ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記⑰ 夜と表情を変える中国鳳凰の美味しい昼の表情

f:id:nekoyamachan:20180210120912p:plain

 

夜も昼も最高。

 

そんなシンプルな感想が飛び出す、中国鳳凰の街並み。

その昼の表情はまるで、煌びやかな夜に向けて助走しているようである。

 

夜の煌びやかさに注目が集まる、中国鳳凰。 

ゆっくり流れる川沿い街並みは、お昼散策にも最適だった。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記

皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

湖南省・鳳凰古城の昼の姿

f:id:nekoyamachan:20180210120903p:plain

 

モーニング臭豆腐。

 

体が欲する食べ物が、段々と中国人らしくなってきた。

朝はパン!と叫んでいた私が、まさか朝から臭豆腐を注文するとは。

 

苗家臭豆腐(10元:約170円)と書かれた、鼻腔をくすぐるこちらの一品。

その香りは煮込み&揚げ系の、かなり暴力的なタイプだった。

 

お子様に食べさせたらギャン泣きするだろう、容赦なく美味しい腐敗臭

しかし今はこの香り最高ぅ!とすら思い始め、もう気分は現地住民だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112430p:plain

 

目まで辛くなる唐辛子ソースと、容赦ないざく切り大蒜たち。

デートを明日に控えたメンズには、決してお勧めできないトッピングばかりだ。

 

しかし揚げ臭豆腐から溢れるエキスは、まるで絶品煮込み

猛烈な辛みと出汁の出陣が、口一杯になだれ込んでくる。

 

川独特の生臭さと交じり合い、もはや気分は川遊び

これは丸の内OL様にはお勧めしづらい、なんとも野性的な香りである。

 

しかし旨い。

 

まるでブルーチーズのような癖のある旨味で、バクバク食べ進めてしまう。

朝の少し冷えた体に、辛みと温かさが一気に押し寄せてくるようだ。

 

これが約170円で食べられるのだから、なんとも羨ましい限りである。

もし職場の近くにあれば、同僚女性の悪評と引き換えに毎日食べちゃいたい。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112434p:plain

 

相方もちこもバクバク箸を進め、お互いが容赦ない香りに包まれていく。

ただお互いが好物であるため、その強烈な香りも全く気にならない。

 

そんな事を話しながら、残ったスープまですべて飲み干す。

朝から胃も強制的に目覚め、本日も元気に働いていただけそうだ。

 

 

お腹の準備体操も終わり、店主の方にお会計をお願いする。

するとここでもまた来てね!と笑顔をもらい、この町の明るさにほっこりさせられる。

 

そしてお店を出て散策を続けると、次から次へと興味が奪われる。

まずその第一弾は、朝から人混みで賑わうご飯屋の店頭だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133103p:plain

 

人々が群がる先には、何やら大きな中華鍋が用意されている。

そして何やら香ばしい匂いと共に、お煎餅的な揚げ物が目に入る。

 

さらにその揚げ物を、観光客の方々が次から次へと購入されている。

一体皆様は、何に列を作っているのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133106p:plain

 

小エビの揚げ物。

 

もう全体の90%が小エビで構成された、海老だらけのかき揚げ。

小麦粉等でかさましされることもなく、サービス精神満点の一品だ。

 

さらにこの小エビは、どうやらこの沱江で採れたものらしい。

目の前の河で捕まえているのだから、新鮮さも折り紙付きである。

 

私たちも列に並び、揚げたての小エビかき揚げを購入する。

一口食べるとふっくら柔らか、海老の高純度の旨味が雪崩込んでくる。

 

そしてお値段もわずか10元(約170円)と、お値段もお優しい。

朝から臭豆腐と揚げ物で胃袋も大忙しだが、大変美味しい逸品だった。

 

 

相方とこの海老揚げを分け合いながら、さらに川沿いを散策する。

すると私たちの興味をそそる光景が、次から次へと現れてきた。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133157p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133111p:plain

 

ピクリとも動かない。

 

いきなり遭遇する、まるで子熊のような礼儀正しいわんちゃん。

なぜこのモフモフちゃんは、微動だにしないのだろう。

 

恐らく看板犬と思われるそのまなざしは、ずっと一点を見つめている。

その頭をわしわしと撫でても、時折鼻の頭をぺろりと舐めるだけである。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133146p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133153p:plain

 

さらに街には沢山の小道が繋がり、現地の方がご飯を食べている。

日本と同じくお米が主食となり、おかずと共にモリモリ召し上がっている。

 

その小道には、朝からビールを飲まれる方や麻雀に興じる方など。

朝の涼しい鳳凰の楽しみ方は、人それぞれだ。

 

また鳳凰全体に敷かれた石畳にも趣があり、歩くたびにコツコツ音が響く。

その音が教えてくれる歩いている感も、また最高だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133116p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133120p:plain

 

そして川沿いのお店には、中国らしい陶器が無数に並べられている。

中では右手に睡蓮の葉を持つ、睡蓮師匠(たぶん)もニッコリ微笑んでいた。

 

店内にはこまごまとした茶器が一面に広がり、目移りも甚だしい。

もし今地震が来たらどうなるのだろう?と思う程、茶器だらけのお店である。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133123p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133127p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133135p:plain

 

そしてお店の奥に入ると、多数の手紙が壁一面に張られている。

どうやらここから中国全土に手紙が出せるらしく、郵便ポストまで備えられている。

 

窓の外には広大な沱江が広がり、じっくりと想いを馳せる。

ここはどうやら鳳凰観光の気持ちを言葉に乗せ、友人や家族に送る場所なのだ。

 

店員さんに写真のご許可を頂き、その光景を写真に収める。

もし日本にも送れるなら、会心のイラストと共に友人に送付したい。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133131p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133142p:plain

 

隣には専用の手紙書きスペースがあり、一面に沱江の家並みも広がっている。

そして少し座ると、なにやら文才が舞い降りそうな感覚になる。

 

もしここで手紙を書いたら、なんだか意識高い系の手紙を書きたくなるだろう。

『背景〇〇君』とか、普段は使わない言葉が溢れ出てくるに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133201p:plain

 

さらに夜には閉店していたお土産屋が、道沿いに次々と姿を現す。

そこには伝統的な服や着物も並び、袖を通したくなる物ばかりだ。

 

どうやらこれらは記念写真撮影用らしく、川沿いでは着物の女性で溢れている。

確かにこれら民族衣装での写真撮影は、鳳凰の景色にバッチリ映えるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180212121127p:plain

 

そして周囲は勧誘も凄まじく、沢山の観光客が笑顔でポーズを撮っている。

確かに夜だと暗すぎて撮影できないが、この昼間なら最高だ。

 

私も『せっかくだから』と相方もちこに記念撮影を勧めてみる。

するとマジで嫌だと、都会っ子独特の断り方をされてしまった。

 

スポンサー様
 

 

中国独特の文化と金銭感覚

f:id:nekoyamachan:20180210133216p:plain

 

さらに周囲のお土産店に目を移すと、ここでも興味をそそられる。

まさに版権のるつぼと言える、様々なお土産がお出迎えしてくれた。

 

ポケットから便利グッズを取り出す、みんな大好き猫型ロボット

メガネに話しかけることで大人の美声を轟かせる、小学生探偵

そして全く関係がつかめないチェ・ゲバラまで、その守備範囲は広大だ。

 

日本へのお土産にも購入したかったが、もし税関で怒られても悲しくなってしまう。

泣く泣くお店を後にして、さらに昼の鳳凰を散策することにした。 

 

f:id:nekoyamachan:20180210133220p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133213p:plain

 

そして昨晩賑わっていたBARの前には、無数の酒瓶が散乱している。

どうやら一本1200円程度のお酒が、昨晩は飛ぶように売れたようだ。

 

モーニング臭豆腐が10元にもかかわらず、ビールは一本70元。

この謎の価格バランスは、一体どこで均衡がとれているのだろう。

 

 

確かに思い返すと、昨晩のBARでも凄まじい光景を拝見した。

それは私たちの後から来た三人組の男性が、隣に座った時のことである。

 

席に着くとすぐに、その三人組はイケてる指パッチンで店員さんを呼ぶ。

その服装は普通だが、彼らの腕に光る時計は少しエグい価格だと推察できた。

  

そして彼らのオーダーは、まさかの啤酒約20本

絶対に飲みきれないだろう量を、机一杯に並べ始めた。

 

さらに啤酒が運ばれて来るや否や、乾杯と共に全ての蓋を開ける。

さらにた、炭酸抜けちゃう!と驚く私に、笑顔で挨拶をしてくれる。

 

そしてこっそりその光景を眺めていると、やはり全然飲んでいない

最初の一杯こそグビグビ飲むものの、それ以降は一切口をつけないのだ。

 

つまり彼らにとって、啤酒20本は景気づけ

約24,000円を、まるでお通しの様にオーダーしていたのだろう。

 

かたや隣では、私たち日本人カップルがカクテル一杯の価格に驚いている。

た、高すぎい!と笑いながら、ちびちび大切に飲んでいるのだ。

 

中国の富裕層は、本当に浮遊している。

 

彼らの散財っぷりを見ていると、心からその事実を痛感する。

そしてその事実を目の当たりにし、なんだかやる気すら沸き起こってくる。

 

次回また鳳凰に訪れる、その日には。

必ず1度に2本オーダーしてやろうと。(根っからのお貧乏)

 

 

f:id:nekoyamachan:20180210133205p:plain

 

そんなことを考えながら、散策のお供に一杯20元の紅茶を購入する。

ここは台湾にもある、フルーティな味わいが人気のお茶屋さんである。

 

そして注文と同時に、この20元を安く感じていることにふと気が付く。

どうやら私たちは、既に鳳凰の観光地プライスに飲まれているようだ。

f:id:nekoyamachan:20180212125352p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125408p:plain

 

フルーティな紅茶を右手に持ち、ゆっくり川沿い散策を満喫する。

緑の生える水面はとても美しく、何千年も流れてきたのかと感慨深くなる。

 

木造建物には歴史がしっかり残っており、大きな震災等もなかったのだろう。

もし私がこの場所で生まれていたら、一体どんな人生を歩んでいたのか。

 

さらにその川沿いには、人々の生活がしっかりと根付いていた。

そしてその場所で、少しだけショックな光景を目撃してしまう。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125412p:plain

 

じゃぶじゃぶ昆布を洗う、一人の女性。

逞しく力強く洗うその動きは、まさに匠と言える手際の良さだった。

 

どうやらこの昆布は料理やお土産用らしく、丹念に磨き上げていらっしゃる。

あっという間に巨大昆布の汚れを落とし、次の昆布へと手を伸ばす。 

 

そしてその女性は、次に洗濯物へと手を伸ばした。

洗剤をしっかりと泡立て、着物やタオルを川の水で綺麗に洗われている。

 

あぁ、なるほど。

 

この沱江は、人々の生活には欠かせない生活用水なのだろう。

洗濯・料理など、人々の生活を長年支えてきた場所に違いない。

 

そして彼女の洗濯の泡はどんどん広がり、大きなサイズに膨れ上がる。

しかしこの作業は、冬場はニベアで保湿したくなる冷たさになるだろう。

 

そんな心配をしていると、ふと女性が大きなザルを手に構える。

何をするのだろう?と不思議に思っていると、それを泡の近くにじゃぶんと沈める。

 

何か洗ってるのかな?とじっと見ていると、ザルを左右にゴシゴシ揺らし始めた。

そして数十秒後、彼女がザルをざざっと持ち上げた。

 

f:id:nekoyamachan:20180212133456p:plain

 

小エビである。

先ほどかき揚げでお会いした小エビが、ザル一杯に入っている。

 

これは店頭で撮影させて頂いた写真だが、同じくらい山盛りだ。

そしてその体には先ほどの洗濯泡が可愛く付着し、まるでサンタ的な風貌だ。

 

そしてこれをもう一度泡の付近で洗い、大きなバケツに投入する。

それは先ほど昆布と洗濯物を洗った、同じ場所での早業だった。

 

 

ちょいちょい。

そこの奥さん。

 

なぜ、その順番なのだろうか。

なぜ最初に小エビを洗い、そして昆布洗い➡洗濯物と攻め込まないのか。

 

そのザルの小エビは、間違いなく先ほどの海老かき揚げに使うのでしょう。

それなら、ちょっとその…洗濯泡は…あの…。

 

思わず私のバランス悪い部分が覗きだす、ちょっと驚いた瞬間。

ただその光景を見た時、先に食べてて良かった!とホッとしたのも事実である。

 

 

しかし恐らく、そんな小さなことを気にしているのは私だけだった。

相方もちこすら川で洗ってるから平気じゃん?と、不思議そうな表情である。

 

そんな些細なことを気にするとは、私はこの国に何を求めて来たのだろう。

清潔感溢れるお手拭きがなければ、満足しないとでもいうのだろうか。

 

私は猛烈に反省し、再度この中国を満喫することを宣言した。

泡の付いた海老も食べます!と誓うと、相方も分かれば宜しいと満足げだった。

 

鳳凰のギリギリ川渡と街並み

f:id:nekoyamachan:20180212125338p:plain

 

そして紅茶も飲み終わり、川沿いのベンチから周囲を見渡す。

すると近くで多数の観光客様が、なにやらぴょんぴょん飛び跳ねている。

 

それは沱江を横断するように配置された、小さな飛び石

皆がこの飛び石を使い、笑いながら向こう岸を目指しているのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125359p:plain

 

さらには小さな木橋もあり、アビィロードのような光景が飛び込んでくる。 

このギリギリの橋幅を、大量の観光客が肩をぶつけながらすれ違っている。

 

どうやらこれらのギリギリルートが、この川を渡る少ない手段らしい。

大きな橋も勿論あるが、かなり遠くまで足を運ばなければならない。

 

絶対に年間100人は河に落ちているだろう、このギリギリブリッジ

この橋は夜も開放されているというのだから、まさに酔っ払いほいほいである。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125343p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125355p:plain

 

私たちも早速この飛び石を渡り、向こう岸に渡ってみる。

すると飛び石は意外にも大きく、快適な川渡りを体験できた。

 

ただし河の流れはかなり早く、さらに多数の藻も絡まっている。

もし何かを落としちゃったなら、絶対に拾えそうにない雰囲気だ。

 

多数の観光客と飛び石を譲り合いながら、何とか向こう岸に到着する。

するとそこには、なんとも愛らしいお出迎えが待っていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125416p:plain

 

よう頑張ったね。

 

そんな優しい瞳で見つめてくれる、鳳凰のわんちゃん

その爆発的な愛らしさに、思わず立ち止まってしまう。

 

どこのファルコンなのか分からない、なんとも言えないそのお顔。

100歳と言われても、言葉が話せると言われても、疑えない雰囲気をお持ちである。

 

あぁこの国のわんこたちは、なんて可愛いのだろう。

人懐っこく頭を擦りつけるその行動は、自身が可愛いことを自覚しているに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125420p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125423p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125427p:plain

 

さらに沱江の向こう岸では、多数の小道が枝分かれしていた。

そしてそこには旅館・お土産屋・カフェなど、あらゆるお店が軒を連ねている。

 

ただ散策するだけで楽しく、同時に鳳凰の広大さに驚かされる。

昨晩拝見した場所も十分綺麗だったが、なるほどこんな路地裏もあったのか。

 

f:id:nekoyamachan:20180212125330p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125335p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125309p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125326p:plain
f:id:nekoyamachan:20180212125313p:plain

 

所狭しと中国様式の建物が並び、同時に異国の香りが漂ってくる。

小道には八角とお香の匂いが広がり、さらに河の水の香りも混じりあう。

 

建物の二階からは麻雀の音も響き渡り、何だかホッとする現地感を味わえる。

煌びやかな夜もいいが、石畳を闊歩するお昼散策も最高だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213123321p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213123325p:plain

 

石畳の上を覆い尽くす、多数の紅の傘

アジア独特の心奪われる光景に魅了され、思わず上を見ながら歩いてしまう。

 

こういったデザインを施せば、日本でも村や町おこしになるかもしれない。

そんな素人発想を描くのも、鳳凰散策の楽しみだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213123329p:plain

 

さらにちょっと欲しくなる、皮で作られた小銭入れ

1個10元だよと言われると、思わず足を止めてしまう。

 

どれもこれも大変可愛く、バラマキ用のお土産に最高だった。

しかし至る所でネコ型ロボットと出会うのは、気のせいだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180213123332p:plain

 

さらにはなんとも可愛らしい、黒色のくまちゃん

こちらは鳳凰のマスコット、ホウモンとでも言ったところだろう。

 

何だか見たこともあるフォルムも、きっと気のせいだろう。

この鳳凰という街は、そんなデジャブを感じさせてくれる街なのだ。 

 

f:id:nekoyamachan:20180213123336p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213123342p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213123346p:plain

 

さらにトウモロコシ粉で作られた、美味しいお焼

こちらも一個10元(約170円)で売られている、もちもちの食感が最高だ。

 

中にはトウモロコシ以外の雑穀も練り込まれ、仄かな甘みが堪らない。

散策中の右手にジャストフィットする、お散歩の友的存在である。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132448p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213123350p:plain

 

そしてそんな小道を進んでゆくと、大きな看板に辿り着く。

観光客と現地の人々の声が響き、どうやらここが鳳凰の端のようである。

 

聞いた話ではここから市街が広がっており、スーパー等もあるらしい。

今晩の啤酒もスーパーで買っておけば、少しは散財も抑えられるだろう。

 

スポンサー様
 

 

活気と喧騒の鳳凰の市街

 

そして人々の声が響く広場へと向かうと、そこは想像以上の人混みだった。

さらに巨大な鳳凰の鉄像が、この町を守るように設置されていた。

 

 

f:id:nekoyamachan:20180213132452p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213132456p:plain

 

多くの人々が腰を下ろし、お弁当や果物を分け合っている。

どうやらここは市民の憩いの場らしく、皆が自由に過ごしている。

 

さらにどこからともなく、民謡風の中国の歌が聞こえてくる。

そしてその声は、代わる代わる様々な歌声に変化していった。

 

f:id:nekoyamachan:20180213134912p:plain

 

カラオケ大会である。

 

現地のご年配方が一人の歌い手を囲い、その歌声を満喫する。

そしてその方が歌い終わったら、歌いたい方が挙手をする。

 

その右手には小さなマイクが握られ、なんとも気持ち良さそうにアカペラで熱唱する。

この鳳凰の広場は、ご年配ののど自慢大会の会場なのだ。

 

誰がどんな歌を歌っても、歌い終わりには拍手が飛び交う。

そしてその拍手を、まるでアイドル歌手の様に全身で受け止めている。

 

 

何と素敵な文化なのだろう。

少し前から気が付いていたが、この国のご年配の時間の使い方は最高だ。

 

皆が公園で紙麻雀に興じたり、このように広場でカラオケ大会を行ったり。

私と相方が年を重ねた日本では、歌声を披露する場所はあるだろうか。

 

私の両親が更なる年を重ねたら、この地に招待するのも素敵である。

もし受け入れていただけるのなら、お土産にお手製の納豆も持参させていただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132503p:plain

 

そんなことを考えながら、私たちは鳳凰市街へと足を運んだ。

そしてその場所は鳳凰内部とは違い、雑多で交通量の多い街並みが広がっていた。

 

バイクのパッシングと車の往来に、昔ながらのリヤカーが走っている。

どうやらこの市街地は、少しばかり整備が行き届いていない様子である。

 

そしてまたも覗き込んでしまう、不思議な看板

この国はいったい、どこまで興味をそそられるのか。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132509p:plain

 

小肥羊。

 

お昼ご飯を探していると、ぎょっとする店名が飛び込んできた。

それは品川にも店を構える、高級火鍋店(しゃおふぇいやん)の看板だった。

 

日本にいる間に何度も通った、最高に美味しい火鍋店

その高級火鍋店が、まさかこの鳳凰に存在するとは。

 

ほ、本当に!?

鳳凰に小肥羊!?

 

少し失礼な驚きと共に、近づいてお店の内部を確認する。

すると中には、本物のそれとは似ても似つかない光景が広がっていた。

 

 

f:id:nekoyamachan:20180213141006p:plain

 

 

さらにロゴを良く見比べてみると、羊のクオリティに差が生じている。

利発そうな品川店の羊に比べ、鳳凰の羊はなんだか忘れ物しそうな顔である。

 

その上店内には電気もついておらず、羊肉も全然並んでいない。

店員はたばこを吸い、さらにみんな大好き農作物系アプリに興じている。

 

これはどうやら、茶目っ気タップリの火鍋トラップに違いない。

もう少しで小肥羊だと誤認し、笑顔で突撃するところだった。

 

 

しかしもう一度市街を見渡すと、何だか面白そうなお店が沢山ある。

少し昭和的な香りがするものの、人と活気に溢れている街並みだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132532p:plain

 

本日も中華料理を食べたい気分になり、お店を探しながら散歩をする。

11月も近いというのに、少し蒸すほどの天候である。

 

荷物を両脇に抱えた群衆をすり抜け、バイクのパッシングをかいくぐる。

そんな大混雑を歩いていると、またも違和感ある光景が飛び込んできた。

 

 

f:id:nekoyamachan:20180213132512p:plain

 

子猫である。

 

無茶苦茶に小さく、か弱そうに震える体。

まだ生まれて数日しか経っていないだろう、本当に小さな子猫である。

 

そんな小さな猫が、人混み溢れる道に、何の躊躇いもなく存在している。

迷子なのか捨てられたのか、はたまた野良猫なのか、全く見当もつかない。

 

 

な、なんでここに!?

この子、大丈夫!?

 

相方もちこが自身のねこアレルギーを忘れ、思わず近づく。

確かにこんなに震えている子猫を、見過ごすわけにはいかない。

 

もし迷子ならば、親猫を探してあげなければならない。

そしてもし捨てられていたとしたら、私たちに何ができるだろうか。

 

そんなことを思いながら、思わず子猫に近づいてゆく。

するとその子猫は、私たちの想像を超える野性の力を見せてくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132516p:plain

 

何見とんねん。

 

まるでそう言いたげな、力強い眼差し。

それと共にふしゃー!と、元気いっぱいに敵対心を表現する。

 

さらにその近くからは、他の子猫達(5匹)が飛び出してくる。

そしてあっという間にその仲間たちと共に、段ボールの家に隠れてしまった。

 

その素早さは飼い慣らされた猫のそれではなく、猫本来の野生の速度。

私たちの心配など全く必要としない、中国力に満たされた野生猫だった。

 

彼は迷子でも捨て猫でもなく、この鳳凰の生まれなのだろう。

そしてこの国で力強く生き抜く力を、小さな体に秘めているのだろう。

 

可愛い~♪と女子力全開で歩み寄ったもちこも、あっけに取られている。

流石は中国、子猫までも私たちの想像の範囲を軽く飛び越えてくれる。

 

 

まだまだ未知との遭遇を予感させる、鳳凰の街

一体この町は、どんなびっくりで私たちを包み込んでくれるのか。

 

そんなサプライスに向けて、まずは美味しい食事を取ろう。

私たちは先ほどの子猫達に手を振り、引き続きお昼ご飯散策に繰り出した。

 

中国旅行記18に続く~ 

 

第1~6話の平遥古城編は、一気に読める電子書籍でいかがですか!キンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!