ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記19  息を飲む鳳凰の夕暮れと立ちはだかる言語の壁

f:id:nekoyamachan:20180228150206p:plain

 

夕方を迎える、中国鳳凰

 

明かりが落ちると同時に、街の雰囲気は超観光地へ変わっていく。

待ち望んでいた変化に、周囲の観光客からも歓声が上がる。

 

そんな時に起こった、小さな異変

中国語が話せないことが、これほど厄介な問題になろうとは。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記

皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

夕刻間際の鳳凰古城探索

f:id:nekoyamachan:20180227123408p:plain

 

思ったより、夕方が遅い。

 

カメラを持ち、ずっとシャッターチャンスを待っていた。

しかし未だ街は明るく、美しい夕暮れはおあずけである。

 

ではもう少し鳳凰の街を散策し、有意義な時間を過ごそう。

そうだ今晩楽しむ川船くだりなども、予習しておこう。

 

そう考えながら後ろ髪を引かれつつ、先ほどの謎の物体と別れを告げる。

結局その答えは分からず、帰国後の宿題となってしまった。

 

そして帰国後に判明した、あの物体の思わぬ用途。

それは叫化雞(チャオホワチー)という、大変美味しい鶏料理との事だった。

 

大変美味しいらしい叫化雞

f:id:nekoyamachan:20180223120022p:plain

 

叫化雞(チャオホワチー)。

 

それは味つけした若鶏の腹に、ネギ、ショウガ、サンショウなどを詰め。

さらに蓮の葉で包み、小麦粉等で練り固めて焼くお料理で…。

主に宴席の主菜として人気が高く…にゃむにゃむ…。

 

つまりどうやら、凄い料理らしい。

私が普段自炊する料理より、遥かにレベルの高い逸品との事だった。

 

あぁ、そうだったのか。

そう言われれば、何やらすごく美味しそうに見えてきた。

 

なんかう〇こみたいだとか言って、ごめんね。

そんな幼稚な感想を持った私を、この名物料理は許してくれるだろうか。

 

しかしそれほど素晴らしい料理だと知っていたなら、絶対に食べてみたかった。

この巨大な料理を片手に、鳳凰の街を闊歩したかった。

 

当時はそんな事もつゆ知らず、私たちはその絶品お料理を後にしてしまった。

さらにはバイバイがんこちゃん!と、妙なあだ名まで付ける始末である。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123426p:plain
f:id:nekoyamachan:20180227123423p:plain

 

しかしいくら散策しても、鳳凰の街はどこまでも広大である。

そして様々な場所でバンドも見かけ、その音色に耳を傾ける。

 

彼らの演奏は非常に美しく、この優艶な沱江の風景に非常にマッチする。

それは滑らかで眠りを誘うような、優しいバラードナンバーだった。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123414p:plain

 

そして近くでは、女性観光者の方々がその演奏に耳を傾けている。

なるほど確かに、この音楽を聴きながらの川沿いまったりは最高だ。

 

私たちも暫く聴きたかったが、何せ興味をそそるものが多すぎる。

見たこともない光景が、次々へ視界に飛び込んでくるのだ。

 

鳳凰の裏路地探索

f:id:nekoyamachan:20180227123513p:plain
f:id:nekoyamachan:20180227123522p:plain

 

通りの小道はまるで昭和の雰囲気で、安心感と懐かしさを与えてくれる。

その光景は父方の祖母の家そっくりで、思わず扉を叩きそうになる。

 

さらに日本で言う駄菓子屋さんも軒を連ね、現地の子供たちが遊んでいる。

この近くに公園などがあれば、格好の遊び場所になるのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123504p:plain
f:id:nekoyamachan:20180227123500p:plain

 

そしてさらに歴史的背景の見えない、謎の巨面も現れる。

これは一体、どんな感じに楽しめば正解なのだろう。

 

取り合えずこの仮面と同じ表情をして、写真を撮るのが正解なのだろうか。

そんなことを思っていると、相方もちこは既に同じ表情を作っていた。

(撮ってくれと言わんばかりに)

 

f:id:nekoyamachan:20180227123509p:plain

 

さらにかなり巨大なアヒルも現れ、足元をつんつん、餌をねだってくる。

どうやらこの界隈では、動物たちがとても元気一杯らしい。

 

そして同時に、かなりショックな看板に遭遇する。

それは思わず言葉を飲み込む、足早になる一文だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180227133140p:plain

 

本店不接日本人。

つまり日本人お断り、こないでねという看板である。

 

思わず(._.)という表情になり、日本語を飲み込んでしまう。

そして同時にもちこより、日本語完全禁止令が出されてしまう。

 

確かにこの手の情報は、事前に耳にしていた。

ただ実際に拝見すると、結構しょんぼりする悲しい光景だった。

 

しかしこれもまた、一つの歴史と文化である。

あまり理解と知識の及ばぬ私は、そっと足早に立ち去るべきだろう。

 

ただ誤解ないよう、一つだけ申し上げておきたい。

それはこの鳳凰の多くの人々が、最高に優しく差別的ではないという点だけを。

 

スポンサー様
 

 

思わず語ってしまう珈琲タイム

f:id:nekoyamachan:20180227123456p:plain

 

まぁ、そんなこともあるよね!

 

そう相方と頷きあい、鳳凰の街並みをさらに突き進む。

まだまだ小道は奥に伸び、いくらでも散策できそうだ。

 

そして歩いていると、何やら川沿いにオシャレなカフェを発見する。

どうやらここでは珈琲が飲めるらしく、お散歩の小休止に飛び込んでみる。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123451p:plain

 

それはまるで名作・耳をすませばに登場するような、オシャレな店内。

ただ思ったよりも人は少なく、どうやら川沿いの席が確保できそうだ。

 

そして受付の女性に、二人で!と日本語で伝える。

同時にもちこから肩パンを頂戴し、慌ててりゃんうぇい(2人)と言い直す。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123436p:plain

 

そしてこの店内でも、専属のバンドが心地良い音楽を奏でている。

その音楽は店内の雰囲気と非常にマッチし、暫く居座りたくなる雰囲気だ。

 

席に着くと同時に女性店員がメニューをくれ、直ぐに珈琲を注文する。

さらに目についた甘味も注文し、もはやお財布の紐はゆるみっぱなしだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123440p:plain

 

そしてすぐに運ばれてくる、二日ぶりの珈琲とおまけのアイス

これぞ散策日和に最適な、冷たい甘さと温かい苦みのナイスタッグである。

 

 既に金銭感覚のネジはバカになっており、約60元(約1.020円)でもお安く感じる。

 同じ古城でも、平遥古城ならきっとこの半額だったに違いない。

 

しかしそんなお金の話ばかりされても、ぶっちゃけ興覚めである。

この鳳凰では極力気にせず、思う存分この旅を楽しませていただこう。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123443p:plain

 

そして外を眺めながら、大きめのアイスを一口パクリ。

10月とは思えない熱気に、抹茶タロイモの甘みが心地良い。

 

意外にもこの中国旅行では、こちらのアイスに何度もお世話になっている。

ちょっと攻撃的な甘みが、なんとも最高の旅感を演出してくれるのだ。

f:id:nekoyamachan:20180227123418p:plain

 

そしてカフェからは、昨日ライトアップされていた石橋と寺院が見える。

その佇まいはバスクリンの様な川面に反射し、夜とは違った美しさだ。

 

もしあの寺院に泊まれるなら、きっと千と千尋の宿舎の様な景色なのだろう。

おそらく昔の寺院の住民は、水面を眺めながら毎晩何かを吟じたに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123518p:plain

 

そして沱江には多数の木船が総出で出動し、長い木の棒で何やら掬っている。

どうやら川の藻が繁茂しすぎたため、でザクザクカットしているらしい。

 

さらにその短くなった藻を河口に流し、川岸でまとめて収穫する。

なるほどこれは、なんとも効率の良い手法である。

 

そんな人々の光景を眺めながら、この旅で撮り貯めた写真を振り返る。

ふと気づけばこの旅もあと僅か、もう来週には帰国が迫っている。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123529p:plain

 

しかしこの鳳凰の街を満喫することができ、心から満足している。

もしこれから友人に旅の行き先をお薦めするなら、間違いなくこの街だ。

 

いや正しくは、この中国という国全体をお勧めしたい。

確かに少しクセはあるけれど、複雑な感動を呼び起こしてくれる国である。

 

人々は心から素直で快活で、そしてその文化が生活に根付いている。

さらにそこに飛び込めば、彼らの郷の中で思いがけない経験をさせていただける。

 

あぁ、なんと素晴らしい国なのだろう。

もう同じ感想を、約30回は繰り返したのではないだろうか。

 

 

しかし、なぜだろう。

カフェって思わず語ってしまう。

 

恐らく誰も興味がないことまで、思わずそれっぽく申し上げてしまう。

現に目の前の相方もちこは、途中から完全に興味なしである。

 

このまま居座ると永遠に語ってしまいそうで、それは何とも申し訳ない。

私は女性店員さんにお会計を済ませ、お手洗いをお借りすることにした。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123447p:plain

 

そしてこちらが外の道路に面し、さらに階段の下に設置された驚異のお手洗い

その最大の特徴は、激せまであるということ。

 

狭い個室の中では方向転換も難しく、前向きで入場してバック(後退)で出てくる。

ぎっくり腰の方にはあまりお勧めしない、難易度Sクラスの和式便座である。

 

私も根性で入場し、何とかお仕事を済ませて脱出する。

これは5分以上入っていると、確実に腰を持っていかれる構造だ。

 

 

そんな困難を乗り越え、オシャレな喫茶店を後にした。

すると次第に空の明かりも薄くなり、夕方の気配が近づいてきた。

 

さらに先ほど眺めた川沿いを歩いていると、ふと何かと目が合った。

もしかしてあれは、個人的に敬愛するあのキャラではないのか。

 

f:id:nekoyamachan:20180227123533p:plain

 

( ゚Д゚)!?

 

ま、まさか…。

(だだだだ…※猛ダッシュする音)

 

f:id:nekoyamachan:20180227123538p:plain

 

サリー師匠!

 

まさかこんなところで、お会いするとは。

しかしこの鳳凰の沱江のたもとで、一体何をされているのですか。

 

どうやら先ほど眺めていた船による川掃除で、河口に流されてしまったようだ。

つまりこの街のどこかで、このグッズが売られているに違いない。

 

SNSではひよこのアイコンを使わせていただくほど、個人的にひよこ系には目がない。

なぜか本能的に惹かれてしまう、謎の引力を持つ生物である。

 

ただ残念ながら、このひよこ好きに対する女性陣の反応はすこぶる悪い

ギャップ萌え狙ってるんでしょ?と、いつも一蹴される次第である。

 

そのため今回も、残念ながらそのまま素通りしてしまおう。

しかしこの風船は、一体この街のどこに売っているのだろう。

(隙あらば買うスタイル) 

 

スポンサー様
 

 

遂に訪れる鳳凰の美しい夕暮れ

f:id:nekoyamachan:20180228150151p:plain

 

気を取り直して川沿いを歩くと、なんだか人が多くなってきた。

どうやら皆も同じく、鳳凰の夕刻チェンジを楽しみにしているのだろう。

 

明るい昼と優美な夜が交代する、世にも美しいと評判の鳳凰の夕暮れ。

その瞬間を待ちわびる気持ち、分かるよ同志たち。

 

是非一緒に、おおお~!!とか言おうね。

そして昨日の私の様に写真撮りすぎて、一歩も歩けなくなろうね。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150206p:plain

 

変わってきた。

段々と空の明かりが落ち、同時に街の明かりが灯り始める。 

 

ジワリジワリと赤みを帯びる、鳳凰の街並み。

それはまさに千と千尋の湯屋の開場のようで、感動に打ち震える。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150209p:plain

 

そして完全に夕方バージョンに変化する、鳳凰の街並み。

これぞ待ち望んでいた、まだ見ぬ美しい世界である。

 

綺麗だなぁ…。

もう毎日が、神社のお祭りみたいだなぁ…。

 

ただ歩きながら、ひたすらその光景を目に焼き付ける。

もう『綺麗…綺麗…』ばかり呟きながら歩く、ただただ楽しい時間だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150226p:plain

 

しかし暫く眺めていると、突如空腹感に襲われる。

先ほど食事をしたばかりなのに、なぜこれほどパラペコなのだろう。

 

まさかこの鳳凰で、いきなり成長期に襲われるとは思わなかった。

ただ折角の嬉しい空腹感、私たちは川沿いでお店を探すことにした。

 

この夕刻の光に包まれていただく食事は、一体どれほど最高なのだろう。

そう考えたら、もう一刻も早くお店を決めてしまいたかった。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150230p:plain

 

即座に川辺に美味しそうなお店を発見し、値段も見ぬまま突撃する。

理由は簡単、窓際の席が空いていたから。

 

もし窓際の席で食事ができるなら、まさにプライスレス

窓際綺麗でしょ代が追加チャージされても、文句も何も出てこない。 

 

 白米食べ放題の大好物ディナー

f:id:nekoyamachan:20180228150320p:plain

 

さっそく滑り込むように店内に入り、店員さんに窓際の席をお願いする。

そして笑顔でいいよ!と言わると同時に、さささと窓際の席を確保する。

 

あぁ、やはり思ったとおりである。

綺麗な川沿いがオレンジ色に紅葉し、街全体を眺めることができる。

 

そして同時に、本日の散策でお腹もがっつり腹ペコだ。

ここはまず落ち着いて値段を拝見し、ベストなディナーを堪能しよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150324p:plain

 

ふむふむ。

全然高くないような気も、しないような事もない。

 

正直爆安う!と立ち上がるほどではないが、晩御飯には適正価格だ。

この価格ならあまり気にせず、お料理をガシガシ注文しよう。

 

注文はもちこに任せ、私は数少ない使える中国語で『イガ・ピージョ』と申し添える。

ちなみにこれは美味しいビールを注文できる、魔法の言葉である。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150331p:plain
f:id:nekoyamachan:20180228150335p:plain

 

そして即座に冷たい啤酒とカップ、そして様々な料理が運ばれてくる。

しかしこの旅が始まって以来、一体何杯の啤酒を頂いてきただろう。

 

ただあまり飲み過ぎると景色も楽しめなくなるため、ここは少し抑えめに。

あとはこの夕暮れをおかずに、もりもりご飯を食べるだけだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150343p:plain
f:id:nekoyamachan:20180228150347p:plain

 

そしてまず運ばれてきた、本場感漂う青椒肉絲(28元:約476円)。

たっぷりの唐辛子が刺激的で、少し油の多めな逸品だ。

 

味わいは少しだけ薄めで、これだけでもモリモリ食べられる。

日本の中華料理はかなり味付けが濃いというのは、やはり本当だったのか。

 

もしたこの国の料理は、あまり白米と食べる事を前提としていないのかもしれない。

シンプルにおかずだけでも満足感が高く、料理の旨味を堪能できるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150351p:plain

 

しかし日本人の本能が疼き、やはり白米も注文する。

するといつものように樽ごと運ばれ、一気に給食的な楽しさに包まれる。

 

『鳳凰おいでよ、白飯食べに』

そんなキャッチフレーズを掲げれば、さらに人気が出ること請け合いだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150354p:plain
f:id:nekoyamachan:20180228150358p:plain

 

そして続いて相方お気に入りの、ジャガイモ細切り炒め(15元:約255円)。

さらに登場する、牛肉と青菜の辛炒め(約45元:約765円)。

 

もはやお料理における唐辛子搭乗率は100%を超え、口の中も常に刺激的だ。

しかしこのピリ辛を超えたスパイシーさが、何とも脳まで心地良い。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150401p:plain

 

モリモリ白米とおかずを食べ、完全に日が沈むまでの鳳凰を凝視する。

すると窓の外には、もう完全にが訪れていた。

 

そして眺めていて、ふと思う。

この鳳凰の美しさは、歴史ある街並みライトアップだけではないのだと。

 

その光沢が水面に反射し、街の光沢がその中に揺らいでいる。

鏡の様に対になったその夜景こそ、他の観光地とは異なるのだと。

 

f:id:nekoyamachan:20180301135803p:plain

 

そして川面に船が走るたびに、その美しさが一度半減する。

しかしすぐに煌びやかな二面の光景を取り戻し、街全体がまた明るくなる。

 

その光景を見ているだけで、いくらでも時間を過ごせる気がする。

しかもここはご飯処の窓際の席、ゆっくりする理由しか存在しない。

 

f:id:nekoyamachan:20180301135759p:plain

 

相方もちこもテンションがあがり、何やらゲラゲラ爆笑している。

今ならお箸が転んだだけで、1分くらい笑っているだろう。

 

もし芸人の方が自信を付けたいなら、是非今の彼女にネタを披露して欲しい。

リズムネタでもなんでも、この観客ならば絶賛してくれるだろう。

 

スポンサー様
 

 

突如襲い来る最大の試練

 

そしてひとしきり晩御飯を楽しんだのち、川下りを決意する。

昼に拝見した船による川下りを、この夜景の中で決行しよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180228150340p:plain

 

そんなプランを立てて、お店の方にお会計をお願いする。

そしてここでもまた来てね!と言われ、お酒以上にほっこりする。

 

外は少しだけ肌寒かったが、涼しさに近い心地良さだった。

この気候ならば、きっと船による川下りも最高だろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180301135803p:plain

 

そして川下りの乗り場を目視で探すと、どうやら向こう岸のようだ。

そこでは観光客が列を作り、順番に船に乗り込んでいる。

 

ということはつまり、朝方に渡った飛び石の橋を越えるのだ。

この若干へべれけな日本人達に、あの高難易度の橋が渡れるだろうか。

 

少し不安を感じつつ、昼間の飛び石の橋に歩いていく。

そしてそこでも沢山の人でごった返し、橋渡りのレベルはさらに上がっていた。

 

~ 飛び石の橋(昼間の様子) ~

f:id:nekoyamachan:20180301143506p:plain

 

しかし、この飛び石を渡らないわけにはいかない。

遠くには大橋もあるのだが、ぶっちゃけそんなに歩きたくない。

 

ここはこの飛び石を攻略し、川下りの場所を目指すことにしよう。

そうすれば今なら、さほど並ばなくてm…。

 

ぎゃああああ!!

 

( ゚Д゚)!?

な、なんだなんだ!?

 

飛び石を渡り始めると、後ろから突然もちこの叫び声が聞こえる。

もしかして第一歩目で、いきなり沱江にぶっこんでしまったのか。

 

慌てて振り返ると、そこにはもちこがしゃがんでいた。

そして恨めしそうに唸りながら、近くのベンチに避難し始めた。

 

 

『ちょ、ちょと!どうしたの!』

『なんかめっちゃ叫んでたけど、大丈夫か!』

 

慌てて尋ねると、もちこはめちゃめちゃに険しい顔をしていた。

その深刻な顔に、結構重大な問題の発生を予感する。

 

そして自分の靴下をまくると、OMG…となぜか英語で凹み始めた。

意味も分からずその足を見ると、私もOMG…と続けて呟いてしまう。 

 

f:id:nekoyamachan:20180301135810p:plain

 

 激腫れである。

 

どうやら先ほどの第一歩目で盛大にひねったらしく、足首がパンパンに膨れている。

もう誰が見ても確実に腫れており、見るからに激痛だ。

 

先ほどまでマリオの様に飛び跳ねていたのに、いきなりの大事故である。

しかしどうやら骨は折れていない(自己申告)らしく、恐らくねんざらしい。

 

い、いだい…。

ねこやま、助けてくれ…。

 

もちこは繰り返し呟き、二人で少しだけパニックになる。

この時間は勿論病院も空いておらず、そもそも飛び込み日本人はOKなのだろうか。

 

こんな時は氷で冷やして、足を固定して…。

近くのベンチに腰をかけ、約30分ほどその対処法をネットで検索する。

 

痛みや足が動くかどうか、その症状で検索する。

すると次第に痛みも少し和らぎ、病院はいいや!ともちこが言い始める。

 

f:id:nekoyamachan:20180302121757p:plain

 

さらに隣に座っていたおばちゃんも、心配そうに話しかけてくれる。

そしてもちこの足を見ると、それねんざだよ!となぜか笑い始める。

 

加えて『そんな時にはこうしたらいいよ!』と、様々なアドバイスを教えてくれる。

私たちはその助言に耳を傾け、今後の対策を模索する。

 

しかしこれは、おばちゃんが笑ってくれる程度のねんざなのか。

少しホッとするものの、いまだもちこの足はパンパンである。

 

これは早急に、私が何とかしなくてはならない。

こんな時に慌てふためく男性が、女性に信頼されるわけがない。

 

ベンチで痛そうな足を延ばし、スマホで楽しそうにSNSに興じるもちこ。

この状況を打開する方法を、私は脳フル回転ではじき出す。

 

 

湿布だ。

 

私も高校時代、部活で何度となくねんざをしたことがある。

そしてその時にいつも助けてくれたのが、冷たい湿布である。

 

この4000年の歴史を持つ中国ならば、きっと湿布もあるはずだ。

しかもかなり効果の高そうな、漢方モリモリの一品に違いない。

 

私はもちこをベンチに座らせ、お財布から200元ほど取り出す。

そして湿布を探す旅に出ることを告げ、キリリと険しい顔をして見せた。

(ちょっとカッコつけて。)

 

するともちこはまだ動けないらしく、私のお使いを分かった!と快諾する。

んじゃここで待ってるから!と言いながら、私をベンチで見送ってくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180301135807p:plain

 

そして私は一人で鳳凰の夜に飛び出し、昼間の市街地へと向かって走った。

スーパーもあったあの場所ならば、きっと薬局の一つや二つあるだろう。

 

何かしらの使命感にかられ、人混みの中を猛ダッシュで走り抜ける。

湿布はできるだけ早い方が良いという、ネットの記事を信じながら。

 

f:id:nekoyamachan:20180302125154p:plain

 

そして約5分ほど走り続け、やっとの思いで鳳凰の市街地まで辿り着く。

しかし昼間とは違うルートで来たため、思わぬ美しい城門にも遭遇する。

 

本来ならば写真を数十枚撮りたいが、ここは我慢して一枚だけ。

あとでもちこにも見せるためのお写真のため、神よどうかお許しを。

 

そして走りながら薬局の看板を探すが、なかなかその二文字が見つからない。

もしかしてこの街に、薬局というのは存在しないのか。

 

薬局…薬局…。

薬局…薬局…どこだどこだ。

 

ないぞ、ないぞ…。

……。

 

 

…ん?

…ちょっとまてよ( ゚Д゚)?

 

薬局なのか?

私が探す看板は、薬局の二文字なのか?

 

そもそも薬局って、日本語ではないのか?

もしかして中国語で薬局って、別の言葉だったりするのだろうか?

 

いや、そもそもその前に…。

もしかして私は、盛大な過ちを犯しているのではないのか…。

 

 

湿布って、なんて言うんだ。

 

 

突如降りかかった、中国語の越えられぬ壁

リンゴを買うのと訳が違う、湿布という超専門的な商品の散策。

 

この旅における最大の試練に見舞われ、私は一瞬足を止めてしまう。

啤酒(ビール)くらいしか中国語を知らない私に、湿布は購入できるのだろうか。

 

身振り手振りで、行くしかない。

私は溢れる不安を押し殺し、もう一度鳳凰の市街地に走り出した。

 

中国旅行記20に続く~ 

 

第1~6話の平遥古城編は、一気に読める電子書籍でいかがですか!キンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!