ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記24 蹴りに怯える杯化の寝台列車とカップラーメンの真実

f:id:nekoyamachan:20180402111929p:plain

 

お菓子で満腹。

 

社会人になってから、そんな感覚は忘れていた。ただ待ち時間でのお喋りは、凄まじいお菓子を必要とした。

 

未知のお菓子を手に取り、その魅惑の味わいをお互いに発表する。そんな楽しい時間を過ごしていると、あっという間に寝台列車の出発時間になった。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記。皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

寝台列車の出発と中国蹴り事情

f:id:nekoyamachan:20180402111909p:plain

 

23時54分。

 

深夜の謎のテンションタイムに差し掛かった時、寝台列車がホームに到着した。アナウンスと共に、人々も眠そうに目をこすりながら大移動を始める。

 

ただ私たちを含め、皆の体からワクワクが滲み出している。確かに14時間もの寝台列車なんて、テンション激上げBEST5に入る特大イベントだ。

 

うんうんその気持ち、本当に良く分かるよ。もし私が小学校低学年なら、きっと父親に叱られるほど走り回っていたと思うよ。

 

周りの人々の声も一オクターブ高く、カップルたちも大変楽しそうだ。間違いなくこの深夜のテンションタイムが、私たちの笑いを加速させている。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111912p:plain

 

そして全ての荷物を持ちながら、どんどん進む。するとホームは駅構内と違って少し肌寒く、早く寝台列車に入りたいと足早になる。

 

同時にカメラもぶれまくり、何を撮っているのか分からない写真だらけだ。どうやらスマホの連射機能で、前の方を140枚ほど激写していたらしい。

 

f:id:nekoyamachan:20180402114018p:plain
f:id:nekoyamachan:20180402114030p:plain

 

あぁ、これか!!

 

本日の主役を見つけた瞬間、思わず大声になってしまう、これが長年憧れた、中国の寝台列車なのか。

 

その名前は、Z288。間違いなく電車の名前ではないと分かっているけれど、このZ288が本日のドミトリーだ。

 

そうと分かったら、まずはチェックインをしなければならない。受付の女性に予約番号を伝え、本日のお部屋のカギを受け取ろう。

 

うんうん、なんだか本格的にバックパッカーらしくなってきた。ここはひとつ外人らしく、片言の英語で受付をしてみよう。(ご迷惑だからダメ)

 

f:id:nekoyamachan:20180402114025p:plain
f:id:nekoyamachan:20180402114036p:plain

 

もちろん入り口には多数の列ができていたため、大人しく相方もちこにお願いする。私の片言過ぎる中国語では、もしかして貨物室に通されちゃうかもしれないから。

 

駅員さんは大変優しく、そして迅速に受付を終わらせてくれる。そして良い旅を!的に伝えてくれ、じゃあ行ってくるね!と寝台列車に入場した。

 

ちなみに寝台列車のお値段は一人484元(約8.228円)。今までのドミトリーで最も高額だが、個人的には宿泊も可能なディズニーランドにきた気分だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111928p:plain

 

そしてこちらが、乗車券。駅員さんに一人二枚のカードを渡され、無くさないでね!と告げられる。

 

本日のお部屋番号も記載されている、まるでルームキーのような形状。ただ部屋は中から鍵を掛けるタイプであり、このカードを使って入るわけではない。

 

自分たちの部屋を見つけ、そして中に入るだけ。あくまでこの乗車券は、乗客であることの確認に使用するらしい。

 

 

ただここまでは、何も問題ない。ここからが緊張の瞬間なのだ。

 

見知らぬ4人で個室を共同利用する、今回の寝台列車。今までのドミトリーと違い、私達だけで占領できる完全個室とはワケが違う。

 

もし既に同室の人が乗車しており、そしてお疲れで爆睡していたら。さらにその際に中から鍵を掛け、そして極めて深い眠りに落ちていたら。

 

きっと防音加工の施された扉の外から、いくら呼び掛けても声は届かないだろう。もしそうなってしまった場合には、一晩中部屋に入れない恐れがある。

※実際にそのケースもあるらしく、別室があてがわれる可能性もアリ

 

f:id:nekoyamachan:20180402111917p:plain

 

ではいざ、答え合わせに出発だ。無事に部屋に入れますように。

 

まずは通路を通りやすいよう、荷物を中と前にぎゅっと抱える。外敵から身を守るコノハズクの如く、体幅を細く細く変化させる。

 

そして通路をツツツーと移動し、今宵の部屋を散策する。ただ寝台列車の車内は非常に広く、なかなか部屋が見当たらない。

 

さらにどの部屋も同じような形のため、乗車券を元に散策する。全ての部屋番号を調べるその作業は、新幹線の座席探しとそっくりだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111932p:plain

 

ここかな?

 

そんなコボケを挟みたくなる、綺麗なお手洗い。さすがに市内の公衆トイレの様に、外から丸見え!という感じではないようだ。

 

これなら寝ぼけて突撃しても、相席する可能性もないだろう。しかしその排出音は、新幹線と同様にかなりの爆音だ。(外まで聞こえてくる)

 

f:id:nekoyamachan:20180402111921p:plain

 

んじゃここが、私の部屋かな?

 

ちょっとボケるにも無理がある、こちらは給湯場所。朝の珈琲やカップラーメンを食べる際、きっとお世話になるだろう。

 

私たちの朝ご飯もカップラーメンのため、きっとパジャマ姿でお邪魔することになるだろう。しかしみんなきっと利用するだろうから、湯が切れる可能性もあるかもしれない。

 

そしてそんな二回の小ボケを挟み、ついに私たちは発見する。乗車券に記載された2号の33と34の連番の部屋を。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111938p:plain
f:id:nekoyamachan:20180402111945p:plain

 

あぁ、なんていい感じなんだろう。

 

その広さは、広すぎることも狭すぎることもない。お子様が最も秘密基地に選びたくなる、完璧にオープンな寝台ベットだ。

 

そしてラッキーなことに、相方もちこと上下のベット。50%でベットが別になる可能性があったが、これなら寝返りでギシギシしても文句を言われない。

 

さらにもちこは女性のため、見知らぬ男性と同じベットなのは流石に嫌らしい。加えて未だ捻挫も完治しておらず、上のベットに登るのも難しいだろう。

 

中国寝台列車のガクブル事変 

 

そしてふと、一つのことに気が付いた。それはずっと危惧していた、同室の相方に関する問題だった。

 

いないのだ。私達以外の乗客が、全員揃っていない。

 

同室には同じ杯化で乗車した一人の方だけ、残りのベットがガラリと空いている。さらにその一人の方もとても優しく、思わぬトラブルに繋がることもなさそうだ。

 

さらにこの杯化駅の出発は23時54分発のため、次の駅から乗ってくるとも考えづらい。つまり危惧されていた同室の方とのトラブルも恐らくなく、快適な一晩が過ごせそうだ。

 

あぁ、何とラッキーなのだろう。バックパッカー的にはトラブルの一つも体験するべきだろうが、平和が良いに決まってる。

 

寝ている間にお財布を取られる危険もなく、平穏無事な14時間が過ごせそうだ。世界仲良くしましょ協会の理事としては、大変嬉しい誤算である。

 

 

しかし。

 

そんな事を考えていると、不意に周囲から怒鳴り声が上がる。猛烈な怒鳴り声と共に、周囲に緊張が走る。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111949p:plain

 

開けろやぁぁ!!!

鍵開けろやぁぁぁ!!!

 

 

でた。

 

これぞ私たちが恐れていた、先に入った人鍵閉め爆睡事件である。まさか本当に、こんな事案が起き得るとは。

 

部屋に入れない総勢4人の男性が、ただひたすら怒鳴りながら、扉を蹴り倒している。そしてその声は、4室離れた私達にもがっつり響いてくる。

 

こわい。めっちゃ怖い。

 

日本語で怒鳴られるなら良いものの、中国語で怒鳴られるのは結構きつい。ただでさえ中国の方は既にお声も大きいのに、さらに蹴りまで併用するのはルール違反だ。

 

自分たちの部屋じゃなくて良かったと、心の底から安堵する。しかし人が乗ってくるのが分かっていて、なぜ部屋に鍵を掛けちゃうのだろう。

 

結局彼らは約5分ほど怒鳴り倒し、中の人が鍵を開けたらしい。そのあとは第二回戦に発展したかどうかは知らないが、周囲も静かになって一安心だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111942p:plain

 

私たちもぼさぼさの髪型で就寝準備を整え、早速眠ることにした。ただベットから流れる光景を、きっと1時間は眺めているだろう。

 

相方もちこも完全にすっぴんのため、それを隠すためにデカめのサングラスをしている。夜にサングラスをする人はなぜだろうと不思議に思っていたが、もしかしてこういう理由だったのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180402111936p:plain

 

そして同室の方が寝る雰囲気になるまで、少しだけ今後の予定をチェックする。明日は何時まで寝ても良く、きっと今夜は一人で夜更かしするだろう。(部屋は真っ暗になる)

 

車窓から流れる夜の光景をただ眺める、そんな経験をずっとしてみたかった。中国の夜の光景を高速で眺め続けられるなんて、なんて最高な時間だろう。

 

そう思いながら、ベットの上段に潜り込む。もちこと違ってWi-Fiのない私は、ただひたすら車窓からの夜景を眺めるとしよう。

 

そんなことを考えながら、約2分

 

私はのび太にも負けない速度で、あっという間に眠りに落ちていた。思い返すと、なんと勿体ないのだろう。

 

寝台列車の朝と美味しい朝ごはん

f:id:nekoyamachan:20180403131152p:plain

 

10月21日朝7時。

 

早起きする必要は全くなかったのだが、隣の洗面台の音で目が冷めた。いつも睡眠が水たまり並みに浅いため、ちょっとした物音で朝が始まってしまう。

 

ただ本日に関しては、起こしてくれた洗面台の方に感謝しよう。その30秒近いうがいのおかげで、寝台列車の貴重な朝を無駄にせずに済みそうだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180403131147p:plain

 

ぼさぼさヘアーのまま通路に出ると、やはりまだ皆はお休み中。昨日ケンカをしていたお部屋の方々も、きっと仲良く夢の中なのだろう。

 

車内には暖房も効いており、外の寒さも関係なし。寝台列車は初めてだったが、大変心地良い眠りだった。

 

ただ、お腹がすいた。昨日はほとんどお菓子とおつまみしか食べておらず、ガツンと一撃お腹に入れたい気分だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180403131155p:plain

 

そんなことを考えながら車内を探索すると、ふと良い香りが漂ってくる。そしてその香りの先には、制服を着た沢山の人々が朝の珈琲をたしなまれている。

 

 

どうやらここは食堂らしく、運転手たちが集まってご飯を食べているらしい。さすがは寝台列車の乗務員、朝7時にも関わらず早起きだ。

 

あぁ、珈琲飲みたいなぁ。そういえばもう20時間近く、珈琲飲んでないなぁ。(カフェイン中毒)

 

f:id:nekoyamachan:20180403131159p:plain

 

彼らは私の気配に気が付くと、何やら全員で話しかけてくる。きっとまだ食堂開いてないんだ!的な事なのだろうが、相変わらず全然理解できない。

 

いやもしかしたら、髪すんごい感じになってるよ!と指摘してくれているのかもしれない。確かに先ほど目覚めた時、壁に頭を押し付けていたから。

 

よく理解できないためバイバイと手を振り、乗車員の方々に挨拶をする。お昼にまた来るかも!と日本語で言いながら。

 

f:id:nekoyamachan:20180403131144p:plain

 

そして洗面台で髪型を確認すると、なるほど、とんでもないヘアースタイルだ。爆弾処理に失敗したような、結構なボンバーヘアーである。

 

これはさすがにもちこが起きる前に、整えた方が良いだろう。寝起きでこんなチャッキー※のような髪型の相方になど、絶対会いたくないはずだ。※映画チャイルドプレイ

 

f:id:nekoyamachan:20180404145659p:plain

 

ついでに歯磨きをしながら、車窓の外の光景を眺める。早朝の中国を眺めながらの歯磨きは、大変乙である。

 

いつも馴染みのあるミント味の歯磨き粉も、なんだか爽快だ。いやぁ、しかしよく寝た。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145720p:plain

 

そして個室に戻ると、もちこも目を覚ましていた。どうやら眩しい朝日で、素敵な目覚めが経験できたようだ。

 

ただその雰囲気には少しおばちゃん感が漂っており、なんだか2歳ほど老けた気がする。そんなブラックジョークを彼女に告げると、私もそう思うとご共感頂いた。

 

そして二人とも目覚めたところで、朝ご飯のお時間だ。昨日はお菓子系の食べ物しか口にしておらず、ここはガツンと食事を取ろう。

 

そう考えて早速、袋からガサゴソアレを取りだした。それはこの旅の二日目で惨敗した、何とも扱いが難しい逸品である。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145702p:plain

 

カップラーメン。

 

世界で一番簡単だと言われる、この超便利ごはん。これを難しいという私は、将来大丈夫だろうか。

 

いやいや実は、この中国のカップラーメンには少しコツが必要なのだ。そしてそのコツを知らなかった旅の二日目の私は、激カタ麺を食べるはめになってしまった。

 

そのコツとは、言わずともなが時間である。ただ単純に、想像以上に放置することでより美味しい一口に出会えるのだ。

 

 

実はこの事実を知ったのは、完全な偶然。それは新幹線に乗っているとき、隣の男性2二人が計5つのラーメンを召し上がっていた時のことである。

 

くしくもそれは平遥古城でカップラーメンに惜敗した、約2日後の出来事。盛大に失敗した経験から、是非その正しい食べ方を目で盗ませていただこうと考えた。

 

そしてじっと彼らを見ていること、約5分。ついに一人の男性が、新幹線のお湯コーナーに向かっていった。

 

おお、ついに始まるぞ。これから彼は、カップラーメンを召し上がるに違いない。

 

普通に考えたら、全く盛り上がる要素はない。しかし中国の方々が必ずと言っていいほど持参しているカップラーメン、正しく調理すれば美味しいに違いないのだ。

 

そう考えてじっと見ていると、男性がお湯を入れて帰ってきた。そして私はそのタイミングで時計を確認し、その茹で時間をカウントした。

 

1分…2分…3分…。

 

日本の平均カップタイムを超えても、男性はラーメンに手を伸ばさない。それどころか隣の男性からお煎餅を貰い、雑談をしながら炭水化物に夢中である。

 

さらに5分、6分…。

 

男性は未だ、何もアクションを動かさない。それどころか、隣の男性と菓子パンを分け合って食べ始めているではないか。

 

 

長い。さらに、よく食べる。

 

彼は一体、このカップラーメンをいつまで放置するつもりなのか。いやもしかして、これは先祖へのお供え的な、食べないタイプのカップラーメンなのだろうか。

 

いやこの新幹線車内で、突如そんな宗教的なイベントを始めるとも考えづらい。きっと彼は作ったカップラーメンを、忘れているのではないだろうか。

 

うんうん、ラーメンあるあるだよね。そして伸び伸びになったカップラーメンも、意外と美味しいよね。

 

そんなことを考えていると、なにやら彼の隣の男性がカップラーメンを指さしている。どうやらもうそれ良いんじゃない?的な感じで、その方に食事を促しているようだ。

 

うんうん、そうだよね。隣にいるとちょっと心配しちゃうくらい、明らかに放置しすぎだよね。

 

 

そう思っていた。

 

しかし彼はそのアドバイスに対して、首を横に振る。さらに蓋の上におにぎりを乗せ、更なる放置タイムに突撃するご様子だ。

 

まじか。もう手元の時計では、8分近く経過しているぞ。こんなにカップラーメンを放置する男性を、私は過去に存じ上げないぞ。

 

しかもさらにポケットから、おにぎりを出してくるとは。いったいどれほど食べ物を隠し持っていらっしゃるのか。

 

 

そして約10分後

 

彼は満を持して、ベリリと表面をめくり始めた。そして大変恍惚とした表情で、10分間放置したカップラーメンを食べ始める。

 

何とも美味しそうな香り、そして心地良いすすりサウンド。これこぞ、正しいカップラーメンの味を楽しんでいる時の表情だ。

 

しかし、10分間とは。私が当初想定していた3分間を、3倍以上も超える時間である。

 

この全てが早い高速の国が、10分間も待つラーメンを開発するだろうか?いやもしかしたら、彼が超伸びたラーメンが好きな方なのだろうか。

 

もしそうだとしたら、10分は放置し過ぎである。しかし3分で激カタだったことは経験済みのため、ここは間を取って…。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145646p:plain

 

7分でいくか。

 

そう考えて袋にフォークをぷすりと刺し、しっかり蓋を固定する。さらに今から7分待ちます!ともちこに宣言し、寝ぼけてんのか?という表情を頂戴する。 

 

確かに彼女にとっての茹で時間は、恐らく3分なのだろう。しかし多くの経験と屍を乗り越えてきた私には、7分以外の回答は見当たらない。

 

本来とんこつラーメンでもバリ硬一択の私にとって、3分以上は未知の世界。しかしその世界を超えてこそ、見えてくる美味しさがあると思うんだ。

 

そんな希望を込めて、同時に新幹線のラーメン男性を信じて。待つこと約7分、ついに答え合わせのお時間である。

 

f:id:nekoyamachan:20180405124357p:plain

 

最高である。

 

少し柔らかいものの、スープとの絡み合いが半端ない。平遥古城で作ったラーメンとは、明らかに異なる美味しさだ。

 

勿論久しぶりに食べるから、やたら美味しく感じたという可能性もある。しかしながら中国カップラーメンの一つの答えとして、7分放置を提案させていただきたい。

 

ただいくらビックカップサイズとはいえ、相方もちこと分け合うとごく僅か。朝ごはんとしては全く足りないため、次の逸品を出撃させよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145709p:plain
f:id:nekoyamachan:20180404145713p:plain

 

それがこちらの激辛風焼きそば

 

その最大の特徴は、内部に割りばしが付属していること。これであの店員さん、お箸入れてない!と、コンビニとの遺恨が生まれることもないだろう。

 

ただその長さは極めて短く、成人男性には少し持ちづらいかもしれない。ただお箸がないからボールペン二本で…といった、緊急回避策より幾分かマシである。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145716p:plain

 

いやぁ、こちらも辛旨い

 

ただぶっちゃけ寝起きに蒙古タンメン食べられる系男子のため、驚くほどの辛さではない。ちょい甘辛系の味付けで、大学時代なら白米をぶち込んで食べたい味付けだ。

 

さらに寝台列車は時折揺れ、思わず目の前の服に麺を飛ばしそうになる。これ系のカラーリングは非常に頑固なため、慎重にすすり上げる技が必要だ。

 

ただこの二つを食べても、いまだ満腹感は訪れない。きっとこの横断旅行で胃袋も拡張され、普段の食事量では満足しないのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145653p:plain
f:id:nekoyamachan:20180404145657p:plain

 

さらにカバンを捜索し、おつまみ的な逸品を発見する。こちらは私が胃腸破壊だった頃、もちこが免税店で購入した韓国のり菓子である。

 

これがもう言葉もいらないほど美味しく、甘辛でパリパリ。仄かに焼きイカの香りが漂い、同室の方にも食欲増進効果をお裾分けしてしまう。

 

しかしこれでさらに空腹感も加速し、もはや手が付けられない。ここは車内販売がいらっしゃったら、問答無用で何か食べ物を購入しよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145701p:plain
f:id:nekoyamachan:20180404145705p:plain

 

旅の残金も、あと僅か。最終日には甚大な散財を予定しているため、まだまだ節約期間は続きそうだ。

 

ここまで多くの時間を共にしてきた貨幣も、あと3日間で使わなくなる。そう考えると、ふと寂しさがこみあげてくる。

 

あと何回、こうやってベットにお金を並べて数えるのだろう。もしかして旅で一番楽しいのは、こういった時間なのかもしれない。

 

 

臭豆腐5回食べられるな。

 

残金を数えながら、ふとそう考えてしまう。どうやら私は、この中国に胃袋を鷲掴みされてしまったらしい。

 

韓国のりを食べながら、臭豆腐のことを考える。なんと食いしん坊な忙しさだろう。

 

異国の味わいが口と脳を占領する、何とも不思議な感覚。そんな感覚に、もっと触れていたいと感じた時間だった。

 

中国旅行記25に続く~ 

 

第1~6話までの旅行記(平遥古城編)は、一気に読める電子書籍でいかがですか!またキンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!

 

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!是非読み放題でご覧くださいませ(*^-^*)!