかなり安価であり、使用頻度にもよるが3か月分で2000円を切る価格も良い。

ただ一日に6錠以上摂取しないよう喚起されており、効果の高さとそれに伴う危険性もあるのだろう。

 

では、実際のレビューを確認してみよう。

海外サプリのため、忌憚のない意見を貰えるだろう。

 

オフェイズ2タンパク質コントローラ レビュー
  • とにかく値段が安い。その理由で使用している
  • この製品を摂取してから、体重変化がかなり穏やかになっている
  • 効くかもしれない、といったレベル
  • 食後に眠くなりづらいので、恐らく効いていると感じる
  • 粒がデカすぎるので、やめた
  • 個人的には他のメーカーの方が効いた
  • かなりお勧めする。糖質を取る時は必ず摂取する(海外レビュー)
  • 結構おならが出て困った。(海外レビュー)

 

こちらの印象としては、全体的に忌憚のない意見であるという点である。

 

効果を実感する意見、継続するべきという意見、効果を実感するまで時間がかかるという意見が大半だ。

べた褒めされているケースもあるが、個人によって体感できる程度が異なるのだろう。

 

また嘔吐や吐き気の症状に関してはほぼ見当たらず、抽出行程には不安は少ない。

また海外のサプリのため、サイズが大きいことが問題であり、多くの方がその飲みづらさを問題視している。

 

とはいえ全体的な効能、値段、安全性の三点から、高品質で有効なサプリだと感じた。

 継続利用を検討するなら、値段・安全性を考慮し、こちらのサプリがお勧めできる。

 

 

 

ご覧の様にファビノール自体には、高い効果が期待できる。 

そしてそのご利用前に、この記事がお役に立てれば幸いです!

 

ここまで読んでくれて、本当に有難う。

心より感謝します。(こんなに長いのに。)

 

ここまでお読みいただき、本当に有難う。

良かったら、こちらの低糖質レシピサイトにも遊びに来てね!

 

 

※本記事は各サプリメント・食品の有効性を補償するものではありません。

また特定の商品・食品に対する批評を行う意図もございません。

イラストはイメージであり、本質的な構造・登場人物を表現するものではありません。何卒ご容赦ください。