ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記22 感謝の鳳凰最終日ととことん素直な子供達

f:id:nekoyamachan:20180319113755p:plain

 

鳳凰も残すところ、あと10時間

 

この僅かな時間でやれることは、全てやっておきたい。美味しい文化に触れることも、そしてこの地の記憶を刻むことも。

 

最終日に関わらず、未だ新鮮な鳳凰の街並み。もし今日が初日なら、どれほど最高なのだろう。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記。皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

手繰り寄せる鳳凰の絶品料理たち

f:id:nekoyamachan:20180319113733p:plain

 

入れ放題か…。

 

注文した牛肉麺を待つ間、ふらふら店内を探検する。するとトッピングは全て無料のようで、中国らしい香味がタップリ設置されている。

 

こんなに山盛りの唐辛子、一体どんな激辛ファンが使うのだろう。そう思った矢先、隣のお婆ちゃんがパッパと3掬い丼に入れていく。

 

その真っ赤に燃え上がった牛肉麺、本当にお婆ちゃんが食べて大丈夫なのだろうか。しかしそんな不安をよそに、彼女はずるずる美味しそうに召し上がっていた。

 

そして私達にもすぐ、注文した牛肉麺が運ばれてくる。それは12元(約204円)にも関わらず、大家族の食卓中央に置かれそうなキングサイズだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113744p:plain

 

でかい。

 

そしてなにより麺が多い。サービスで3玉入れてくれてるんじゃないかと思う程、麺とスープの比率がおかしい

 

あぁこれは、川下りで冷えた体に最高に沁みそうだ。先ほどのお婆ちゃんはもう半分ほど食べているが、その食事速度も納得だ。

 

激辛は大好物のため、できれば先ほどの唐辛子もぶっこみたいが…。ここは大人しく、まずはそのままの味わいを楽しもう。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113751p:plain

 

そして麺を大きく持ち上げ、そのボリュームを確かめる。やはり凄まじい麺量だ。

 

品川で食べた塩ラーメンは、麺を持ちあげたら丼底の文字が見えたのに。食べていないのに「またのお越しを!」と言われた、あの拉麺とはえらい違いだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113747p:plain

 

そして味わいも、最高に旨い。何肉か分からない不安はあるが、ホルモン的なお肉の出汁が、良く効いている。

 

麺は平麺でのど越しも良く、レベルの高い生麺のどん兵衛と言ったところ。これは都内のビル群にお店を出せば、一財を築けるポテンシャルだ。

 

さらにスープは出汁とピリ辛感が溢れかえり、思わずごくごく飲み干す一杯に。減塩しなさい!と言われても、決して止まれぬ危険なのど越し。

 

ダイエットは明日から。そんなキャッチフレーズが良く似合う、最高の牛肉麺である。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113737p:plain

 

そして夢中で牛肉麺と戦っていると、お客さんが次々なだれ込んでくる。どうやらお昼時間ど真ん中らしく、休憩中と思われる他のご飯屋の店員さんもいらっしゃるようだ。

 

おお、ライバル店にもかかわらず、ここに食べに来るのか。何だかお互い認め合っているみたいでカッコいいな。

 

そんなことを考えていると、並んでいる方から目の圧力を頂戴する。それは「麺全部食べちゃってるよね…?」といった、早く席開けてねアピールだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113743p:plain

 

丁度もちこも食べ終わり、レジで美味しかったよ!とお会計を済ませる。そしてお店を出ると、外はもう真夏並みの直射日光だった。

 

行きかう人々も汗を拭い、お仕事中の方も大変そうだ。大きなカゴでお米を売っている方も、きっとポカリが飲みたいだろう。

 

そして同時に思い出す。そうだ!もちこの杖を買わなければ!と。

 

もちこは当然ながら、ヤダヤダと駄々をこねまくる。足も全然痛くないから、杖とか全然必要ないと。

 

嘘おっしゃい。先ほどからの移動速度は、もう完全に80歳のお爺ちゃんと変わらない。

 

確かに杖はビジュアル的にダサいかもしれないが、ここは大人しく使いなさい。でないと今後の紹興→上海への楽しいバックパッカーも、永遠にひょこひょこすることになるのだから。

 

f:id:nekoyamachan:20180319124220p:plain

 

嫌がるもちこを連れ、お土産屋さんに突入する。ご年配の観光客も多いこの街なら、きっとの一つもあるだろう。

 

するとさっそく一件目で、あっけなく杖と遭遇する。しかも木製で仕上げられた、結構ガチ勢が使う杖である。

 

もちろんそのビジュアルに女子力は感じられないが、ここは顔と心を鬼にしよう。嫌がるもちこに、お気に入りの杖を選んでいただいた。

 

f:id:nekoyamachan:20180319124226p:plain

 

悪くない。ちょっと魔女感はあるものの、なかなか似合っているのではないだろうか。

 

近くのお子様がかなりガン見しているが、とても歩きやすそうだ。身長も低い彼女は、きっとご年配の方のサイズがぴったりなのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180320140603p:plain

 

そしてデザインも、なかなかにメンズ心をくすぐってくる。恐らく鳳凰をイメージした龍のお口に、懐かしさを感じるビー玉がセットされている。

 

これで約15元(約255円)というのだから、コスパはなかなか悪くない。ただ女性受けは一切気にしていないため、記念日の贈り物としてはNGだろう。

 

お誕生日おめでとう!と、高級レストランでこの杖を渡したら…。考えるだけでぞっとする。

 

f:id:nekoyamachan:20180320140556p:plain

 

さらに日本人が杖を突いている光景は、どうやらキッズの興味をそそるらしい。小道の子供達も愛車を止め、こちらをじっと見つめてくる。

 

話かけたさそうにモジモジするその姿は、まさに世界共通。しかしこちらから話しかけると、猛ダッシュで逃げていく。

 

なんと可愛らしいのだ。まるで私の幼少期を見ているようだ。(真顔)

 

 

ちなみに鳳凰の子供達は、多くがご商売をお持ちである。道端では観光客に綺麗な花束をガンガン売っているのだ。

 

そしてその商魂は、極めて逞しい。10mくらいなら平気で追いかけてきて、花!花ぁ!!とバンバン購入を勧めてくる。

 

しかも中には、驚異の商魂を見せる女の子が存在する。私はその子を勝手にハナちゃんと呼んでいるのだが、そのハナちゃんは本当に強い。

 

まず彼女はお子様の平均追跡距離の10mを余裕で超え、軽く20mはついてくる。しかもその間、花束をむぎゅううう…と私に押し付けながら。

 

い、いや痛いよ!と言っても、当然日本語だから通じない。いやもしかしたら、それが中国語でも、きっと彼女には関係ないのだろう。

 

もう我が娘の様に終始後を追い、最終的にはお店に入るまで追跡する。もうマリオカートの赤甲羅も真っ青の、驚異の商魂の持ち主である。

 

そんな彼女には、この鳳凰にいる間に3回遭遇した。そしてその度にぎゃあ!!と逃げ出すが、彼女は無表情で追いかけてくる。

 

ただ彼女たちにも、きっとノルマがあるのだろう。ご自宅で待つご両親や兄弟、そんな家族のために働いているのだろう。

 

決してそれは悪いことではなく、むしろ生きるために必要な力強さ。ただ日本の文化との違いから驚いた経験をした、というお話である。

 

f:id:nekoyamachan:20180320140548p:plain
f:id:nekoyamachan:20180320140542p:plain

 

そんな子供たちと出会いながら、鳳凰最後の夕暮れを楽しむ。折角なので鳳凰大橋から街を一望することにし、根性で高台まで登ってみる。

 

もちこも時間をかければ足も痛くないらしく、ゆっくりのんびり移動する。こういった散策も、最終日ならではの余裕かも知れない。

 

f:id:nekoyamachan:20180320140546p:plain

 

3日間お世話になった、鳳凰の街

 

きっとこの街にとっては、私たちは観光客の一部にすぎないだろう。しかし私にとっては、人生の中で一・二を争う素晴らしい街だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180320140549p:plain

 

そしてふと気が付くと、川沿いの家はほぼ全て宿泊地である。その茶色に輝く木造建築は、全て観光客向けに改修されているのだ。

 

すごい。一軒欲しい。そしてこの街で、お好み焼き屋でも開業したい。

 

あ、いやダメだ。この街に日本料理店など開こうものなら、ちょっと怒られちゃうかもしれない。

 

夕焼けに変わりゆく街並みを眺め、そんな妄想を楽しんでしまう。もし本当に許されるなら、定年後に永住申請でも出してみよう。(めっちゃお金かかるけど)

 

まだ見ぬ魅惑の絶品おつまみ

 

そして街が夕日に変わる頃、私たちは最後の散策に繰り出した。もうこの街で見逃したものはないだろうか、そんな最終チェックの意味合いを含めて。

 

しかしそんな気持ちも、一瞬にして裏切られる。この街はギリギリまで、飽きることのない仕組みに満ちていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113805p:plain

 

10元30串…。

 

なんだこの魅惑ワードは。一体何が、10元30串なのだ。

 

10元30串と言えば、つまり1串約6円。そんな鳥貴族を敵に回すような、価格破壊があるというのか。

 

思わずその店内に駆け込み、激安串の正体を探す。もしかしてこれは、使っちゃいけないお肉を使っちゃっているのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113809p:plain

 

まるでお彼岸のお線香のような、束になった謎の串。どうやらこれが激安30串の正体のようだ。

 

鶏肉でもなければ、豚肉でもない。当然高額な牛肉のはずもなく、もしかしてウサちゃんとか…。(ガクブル)

 

しかし周囲では、沢山の観光客たちが謎串を嬉しそうに頬張っている。しかもその表情は、かなり恍惚な笑顔だ。

 

この串に出会えてよかった…♪そんな表情の女子大生や、もう30串いっちゃおう!と意気込む、へべれけおじさん。あぁ何と、購買意欲をそそる表情なのか。

 

私も思わず列最後尾に並び、その串を購入することにした。もしここで買わなければ、確実に以後3年は夢に出るだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113813p:plain

 

そして注文すると、おばちゃんがはいよっ!と謎串を手に持つ。そしてさらに鉄板に油を大量に注ぎ、ガンガン加熱していく。

 

じゅわわわわ…。

 

周囲が一気に熱気に包まれ、おばちゃんの額からも汗が流れている。なんだなんだ、いったいこれから、どんな調理が始まるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113816p:plain

 

そしてカンカンに熱せられた鉄鍋に、先ほどの謎串をずらりと並べる。そしてワイシャツにも使えそうな鉄のアイロンで、ぐぎゅううぅ…と押さえつけていく。

 

その瞬間、約1000kcalはあるだろう油が吹きだし、一気に串が高温で揚げられる。おおお、これは揚げ焼きタイプの串なのか。

 

それにしても、何という油の量。ダイエット中の同僚が見たら、裸足で逃げ出すビジュアルだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180319113820p:plain

 

さらに揚げあがった串を、じゃぼんと深紅色のどろソースにぶっこむ。それはまるで辛ラーメンの鍋底の汁のような、見ているだけで汗が出てくるドロエキスだ。

 

この色は、本当に大丈夫なのか…。なんか本能がダメって言ってるんですけど…。

 

しかしおばちゃんの表情は、終始にっこにこ。激辛ソースを絡めて絡めて、絡めまくっている。

 

f:id:nekoyamachan:20180320150834p:plain

 

まだだ。おばちゃんのやんちゃは、まだ止まらない。

 

さらに見たこともない香辛料を右手に持ち、猛烈な勢いで謎の串に振りかけていく。ぱっぱっぱっぱとリズミカルに、もうこれでもか!という程に振りかけている。

 

冗談ではなく6秒ほどずっとふり続け、謎串は見る見る真っ赤に仕上がっていく。そしておばちゃんの気が済んだ時、ついに謎串が私たちに手渡された。

 

f:id:nekoyamachan:20180320151651p:plain
 

赤黒い。

 

こ、これは大丈夫なのだろうか…。何だか田舎の駄菓子屋さんで、倉庫に眠っていたおつまみのような色合いだ…。

 

謎串は全体的に真っ赤に仕上がり、脳まで痺れそうな香りがふわり。もしこれで逆に甘かったら、まさに神業だ。

 

しかし同時に、何だか抵抗できない食欲も押し寄せてくる。これはもしかしたら、とんでもない逸品なのかもしれない。

 

そして恐る恐る、一口食べる。ちなみにおばちゃんは、ガン見している。

 

f:id:nekoyamachan:20180320152020p:plain

 

旨すぎる。そして同時に、啤酒に合い過ぎる。なんだちみは。

 

あぁ、これは揚げタイプのホルモン串か。脂をそぎ落とした、薄く仕上げた柔らかなホルモンなのか…。

 

何という香ばしさ、恐るべき香味の凝縮感。これは間違いなく、過去最強の啤酒のパートナーである。

 

旨い。これは歴代おつまみベスト300の中でも、かなり上位に食い込む旨さだ。

 

しかもこれが約30本、連打するように食べられる。啤酒も無限に飲める気がするし、これはとんでもないモンスターを生んでくれたものだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112131p:plain

 

そして完成するのがこちら。ホルモン串で彩られた、ハリネズミタワーである。

 

もう何千もの串が刺さり、オブジェのようになっている。確かにこれほど美味しければ、追加の30本くらいワケないよ。

 

実際私たちも追加でオーダーし、計60本を平らげた。もしこのホルモン串をファミマが特許を取れば、世界シェアは確実に広がるだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112144p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112147p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112123p:plain

 

ただ未だ食べ足りず、さらに近くのお店で臭豆腐を注文する。先ほどの激辛で胃腸が目覚めてしまったのか、全く空腹感が収まらなくなってしまった。

 

ちなみにこちらは、中難易度の揚げ&煮込みタイプの臭豆腐(10元:約170円)。甘辛の沢庵がぶっこまれた、初めてお目にかかるタイプである。

 

しかし先ほどのホルモン串で舌が壊れてしまったのか、臭さは全然感じられない。いやもしかしたら臭豆腐を食べ過ぎて、私自身が臭豆腐を超える激臭になってしまっているのかもしれない。

 

もしそうなら、人生辛すぎる。レノアとか飲んだ方が良いのだろうか。(ダメ)

 

f:id:nekoyamachan:20180321112134p:plain

 

この絶品おつまみを食べながら、鳳凰の街を心地よく散策する。あぁこのホルモン串は、本当に最高の美味しさだ。

 

すると通りの壁には、日本アニメのイラストも描かれている。まさに世代にズバリとはまる、思わず嬉しくなる出来栄えだ。

 

やはり中には、日本の文化がお好きな方もいらっしゃるのかもしれない。ディフェンスに定評のある猫山としては、大変嬉しい限りである。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112127p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112217p:plain

 

そしてついに、街が最後の夕焼けを見せ始める。人々が次々とご飯屋さんを目指し、街が一気に活気立っていく。

 

しかしこの鳳凰の夕焼けは、本当に別格だ。街全体が木造建築のため、夕焼けのオレンジが沁み込むように同化しているのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112141p:plain

 

ぞうでじょお?

 

屋根から覗くニャンちゅう先輩にも、同意を頂戴する。おねえざぁん!と観光客に声を掛けそうな、最高に可愛らしいお顔だ。

 

可愛い。かわカッコいい。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112228p:plain

 

そしてさらに、道路のど真ん中で寝ているわんこ。こちらも時々びくっ!と痙攣し、通行人を驚かせる。

 

きっと夢の中で、臭豆腐でも食べているのだろう。そしてそのあまりの臭さに、思わずびくっ!としているに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112221p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112225p:plain

 

そんな愛らしい動物たちを眺めながら、夜の帳を確かめる。これはいつもの旅で感じる、最高に寂しくなるあの時間だ。

 

お迎えの運転手が到着するまで、あと3時間。ここはひとつ、最後の乾杯でもしておこう。

 

もう何十回乾杯したか分からないけれど、今回は何十回乾杯したか分からなくなった記念の乾杯だ。

 

美しい髪飾りと素直な子供達

 

そう考えてお店を探していると、突然一人の女性が目の前に現れる。右手に大きなカゴを持った、笑顔の似合うご年配の女性だ。

 

そして彼女は私たちに、貴方たちならきっと似合うよと言ってくれる。そして押し付けがましい様子もなく、香りのいいアレを差し出してくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112236p:plain

 

花の髪飾り。

 

恥ずかしながらゲームの世界でしか聞いたことのない、美しく香り立つ花の髪環。それを相方もちこにいかがですか?と勧めてくれたのだ。

 

よく見ると彼女のカゴは様々な花環で満たされており、その全てが手作りのようだった。勿論デザインも卓越されており、心から欲しくなる逸品だ。

 

思わずください!と即答すると、彼女は驚いたように渡してくれた。本当に有難うと繰り返し言われ、お礼を言いたいくらいなのにと、こちらも驚いた。

 

折角おされな花環を購入したので、ここは同じくらいおされなお店で一杯いこう。そして彼女お手製の素敵な花環を、SNSの友人たちに広告しておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112232p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112250p:plain

 

そう考えて、一軒のシックなお店に突撃する。川沿いの夜景が見えるこの場所ならば、きっと花環の写真も映えるだろう。

 

ただ夜には車と夜行列車の超☆長距離移動が待っているため、お酒は一杯だけにしておこう。この鳳凰のラストを、気持ち悪い記憶で閉じるわけにはいかないのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180321120502p:plain

 

早速フォトジェニックなお酒を頼み、最後の川辺を目に焼き付ける。嫌がられるほど話題にしてしまうこの鳳凰の夜景とは、本当に罪深い存在だ。

 

そして早速先ほど購入した花環を、手に直に取ってみる。するとそれは造花ではなく、まだ命すら感じる摘みたての花環だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112246p:plain
f:id:nekoyamachan:20180321112243p:plain

 

何と綺麗な…。

 

店内一杯に花の香りも広がり、安い香水より遥かに香り立つ。きっと先ほどの女性が摘みたての生花で、毎朝一つ一つ手作りしているのだろう。

 

しかも驚くべきは、その価格。こんなに美しい花の前でお金の話など無粋だが、この真実を伝えずにはいられない。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112239p:plain

 

10元。(約170円)

 

明後日くらいまで綺麗だからね!と教えてくれた、この期間限定の美しさ。きっと作るのにも、想像以上の手間と時間がかかってるのだろう。

 

結婚式の参列でも使えそうな、見事な生花の髪飾りにもかかわらず。その価格は、実は臭豆腐と変わらない。

 

まさかこれほどまでに、お安いとは。50元くらいでも、きっと購入させていただいただろう。

 

ある程度理解してきたものの、この国のバランス感覚にはいつも驚かされる。そう考えると日本は、もしかして貨幣バランスが比較的良い国なのかもしれない。

 

f:id:nekoyamachan:20180321120033p:plain

 

できればすぐ日本に持ち帰り、プリザーブドフラワーにしておきたい。鳳凰の記念としては最高だ。

 

ただ横断旅行はまだまだ続くため、きっと途中で枯れてしまう。そしてカバンの中で、シナシナになって…。ううぅ…。

 

悲しい。

 

ただそれもまた、この生花の良さなのかもしれない。枯れてしまうからこそ、綺麗な時期を写真に収めたいと思うのだ。

 

この旅は1年続いたら飽きてしまうように、短い期間だからきっと素晴らしい。もしかして生花と旅は、深い部分では同じなのかもしれない。(それっぽい哲学)

 

 

f:id:nekoyamachan:20180321112234p:plain

 

夜19時。他の人々にとっては、これからが素晴らしい鳳凰の夜の始まり。ただ私達は出発の時間が近づいている。

 

楽しそうな人々の笑い声が、心の底から羨ましく感じる。あぁ、できればあと20泊くらいしたかったなぁ。

 

後ろ髪を引かれるどころか、ガッツリもぎ取られるような悲しい感覚。そんな気持ちに包まれながら、私たちはBARで約150元(約2.550円)のお会計を済ませた。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112238p:plain

 

そして預けておいた荷物を受け取りに、少し早めにドミトリーに戻る。迎えの車の時間までは時間はあるが、女性店長たちに挨拶もしておきたい。

 

手書き風の素晴らしい鳳凰の地図(有料)をくれたり、川下りをエスコートしてくださったり。その快活な笑顔で、彼女とドミトリーの方々には大変にお世話になった。

 

f:id:nekoyamachan:20180321112231p:plain

 

ドミトリーに入る際に、これから宿泊するだろう観光客とすれ違う。ふと3日前は私たちも同じだったなぁと感慨深くなる。

 

しかし私は、一体どれほど鳳凰に未練タラタラなのか。フラれた元カレか。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123705p:plain

f:id:nekoyamachan:20180323120324p:plain

 

そしてドミトリーに戻ると、時間的に丁度晩御飯の時間だった。受付中に中華の香りが漂い、久しぶりの家庭料理に思わず覗き込んでしまう。

 

そこには女性店長もいらっしゃり、あら早かったのね!と声をかけて下さる。私たちも同時に今までお世話になった旨を、感謝の言葉と一緒にお伝えした。

 

すると近くには食事を済ませた子供たちがおり、遊んで欲しそうにちらちら見ている。やはりどこの国でも、子供たちの食事速度は迅速だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123619p:plain

 

スパイダーマン?

 

そう尋ねても照れてしまい、はにかむ長男。その服、スパイダーマンでしょ?と蜘蛛の真似をしても、ひたすらモジモジ手をこすり合わせている。

 

そして一番下の末っ子は元気が良く、お姉ちゃんはパソコンをバリバリ使いこなしている。きっと最近話題の鳳凰ドミトリー三兄弟とは、彼女たちのことだろう。

 

 

さらにお迎えまでまだ時間もあったため、ここは彼らと遊んでみたい。そう思った私は、彼らのに日本の小銭をプレゼントしようと考えた。

 

少しありきたりな贈り物だが、子供たちにとって異国のお金は嬉しいもの。私も小学校の頃の交換留学生のブラジル人から、レアルを貰った時は狂喜乱舞したものだ。

 

そう考えて彼ら3人の前に、日本のお金を並べてみる。女性店長に、贈り物をしたいんだと告げて。

 

1円、5円、10円、50円、100円、500円…。

 

あぁ、全種類揃っていてホッとした。もし1円玉しかなかったら、とんだ赤っ恥だ。

 

そして一番末っ子にどれでも好きなの取って良いよ!と、手招きしてみた。するとその瞬間、彼はあっという間に5円玉を握りしめた。

 

…?

五円玉 (´・ω・)?

 

明らかに500円玉の方が、大きくてお高そうなのに。なぜ彼は5円玉に猪突猛進したのだろう。

 

すると次の瞬間、長男がその5円玉を次男から略奪し始める。すると次男は、やーめーてーよー!的に体をねじって反抗する。

 

おお、戦っている戦ってる。やはりお金は、戦いを生んでしまうのか。(止めなさい)

 

そして次にお姉ちゃんが、100円玉をそっと握りしめる。ただその目は次男の5円玉に釘付けで、かなり5円玉を欲しがっている。

 

なんだなんだ。5円玉、めっちゃ人気じゃないか。

 

彼らにも価値が分かりやすいよう値段の高い順に並べたのに、なぜ君はそんなに人気なのか。もしかしてシンプルに、金ピカだからなのか。

 

私はお財布から5円玉をもう二枚取り出し、お姉ちゃんとお兄ちゃんにも差し上げた。すると戦いは瞬時に収まり、皆がニコニコ5円玉を眺めている。

 

そして彼らにありがとう!とお礼を言われ、同時にご家族の方も集まってくる。彼らはいいもの貰ったね!と子供の頭を撫でながら、私たちに強くお礼を言ってくれた。

 

ちなみにこの時、次男は10円玉を持ち逃げしようとしていた。おおこやつ、なかなか欲望に純粋だな。

 

そして私の目線に気が付くと、他のも欲しい…とアピールをしてきたので、彼の手に残りの硬貨を入れておいた。是非、大切な宝物にして欲しい。

 

そしてドミトリーの方々も食事を終え、私たちに話しかけてくれる。日本では一体、どな生活をしているのだ。

 

 

出発まで、あと40分。時間が経つのは、なんて早いのだろう。

 

私たちは少しの間、彼らとの交流を楽しんだ。その時間は大変楽しく、強い記憶に残るものだった。

 

中国旅行記23に続く~ 

 

第1~6話までの旅行記(平遥古城編)は、一気に読める電子書籍でいかがですか!またキンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!

 

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!尚、この三月中に大幅に読みやすく楽しく、そんな大規模リライトを実施します!是非読み放題でご覧くださいませ(*^-^*)!