ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記最終話 旅の終わりのハロウィン上海ディズニーランド

f:id:nekoyamachan:20180517140959p:plain

 

中国バックパッカー、最終日

 

いつもの日々に戻る、旅と日常の境目の一日。二週間の中国横断も、今日でラストなのか。

そう思うと突如沸きだす、圧倒的なモチベーション。今日一日をどれだけ楽しめるか、それだけが本日のお仕事である。

  

 

 

スポンサー様
 

 

旅の終わりの上海ディズニーランド

f:id:nekoyamachan:20180514123122p:plain

 

10月24日。

 

窓から差し込む過去最大の眩しい光で、思わぬ早朝に目を覚ます。街を見下ろしても人はあまりおらず、最高に心地良い快晴のお天気だ。

 

遂に最終日を迎えた、中国のバックパッカー。ラストの本日は、あの夢の国にお邪魔するだけのハイテンションな一日である。

 

夢の国の名前は、上海ディズニーランド。まだ開園から一年と三か月、新品ピカピカの楽園だ。

 

週末は沢山の人々で溢れかえるだろうこの場所も、火曜日である本日ならどうかな。もしかしたら結構ガラガラで、乗り放題かもしれないね?

 

そんなことをもちこに話すと、一瞬で切り落とされる。ディズニーなめんなと。

 

どうやら週末ディズニーとは、私の想像を遥かに超える混雑っぷりらしい。さらに新しい上海ディズニーになれば、どれだけ足の踏み場がないかガクブルとのこと。

 

ディズニーは日本だけ。

 

そんな投石されそうな予備知識しかない私には、なぜ朝6時に起きるのか極めて不思議。ただ無茶苦茶早く行った方がいいから!と、相方もちこの助言を鵜呑みにするしかない。

 

ただ旅の最終日に早く起きるのは、もちろん大賛成。残された24時間を、すこぶる楽しむ所存である。

 

早速ごそごそシャワーを浴び、朝ご飯に出陣しよう。どうやら朝は念願のビュッフェを頂けるらしく、朝から大変にご機嫌である。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123126p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123130p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123133p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123137p:plain

 

これ全部食べて良いんだって…。

 

朝ご飯会場に向かうと、その取り揃えに思わずため息が出る。ずっと10元で朝を済ませてきた私達に、このビュッフェは犯罪的だ。

 

そういえばホテルとは、本来こうだった。ソーセージを嫌がられるほど山盛りにする、それが本来の朝ご飯だったんだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123118p:plain

 

最高です。

 

そもそも二種類以上のおかずがあることが、快挙的である。大好物のスモークサーモンもあり、熊が嫉妬するくらい食べてしまう。

 

流石はナイスホテル。朝からこれほどテンションをぶち上げていただけるとは。

 

こういうちょっとずつ色々食べられる、丸の内弁当的なご飯って最高だ。そんなことをもちこに伝えると、OLかと一蹴される。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123144p:plain

 

んもう、全種類行っちゃおう!

 

全料理を味わうことに目標を設定し、朝からモリモリ頂戴する。本日はきっとディズニーご飯だから、きっと満腹にはならないだろう。

 

この中国の価格バランスから考えて、上海ディズニーランドのご飯が安いわけがない。きっとお子様がフリーズするような、超観光地プライスに違いない。

 

ということで、冬眠前のクマの様にモリモリ食べる。ちなみにお皿手前のクリームチーズツナサラダは、顎が外れるほど美味しかった。

 

結局30分ほど食べ続け、冬眠に適したお腹になってしまった。ただすぐに出発しなければ、ディズニーラッシュに巻き込まれてしまう。

 

そしてお部屋のパンを二個持ち出し、悪い顔で出発する。タダで泊めていただいたにも関わらず、何という仇の返しっぷりだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123149p:plain

 

気をつけてな。

 

途中で愛らしいワンちゃんにも見送られ、もう気分も最高潮。どうやら最高に楽しい一日になりそうだ。

 

しかし君、タンポポみたいな髪型だね。良く飛びそうだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123154p:plain

 

駅は早朝にもかかわらず、沢山の人々でごった返す。さすがは上海中心部、外資系などのスーパーエリートもいらっしゃるんだ。

 

逆に駅に向かう人は少なく、すいすい駅構内を移動する。ここから約1時間、早く行かないとミッキーの勤務時間が終わってしまう。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123159p:plain

 

ただ見知らぬ街の地下鉄って、やっぱり複雑だ。駅名も全部漢字のため、一つ一つ指さし確認しつつ探さなければ。

 

ディズニー駅、ディズニー駅…。

 

そんな探し方をしていると、そんな駅名じゃないでしょとツッコまれる。確かに良く考えれば、日本でもミッキー駅とかじゃなかった。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123204p:plain

 

ただ、意外と似てた。DISNEY RESORTと書いてある、この駅だ。

 

どうやら結構な乗り換えが必要らしく、やはり所要時間は一時間弱。開園時間には、ギリギリ間に合わないかもしれない。

 

慌てて目の前に飛び乗り、一路目指すは上海ディズニーランド。可能ならば、もう今から耳とかつけちゃいたい気分だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123054p:plain

 

電車に揺られながら、アプリで混雑具合を確認するもちこ。どうやら最先端の上海ディズニーでは、事前に列の長さをチェックするのが当然らしい。

 

ほー( ゚Д゚)とお勉強になった顔をしていると、何やら車内の雰囲気が少し変わる。一人の女性が、隣の車窓から何かを叫びながら歩いてくるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123109p:plain

 

耳いりませんか!?

 

全ての乗客に、いきなり耳を売り始める一人の女性。もちろん耳と言っても、耳なし芳一系の耳ではない。

 

それはいわゆるミッキー耳。あのべらぼうに可愛い髪飾りを、ここぞとばかりに売り始めたのだ。

  

凄まじい勢いで全乗客に話しかける、肝の据わったおばちゃん。明らかに怪しいミッキー耳を、微妙に低価格で売りつけてくる。

 

え!?ここでミッキー耳買えるの!?並ばなくていいじゃん!!

ラッキー!!んじゃ、一個頂戴!

 

…って、誰が言うんだ。

 

折角の初ディズニーなのに、パチモノなんて絶対嫌だ。ディズニー感、根こそぎ持っていかれてしまう。

 

しかもなぜか、スーツ姿のサラリーマンにまで声をかける。そのお耳で会議に参加したら、クビになっちゃうぞ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123114p:plain

 

そんな中国らしい光景に遭遇しつつ、遂にミッキーの家に到着する。心なしか人々の足取りも軽く、随所にミキ耳を付けた女性たちが沢山だ。

 

もうすぐトゥイーティーに会えるんだ。あの全身黄色の、魅惑の塊に…。

 

そう思いながら、ずんずん改札を目指す。ディズニーランドとは、実は駅から始まっているのかもしれない。

 

ちなみにトゥイーティーはディズニーじゃない。そう知ったのは、日本に帰国してからだった。

 

ちなみにヒヨコですらないらしい。さらにオスらしい。

 

f:id:nekoyamachan:20180514225631p:plain

スポンサー様
 

 

遂に始まるハロウィン上海ディズニーランド

f:id:nekoyamachan:20180514123440p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123443p:plain

 

そんな事とはつゆ知らず、一直線に人混みの中を駆け抜ける。一人でも追い抜けば、早く乗り物に乗れると思いながら。

 

急げ急げ!というか、火曜日なのに人凄いな!

 

f:id:nekoyamachan:20180514153743p:plain

 

中国であることをいいことに、どけどけー!ともちこも日本語で殴り込む。この中国で気を抜こうものなら、1秒で3人に割り込まれてしまう。

 

もう遠慮を感じさせない猪突猛進で、開演前のディズニーに整列する。どうやらギリギリ開園には間に合ったらしく、息を切らしつつ列に付く。

 

f:id:nekoyamachan:20180516121518p:plain
f:id:nekoyamachan:20180516121510p:plain

 

ちなみにこちらが、購入したチケット。どちらもわんこのキャラクターで、風水的に良さそうだ。

 

お値段は平日のため、一人一日370元(約6.290円)。こちらは成人料金であり、お子様(身長140㎝以下等)・ご年配(65歳以上)・障害をお持ちの方(証明書必要)に関しては、25%OFFが適用される。※身長100㎝以下の幼児は無料

 

また土日祝日・7月8月の夏休みに関しては基本料金が499元(約8.483円)、さらに二日券を購入された場合には、5%OFFのティンカーベルの魔法がかかる。

 

ただこちらは2017年10月現在の価格であり、2018年6月には値上げが行われるらしい。しかしこちらのお値段で一日夢の国の住民になれるなら、お安いんじゃないかな。

 

もちことそんな会話をしていると、目の前に突如お出迎えが現れる。それはもちろん、世界で最も人気なネズさんだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123504p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123456p:plain

 

ミ、ミッキーだ!!

 

冷静に見ればミニ―だが、ミッキーの登場に狂喜する。しかもどうやらハロウィン仕様らしく、カボチャのヘッドが最高にキュートである。

 

ただ人混みは凄まじく、隙間が空くと即座に割り込まれる。特におばちゃん方の割り込みがえげつなく、結構強めに注意しても (*‘∀‘)?と平気な顔をされてしまう。

 

ちょっと笑いそうになりながら、何とか列の場所を死守し続ける。すると突如後方から、笑えない怒鳴り声が響き渡る。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123451p:plain

 

开什么玩!!!

 

思わず周囲100mの人々が振り返る、突然の怒号。凍り付くような怒声が、入り口付近で繰り広げられる。

 

な、なんだなんだ…。誰が何に、何をお怒りなんだ…。

 

するとそこには、一人の女性が。そしてそのご両親らしい、二人の男女がいらっしゃる。

 

そしてその女性がご両親に向かい、なぜだか猛烈に怒っている。その理由は全く分からないが、血管が切れそうなほどに激おこである。

 

もちこに訳して貰おうするが、もう怒り過ぎて何を言っているか聞き取れないらしい。そして挙句の果てには、止めようとする従業員に猛烈に掴みかかる。

 

(;´・ω・)

 

この夢の国で、なにも家族喧嘩しなくても…。しかもちょっと引くくらい、ブチ切れてるじゃん。

 

どうやら推察するに、ご両親がチケットをなくしたらしい。そして目の前でミッキーのお預けを食らった女性が、怒り狂ってしまったご様子なのだ。

 

ああ、あの感情は怒りと失望なのか。確かにここまで来て入場できなかったら、子供なら破壊神になる。

 

ただ、こんなに切れた人を見たのは初めてだ。人はあまりに切れ過ぎたら、自分のお財布まで投げてしまうんだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123352p:plain

 

しかし周囲の方々は、そんなことはお構いなし。日常茶飯事だと言わんばかりに、笑顔で夢の国に入場する。

 

私も先ほどのテンションを思い出し、一気に園内に雪崩れ込む。皆が入園直後に猛ダッシュし、各自お目当てのアトラクションに走り出す。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123359p:plain
f:id:nekoyamachan:20180514123402p:plain

 

ドラキュラミッキーだ!

 

流石はハロウィン仕様、入り口の花のデザインまでも一味違う。至る所に普段と違う、変わったミッキーが顔を出す。

 

きっとディズニー好きには堪らない光景なんだろうな。隠れミッキーを探そうと思ったが、ハロウィンミッキー探しで大忙しだ。

 

そしてここからは極力ネタバレしないよう、その興奮をご紹介させていただきたい。これから上海ディズニーランドに向かわれる方の、初めてを邪魔しないように。

 

もし園内のデザイン等もお楽しみにされていらっしゃる場合、読み飛ばしていただければ幸いだ。それほどこの上海ディズニーランド、広大で美しい場所だったから。

 

f:id:nekoyamachan:20180514123413p:plain

 

…からの、突然の主役の登場である。

 

 一瞬ミッキー像かと通り過ぎそうになるが、右足をちょっと出す独特のポーズで手を振りはじめる。こちらもやはり、ちょっとハロウィンっぽいおめかしだ。

 

これはイケてらっしゃる。いきなり主役のお出迎えとは、なんて吉日だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515112313p:plain

 

ミッキぃぃー(*‘∀‘)!!

 

速攻リア充になるミッキー。なんというモテっぷり。

 

ここは私もいつもTVで拝見しています!と、挨拶したい。だが男性である私が、握手を求めて良いものか…。

 

もし真顔で握手を求めても、ミッキーも困惑するかも。営業か?と、名刺交換モードになったらどうしよう。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114238p:plain

 

あまりの人気に挨拶ができず、諦めてアトラクションへと猛進する。ただ内部は撮影禁止のため、ここからは外部写真と感想だけをご紹介させていただきたい。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114254p:plain

 

まず最初に向かったのが、ピーターパン。正直一度も拝見したことはないが、もちこ曰く童心に帰れるパワースポットらしい。

 

3Dの様にふわりと浮かぶ夜の街を、専用の船でひとっ飛び。並び時間は40分程度と、なかなかに人気のアトラクションだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114258p:plain

 

並ぶ最中もお子様が多く、目をもうキラッキラさせている。ピーターパンに会える!と興奮しているのか、幼少期独特の叫び声で激アゲだ。

 

そして実際の感想は、めちゃ楽しい

 

それはまさに成人しても遅くない!空を飛びたい!と、切に願う作品。ただそれを職場で話すと、ネバーランドに飛ばされるかもしれない。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114301p:plain

 

そして次に向かったのが、TRONというSF系のアトラクション。こちらは写真の通り、近未来バイクでブイブイ超高速移動する作品だ。

 

最初はモニターにリアルな映像が出るのかな?と思っていたが、そうではない。実際にバイクにまたがり、外から中からジェットコースターの様に暴れ狂うのだ。

 

その事実に気が付いたのは、乗る直前2分前。怖くないで?ともちこに連れられたものの、完全に騙されたことに気が付く。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114305p:plain
f:id:nekoyamachan:20180515114308p:plain

 

そしてその感想は、メチャ速い

 

もうシェイカー内のプロテインの様に、グルングルン回転する。そして周囲に近未来の映像が散りばめられ、大変なトランス状態だ。

 

この作品は、ジュースを飲みまくったお子様には非推奨かもしれない。結構、胃に来るんだ。

 

ただ怖いかどうかと聞かれたら、どどんぱの方が5倍怖い。しかし爽快感は桁違い、自分が近未来ポリスで、犯人をチェイスする錯覚に落ちる。

 

しかし、たのすい!

 

もう猛烈にたのすい。夏休みの初日くらい楽しい。海で花火しながらキャンプするくらい楽しいんだ。

 

想像以上にレベルが高く、特に映像効果に驚かされる。3D技術やホログラフ、様々な最新技術が私達を楽しませてくれる。

 

そして二作品を堪能したところで、お昼ご飯だ。こちらも大変混雑しており、午前中に三つ乗る!という計画も、実現できなかった。

 

そしてその興奮をより高める、通称ディズニー飯。様々な種類のお店があるが、ここは一番近場のバーガー系のお店に突撃しよう。

 

まだポケットには旅の残金もあるし、逆に使いきれない可能性すら出てきた。ここは一個40元(約680円)くらいのバーガーでも、全然楽勝だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114220p:plain

f:id:nekoyamachan:20180515123350p:plain

f:id:nekoyamachan:20180515122923p:plain 

そして火曜日に関わらず、満員御礼。きっとディズニーには、曜日は関係ないんだ。

 

私達を含めた外人も非常に多く、沢山の人々が食事を楽しまれている。次は何乗る!?と、年齢・国籍問わず大盛り上がりだ。

 

なぜ私は、今までディズニーランドに来なかったんだ…。

 

よく耳にする話だが、本当にそう思ってしまう。これは新橋や歌舞伎町とは、全く別の楽しさだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114235p:plain

 

そして到着する、キムチバーガー。こちらは中から大量のキムチが飛び出す、なかなかの意欲作である。

 

韓国風と銘打たれた逸品だが、思わずその香りに魅了される。陽朔で食べた激マズBLTサンドの一件もあるし、果たしてお味はいかがだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180515125646p:plain

 

どでかいチキンに、辛みが優勢な甘みのソース。カリッと揚がった衣に、フカフカバンズが何とも美味しい。

 

流石はディズニー。ここで激パサバーガーを出さない当たり、やっぱり夢の国である。

 

ここで激パサパンなど出そうものなら、魔法が一気に溶けてしまう。ご飯って、やっぱりすごく大切だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114231p:plain

 

そしてもちこは無難に、チキンバーガーをもりもり頬張る。ポテトうめぇ!と叫びながら、次のアトラクションの待ち時間を入念に計算している。

 

しかしこのディズニー飯を食べると、なぜディズニー愛が燃え上がるんだろ。ミッキーが描かれたペプシのカップすら、持って帰りたくなってきた。

 

そう考えながらも、もりもりエネルギーを補充する。きっとこれから晩御飯まで、ノンストップでこの楽園を暴れまわることになるから。

 

そしてふと手渡される、お昼飯のレシート。一体、どれくらいしたんだろ?

 

f:id:nekoyamachan:20180515125657p:plain

 

160元…。

 

( ゚Д゚)ナンデスッテ

 

f:id:nekoyamachan:20180515114628p:plain

 

外はお昼代を忘れさせるほど眩しく、そして園内は広大。上海ディズニーランドも、やはり中国サイズだ。

 

きっと国慶節のような超巨大連休になると、この広さでも足りないんだろう。ギュッギューの人混みに、ミッキー耳が飛び出している光景が目に浮かぶなぁ。

 

感動に震える素敵なアトラクション

f:id:nekoyamachan:20180515114632p:plain

 

そんなことを考えつつ、園内を突き進む。残り時間で、いくつのアトラクションを回れるだろう。

 

そういえばこのシャン二ーランド、水系のアトラクションがすごいらしい。ここはちょっと、アレに突撃しておこう。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114636p:plain

 

パイレーツオブカリビアン。

 

最終的に三回乗ることになる、意外と並ばなかった極上アトラクション。これがまた、至上にたのすい。

 

入り口にはあまり海感がなく、海賊がカンカン戦うのかな?と思いつつ列に並ぶ。演者さんが出てきて、舞台の上でいろいろやっちゃうのかな?と。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114639p:plain
f:id:nekoyamachan:20180515114601p:plain

 

そして撮影可能範囲は、美しい木造仕立て。同時にあらゆる場所に漂う、イケてる海賊っぽい感。

 

きっと映画をご覧になられた方だと、こ、これは!!的な驚きがあるのだろう。ただ1しか見てない私は、綺麗だなぁ位の感想である。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114605p:plain

 

そして待ち時間が、なぜがやたら短い。最初に乗った時も僅か15分という、ちょっとした定食くらいのお時間だった。

 

この日が偶然すいていた可能性も高いが、閉園30分前に駆け込んだ時は待ち時間なし。どうしてももう一回乗りたい!と、満場一致で突撃した時のお話だ。

 

そして乗った感想は、どえらいすごい。ネタバレ回避のため稚拙な表現で申し訳ないが、もう仰天しっぱなし。

 

嗅覚・視覚・聴覚・触覚。全感覚が海底に引きずり込まれるような、驚異の臨場感。

 

自分死んだぁ!と思わず叫びそうな、圧倒的な映像美。次に何が来るのか理解している三回目でも、ぎ、ぎゃああ!!と後ずさりする衝撃のアトラクションだ。

 

日本のディズニーとは違うね!ともちこはいうが、ぶっちゃけそれを存じ上げない。ただディズニーベテランの彼女ですら、どうやら大変お気に召したようだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114617p:plain

 

そしてお次は、キャンプディスカバリー

 

これはみんなでやんちゃしようぜ!という雰囲気の、野外アトラクション。乗って移動するのではなく、己の体を駆使するサスケ的な逸品だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515122930p:plain
f:id:nekoyamachan:20180515114614p:plain

 

そしてこれが、どえらい並ぶ。めちゃくちゃな人気らしく、結局お菓子を食べ尽くしながら、150分並ぶことになる。

 

150分。

 

この時間は、果たして長いのだろうか。そういえば、ディズニーの平均並び時間を良く存じ上げない。

 

これはきっと、ディズニーマニアの方には序の口だわ!と、仰られる時間なんだ。同時にもちこにも、普通じゃん?と言われた時間でもある。

 

ただ初ランド人として、一言だけ言わせていただきたい。待ってる時間も楽しいね、と。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114621p:plain

 

そしてこちらのアトラクションは、荷物を預けてスマホもカメラも全部禁止。実際はこちらのロッカーの待ち時間が異常に長く、ここだけで60分ほど待つことに。

 

ただ体にロープを装着してピョンピョン飛ぶアトラクションのため、スマホを落とす確率は激高だ。スタッフにも厳重にチェックされるため、素直にスマホ無しで並ぶことになる。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114624p:plain

 

そして感想は、めっつあ面白い

 

夏休みに田舎のばあちゃん家に遊びに行った、あの野性的な日々。木々を飛び移りアケビを食べた、あの想い出の時間。

 

これはいわば、そのデラックス版。明日の筋肉痛が確定する、肉体をフル活躍させる本能的な快感だ。

 

ただ結構な高所があるため、高所恐怖症の方には少しキツイ。実際目の前のインドの方も、上空4mでフリーズされていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114250p:plain

 

そんなアトラクションを厳選して訪問すること、約5時間。快晴の空が、次第に色を変え始める。

 

同時に人々が同じ方向に走り出し、一気に人の流れが生まれだす。急げ急げ!といった雰囲気で、ミッキー耳の大移動が始まるのだ。

 

なんだなんだ?プーさんでも出たのかな?

 

f:id:nekoyamachan:20180516141205p:plain

 

( ゚Д゚)!

 

こ、このお姿は…!!

 

f:id:nekoyamachan:20180516141158p:plain

 

来るぞ来るぞ…。

カメラカメラ…。

 

f:id:nekoyamachan:20180516141154p:plain

 

ギャー(*´Д`)!!

 

エレキトルカル…エレキトリカリ…。あのパレードだっ!!

 

初めて目撃する、喜び渦巻く有名キャラ達の行進。思わず舌を噛みそうになる、あの有名なパレートだ!

 

歩くだけで怒号に近い歓声が上がる、大熱狂の行進劇。そういえば絶対見るから!と、もちこに念押しされていた。

 

確かに最初は、キャラが歩くだけなんだ…と思っていた。しかし彼らの愛情溢れる表現力の前では、心が一気に揺さぶられる。

 

す、凄まじいハッピー感…。なぜ歩くだけで、これほど歓喜に包まれるのか…。

 

f:id:nekoyamachan:20180515123310p:plain

 

もうこんな感じ。

 

私も大人も子供もご年配も、両目に歓喜を焼き付ける。呆然と立ち尽くし、ミッキーこっち見てぇえ!と、日本語でアピールする。

 

f:id:nekoyamachan:20180516141208p:plain

 

途中で中国風のキャラも多数登場し、さすがは上海ディズニーである。日本のパレードを知らないため比較が難しいが、きっとこれは凄いんだ。

 

巨大な太鼓に荘厳な龍、中国らしさ全開の装飾品。世界中のディズニーで、きっと全部デザインが違うのかな?

 

f:id:nekoyamachan:20180516141202p:plain

 

チラリと顔出すだけで、歓声がどよめく主役の根津さん。全く面識はなかったが、これは確かに惚れてしまう。

 

後ろからは白雪姫の側近だろう小人達もずらり、ただ小人と言っても余裕でもちこ以上の長身である。

 

でかい。そして、動きがチャーミングすぎる。

 

きっと楽屋では、日夜可愛らしいポーズが研究されているんだ。ここでちょっと右足上げたら?とか。

 

その研究、ズバリ効果抜群ですよ。その激カワポーズ、幼稚園でやるとパニックですよ。

 

f:id:nekoyamachan:20180515122948p:plain

 

そしてパレードの熱狂が終わると、周囲は段々白み始める。シンデレラ城にも鮮やかなライトアップが施され、どうやら夕刻の楽園になるみたい。

 

ただもちこ曰く、どうやらシンデレラ城とはちょっと違うらしい。エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルという名前らしく、全長60mと世界最大のディズニー城だ。

 

確かにこれが、無茶苦茶でかい。近くにいくと、自分がシルバニアファミリーになった気分になる。

 

f:id:nekoyamachan:20180515122936p:plain

 

そして城の雰囲気もジワリと変わり、同時に本日の終わりを肌で感じる。合わせて私達の偽バックパッカーも、お開きの時間だ。

 

楽しかった時間も、閉園と共にザッツオール。閉店ガラガラ、おしまいに。

 

そんな残り時間を名残惜しむように、最後の最後まで走り回る。きっと簡単に再訪できない、上海ディズニーランドに覚えてもらうように。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114610p:plain

 

急げ急げ…。

ポップコーンポップコーン…。

 

f:id:nekoyamachan:20180515114246p:plain

 

シャボン玉シャボン玉…。

ぷぷぷぷぷ…。(吹いてる)

 

f:id:nekoyamachan:20180515114312p:plain

 

並べ並べ…。

行くんだ…無限の彼方に…。

 

f:id:nekoyamachan:20180515122944p:plain

 

ターザンターザン…。

原作見たことないけど…。

 

f:id:nekoyamachan:20180515122918p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517110239p:plain

 

ま、まずいっ!

お店が閉まり始めてるっ!

 

というか、閉まるの早すぎるでしょ!

まだチュロス食べてないよ!

 

f:id:nekoyamachan:20180515122925p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517110236p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517110232p:plain

 

鮮やかなオレンジ色の夕刻を迎え、さらに暗闇とバトンタッチ。可能な限り走り回ったディズニーも、そろそろ本当に終わりの時間だ。

 

人々もアトラクションに並ばず、夜景をひたすら写真に収めている。確かにこの広さ、夜景を撮り尽くすだけで一日かかりそうだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180517111600p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517111744p:plain

 

そして閉園間際で混雑し始める、お土産店。皆がミッキーを小脇に抱え、自宅に迎える気満々である。

 

じゃあ私達も、自宅に迎えるお気に入りミッキーを探そうかな。本当はプーさんが良かったけど、相棒的なキャラとセットにしたいんだ。

 

f:id:nekoyamachan:20180517111602p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517111603p:plain

 

ハロウィン仕様のミッキー&ミニーと、感謝永遠に小銭入れ。名前は忘れてしまったが、三つ目のこの子が最高に愛らしい。

 

そしてお値段は、もちろん超観光地プライス。ただ中国元を使う機会も、これから殆ど残っていない。

 

ここは帰りの地下鉄代だけ残して、全部散財してしまおう。残しておいても、勿体ないだけだからね。

 

そう思いながら互いにお土産を探し、友人数とクッキーの個数を一致させる。お土産散策って楽しいけど、THE・ENDって感じが半端ないね。

 

f:id:nekoyamachan:20180514225631p:plain

スポンサー様
 

 

ラストに輝く最高のショー

f:id:nekoyamachan:20180517113725p:plain

 

そして上海ディズニーランドのお店は、本当に閉まるのが早い。日本ならまだまだこれからぁ!といった時間でも、ビシバシお店がクローズしていく。

 

お土産以外のお店も終わってしまったし、晩御飯をガッツリ食べる場所も意外に少ない。これは上海に戻るまで、腹ペコ確定になりそうだ。

 

これから地下鉄に乗って、お土産を眺めながら帰るんだ。そして明日はチェックアウトして、飛行機で成田に向かうのか…。

 

(._.)

 

寂しい。とことん寂しい。

 

旅の中盤から終わりは覚悟していたが、この寂しさは過去最大。漫画の様に好きな子が転校してしまった、小学校以来の無力感だ。

 

終わったのう。そうだのう。

 

そんな話をもちことしながら、出口に向かう。もう乗れるアトラクションもなく、トボトボ帰るだけなんだ。

 

と、その瞬間。

 

突如園内に、アナウンスが鳴り響く。それは迷子の呼び出しのような、暗いトーンではない。

 

ただ中国語が分からず、英語のアナウンスを待ちわびる。すると先に中国語で理解したもちこが、( ゚Д゚)!!と顔を輝かせる。

 

プロジェクションマッピングだって(*‘∀‘)!!

 

( ゚Д゚)?

 

プロジェクションマッピング…。

聞いたことあるけど、それなんだっけ?

 

名前と実物が繋がらず、一生懸命思い出そうとする。するともちこにあとで思い出せ!と言われ、猛烈に引っ張られる。

 

どうやら園内中央で、どでかいSHOWが始まるらしい。しかもあの世界最大60mの、エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルで。

 

エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルで、プロジェクションマッピングだよ!

 

横文字が長すぎて、全然イメージできない。分かるのは上海ディズニーランドが、まだ終わってないということだけ。

 

急げ急げ!見る場所無くなっちゃうよ!

 

そう急かされながら、アナウンスにあった開催場所に走って向かう。するとそこには、想像通りの光景が広がっていた。

 

f:id:nekoyamachan:20180517120707p:plain

 

ガンごみだ…。

 

足の踏み場もないとは、まさにこのこと。広場に飛び出すミッキー耳に、プカプカ浮かぶ風船だらけ。

 

やばい、全然座れない…。後続の私たちは、明らかに出遅れてたようだ。

 

しかし偶然出来た隙間を確保し、なんとか中腰で待機する。すると隣の方が横に詰めてくれ、シェイシェイ!とお礼を告げる。

 

どうやら皆様は予め知っていたらしく、園内ほぼ全員が集結している。あぁだから、先ほどのパイレーツオブカリビアンはガラガラだったんだ。

 

すると突如、前方から怒鳴り声が鳴り響く。本日二回目の緊張に、慌てて声の方を振り返る。

 

そこのお前、座れよ( ゚Д゚)!!

 

どうやら一人の男性がスタッフの制止を振り払い、広場に入ってきたようだ。そしてその男性が仁王立ちし、後ろの人がお城を全く見えなくなってしまった。

 

確かにこれは、どうみてもかなり邪魔。座って見ましょう!のスタッフアナウンスも、ガン無視である。

 

しかも1時間以上前から待つ人々の場所に、無理やり体をねじ込むパワープレイ。これは人としてのモラルではなく、ルールの無視である。

 

ただ怒鳴られても、その男性は全く動じない。それどころか俺だって見たいんだ!と、めちゃめちゃ素直な気持ちを怒鳴り返す。

 

すると周囲の人々が一致団結し、猛烈なまでに抗議する。日本では考えられないほど、奥さんもおじさんも、老人も若者も。

 

結局男性は雰囲気に押し負け、どこかに行ってしまう。同時に周囲から歓声が上がり、

やりましたなぁ!的な空気が流れる。

 

あぁ最後の最後まで、この国の人々は素直で快活だ。ダメなものはダメ、嫌なものは嫌、ハッキリ言葉にできる方々なんだ。

 

それは衝突を避けたがる、典型的な日本人の私に足りないもの。最後までご指導ご鞭撻、ありがとうございました!

 

f:id:nekoyamachan:20180517120714p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517120725p:plain

 

同時に始まる、プロジェクションマッピング。城が次第に彩りを変え、大きなモニターへと変化する。

 

さらに荘厳なディズニーサウンドが、体育館の様にこだまする。真っ暗なボールの中にいるみたいだ。

 

想像の及ばぬ順番で繰り出される、光の芸術。その光景は、この国の芸術センスを再度確認させてくれた。

 

f:id:nekoyamachan:20180517130121p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517130125p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517130133p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517130137p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517130116p:plain
f:id:nekoyamachan:20180517130112p:plain

 ~ 動画版(ネタバレご注意) ~

 

ただ息を飲む、20分。この旅と同じ様に、あっという間の至福の時間。

 

ありがとう中国。

 

本当に楽しい2週間だった。沢山の優しさと感情に触れ、今までにない経験が出来た。

 

また必ず訪れたい。月並みだけど、純粋にそんな気分。

 

じゃあ感動が冷めないうちに、ホテルに帰ろう。この偽バックパッカーも、これにて終わりだね。

 

f:id:nekoyamachan:20180517133549p:plain

 

ドラキュラに変身したミッキーに挨拶をして、同時に中国と別れを告げる。本当に楽しい時間を有難う。

 

ちなみにその八重歯、最高に可愛いね。ハロウィンっぽくで、めちゃ良いと思うよ。

 

じゃあ私たちも、帰って美味しい晩御飯を食べよう。よく考えれば、まだ10時間くらい中国を満喫できるじゃないか。

 

そう思いながら、山盛りのお土産を背中に背負う。結構な重量で、帰りの飛行機も大変そうだ。

 

そしてふと、出口でもちこに尋ねてみる。バックパッカー楽しかったねぇ?と。

 

すると彼女は、不思議そうに聞き返す。これ、ただの旅行でしょ?と。

 

 

~おわり~

 

 

ここまでお読みいただき、心から感謝申し上げます。

 

幼少期に深い感銘を受けた、沢木耕太郎先生の深夜特急。あの名作に強く憧れ、どうしても長編の旅行記を書きたい!そんな気持ちで書かせていただきました。

 

沢山の方々のご感想や、DMでのコメント、本当に有難う御座いました。皆様のお言葉のおかげで、最後まで書き続けることができました。

 

この旅行記が、少しでも皆様にお楽しみいただけますように。

ねこやま しゅん(*‘∀‘)

 

 

~旅の続きは電子書籍・WEB版で!~

 

ご覧いただきました旅行記をオフラインで一気に読める、電子書籍はいかがですか?

キンドル読み放題対応ですので、是非ご覧下さい!

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!

WEB版はこちらから!~