ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記⑯ 中国一美しい鳳凰古城を、手あたり次第に満喫する

中国一美しいと言われる鳳凰古城を、手あたり次第に満喫する

 

念願の湖南省・鳳凰古城

 

夜更けに到着して荷物を置くと、直ぐに夜景を見に走った。

そして目の前には、衝撃的に美しい街並みが飛び込んできた。

 

波のない川面に反射する、眩い鳳凰の夜景。

その光景は、丸一日の新幹線旅の疲れを癒してくれた。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記

皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

湖南省・鳳凰古城の美しさを満喫する

湖南省・鳳凰古城の美しさを満喫する

 

ふつくすぃ…。

 

自分の語彙力の少なさに驚きながら、茫然と立ちすくむ。

そしてそれだけで十分に心地良く、ただ鳳凰の夜景は美しかった。

 

例えようのない感動に包まれ、その光景に酔いしれる。

過去に感じたことのない、数分単位で時間が惜しい感覚だ。

 

そして周囲にも、同じく呆然としている観光客がいらっしゃる。

分かります…。と握手をさせていただこうかと思うほど、皆同じ気持ちらしい。

 

鳳凰の街並み

 

洞庭湖に流れ入る湘西沱江に、添うように建てられた木造家屋

川面にせり出した家々は、その全てがライトアップされている。

 

そして観光客向けのBARも多く、賑やかなクラブミュージックも聞こえてくる。

この鳳凰の街も、平遥古城と同じく近代化が進んでいるのだろう。

 

しかしそれでも歴史を損なわぬ、圧巻の中国建築ばかり。

そのデザインセンスに充てられたら、5時間は放心状態になれそうだ。

 

鳳凰の街並み
鳳凰の街並み

 

さらに建物に近づくと、歴史的な建築美を見せつけられる。

そしてどの建物を拝見しても、細かな造形に驚かされる。

 

門構えの小さなインテリアから、家屋の壁デザインまで。

独自の中国芸術が散りばめられ、全部写真に撮らなきゃ!という義務感が湧きあがる。

 

鳳凰の街並み

 

そして当然ながら、ものすごい勢いで写真を撮る。

他の観光客様も同じ気持ちらしく、周囲にシャッター音がこだまする。

 

パシャパシャ、パシャパシャ。

いくら撮っても、きりがない。

 

しかしここで、あることに気が付いてしまう。

約200枚ほど写真を撮った時、ふと脳裏によぎる重要な事実。

 

それは歩けないことである。

 

もう写真に収めるものが多すぎて、全く前に進まない。

事実かれこれ30分かけて、私たちが進んだ距離は10m程度である。

 

鳳凰の街並み

 

この塔を始めとして、あらゆるものが美しい。

そして初体験の芸術センスが多すぎて、まさに全てが超被写体である。

 

どれを撮影してもインスタ映えし、いいねも沢山貰えるかもしれない。

そう考えると、なんだか全部の光景が見逃せなくなってしまう。

 

もう夜も10時を過ぎ、早くしないとご飯屋さんも閉まってしまう。

にもかかわらず写真撮らなきゃ的な義務感に襲われ、全く前に進まない。

 

鳳凰の夜の塔

 

そう思いながらも、思わずパシャリ。

どうやらこの鳳凰の夜景に、完全に心を鷲掴みされたようだ。

 

ただそう考えながらも、本日の晩御飯のお店を捜索する。

すると川沿いの通りからは、芳しい鍋の香りが広がってきた。

 

そして同時に、何やら聞き慣れない鳴き声が聞こえてくる。

アヒルのようなニワトリのような、なんとも不思議な鳴き声だ。

 

鳳凰のご飯屋の動物たち

 

蛇と蛙と川魚。

 

蛇と目が合い、ぎゃあああ!!と相方もちこが逃げ出した。

これはなかなか中国らしい、結構生々しい光景である。

 

中には川の鴨もおり、お店の食材として使われているようだ。

そして少し残酷な気持ちになるが、ただこれも一つの事実である。

 

思わず忘れてしまうのだが、食とは本来こういうものだった。

私たちも彼らの命に感謝して、ご飯を美味しく頂戴することにしよう。

 

鳳凰の美味しい激辛火鍋

鳳凰の美味しい激辛火鍋

 

そして川沿いのお店に入店し、窓際の席に案内される。

店内には中国伝統の音楽が流れ、最高に心も癒される。

 

さらに店員さんがメニューを運んでくれ、飲み物やお店のお薦めを教えてくれる。

どうやらこのお店は、先ほど薫ってきたお鍋系がお勧めのようだ。

 

鳳凰の美味しい激辛火鍋

 

夜も遅いため他にはお客はおらず、ほぼ貸し切り状態で選ばせてもらう。

さらに日本人だと気づいたのか、壁には料理写真もあるからね!と教えてくれた。

 

そして合わせて、メニューも頂く。

すると危惧していた事実が、私たちの目の前に飛び込んできた。

 

鳳凰のご飯の価格

 

観光地プライスである。

 

多くの一品料理が20元の大台を超え、平均30元(約510円)の価格帯だ。

桂林の4元米粉が、いかにお財布に優しかったのかを思い知らされる。

 

ただ実際は、まったく想定内である。

超観光地プライスという程でもない、妥当なお値段なのだろう。

 

私たちは店員さんにお勧めされるまま、128元(約2.176円)火鍋を注文した。

そして注文直後に一番高いお料理だと気付き、店員さんの話術に感服する。

 

f:id:nekoyamachan:20180124113627p:plain
f:id:nekoyamachan:20180124113640p:plain
f:id:nekoyamachan:20180124113613p:plain

 

さらに注文したおつまみと同時に、雪花純正啤酒が到着する。

これは台湾でもよく見かける、透明感の強いお気に入りビールである。

 

ただこちらは10元(約170円)しかせず、日本との違いに驚かされる。

お酒で利益を上げることは、飲食における大切な商法ではないのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180124113631p:plain

 

そんなことを考えていると、大きなお肉料理が運ばれてきた。

具材と唐辛子がぎゅぎゅうに詰め込まれ、最高に辛そうなビジュアルだ。

 

そしてお肉はどうやら牛肉のようで、なぜだか少しホッとする。

注文直後に先ほどの鴨が鳴き叫んだら、どうしようかと思ってしまった。

(多分かなりメンタルに来る)

 

f:id:nekoyamachan:20180124113635p:plain

 

そして同時に注文した白米が、驚異の量で運ばれてくる。

まるで小学校の給食のような、みんなで分けるタイプの容器である。

 

きっと白米を頼んだお客さんには、この大きな器で取り分けるのだろう。

いくら食べてもいいからね!とお勧めしてくれ、なんともありがたい限りである。

 

そして白米を自分の器に取り分けると、店員さんが白米ボールを回収する。

さらにそれを隣で食事をしていた従業員さん達が、嬉しそうに取り分けている。

 

なるほど、なんと合理的なのだろう。

ちょっとした仲間感覚も楽しめ、なんだかすごく嬉しくなってしまう。

 

f:id:nekoyamachan:20180124113514p:plain

 

そして再度火鍋と対峙すると、それだけで額から汗が飛び出してくる。

これは以前中野で頂いた、激辛サムギョプサルと同じ現象だ。

 

お鍋には容赦なく唐辛子が敷き詰められており、辛さの脳内再生も余裕である。

辛いのは大歓迎だが、本場中国の辛さに私の胃袋は耐えられるだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180124113644p:plain

 

そして一口頬張ると、猛烈な刺激不思議な香味が充満する。

それが少し筋っぽいお肉に沁み込み、なかなかの美味しさだ。

 

モルモン鍋の具沢山な部分をモリッと持ち上げ、汁に絡めて一気に食す。

自分のワイルドな一面がちらりと顔を覗かせる、野性味のある味わいだ。

 

その醤油風味の味付けは、白米との相性も疑いようがない。

少し乾燥した中国独特のお米と、汁気のある旨味がなんとも仲良しだ。

 

あぁ、素晴らしい幸福感だ。

 

鳳凰に来た!という感動と、これが鳳凰か!と戸惑う気持ち。

まだその中間で心が躍っており、手のつけようのないテンションに包まれる。

 

こんなに魅惑的なお鍋を食べながらも、心は完全に窓の外に向けられている。

校庭を眺めていた高校時代の山崎まさよしも、こんな気持ちだったのだろうか。

 

 

私たちは少し急いでご飯を食べ、もう一度鳳凰の夜を散策することにした。

窓の外には燦燦と輝くBARの明かりも見え、今夜は少し散財しちゃうだろう。

 

お店の店員さんにごちそうさま!と告げ、お会計のためにレジに向かう。

また明日も来てね!と笑顔で送り出していただき、やる気も満々だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180129110008p:plain

 

この鳳凰の街を流れる、静かな夜の沱江

さらにその中央付近に位置する、巨大な木造の曲線橋。

 

こちらも例外なくライトアップされ、その下には屋台船も浮かんでいる。

ただそのサイズはとても小さく、大きなパドルで船がゆっくり移動している。

 

なるほど、なるほど。

 

船から鳳凰の夜景を楽しむのも、最高に楽しそうだ。

もし三桁以上の中国元が飛ばなければ、是非おじゃまさせていただこう。

 

ただその前に、私達にはどんちゃん騒ぎが必要だ。

この上がり切ったテンションは沈めるのではなく、暴発させてしまうべきだろう。

 

綺麗ねぇ…。そうだねぇ…。

そんなシックな会話を楽しむ大人の過ごし方は、私達にはまだ早すぎる。

 

f:id:nekoyamachan:20180129110024p:plain

 

そして街をくまなく散策すると、またもビビットなBARが飛び込んでくる。

この鳳凰も七星公園と同じく、独特の中国美に包まれているらしい。

 

確かにテンションが上がりそうな光景だが、これだと鳳凰の夜景が楽しめない。

都内のHUBのようなこの雰囲気は、望んでいる飲みとは少し性質が違うようだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180129110030p:plain

 

やはりどうせならば、この川沿いを眺めながら一杯飲みたいものである。

その上で何枚も写真を撮り、鳳凰なうとか書き込みたいのだ。

 

そんな目的に向かって、川沿いを歩きながらBARを散策する。

するとなにやら窓際に空席のある、二階建てのお店を発見した。

 

鳳凰の夜景を望める、最高のBAR

f:id:nekoyamachan:20180129110034p:plain

 

明るさと煌びやかさが混在する、独特の店内。

既に多数のお客がおり、皆が楽しそうに談話をしている。

 

確かに店内のカラーリングは少し騒がしいが、ベランダ席はナイスな景観だ。

ベランダが良い!と店員さんにお願いすると、にこやかに案内してくれた。

 

どうやら大半のお客は店内のほうが良いらしく、沢山の人々で賑わっていた。

ここでも少し感覚の違いを感じ、同時にラッキーな感覚差だなと感謝する。

 

f:id:nekoyamachan:20180129110039p:plain

 

また店内には専属らしいミュージシャンもいらっしゃり、陽気な音楽を奏でている。

リズミカルな音楽はとても心地良く、それでいて五月蠅すぎることもない。

 

何だかこれは、思いのほか素敵な夜が過ごせそうだ。

へべれけになるまで飲み明かしても、今夜は誰も怒らないだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180129113014j:plain
f:id:nekoyamachan:20180129113021j:plain
f:id:nekoyamachan:20180129112958j:plain

 

そして少し暗めのベランダの席に腰を下ろし、まずは最初の一杯をお願いする。

頼んだのは久しぶりの中国以外のビールと、甘めのミルク系カクテルだ。

 

ビールの飲めない相方もちこにとっては、久しぶりのお酒である。

今夜はガシガシ飲み明かし、積年の恨みを晴らしていただこう。

 

ただやはり注文時には、その価格に驚愕した。

ある程度覚悟はしていたが、やはりここが超観光地・鳳凰であると実感した。

 

ビール1本、約80元。(約1.360円)

カクテル1杯、約95元。(約1.615円)

 

 

ふぁー。

 

遂に始まった。

恐れていた超観光地プライスが、襲撃してきた。

 

まさかのビール一本1000円越えに、カクテル一撃1500円越え。

この中国旅行での最高記録を、大幅に更新する大ジャンプだ。

 

今まで啤酒1本7元という、優しい世界で過ごしてきた私たちにとって。

これは完全にお財布をぶん殴る系の、超高額プライスである。

 

 

ただ確かに、これは日本でもちょっと良い感じのお店くらいの価格である。

大の大人がギャーギャー言うな!と、お叱りを頂戴するのもごもっともだ。

 

しかし、1杯4元(68円)の米粉を堪能したばかりなのだ。(しつこい)

その衝撃をご理解いただけるならば、大変に救われる気分である。

 

相方と価格やべぇ!(笑)と大学生の様に笑い、本日の散財を覚悟する。

1,000元以内になればラッキーだね(笑)と、相方も腹を括った様子である。

 

 

ただ最初の一杯は、まさに湯水。

まるでここが鳥貴族のような感覚で、一気に飲み干してしまった。

 

これはまずい。

 

このペースでいけば、とんでもないお金がこの鳳凰に溶けてゆく。

実家にある松たか子記念クオカードを、売らなければ補填できないかもしれない。

 

少し飲みペースに恐怖を感じ、メニューをもう一度チェックする。

もしかしたら見逃しているだけで、大変お得なお酒があるかもしれない。

 

 

すると何やら65元という、とてもお買い得なお酒を発見する。

何とお買い得なのか!と喜びを隠せず、思わず追加で注文する。

 

しかしもう既に65元でも、安い!とすら感じ始めている。

これが超観光地特有の、金銭感覚の崩壊なのか。

 

そんなことを考えていると、店員さんがニコニコお酒を運んでくる。

きっとこの満面の笑顔にも、10元位のサービス料が乗せられているのだろう。

 

そして頼んだお酒が、ことりとテーブルに乗せられる。

すると同時に、私たちはそのお酒が60元である理由を痛感した。

 

f:id:nekoyamachan:20180129113002j:plain

 

少ない。

 

もう叫びたくなるほどに、少ない。

ヤクルト400の方が多い!と言い張れるほど、少ない。

 

こんなの本気を出せば、60杯は飲めるだろう。

そうすれば単純計算約61.200円が、この夜景に溶けてゆくことになる。

 

もう最高に楽しくなり、す、少ないねぇ!(笑)と店員さんの前で笑ってしまう。

そして彼も良く分からず、SUKUNAI!(笑)と笑ってくれている。

 

f:id:nekoyamachan:20180129113018j:plain

 

酔いもバンバン加速し、鳳凰の夜も次第に更けてゆく。

深夜になってもこの街は衰えず、周囲からも笑い声が聞こえてくる。

 

川面にはBARや古城の明かりが美しく反射し、いつまでも眺められる。

あぁ確かにここは、中国一美しい街なのかもしれない。

 

 

これからあと二日、悔いの残らぬように散策しよう。

そして帰国したら、この記憶の記念として旅行記でも書いてみよう。

 

誰も読まないよと相方に笑われ、確かにそうだと賛同する。

そしてそんなやり取りをしていると、段々と眠気も襲ってきた。

 

私達は約800元位(約13.600円)をお会計し、素晴らしいベランダを後にした。

出来れば明日も訪問したいが、別のBARにも心惹かれるに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180129124341p:plain

 

そしてドミトリーに戻ること、深夜の1時

入り口にはまだ沢山の人々が集まっており、紙麻雀に興じている。

 

そして私たちを見るとすぐに、君らもやらない?とお誘いをしてくれる。

ただ私たちの目は(3_3)の様になっており、睡魔も限界だった。

 

彼らのお誘いを丁重にお断りし、また明日ね!と挨拶を交わす。

どうやら深夜の1時など、彼らにとってはゴールデンタイムなのだろう。

 

鳳凰二日目の朝と朝ごはん

f:id:nekoyamachan:20180130112334p:plain

 

10月21日。

 

昨晩のお酒残りを少し感じ、柔らかなベットで朝を迎える。

窓の外からは、鳳凰の暮らしの音が柔らかに聞こえてきた。

 

包丁で食材を刻む音、手で洗濯物を洗う音。

中には同じパートだけをひたすら繰り返す、ピアノの練習音も混じっている。

 

いやぁ、すんごい寝てしまった。

これから二日間も鳳凰で過ごせる安心感から、時間は既に九時を回っている。

 

何だか少し勿体ない気もするが、こういうのんびりな朝も最高だ。

相方もちこも未だ布団、BIGBANGの目覚まし音に驚いている。

 

 

そうだ、このドミトリーでは色々と忙しいのだった。

というのも旅も中盤を過ぎ、洗濯物もかなり山積してきているのだ。

 

冬場ということもあり、服もずっと同じ格好になっている。

これが初めてのデートなら、問答無用でお別れバイバイな香りだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112348p:plain

 

日本から持参した洗剤が、遂に活躍する時が来た。

お気に入りのミッキーのTシャツを含め、手洗いでじゃぶじゃぶ洗う。

 

靴下・パンツ・Tシャツ・ヒートテック。

あらゆるものを約30分かけ、ゴシゴシ綺麗に磨き上げる。

 

そしてギュッと絞り、パンパン引っ張りシワを伸ばす。

さらにそれらを部屋に張った紐に吊るせば、部屋干し完了である。

 

何と簡単な、部屋干し大作戦。

大学時代に麻雀で大負けして、ボディソープで靴下を洗った以来である。

 

二泊するから、きっとその間に乾くでしょ?

今回の部屋干しは、そんな相方もちこのアイデアからの抜粋である。

 

しかし個人的には、たぶん乾かないんじゃないかな…と思っている。

何故なら前に台湾で、同じ乾燥時間で地獄の生乾きを経験しているから。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112352p:plain

 

しかし今回は、これがある。

昨晩お風呂上りに試してみた、この爆風ドライヤーが。

 

ご注目いただきたいのは、そのワット数

通常800W~1200Wと言われるドライヤーだが、こちらは少し別格なのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180130114606p:plain

 

2100W。

 

なんだこの、無慈悲な風力は。

通常の約1.8倍から2.7倍もある、驚異の爆風である。

 

最初にシャワーを浴び、おもむろにコレを使用した時には驚いた。

まさか自分の頭皮が風で引っ張られるとは、思ってもいなかった。

 

ドラクエでいうところのバギくらいの風力があり、軽い殺傷能力も秘めている。

今回はこのドライヤーがあるため、最悪これでバンバン乾かそう。

 

 

そしてさらに部屋には、興味をそそるグッズが多数存在する。

中国独特のデザインと機能性が、んもう最高に惹きつけるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112358p:plain

 

部屋の常備品、防煙マスク

 

思わず手に取らざるを得ない、その独特の雰囲気。

子供ならば迷わず開封するだろう、ヒーロー戦隊的なモチーフが特徴だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112403p:plain

 

しかしなぜ、スーツなのだろう。

 

いつでもサッと装着できるよ!という、簡単アピールなのだろうか。

しかしそれにしても意識の約9割が、男性の服装に向けられてしまう。

 

開けたい。

ものすごく開けて、装着して、記念写真とか撮りたい。

 

しかしいつ火事が起き、このヒーローマスクが必要になる時が来るか分からない。

今私が好奇心で開封するなど、あってはならないことである。

 

防煙マスクをそっと元の場所に戻し、私たちは外出することにした。

昨日は飲みが中心ということもあり、何だか凄く空腹だった。

 

昨日の夜の鳳凰も良かったが、朝の鳳凰はどうだろう?

是非朝のお散歩がてら、美味しい朝ごはんを散策しよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112417p:plain

 

私たちは残っている服を着て、早速外に飛び出した。

ロビーには既に人はおらず、恐らく結構遅い出撃なのだろう。

 

ちょっともったいない気分になったが、これから挽回すればOKである。

まだまだ一日は、始まったばかりなのだから。

 

さぁ、昨日の超観光地プライスよ。

朝ごはんには、どんな影響を与えてくるのか。

 

朝のお粥50元とかは、何卒ご勘弁いただきたい。

出来ればお手柔らかに、みなが笑顔になる価格でお願いできないだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112406p:plain
f:id:nekoyamachan:20180130112344p:plain

 

昨晩の煌びやかさは落ち着き、緑色の湘西沱江が一面に広がっている。

川沿い独特の清涼感のある香りが、最高に心地良い。

 

川面には竹の遊覧船がゆっくり流れ、観光客の方が沢山乗船されている。 

そして川から眺める鳳凰も素晴らしい様子で、無数のシャッター音が響いている。

 

あぁこの遊覧船は、是非朝と夜の二回体験したい。

きっと一味違う鳳凰の夜を、心地良い風と共に満喫できるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112422p:plain
f:id:nekoyamachan:20180130112330p:plain

 

さらに川沿いを散策していると、多数のご飯処が飛び込んでくる。

 

大量の炒飯・唐揚げ・練り物焼・エビのフライ…。

臭豆腐・川魚・蟹の良く分からない焼…。

 

もう全てが最高に美味しそうで、思わず店内に突入する。

雰囲気的に見ても、ここが超観光地プライスということはないだろう。

 

ただやはり少し恐怖を感じ、念のためメニューを頂く。

ここで臭豆腐50元などと書かれていれば、もう腹を括るしかないだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112339p:plain

 

よかった!

 

非常にお安い価格ばかりで、ほっと胸を撫でおろす。

どうやらお高いのはBARだけであり、こういったご飯屋さんはいつもの価格だ。

 

大好物の臭豆腐も一個10元(約170円)と、最高に嬉しい価格設定である。

どうやらこの鳳凰の街でも、食い倒れツアーが決行できそうだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112320p:plain
f:id:nekoyamachan:20180130112311p:plain

 

そうと決まったら川沿いの綺麗な席をお願いし、まずは朝ごはんを食べよう。

この絶景を眺めながらいただく臭豆腐は、一体どんな臭さなのだろう。

  

川沿いには沢山の遊覧船が行き交い、時折川魚が飛び跳ねる。

あそこも!ここも!と、指差し確認が間に合わない程ジャンプしている。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112316p:plain

 

広大な自然の中に、美しい木造建築の家々が連なる。

要所に古城独特の建築様式が広がり、思わずじっと見入ってしまう。

 

なんだか段々と実感が湧いてきた。

あんなにも憧れた鳳凰の街に、本当に来ているのだ。

 

これから丸2日間、悔いのないよう鳳凰をとことん満喫しよう。

全てのお店を覗き、あらゆるお店でご飯を食べよう。

 

そんな意気込みを話していると、直ぐに朝ごはんが運ばれてきた。

そしてそれは爽やかな朝を打ち砕く、大変攻撃的な香りだった。

 

中国旅行記17に続く~ 

 

魅惑のアジアにちょっと出かけませんか?