ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記25 寝台列車の笑顔の果物売りと、紹興の懐かしき街並み

f:id:nekoyamachan:20180404145724p:plain

 

14時間揺られる。

 

通勤電車では眠くなる振動も、寝台列車の場合は目が覚める。車窓から流れる街並みを眺めている、それだけで旅の記憶が増えるから。

 

杯化を出発して、約10時間。次の紹興に到着するまで、もう4時間しか揺られられないのか。

 

これは遅めの夏休みを使った、2週間の中国旅行記。皆様に少しでもお楽しみいただければ、最高に幸せです!

 

前回までの旅行記はこちら

 

 

スポンサー様
 

 

寝台列車の朝ごはんと紹興の街並み

f:id:nekoyamachan:20180404145701p:plain

 

残金これだけ。

 

あんなに束だったお札も、残すところあと僅か。ただ実際は殆ど10元札で両替していたため、それほど総額は多くない。

 

しかしお札が少なくなると、なんだか寂しくなってくる。ここは次の紹興に到着したら、少しお金を下ろす必要がありそうだ。

 

ただ最終日の上海では、きっとハイクラスな散財ナイトを送るだろう。そう考えると、本日も少し節約に意識を向けるべきでかもしれない。

 

にもかかわらず、私たちは健康的に腹ペコだ。折角の寝台列車なのだから、朝見かけた食堂にでも繰り出そうか。

 

そう考えていると、ふと部屋の入り口に気配を感じる。もしかして乗車券のチェックだろうか?

 

f:id:nekoyamachan:20180404145727p:plain

 

すると部屋の入り口には、何かのカートを押している方が。そして室内の私たちに向かって、選手宣誓の様に元気良く挨拶をする。

 

朝ごはん、食べたかいっ!?

 

そんな中国語と共に、彼は手招きする。するとその手が押すカートには、多数の魅力的な食べ物が積み込まれていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145731p:plain

 

果物売りだ。

 

カートぎっしりに積み込まれた、パッケージを突き破って甘く薫るチャイナフルーツたち。しかも一つ10元(約170円)と、最高にお安い。

 

あぁ、何と救世主なのだろう。寝台列車の朝ごはんといえば、確かに甘い果物一択と言える。

 

好きなの取りなよ!と彼に促され、思わず美味しそうな果物に手を伸ばす。写真も撮りつつ果物にも手を出す、こんな欲張りな構図が許されるのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145737p:plain

 

どんな果物なのかは不明だが、とりあえずこの緑の子に心を奪われる。大小5つも入っているのに170円とは、ぼったくる気がないにも程がある。

 

おやすい。今なら30元でも、全然買ってしまう。

 

何故ならこの閉鎖空間には、他に自動販売機などはないのだもの。食堂かこの果物か、私たちの空腹を満たすものは二択しかないのだ。

 

地元のゴルフ場の自動販売機は、ジュース1本320円だったのに。今なら高額でも買うよ!というタイミングを、この中国はことごとく見逃している気がする。

 

 

しかしそんな事よりも、先ほどから一つ気になる。それは私たちに明るく話しかけてくれる、この男性である。

 

とにかく明るいのだ。

 

LEDかな?と思うほど、抜群に明るく話しかけてくれるのだ。ある意味果物より気になってしまう彼の笑顔が、もう笑ってしまうほど艶やかなのだ。

 

なぜこれほど明るいのか。もし果物を売りたいだけのビジネススマイルなら、その目的を達成した今、真顔になってもおかしくないのに。

 

もう果物よりも、この男性の明るさが気になって仕方がない。私は満を持して写真撮っていい?SNSとかに乗せたいんだけど?と、尋ねてみる。

 

すると彼は全然いいよ!と、私たちに満面の笑顔を披露してくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145654p:plain

 

笑顔すぎる。

 

こんなに100点の笑顔が、今までにあっただろうか。もうその目じりの柔らかさは、彼のこれまでの笑顔人生を物語っているようだ。

 

もう今春のプラダの広告は、この男性で行くべきだ。きっとこの世界一の笑顔に、世界中の人々が癒されるだろう。

 

なんて素敵な笑顔なんだ!と彼に告げると、嬉しそうにお金を数える。間違いなくこの笑顔は、手に持ったお金に向けられたものではないはずだ。

 

きっと大好きな果物が売れて、とても嬉しいのだろう。きっと常連からはクダモノさんと呼ばれ、親しまれているに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180404145645p:plain

 

そしてこのクダモノさんの果物が、もう最高に美味しい。まるで食べられるために生まれてきたような、種も見当たらないジューシーな果汁が特徴だ。

 

もしこれを齧りながら右手に紙袋を抱え、オシャレな街並みを歩いたら。一体、どれほどイケてしまうのだろう。

 

きっと自分の想像よりイケてはないだろうが、それでも美味しい。5個もあったにも関わらず、瞬時に食べ尽くしてしまう。

 

日本ではあまり果物を食べる機会はないが、この中国の果物レベルは非常に高い。確かにこれほどお安く豊富な種類があるのだから、思わず太ってしまうのも納得だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121351p:plain

 

そんなクダモノさんの林檎をシャリシャリしていると、不意に車内にアナウンスが鳴り響く。どうやら目的地の紹興まで、あと少しで到着するらしい。

 

車窓からもそれらしい街並みが見え、新しい街にテンションも高くなる。そしてこの紹興は大都会ではないが、そのコントラストは必見らしい。

 

そしてその必見のコントラストとは、過去と現代

 

歴史ある紹興の街並みに被せるように、現代の高層ビルがそびえたつ。その表現の及ばない美の対象が、街を流れる運河に最高に映えるらしい。

 

つまり昔の光景今の光景、その美しい組み合わせが堪らないとのこと。そしてその光景が過去から通行手段として使われる河川に、パズルピースの様にピタッとハマる。

 

ただここは、あくまで上海への通過点。半日しかいられない場所のため、どこまでこの街の美しさを堪能できるか、とても楽しみだ。

 

近代の美と、過去の美の組み合わせ…。正直全然ピンとこないが、この目で確かめさせていただこう。

 

スポンサー様
 

 

タクシーが難しい大都会紹興

f:id:nekoyamachan:20180409121355p:plain
f:id:nekoyamachan:20180409121400p:plain

 

13時57分。

 

14時間の寝台列車も終わり、ついに最後から二つ目の街紹興に到着した。その駅のホームは驚くほど閑散としており、駅員さんも暇を持て余しながら歩いている。

 

寝台列車の乗客たちもあまり降りてこず、どうやらそこまで超観光地ではないらしい。確かに紹興と言われれば、お酒かな?という程度の前知識しか持っていないもの。

 

さらに観光地独特のこんなのありまっせ!的な看板も近くに見当たらず、少しだけ寂しさを感じる。ただ本場の紹興酒が飲めるなら、それだけでもう最高だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121403p:plain
f:id:nekoyamachan:20180409121407p:plain
f:id:nekoyamachan:20180409121419p:plain

 

しかし外に出ると非常に広大で、学生や観光客がチラホラ見える。道にはゴミも見当たらず、違和感を感じるほどに清潔感のある駅前だ。

 

ただやはりいつも思うのが、駅前が異常に広い。東京メトロの乗り口と比較したら、1000倍くらいの広さの気がする。

 

確かに東京でも、よく中国の方が駅への行き方を迷われている。確かにこの広大さがスタンダードだったら、日本の地下鉄入り口など見つかるはずもない。

 

 

そんなことを考えながら、本日の宿泊先までの通行手段を捜索する。少し歩くには距離があるため、ここは時短を考えてタクシーリンタクを活用しよう。 

 

確かに歩くには遠いが、タクシーを使えば速攻到着するはずだ。ただ少し距離が短いため、運転手さんに断られてしまうかもしれない。

 

f:id:nekoyamachan:20180409124142p:plain

 

そんなことを考えながら、最も安そうなリンタクに声をかける。平遥古城では一度ボッたくられかけたが、そのおかげで怖そうなおじさんでも平気である。

 

運転席でタバコをふかすおじさんに声をかけ、宿泊先を告げてみる。そしてちょっと近いんだけどOK?と、軽くジャブ程度に尋ねてみる。

 

f:id:nekoyamachan:20180409125201p:plain

 

……。

……。

 

(ブーン…)

 

 

行ってしまった。

 

近いからダメ!とかそういう返事すらなく、おじさんは颯爽と走り去る。どうやら私達はおじさんの乗車試験に落ちたらしく、取り残されてしまった。

 

なるほどなるほど。

 

やはりこの国のタクシー運転手さんは、何ともお厳しい。初日から怒鳴られた経験が、大変役に立っている。

 

そもそも日本という国が、異常に丁寧すぎるのかもしれない。相方もちこ曰く、台湾でもヘビークレームの方の大半が、日本人だということだ。

 

私たちは走り去るおじさんの愛車を見送り、そして別のタクシーをゲットした。そしてその運転手にも少し渋られつつ、ねぇお願いっ!!と懇願して宿泊先まで乗せていっていただいた。

 

この国のタクシーは、乗せて貰って同然だと考えない方が良いだろう。きっとその方が効率が良く、さらに強い自分に出会えるかもしれない。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121423p:plain

 

そして到着した本日の宿泊先、紹興錦江之星

 

こちらはビジネスホテルでありながら、1泊1人147元(約2.513円)と格安だ。ドミトリー程安くはないが、素泊まりだけの一晩限りの関係である。

 

入り口もしっかりとしており、桂林のドミトリーとは安心感も違う。ここはきっと、ビジネスマンも使うような、平均的な宿泊場所なのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121405p:plain

 

ただその受付は、もはや都会だ。受付ではパスポートとクレジットカードの提示も促される。

 

さらにセキュリティも万全で、写真を撮る私が逆に撮られてしまう。もし近くで犯罪があったら、寝ぐせビンビンのこの映像も、警察に提出されるのだろう。

 

そして受付では英語も使え、鳳凰とのギャップにドギマギする。日本語どころか英語も久しぶりに耳にし、この旅も終盤なのだなと痛感する。

 

f:id:nekoyamachan:20180409124202p:plain
f:id:nekoyamachan:20180409124158p:plain

 

そして2500円にも関わらず、お部屋もこの通り。もはやバックパッカーとは口が裂けても言えないほど、文明の利器で埋め尽くされている。

 

これはまずい。大変なバックパッキングだったなぁ!と友人にドヤ顔報告する際、この写真は見せられない。

 

ただの観光じゃん!とツッコまれたら、もう頷くしかない。それほど日本のビジネスホテルと変わらない、快適すぎるお部屋である。

 

さらにホテルを一歩出ると、もう言い逃れができない光景を目の当たりにする。もはやここは中国の奥地ではなく、ただの都会だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121440p:plain

 

LOWSONである。

 

NEWSONでもLOWTONでもない、全くパクっていないタイプの正規店。これはこの紹興という街が、いかに発展を遂げているか一目瞭然だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180409124148p:plain

 

もうダメだ。

 

カラアゲくんはないにせよ、美味しそうなレジ横揚げ物に迎えられてしまった。もはやここは日本と変わらない、ただのお洒落な街なのかもしれない。

 

いやまてまて。早急に答えを出しても、何も良くない。

 

この街の素晴らしさは、現代と過去のコントラストだと学んだはずだ。つまり今私が目の当たりにしているのは、この紹興の現代の部分に他ならない。

 

きっとここから、この紹興の過去の部分が攻め込んでくるに違いない。そしてその部分には、自分から向かわないと出会えないはずである。

 

f:id:nekoyamachan:20180409121436p:plain

 

そう考えながら、紹興の街並みを闊歩する。相方もちこも調べながら、この紹興の歴史地区を差捜索する。

 

KFCやスタバに遭遇しながら、中国の歴史部分をガサゴソ探る。やはり私たちが見たいものは大都会ではなく、過去から研鑽された歴史ある中国なのだ。

 

スポンサー様
 

 

全てが美しい鲁迅故里

 

そして少し調べると、もちこがハッと顔を上げる。どうやらここから少し歩いた場所に、美観地区的な場所があるらしい。

 

しかもその場所こそ紹興最大の売りである、歴史と現代のコントラストが光る場所。街の中を流れる河川から、誠に震える光景が望めるらしい。

 

私たちは小走りになり、その美観地区へと駆け付ける。するとそこには、やっぱりこれだよ…と呟いてしまう、歴史溢れる街並みが広がっていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180409124152p:plain

 

鲁迅故里。

 

誰もがそのお名前を拝聴したことがある、魯迅の故郷。その場所へと通ずる、小さな小道だ。

 

高層ビルの陰になることもなく、コンクリートから石畳へと変化する。まるで鳳凰と変わらないその光景は、ただいま!と叫びたくなる懐かしさだ。 

 

あぁ、なんていい感じなのだろう。気を抜くとスクーターに轢かれるこの感覚、久しぶりだ。

 

学校帰りの小学生が、猛ダッシュで私の隣をすり抜ける。きっとこれから遊びに行くだろう彼らは、魯迅と同じ環境で育ったのか。きっと賢くなるね。

 

ちなみに誠にお恥ずかしいのだが、魯迅先生に関してあまり存じ上げない。ロシア文学に影響を受けられた小説家だとは知っているが、私の知識はそのレベルで打ち止めだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123343p:plain

 

あらゆる小道に歴史が練り込まれ、どのルートを歩こうか迷ってしまう。絶対にこっちじゃないと思いながら、小さな小道に迷い込んでみる。

 

当然すぐに行き止まりになり、地元のおばちゃんに挨拶される。あぁ、こういう目的のない散策とは、何と楽しいのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123447p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123443p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123438p:plain

 

どうやらこの小道をずっと行けば、魯迅の生家に辿り着くらしい。道の両サイドにはお土産屋が乱立し、香ばしい香りも漂ってくる。

 

さらに偉人たちの銅像?にも迎えられ、お子様が楽しそうにその作戦会議に参加している。映画なら彼の立ち位置は、きっと電子系ハッカーと言ったところだろうか。

 

そしてふと、小さなお店を発見する。それは気を抜けば見通してしまいそうな、地元のおじさんがOPENしている個人SHOPである。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123354p:plain

 

これは一体、何のお店なのだろう。遠目からでは良く分からず、思わず近づいてしまう。

 

やたら人混みも出来ているし、これは隠れた名店かもしれない。もしかしたら魯迅が生前愛してやまなかった、何か特別なお店なのだろうか。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123347p:plain

 

あめちゃんである。

 

確実に手作りだと思われる、ビニール袋に梱包された綺麗な飴たち。その種類は約4種類であり、思わず手に取って眺めてしまう。

 

お店のおじさんも気さくに声をかけてくれ、ちょっと食べてみない?と試食を勧めてくれる。ハイパーお婆ちゃんっ子の私としては、なんとも懐かしい味わいの逸品だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123358p:plain

 

相方もちこもこの手の飴が大好きなため、リュックに常備したい!と財布を開ける。あぁ確かにこの飴ちゃんなら、筋トレ前の糖分補給にも最適だ。

 

もしお値段もお安ければ、ここは是非とも購入させていただきたい。願わくば一袋15元(約255円)以内ならば、2・3個大人買いしておきたいところである。

 

そう考えて、店主にお値段を確認する。すると柔らかい物腰で、彼は壁に貼られたお値段表を指さした。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123350p:plain

 

小包2元。(約34円)

 

やすい。あまりに安すぎる。一体このおじさんは、どんな企業努力を積まれていらっしゃるのか。

 

もしかして昔、うちは値上げしません!的なことを、大々的に発表しちゃったのだろうか。そしてその結果、今も30年前と同じ価格で売らざる得なくなっちゃった感じだろうか。

 

しかし見る限り、おじさんも大変楽しそうにお仕事をされている。もしかしたら採算度外視で、観光客との交流を楽しまれているのかもしれない。

 

私たちもおじさんのご商売に貢献するため、大きな生姜糖を4つ購入した。(20元:約340円)そのお味は滑らかで優しく、伊勢神宮の生姜糖にも負けない美味しさだった。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123453p:plain

 

そしてその生姜糖を歯に詰まらせながら歩いていると、またも魅惑の香りが漂ってくる。あぁどうやらこの街でも、ヤツを食べる時が来たようだ。

 

クダモノさんの青林檎から何も食べておらず、晩御飯までも少し時間がある。ここはこの街の記憶をより深く刷り込むため、美味しい間食に興じよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123456p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123500p:plain

 

じゅわわ…。パチパチパチ…。

 

あぁこのお店は、香りが最も弱い揚げタイプなのか。個人的にはもはや煮込みオンリータイプでも良かったが、流石は観光地である。

 

観光客が食べやすい揚げタイプの方が、きっとよく売れるのだろう。いやもしかしたら、魯迅が臭いものが苦手だった可能性も否定できない。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123435p:plain

 

臭豆腐とは、なぜこれほど美味しいのか。

 

カリカリタイプで甘味噌を付ける、お菓子感覚のこちらの逸品。悶絶するような陽朔の臭豆腐とは違い、こちらはお子様でもパクパク行けるだろう。

 

ただ臭豆腐マスターのもちことしては、圧倒的に臭みが物足りないらしい。一口ごとにまだまだだね…と、悪者っぽく呟いている。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123611p:plain

 

さらにこちらも名物らしい、トロトロ大根の揚げ物もぱくり。こちらも野菜版蟹クリームコロッケといった感じの、滑らかな舌触りが楽しい逸品だ。

 

野菜の甘みが凝縮され、表面のカリカリ感ともナイスタッグ。臭豆腐と合わせて20元(約340円)だったが、お腹もほんの少し満たされた気分だ。

 

どうやらこの鲁迅故里は、比較的お財布に優しい観光地らしい。すべての価格が想定内で、鳳凰のような仰天価格で殴られることもないだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123615p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123604p:plain

 

そしてその臭豆腐を片手に持ち、鲁迅故里の街並みをぶらりと散策。今日の予定はまるでなく、ただこの街並みをのんびり満喫するだけである。

 

天候もすこぶる快晴で、お散歩神もご機嫌なようだ。そう言えばこの中国横断旅行で、雨に降られたのは一日だけだったかもしれない。

 

ありがとう、お散歩神さま。このご恩はいつかきっと、着払いでお返しするからね。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123555p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123558p:plain

 

そして流石は、歴史的美観地区。木造建築と緑が美しく、その全てが中国伝統の建築美に包まれている。

 

さらに小さな運河には小舟も往来し、その風情を爆発させている。これは何と素晴らしいお散歩コースなのだろう。

 

もしあの小舟で中国民謡の一つでも歌えば、きっと忘れられない思い出になるだろう。この紹興という街、想像以上に最高の歴史景観だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123656p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123715p:plain

 

せり出した巨大な樹木から感じる、その歴史の長さ。きっと幼い魯迅も、あの木から川に飛び込んだりしちゃったのだろう。

 

そして家に帰ってお母さんに怒られたのだろう。そして部屋で泣いていると、大好きなお爺ちゃんがそっとお饅頭でも差し入れてくれたのだろう。

 

お爺ちゃんも魯迅くらいの頃、よく飛び込んだものさ。』そんな励ましを受けて、魯迅は偉大な小説家になったに違いない。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123718p:plain
f:id:nekoyamachan:20180410123700p:plain

 

いやぁ、しかし美しい。この狭い運河と地元住宅のコントラストは、もう言葉を失う程のデザインセンスだ。

 

まるでRPGに出てくる秘境の様に、自然と街並みが融合している。ここで幼少期を迎えていたら、私は天下無敵のかくれんぼマスターになっていただろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180410123703p:plain

 

そして通りにはご年配の方が椅子に座り、にこやかに挨拶をしてくれる。きっと私を日本人だとは思っておらず、中国語でこんにちはと話しかけてくれる。

 

そしてその足元には愛猫がおり、喉をゴロゴロを鳴らしている。なんとも100点な光景に、この紹興という街の素晴らしさを痛感する。

 

 

そして散策をすること、約1時間

 

私たちは遂に、現代と過去が交錯する光景に迎えられる。それはまるで東京の月島から眺める、スカイツリーと古き街並みのコラボのようだ。

 

思わぬ美しさに迎えてくれた、魯迅の故郷である紹興の街並み。この街のお楽しみは、まだまだこれからだ。

 

それはいわゆる、最高の酒飲み紹興酒のメッカであるこの紹興で、私たちはへべれけになる義務がある。

 

そしてそこで出会った中国人たちは、いつまでも記憶に残った。それはこの国の素晴らしさを、何度も反芻する瞬間だった。

 

中国旅行記26に続く~ 

  

第1~6話までの旅行記(平遥古城編)と第7~12話(陽朔・桂林編)は、一気に読める電子書籍でいかがですか!またキンドル読み放題にも完全対応しておりますので、お時間のあります際にでも、ご覧いただければ幸いです!

 

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!是非読み放題でご覧くださいませ(*^-^*)!