ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記⑱ まだまだ続く昼の鳳凰散策とスーパーマーケット

f:id:nekoyamachan:20180223120050p:plain

 

美しさだけではない、湖南省・鳳凰

 

人々、動物、景観、文化、そして美味しい食べ物達。

私たちの常識に被せるように、この街は飽きのこない時間をくれた。

 

まだお昼前にもかかわらず、空腹感が留まらない。

それはきっと、この散策がそれほどエネルギーを使うからだろう。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記

皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

飽きない昼の鳳凰古城散策

f:id:nekoyamachan:20180213132529p:plain

 

営業中なのかなぁ。

 

鳳凰の市街地で早めのお昼ご飯を散策していると、少し荒廃したビルが目立つ。

まるでアクション映画の舞台に出てくるような、全体的に薄暗い建物だ。

 

しかし中には二人の女性が座っており、恐らく営業中なのだと分かる。

もしあの薄暗いビルがカフェなら、後で一杯飲みに行きたい限りである。

 

ただこの超観光地の鳳凰で、あのカフェはどうやって運営しているのだろう。

まさかこの市街地も、珈琲一杯1300円の超観光地プライスなのか。

 


そんな恐れを抱きつつ、ビジュアルで決めたご飯屋さんに突撃する。

それは入った直後にヤバいと感じた、少し高級そうなお店だった。

 

しかし昨日から金銭感覚も崩壊しており、完全にお財布も緩んでいる。

200元(約3.400円)で済めばいいかな?と、2日前の私が聞いたらグーで叩かれそうな発想である。

 

鳳凰市街地のお昼ご飯

f:id:nekoyamachan:20180213132525p:plain

 

ただやはりせっかく鳳凰だから!という、謎の後押しもある。

ここは前半の旅でお節約した分、美味しいご飯をもりもり楽しもう。

 

そう思いながら入店すると、窓際の席に案内される。

店内にはあまり人はおらず、ほぼ貸し切りに近い状況だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132521p:plain

 

席に着くとすぐに女性店員が駆けつけ、注文を聞いてくれる。

私は美味しそうなやつを!と、注文の全権を相方もちこにお渡しした。

 

どうやらここも中華料理店らしく、読めない漢字のメニューが並んでいる。

ただ思ったよりも価格はお安く、単品&白米作戦を決行しなくても済みそうだ。

 

注文後は窓際から鳳凰の市街地を眺め、これまでの旅の感想を話し合う。

ただ恐らくこの旅は、終わってから寂しくなるタイプに違いない。

 

過ごしているうちは、その街のルールや常識を堪能させていただく。

そしていざ日本に帰ると、きっとこの国の喧騒がまた欲しくなるのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132536p:plain

 

そしてそんな思い出話に最適なのは、やはり啤酒(12元:約204円)である。

注文してから僅か30秒程度で運ばれてくる、昼間からご機嫌な一杯だ。

 

普段日本ではあまりお酒を飲まないため、こういったお昼の乾杯は最高だ。

まだ時間は昼の12時、素敵な一日の開会式には最適である。

 

そしてすぐに、ホカホカのご飯も運ばれてくる。

お客も少ないため、コックさんも総出で作ってくれているのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132540p:plain

 

まずはお決まりの白米と、海老とセロリの炒め物

あっさり系のご飯が食べたい!と言っていた、相方もちこのチョイスである。

 

価格も約25元(約425円)と、海鮮系としては結構お買い得である。

ただもしかしてこの海老も、あの川の…。と呟くと、相方もちこに睨まれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132548p:plain

 

そして白米は相変わらず大きな器で運ばれ、どうやら食べ放題らしい。

これは昨日の火鍋店でも食べ放題だったため、さては…と注文した次第である。

 

私はやっぱり!!と嬉しくなり、カバンから例のブツを取り出した。

アレさえあれば、どんなランチも、たちまちお誕生日パーティである。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132551p:plain
f:id:nekoyamachan:20180213132544p:plain

 

さらに醤油炒飯と、いつもの胡瓜の辛叩きも運ばれてくる。

こちらも合計25元(約425円)程度と、何とも格安なお昼になってしまった。

 

しかしこちらの最強コンボがあれば、このお昼飯は完璧である。

ダブルの炭水化物とお漬物と主菜、これは胃袋が拍手喝采する組み合わせだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132556p:plain

 

この具が行方不明の、山盛り醤油炒飯。

パラパラ感をもちもち感に換えた、炊き込みご飯的な美味しさだ。

 

そしてこちらを叩き辛胡瓜と一緒に食べると、もう極楽。

いくらでもイケちゃうという言葉が、あまりに似合う美味しさだ。

 

さらに海老とセロリの炒め物を合間に挟めば、もはや無限廻廊

もうエンドレスで食べ続けられる、至極の塩気と炭水化物である。


そしてさらに、リュックから秘密兵器を取り出す。

これは相方もちこもぐふふ♪と笑う、禁断の味付けと違法な店内持ち込みだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132559p:plain

 

桂林極上ザーサイ。

 

もう既に1/3がつまみ食いされてしまった、究極のお漬物である。

こちらは本来お土産用で購入したものだが、もはやそのお役目はご免である。

 

このお漬物をご飯系に乗せると、後戻りできない味わいに変化する。

一時的にボディメイクを忘却する、ギリギリ合法なお漬物だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180213132604p:plain

 

こちらをちょいちょいと醤油炒飯に乗せ、一口パクリ。

店員さんに笑われながら、気にせず二口目もパクリ。

 

旨い。

 

語彙力が有給を出したような、大変シンプルな感想。

しかしこの単語で十分表現できるほど、大変に美味しい。

 

大学時代なら、恐らくこちらと白米のタッグで事足りしてしまう。

それほど満足感のある、ノンストッパブルな白米キラーである。

 

あぁ、美味しかった。

久しぶりにシンプルな組み合わせの食事をとり、最高に心地良い。 

 

スポンサー様
 

 

鳳凰市街地のスーパーマーケット

 

そしてお会計を終わらせても、まだまだお昼も真っ盛り。

折角なのでこの市街地も含め、もう少し散策してみることにした。

 

そういえば久しく、この国のスーパーにもお邪魔していない。

見たこともない商品が多数並ぶ、コストコ並みに楽しいあの空間に。

 

幸い鳳凰の市街地は比較的大きく、入り口付近に大きなスーパーが構えている。

私たちもお店に向かい、一階で荷物を預けて※入店させていただいた。

※万引き防止のため、鍵付きロッカーに荷物を預ける習慣がある

 

f:id:nekoyamachan:20180222124852p:plain

 

そしていつも迎えてくれる、むせ返すような甘い香り

どのスーパーでも果物が常温山積みされており、その香りが充満しているのだ。

 

中にはドリアンやスイカなどの見慣れた果物から、全く初対面の果物まで多種多様。

この国なら毎朝スムージー♪とインスタ映えを狙うことも、大変簡単である。

 

久しぶりのスーパーにテンションが上がり、様々な商品を手に取ってみる。

すると日本ではお見掛けしない商品が、手招きするように多数陳列されていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124859p:plain

 

まずは今晩の相方である、お酒の選抜から。

 

勿論本日もBARに行くつもりだが、あまりに狂った散財は回避しなければならない。

そのためお部屋でも晩餐会を開催し、できるだけお財布を傷めない配慮も必要だ。

 

そしてお店には多数のワインが陳列されており、その値段はピンキリである。

高い物は3000元(約5万円)から安い物は80元(約1.360円)までと、その価格には大きな差がある。

 

 

さらにもちこが安いワインで良いと言いながら、じっくり何かを観察している。

ただ私は驚異的なワイン味音痴のため、80元のでも良いんじゃ?と口を挟んでみる。

 

しかしもちこはラベルをじっくり読み、私の読めない漢字の羅列をガン見している。

どうやら中国のワインには、安いだけではない落とし穴があるとのことだった。

 

それは美味しくないだけではなく、別物であるという可能性だった。

つまり私が脳内再生しているワインではなく、完全に別の飲み物という危険性である。

 

そのワインの特徴は、非常に激アマだということ。

まるで果汁ジュースにお酒を投入したような味で、ワインとは全く異なるものらしい。

 

そしてその特徴は成分表と価格に現れており、私には一向に違いが分からない。

しばらく黙って見守っていると、もちこが『ここは全滅や…』とワインを置いた。

 

どうやらこのスーパーでは、安い本物ワインは無かったらしい。

ここは大人しく啤酒やハイボール系で攻め込むしかないだろう。

 

仕方なくワインコーナーを後にして、他のお酒を散策する。

するとあまり日本では馴染みのない、何ともクールな啤酒がお出迎えしてくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124904p:plain

 

どでかい。

 

子供の頃に食べていた、どでかバーより大きい。

部活終わりに買い食いしていた、BIGカツより大きいのだ。

 

どうやらこれはパーティ用の啤酒らしく、そのサイズは比較すると明白だった。

昨日100元で飲んでいた啤酒が、まるでタラちゃんの様な大きさである。

 

お値段も20元(約340円)と非常にお安く、これは是非ともお迎えしたい。

しかし相方もちこは啤酒が飲めないため、一人宴会になってしまいそうだ。

 

そのためそっと棚に戻し、カクテル系のお酒を数点カゴに入れる。

するとあとはおつまみを買うだけの、簡単なお仕事だけが残ってしまった。

 

しかしそこは、流石は乾物天国の中国である。

お酒に合わないわけがない、様々なおつまみが次々へ視界に飛び込んでくる。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124925p:plain

 

夢のような量り売りの、ピスタチオ

日本では比較的高めだが、この国なら一斤(600g)約30元(約510円)である。

 

しかしどうやら炒っていないタイプらしく、危うく大量に購入するところだった。

生のピスタチオを抱えた偽バックパッカーなど、絶対に税関で怪しまれるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124908p:plain

 

さらに食欲をゼロにする、手羽先のおつまみ

なぜこのデザインにしようと思ったのか、全く理解が及ばない。

 

 確かに手羽先のデザインは、人魚の鱗に似ていることについては同意する。

 しかしでもなんで?という思想が、先に脳裏に浮かんでしまう。

 

 もし日本でこのデザインで販売されたら、何かしら言われちゃいそうである。

食べずらいわwという率直なご意見も、きっと一つや二つではないだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124912p:plain

 

さらに周囲を見渡すと、お菓子詰め放題コーナーが飛び込んでくる。

これは日本でもよく見かける、私も幼少期に中毒になるほど興じたイベントである。

 

そしてその熱狂はこの国も同じらしく、隣でお子様が盛大にダダをこねている。

どうやらこのイベントへの参加を、ご両親様に許可されなかったようだ。

 

何とも微笑ましい光景を拝見し、私もおつまみ探しを忘れかける。

しかしその近くには、まだまだ魅力的な商品が多数陳列されていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124916p:plain

 

山盛り乾燥きくらげ。

 

このコリコリとしゃきしゃきの食感は、卵とじにすると最高だ。

私も良く日本で購入し、晩御飯の材料として使わせていただいている。

 

どうやらこの国でも豊富に取れるらしく、多種多様のきくらげが売られている。

もしやこの国がきくらげの故郷なのか?と思う程の、豊富な種類である。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124922p:plain

 

価格も一斤(600g)約26元(約442円)と、かなりの感謝価格である。

日本で購入するより遥かにお安く、もう大量に買いたい気分である。

 

しかしお土産としては贈る方を選ばなければならず、絶対使い切れない自信もある。

もしきくらげを300g贈った友人が、一切自炊しなかったら残念だ。

 

私はまた今度ねときくらげに社交辞令を告げ、他の商品に目を移す。

するとどうやらこの国は量り売りが基本らしく、お馴染みの食べ物も沢山あった。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124929p:plain
f:id:nekoyamachan:20180222124932p:plain

 

驚いたのが、お米である。

それは一斤(600g)2.45元(約41円)という、至極の低価格だった。

 

いやいや。

流石にこれは、私の読み間違いに違いない。

 

41円と言えば、パピコの半量にも及ばない価格である。

そんな極低価格で、あの美味しい炒飯の主役が買えるわけがない。

 

…と思ったものの、私の知識では到底理解できない。41円て。

恐らく何かの間違いと知識不足であるに違いない。

 

今度中国の方とお話しする機会があれば、是非お尋ねしよう。

もしかしてお米って、めっちゃお安いですか?と。

 

 

あぁ、中国のスーパーとは何と楽しいのだ。

もし色々と許されるならば、一年ほど一人暮らしさせていただきたい所存である。

 

そうなればきっと、私はきくらげばかり食べるだろう。

そして劇的に痩せた私は、きっと鳳凰の広場でカラオケに興じるだろう。

 

そんな自由な生活も、きっと最高に楽しいに違いない。

帰国したらダメもとで、『ちゅうごくにすみたい』と書いた有給を申請しようかな。

 

まだまだやっちゃう鳳凰散策

 

そんなことを考えながら時計を見ると、知らぬ間にもうすぐ夕方である。

楽しい時間はすぐに立ち、これから二回目の鳳凰の夜が幕を開けるのだ。

 

そして絶対に外せないのが、鳳凰の夕方である。

オレンジ色に染まる鳳凰の街を、絶対に見逃すわけにはいかないのだ。

 

朝・夕方・夜。

 

この三種類の鳳凰を満喫しなければ、きっと心残りが押し寄せる。

この街を離れる時、きっと寂しさと無念さに包まれるだろう。

 

そしてこれから鳳凰の場内に戻れば、丁度最高のタイミングだ。

私たちは慌てておつまみとお酒を購入し、鳳凰場内へと再度向かった。

 

するとスーパーを出た目の前で、珍しい光景が飛び込んできた。

それは日本にも残っているらしい、あまり馴染みのない文化だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124942p:plain

 

髪売りである。

 

どうやらこの国には街中で髪を売るご商売があるらしく、髪とお金を交換している。

それは日本にも残っているご商売らしいが、初めてこの目で拝見した。

 

カメラを向けて撮ってもいい?と尋ねると、いいよ!とOKサインを見せてくれる。

聞くところによると、綺麗な髪をカツラにして販売されているらしい。

 

私も先月髪を切ったが、売るレベルの長さになるには時間も非常にかかるだろう。

きっと数年単位で伸ばされていた髪を、販売されているのではないだろうか。

 

そしてそれは、どうやら相方の住んでいる台湾でも同様らしい。

仕事の女性同僚がバッサリ髪を切ったとき、ボランティアに寄付されたらしい。

 

確かにただ捨てるだけの髪ならば、ボランティア様に寄付する選択も最高である。

そう考えると私は、結構な髪を無駄にしてしまったのかもしれない。

f:id:nekoyamachan:20180222124951p:plain

 

そんなことを想いながら、再度鳳凰の城壁に戻ってくる。

まだ空は仄かに青く、子供も素晴らしいフォームでかけっこに興じている。

 

そして時計を再確認すると、まだ日没まで散策する時間もあるようだ。

しかしこれほど散策に没頭できるとは、二泊とはなんと最高なのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124954p:plain

 

場内にはまだまだ未散策の場所が残っており、全ての路地にお邪魔してみる。

あまり観光客の方が訪れないような、ジモティスポットはないだろうか。

 

そして全ての路地には生活感と共に、沢山の椅子が置かれている。

どうやらいつでも井戸端会議ができるよう、万全の態勢で挑んでいるようだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180222124958p:plain
f:id:nekoyamachan:20180222125006p:plain

 

さらに沱江は家並みに沿って分岐し、人々の生活用水として活用されている。

水は思ったよりも透き通っており、この街の人々の生活が思い描かれる。

 

そして子供達が何やら聞きなれない歌を、歌いながら走り回っている。

教科書の様に長閑な光景に、いつもの観光地とは違った感動が沸き上がる。

 

f:id:nekoyamachan:20180222125015p:plain

 

私の実家もかなり田舎の地方のため、何やら懐かしさすら感じてしまう。

もしこの場所で生まれていたら、きっとここでザリガニ釣りをしただろう。

 

あらねこちゃん、学校終わり?

まるでそんな挨拶を近所のおばちゃんと交わすような、なじみ深い風景である。

 

そしてそんな懐かしさを感じていると、遠くから何やら笑い声が聞こえてくる。

しかもその笑い声は一つではなく、なんとも惹きつけられる雰囲気だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120050p:plain

 

目を細めてみると、どうやら中国の学生たちらしい。

同じ制服を着た中学生位の少年たちが、大変楽しそうに集まっている。

 

これは近くに行ってみる以外、選択肢はないだろう。

なぜが少し小声になり、私たちはこそこそ彼らに接近した。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120034p:plain

 

段々と彼らに近づくにつれ、次第にその全容が明らかになる。

皆が一応に椅子に座り、右手に筆・左手にパレットを持っているのだ。

 

あぁ、彼らは写生をしているのか。

確かにこんなにも美しい光景、いわば絶好のお絵かきスポットである。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120106p:plain

 

しかしさらに歩み寄ると、それがお絵かきレベルではないことに気が付く。

そして傍らには私の中学時代より遥かに種類の多い、油性絵具が置かれている。

 

どうやら彼らは美術の時間の課外授業らしく、皆が豊富な絵具を使用していた。

おしゃべりをしながら笑っているものの、その目つきは結構マジである。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120039p:plain

 

それぞれが同じ方向を見つめ、一様に一心不乱に絵を描いている。

皆が非常に上手に石橋の風景を描き、その芸術センスに圧倒される。

 

どうやら先ほどの笑い声は、おふざけ系男子達のものだった様子だ。

確かに中には、ちょっと先生に怒られちゃうタイプの絵画もあったのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120101p:plain
f:id:nekoyamachan:20180223120054p:plain

 

そして彼の一人に話しかけると、恥ずかしそうに絵を見せてくれた。

その画風は非常に楽しく、美しく、そして若さと躍動感に溢れている。

(それっぽいことを言い、申し訳ない)

 

ただ流石にがっつり撮影するわけにはいかず、遠くから数枚撮影させていただいた。

そして私がありがとう!と伝えると、JAPAN…と皆がざわつき始める。

 

その反応に少し驚き、少し反日的な雰囲気なのだろうかと不安になる。

確かにこの鳳凰を調べるうえで、そういった情報があったのも確かである。

 

 

そんな不安を感じていると、一人の少年が何やら熱を込めて伝えてくる。

しかしその言葉が理解できず、現地の言葉かな?と首をかしげてしまう。

 

 

エクワイテル!

エクワイテル!

 

 

…( ゚Д゚)?

えくわいてる?

 

その男子生徒が、繰り返し謎の言葉を伝えてくれる。

しかし全く意味が分からず、何かドラクエの魔法なのかと疑ってしまう。

 

もしどっかいけ!等の意味だったら、結構精神にグッとくる状況だ。

しかし彼の表情はいたって笑顔で、音程を変えて何度も伝えてくれるのだ。

 

 

エクワイテル!

…エクワァイテル!

 

 

…( ゚Д゚)

 

もしかして…。

絵描いてる?

 

そう聞き返すと彼は筆を持ち、スケッチをする動作を見せてくれた。

どうやら自分は絵を描いているんだ!と、優しく状況説明してくれていたようだ。

 

あぁごめんごめん!

日本語で伝えようとしてくれていたのか!

 

絵を描いてるのね!うんうん!知ってる知ってる!

というか、がっつりそうだと思っていたよ!

 

私が彼の背中をウザイ先輩の様にバンバン叩くと、中学生らしいリアクションをしてくれた。

そして彼は嬉しそうに、周囲の学生の絵も見せてくれた。

 

そこからは学生達は、非常に気さくに日本人だぁ!と喜んでくれている。

そして知っている日本語で挨拶をしてくれ、こちらも嬉しくなってしまう。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120044p:plain

 

そして現地の人々も彼らの絵をじっくり眺め、そして話しかけている。

どうやらこうした方が良いね?と、アドバイスをしているようだ。

 

その雰囲気にはめっちゃ絵が上手い感が漂い、学生たちも素直に耳を傾けている。

この国ではなにやら、全ての人々が絵の達人に見えてしまう。

 

この現地のお爺さんも、もしかしたら超絶技巧をお持ちなのかもしれない。

だとしたら私は、目の前で寝ている男子生徒を起こしてあげるべきだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120111p:plain

 

確かに鳳凰の街並みは、絶好の写生スポットだった。

石畳、街並み、色合い、空とのコントラスト、全てが絵になるデザインばかり。

 

道端には小物も売られ、その光景もまた絵になるだろう。

もうこの町の全部が絵になりそうで、素人の私は大混乱である。

 

スポンサー様
 

 

通りに売られている綺麗な民族衣装

 

すると眺めていた小物売りで、もちこががっつり立ち止まる。

どうやら現地の服で記念撮影したいらしく、可愛い民族衣装をガン見している。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120026p:plain

 

少しシンプルな色合いの、民族感溢れる現地衣装

確かにこの色合いなら、この旅で着ていても違和感はないだろう。

 

そして同時に、なぜ朝に記念撮影しなかったのか?と訪ねてみる。

実は今朝も現地の衣装で撮影をしませんか?という、呼び込みがあったのだ。

 

相方もちこの答えは、色がどぎつすぎるから。

確かにあの時見た服の色合いだと、記念写真感が半端なかっただろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180212121127p:plain

※これが今朝売り子さんに誘われた記念撮影の様子

 

しかしこの民族衣装なら、可愛さも兼ね備えている。

同時にこの旅の中で、部屋着として使ってもいいのではないだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120019p:plain

 

そしてこれいいじゃん!と伝えようとすると、既にもちこは買っていた。

お店のおばちゃんに袋に入れてもらい、代金の約50元(約850円)を支払っていた。

 

女性独特の即決力に圧倒され、同時に購入した袋を手渡される。

なんだかこの国に来ると、女性の即決力は30%増しになる気がする。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120029p:plain

 

さらに散策を続けると、どうやら鳳凰城の展望台に到着する。

そこには数多くの観光客が集まり、皆が楽しそうに写真撮影をしている。

 

そしてその周辺からは、嗅ぎ慣れない香りが漂ってくる。

もしかしてこの近くに、何やら美味しいご飯処でもあるのだろうか。

 

そう思って周囲を見渡すと、答えの分からない光景が飛び込んでくる。

一体この物体は、何をどうしたい時に、どうやって使うのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180223120022p:plain

 

叫ぶって書いてる…。

 

もうそれしか情報の分からない、謎の物体

それが食べ物なのか捧げものなのか、全く答えが見えてこない。

 

しかし一つ分かった事は、中国語が読めないのも悪くないということ。

もしこの物体の解答が一目で分かってしまったら、逆に勿体ないかもしれない。

 

 

まるで飽きることのない、昼の鳳凰散策

その魅惑に包まれたら、もしかして二泊でも全く足りないのでは。

 

そう思いながら歩いていると、次第に街の気配が変わっていく。

どうやらこれから、待ちに待った鳳凰の夕暮れが始まるのだろう。

 

中国旅行記19に続く~ 

 

第1~6話の平遥古城編は、一気に読める電子書籍でいかがですか!キンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!