ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記23 初めての超長距離移動と部屋が不安な杯化の寝台列車

f:id:nekoyamachan:20180322123705p:plain

 

鳳凰最終日、夜19時。

 

お迎えの車が来るまでの、あと1時間。私達はお世話になったドミトリーの方々と、日本の話題で盛り上がった。

 

異国の人々が強く持つ、日本人という人種のイメージ。私はそのイメージを「日本人は興味深い」と、書き換えられただろうか。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記。皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

鳳凰とのお別れと寝台列車への出発

f:id:nekoyamachan:20180322123619p:plain

 

日本って知ってる?

 

そんな問いかけに対して、ドミトリーの子供たちはきょとんとしている。何それ美味しいの?とお決まりのボケを交わしそうな、全く理解していない表情だ。

 

数多くの観光客を迎えているこのドミトリーでは、きっと日本人も多く宿泊されただろう。ただそれでもなお、子供達は日本をあまり良く知らないらしい。

 

確かにこの鳳凰は、広大な中国でもかなりの内陸部。最寄りの駅から車で約1時間の立地のため、海外との直接的な接点は少ないのかもしれない。

 

ただ日本でもS級の田舎出身の私は、君たち中国を存じ上げていたぞ。教科書にもバンバン登場したし、ジャッキーチェンの真似をして木から落下したこともある。

 

しかし彼らはあまり日本を知らず、ちょっとだけ知っているといった雰囲気だ。あ、これも食べなきゃ…と、サラダに添えたプチトマト的な立ち位置なのかもしれない。

 

ということはやはり、地球単位で考えるべきなのだろう。子供たちにとって日本とは、小さな島国の一つに過ぎないのか。

 

なるほどなるほど、常に自分たちの目線で物を考えるのは良くないな。自分たちにとっての日本と、彼ら鳳凰の子供たちが持つ日本のイメージは同じわけがないもの。

 

そう考えて彼らをふと見ると、なにやらPCでアニメを見ているようだ。あぁ私は、彼らの貴重な食後のアニメタイムを邪魔してしまっていたのか。これは失敬。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123608p:plain

 

トトロだ。

 

それ日本のアニメじゃない。カンタこっちめっちゃ見てるじゃない。

 

もう食い入るように画面を見つめ、熱心にストーリーを追う子供達。先ほどあげた5円玉は既に主役ではなく、ポケットに封印されてしまった。

 

え!?それ日本のアニメでしょ!?

 

そう告げながらトトロトトロ!と連発するものの、子供たちは何言ってんの?と、不思議な表情のままである。

 

どうやらこの国ではトトロは龍貓(ロンマオ)というらしく、トトロという名前はあまり耳馴染みがないらしい。トトロの真似をして傘を持ち上げるアクションをして、やっと笑ってくれる感じである。

 

なんだ、おじさん安心したよ。日本と鳳凰に繋がりを感じて、なんだか嬉しくなってしまう。誰がおじさんだ。

 

しかし画面のメイちゃんは、映画の中で何度もトトロと連発するだろうに。それでもやっぱりトトロじゃ伝わらないのか。

 

 

そんな話をしていると、ドミトリーの方々が続々周囲に集まってくる。どうやら子供たちにあげた日本の硬貨が珍しいらしく、そのデザインをガン見している。

 

ほうほう。やはりこの国の人々は、硬貨もデザインに注目が集まるのか。流石は芸術に長けたお国柄である。

 

確かに芸大出身の友人とご飯を食べに行った時、料理の盛り方を絶賛していたな。このブロッコリーと卵の色合いがすごくいい!とか、確かそんな感じで。

 

私も母国の硬貨を褒められ、何だか嬉しくなってしまった。そのため次は、日本のお札を取り出して、そのデザインを褒めていただこうと考えた。

 

そしてお札を見せると、一人の男性が、おおおお!!と身を乗り出してくる。ちなみにその興味の対象が、デザインなのかお金自体に対してかは不明である。

 

しかしその男性の興味レベルが、あまりに高い。いいなあこれ!偉そうな人が、透かしで入ってるよ!?と、もう興奮が冷めやらない。

 

 

ただふと考える。彼はもしかして1000という数字に反応しているのではないかと。

 

確かにこの中国で1000元(約17.000円)と言えば、かなりの高額である。そして彼が持つ日本へのイメージは存じ上げないが、もしかしてもっと高額なのでは!?と考えている可能性はないだろうか。(こらっ)

 

しかしその方の雰囲気は、かなり大人しそうである。彼はいつもドミトリーで会うと最初に挨拶をしてくれる、むちゃくちゃに温和で優しい笑顔の持ち主なのだ。

 

そのためきっと彼は純粋に、異国の紙幣デザインに惚れているのだろう。見たこともない異国のお札のデザインを、心底気に入ってくれているに違いない。

 

 

そう考えていると相方もちこが、それ差し上げたら?とアドバイスをくれる。あぁ、確かにこの流れならば、お礼に金銭をあげるという感じではないかもしれない。

 

ただ純粋に、気に入った日本の物を差し上げる感覚で受け取っていただける。それならばお金を差し上げるという、少し受け取りにくい雰囲気も少ないだろう。

 

そう考えてお札を眺める男性に、良かったらどうぞ!と声をかける。すると彼はトトロ並みの巨大な瞳で、猛烈に驚いた。

 

彼:えええ!?い、いいの!?これお金だよね!?1000…エンだよね…!?

 

もちこ:良いんです良いんです!本当にお世話になったし、そんなに高額なものでもないから!

 

彼:い、いやしかし!こんなにも高額なもの受け取れないよ!だって1000…エンでしょ…!?

 

私:いやいや!1000円って60元くらいですから!全然大したことない金額ですから!

 

 

…。

あ。これはあかん。

 

昨日ドミトリーの店長は5元を稼ぐために、あんなにも一生懸命だったのに。60元を大したことない金額と言ってしまう私は、本当にあかん。

 

私は慌ててもちこに言い直してもらい、本当にお世話になったから!とフォローしてもらう。しかしそれでも彼は遠慮がすごく、なんだかこちらも意地になってくる。

 

彼:じ、じゃあ100元払うから!それで貰ってもいいかな!

 

私:い、いや私ちょっと得してますやん!!その100元で、みんなで美味しいもの食べて下さいよ!

 

 

もう背後にダチョウ倶楽部が見えるような、異国間の譲り合いバトル。ただ純粋なプレゼントのはずが、築地のセリみたいになってきた。

 

これはあかん。早くしないと次男が僕も欲しい…とか、言い出しそうな雰囲気である。これは早急に決着をつけないと、帰国後成田から自宅に帰れなくなる危険すら出てきた。(現金残り4000円)

 

そしてそんなこんなで、5分後

 

彼はなんとか1000円札を受け取ってくれた。最後はラップバトルの様にハグを交わし、なかなかに白熱したバトルだった。

 

まさかこんなにも彼らが喜んでくれるとは、思いもしなかった。ただこれほどまでに喜んでくれて、本当に良かった。

 

スポンサー様
 

 

ドミトリーとのお別れと懐化への出発 

 

そしてついに、迎えの自動車が来てしまった。ドミトリーの女性店長が、私たちを呼びに来てくれたのだ。

 

私たちは皆様に深く感謝を申し上げ、そして手を振る子供たちに手を振り返した。再見(サイチェン)!と言ってはみたものの、きっと次に会えるのは十年近く先になるだろう。

 

その時、子供たちはまだ5円玉を持っていてくれるだろうか。私も彼らも結構な年齢になっていることだし、次はジャパニーズSAKEでも飲み交わそう。

 

久しぶりに担ぐ20キロのリュックはとても重く、久しぶりにバックパッカー感が溢れてくる。じゃあ今度こそ、次の目的地に出発だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123611p:plain

 

真っ暗でもわざわざ見送ってくださる、女性店長また来てね!と繰り返すその笑顔は、涙腺が緩みそうになる。

 

教科書のようにどこまでも手を振ってくれ、段々とその姿が小さくなる。あぁ本当に、心から楽しい3日間だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123616p:plain

 

川沿いに負けぬ、鳳凰の煌びやかな中心部。まるでクラブの中にいるように、あらゆる建物がライトアップされている。

 

全てが美しい街、中国で一番美しい街。そんな期待に負けないよう、この街もまたいつまでも美しく変化していくのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123620p:plain

 

そして車は今宵の出発地点の懐化駅を目指す。久しぶりの電車移動だが、本日はこの旅における最長距離である。

 

走行時間、約14時間。移動距離、約1269㎞

何度寝してもOKだろう、半日を越える移動時間。これは何ともバックパッカーらしくなってきた。

 

そして使用するのは、もちろん寝台列車。今までの新幹線とは一味違う、集団部屋での大移動だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180322123624p:plain

 

そして猛スピードの車に揺られること、約1時間。私たちはあっという間に懐化駅に到着した。

 

運転手さんに代金(1人50元:約850円)をお渡しし、大きなリュックを背負い込む。するとまた入り口から駅構内までは、蜃気楼ができるほどの距離があった。

 

そして同時にこの旅の歩き辛さを思い出し、思わずもちこの捻挫を確認してしまう。ただ上からかかる重みの変化は、彼女の捻挫には影響ないようだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111556p:plain

 

すると懐化駅の近くに、大きなコンビニ的なお店を発見する。ひときわ輝くこのお店は、どうやらご飯を調達する最後の場所になりそうだ。

 

私は重そうなもちこの荷物を預かり、彼女にお買い物をお願いする。何か美味しそうな晩御飯ね!と告げたら、彼女はあいよ!とスタスタ店内に入っていった。

 

そして懐化駅の明かりを見つめながら、待つこと約5分。もちこが今宵の旅のお供を小脇に抱え、店内から現れた。

 

まだ出発まで時間もあるため、駅の構内で是非お披露目会を実施しよう。久しぶりにジャンクなお菓子も食べたいし、何だか楽しくなってきた。

 

しかし相方もちこをふと見ると、なにやら違和感を感じてしまう。それは右手の買い物袋に入れられていない、謎のお菓子だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111600p:plain

 

それなに?(;´・ω・)

 

なぜか左腕に引っ掛かけられた、カラフルな謎お菓子。まるで太ったイギリスの少年が好みそうな、ビビットなカラーリングだ。

 

なんでそんなところに、お菓子あるの?というか、そんなの買ったの?

 

聞かれたもちこも一瞬訳が分からず、(´・ω・)ナニコレ?的な表情をする。どうやら買い物の時に手に取って眺め、そのまま忘れて腕に引っ掛けていたようだ。

 

ま、万引きじゃん!

 

慌てて尋ねると、もちこもその100倍慌てだす。や、やばい!強制送還される!と猛烈に心拍数が高くなっている。

 

本気で気が付かなかったらしく、レジでも左手に引っかけたまま。その姿があまりにナチュラルだったため、レジの男性店員も全くツッコまなかったらしい。

 

やばいやばい。不可抗力とはいえ、それは完全に犯罪だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327113803p:plain

 

もちこは慌ててスーパーに舞い戻り、レジの方に猛烈に謝罪している。すると遠目から見ても笑われているらしく、どうやら怒っていないようだ。

 

助かった…。お優しい方で、本当に良かった。

 

あの可愛らしいお菓子の窃盗罪で、中国警察にしょっぴかれるところだった。この旅がそんな終わり方だったら、まさに末代までの恥である。

 

f:id:nekoyamachan:20180327114052p:plain

 

そして気を取り直し、再度本日の駅へと歩き出す。入り口も巨大な懐化駅は、まさにビックステーションと呼ぶにふさわしい雰囲気だ。

 

しかしなんだか空港みたいだ。こんなに天井が高いのには、何か理由があるのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180327114319p:plain

 

そして駅ではいつものボディチェックが実施され、先ほどのお菓子も全て調べられる。

さらに台の上でくるっと回され、ナイフや拳銃は持ってるか?と尋ねられる。

 

しかし言語の分からない私は、思わずうんうん!と頷いてしまう癖がある。それは癖というか、言語力の低さゆえの不可抗力のリアクションだった。

 

ただナイフや拳銃は持ってるか?と聞かれてうんうん!と頷けば、とてもやばい。あっという間に私は拘束され、怖い部屋で怖い人に怒られるに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111621p:plain

 

そして厳重なボディチェックとX線荷物検査を受け、巨大な駅構内に雪崩れ込む。するとそこは沢山の人で溢れかえり、さながら一つの宿泊場のような雰囲気だった。

 

多くの方々がトランクや荷物を抱え、少し眠そうな顔で椅子に座っている。さらに椅子を3個確保し、まるで自宅のソファー並みにリラックマされている方も少なくない。

 

そして同時に人々の多くが、平均3個のカップラーメンを小脇に抱えている。ここに来てこの国のカップラーメン消費量に、驚きを隠せない。

 

確かに中国のインスタントラーメンは、1個5元程度(約85円)と非常にお安い。そのため旅のお供にも最適であり、無くてはならない逸品なのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111641p:plain

 

さらに駅構内にも巨大な売店が用意されており、そこにも多数のカップラーメン系が確保されている。いわゆる駅弁の代わりなのだろう、その豊富な種類にも思わず目移りしてしまう。

 

そういえば相方もちこも、先ほど旅のお供を購入してくれていた。体が傾きそうなほどに巨大な買い物袋も、先ほどからすごく気になっていたのだ。

 

まだ出発まで約2時間もあるため、是非その中身を拝見させていただきたい。さらに寝台列車の出発までに、様々な準備を済ませておかなければならないのだ。

 

それは食事・歯磨き・着替えなどなど。

 

これらは寝台列車に乗り込む前に終わらせる必要があり、出発後はすぐに寝れる準備が必要である。そのためこの2時間で、できるだけ寝る準備を整えておく必要がある。

 

 

というのも今回の寝台列車には、少し特徴がある。それは個室でありながら、他の人々と一夜を共にするという、個室の共同使用という性質だ。

 

まず今回私たちが利用する寝台列車は、4人ワンセットの小規模個室。二段ベット×2個で構成された、かなりぎゅうぎゅうの密集空間である。

 

そしてその部屋を4人で共同使用するため、当然着替えや歯磨きなどもその場所で実施する。つまり小さな共同空間の中でゴソゴソゴソゴソ、あらゆる行動を共にすることになる。

 

そのためできれば、他の方々に迷惑を掛けない配慮が必要になる。もし既に乗車されている方がいらっしゃれば、先に眠られている可能性もある。

 

すやすや眠る方の隣で、私のUNIQLOのウルトラダウンがシャカシャカ鳴るのも申し訳ない。さらにもちこにいたっては女性のため、着替えやメイク落としなども先にする必要があるだろう。

 

 

加えて既に寝台列車経験者であるもちこは、一つの懸念材料を抱いていた。それは先に入った人が鍵をかけて爆睡している可能性である。

 

これは実のところ、かなり深刻かつ高頻度で起きる問題らしい。つまり同室の方が前の駅から乗っており、部屋に鍵をかけて熟睡している場合である。

 

もしそうなってしまった場合、寝台列車の特徴的に外から鍵は開けられない。さらに中の方が超深い眠りに入っていた場合、外からの声掛けが中の人に届かない場合があるらしい。

 

つまり先に乗っている方が、中から鍵をかけて寝ちゃってる可能性があるということ。そしてさらにその人が熟睡していたら、外から開けられず中に入れないということ。

 

 

そんなバカな。

 

まさかそんなアナログな問題が、この平成の世にあるのだろうか。 もし本当にそうだとしたら、私たちは廊下で寝なければならなくなるだろう。

 

しかしもちこにう、嘘でしょ?と確認しても、いやいや本当だから!と切り返されてしまう。実際彼女はその現場を目撃したらしく、かなりの修羅場が展開されていたとのこと。

 

部屋に入れない締め出しを食らった乗客が、扉に向かって開けろ!と叫けぶ。しかし防音使用の扉の中に声は届かず、中の乗客は継続してスヤスヤ眠る。

 

挙句の果てには皆で合わせて扉を蹴り始める。どかどかすさまじい音が響き渡り、廊下には鍵あけんかい!と、怒号が飛び交っていたらしい。

 

 

こわい。なんて世紀末なんだろう。

 

もし隣の個室でそんな事件が起きていたら、健やかな睡眠など夢のまた夢。きっとその怒号が気になってしまい、一睡もできないに違いない。

 

ただこの問題に関しては、運任せとしか言いようがない。先に乗った乗客が鍵を掛けて眠っていないことを、ただひたすら祈るのみだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111603p:plain

 

そんな怪談話をもちことしながら、せっせと服を着替える。同時に駅構内の洗面台をお借りして、洗髪・洗顔も実施する。

 

すると洗面台では他の乗客達も髪を洗っており、何だか部活の合宿みたいですごく楽しい。トイレで全裸で着替えている猛者も、きっと寝台列車にワクワクなのだろう。

 

スポンサー様
 

 

寝台列車の美味しいお供

 

そして心身共にサッパリしたところで、今夜のご飯もチェックしよう。計14時間もの長旅だからこそ、食糧もたっぷり確保しておかなければならない。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111618p:plain
f:id:nekoyamachan:20180327111614p:plain

 

まずはみんな大好き、カップラーメン。一つは無難な高菜系ラーメンを選択し、もう一つは少しやんちゃな激辛焼きそば系をチョイスした。

 

以前平遥古城で失敗したこちらのラーメンだが、今回ばかりは成功するはずだ。というのも周囲の人々の行動から、その正しい作り方を目で盗ませていただいたのだ。

 

そしてその方法は、明日の朝食でのお楽しみ。しかし朝からカップラーメンを食べて良いとは、大学生以来の経験だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111631p:plain
f:id:nekoyamachan:20180327111638p:plain

 

そして次は見た目にも甘い、こちらのチャイニーズぜんざい。こちらは一缶約8元(約136円)という安心価格に惹かれ、思わずカゴに入れてくれたらしい。

 

その場で我慢できずに開封したものの、なかなかに特徴的なお味である。甘いというか苦いというか…該当する形容詞が見当たらない味わいだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111607p:plain
f:id:nekoyamachan:20180327111628p:plain

 

そしてお次は、胡瓜のポテチ。こちらもアマゾンの配送並みの過剰包装で、中に20枚ほどが申し訳なさそうに詰め込まれている。

 

しかしその味わいは最高に美味しく、実はこの旅でも見かける度に買ってしまう逸品になった。

 

甘さの中に仄かな苦みが走り、塩気とのマッチングも最高。胡瓜味ポテチとは初対面だったが、間違いなく日本に帰ったらAMAZONでポチる逸品だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111610p:plain

 

そして最後にスーパーでもちこがパ〇リそうになった、こちらのお菓子。まるでお婆ちゃんが一人暮らしの孫に送ってくれそうな、可愛らしいビジュアルだ。

 

ただきっと、個人的には絶対買わない類である。もしもちこが選んでくれなければ、このお菓子とは永遠に出会わなかったに違いない。

 

では折角なので、そのお味も確認しておこう。もしかしたら私の大好物が、また一つ増えるかもしれない。

 

食わず嫌いって、良くないもんね。

 

f:id:nekoyamachan:20180327111624p:plain

 

うん、まずい。

 

もう袋を開けた瞬間の香りで、実は分かっていた。これが成人男性が喜ぶ味ではないことに。

 

ネットリというより、ねっちょり。甘いというより、粘い。申し訳ないが何度想像しても、完食しているビジョンが思い浮かばない。

 

しかし折角、危険を冒してまで購入させていただいたお菓子である。先ほどの独特なぜんざいと一緒に、一気に胃袋に流し込んでしまおう。

 

もしかしたら意外と美味しくなるかもしれないし、糖分で満腹感も出てくるだろう。そう思って食べ尽くすと、ただただ猛烈な胃もたれに襲われてしまった。

 

 

ただそんな凹みも、全く問題ない。何故ならついに、念願の寝台列車だもの。

 

やっと待ちに待った、本物のバックパッカーらしい移動手段。しかし初めての深夜特急を、まさか中国で経験するとは思わなかった。

 

ただもし個室に先に入った方が、中から鍵をかけていたらどうしよう。そしてもし耳栓をしたまま熟睡していたら、私たちの存在に気が付いてくれるのだろうか…。

 

もしそうだったとしたら、私たちも扉をガンガン蹴らなければならない。中から入れ墨だらけの、怖そうなおじさんが出てくることに怯えながら。

 

おお、怖い。なんと刺激的な不安なのだろう。

 

お菓子の糖分でテンションが高くなり、そんな想像が猛烈に楽しくなってくる。むしろそうあって欲しいと願う程、初めての寝台列車への想いは膨らむ一方だった。

 

 

中国旅行記24に続く~ 

 

第1~6話までの旅行記(平遥古城編)は、一気に読める電子書籍でいかがですか!またキンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!

 

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!尚、この三月中に大幅に読みやすく楽しく、そんな大規模リライトを実施します!是非読み放題でご覧くださいませ(*^-^*)!