読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

高スペックなグラスフェッドバターの効果・栄養と安全性を、イラスト付きで徹底してご紹介するね!

健康 サプリ・健康食品


f:id:nekoyamachan:20170310203214j:plain

 

高い栄養素と健康効果を持つ、バター。

 

私たちが普段口にする、お料理パートナーであるバター。

そして今、その中でひときわ異彩を放っているバターがいる。

 

彼の名前は、グラスフェッドバター

その圧倒的な栄養価と魅力的な使い方で、多くの人々を虜にしている乳製品だ。

 

同僚が伊勢丹で大量購入していた、このバター。

その魅惑的な性質を知るにつれ、私もカゴに放り込みそうになった製品である。

 

 

魅惑の塊ともいえる、このグラスフェッドバター。

本日は彼に焦点を当て、様々な角度からその性能を解き明かしてみよう。

 

~この記事の目的~

 

・グラスフェッドバターの正体と、その効能を解き明かす

・その危険性・注意点を明確にし、継続する上での基盤を作る

・グラスフェッドバターの効率的な摂取方法を知り、日々の生活に取り入れる

イラスト付き説明で、より分かりやすくグラスフェッドバターを理解する

・最も安全性と効能が高く、経済的な製品を比較する 

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

この記事が、皆様のグラスフェッドな生活に繋がれば幸いだ。

 

 

 

 

グラスフェッドバターとは何ぞや?

f:id:nekoyamachan:20170310205042j:plain

 

グラスフェッドバター。

 

まずこの必殺技のような名前のバターは、一体何なのだ。

私が普段食べている、雪印のバターと何が違うのだ。

 

まずはこのイケメンな名前の由来と、その特徴から見てみよう。

君は果たして、マイキッチンのスタメンになってくれるのだろうか。

 

グラスフェッドバターとは

 

グラス「牧草」をフェッド「与える」という名前を由来とする、その名の通り牧草を与えられた乳牛のミルクから作られたバター。

その牧草を与えられる飼育方法をグラスフェッドと呼び、今までの穀物飼育は、グレインフェッドと呼ばれる。

 

このバターの最大の特徴は、その安全性栄養価の高さ。

その大きな理由は、乳牛がストレスなく自由放牧されていることと、無農薬の牧草をモリモリ食べていること。

 

一定の場所に囲まれ農薬の残留している穀物を食べる乳牛との比較では、そのミルク・肉質に大きな違いが生まれている。

完全無欠コーヒーなどでも推奨される、非常に高品質なバターである。 

 

なるほど、なるほど。

 

簡単に言うと君は、めっちゃ良いバターということか。

良いタマゴが良い飼料と環境で育てられるように、このバターも最高の環境で製造されている訳だ。

 

卵の場合はニワトリが食べた飼料が、そのままタマゴに凝縮される。

そしてバターの原材料であるミルクも、同様に乳牛の飼料で構成されるのだ。

 

今まではさほど気にされなかった、バターの根源である飼料

さらにその製造環境である、ストレスのない環境に着目しているわけだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210820p:plain

 

ほうほう。

 

毎日食べるバターだからこそ、高品質な製品が好まれているのか。

そしてその最先端が、このグラスフェッドバターということか。

 

 

どうやらこのバター。

私が思っていたより、その安全性に重きを置いているようだ。

 

ではここで、先に少しグラスフェッドバターの安全性を確認してみよう。

このバターは一体、どんな安全性で私をほっとさせてくれるのだろう。

 

 

 

グラスフェッドバターの安全性

 

まずはこの、グラスフェッドバター。

乳製品であることに着目しながら、その安全性を考える必要がある。

 

元気な乳牛が一生懸命生み出してくれる、ミルク。

このミルクこそ、グラスフェッドバターの原材料である。

 

さらにこのミルク、生体から作られる食品であることに注目する必要がある。

そしてそのとき、私たちは生体濃縮の危険性を無視できないだろう。

 

生体濃縮とは

 

まず最初に、ダイオキシン・PCB・DDTを代表とする、有機塩素系の農薬が飼料に含まれていた場合、それを食べた生体の体内に凝縮されて蓄積される。

さらにその生体を食べた捕食者の体に、より高濃度となって蓄積される濃縮現象。

 

これは有機塩素系の農薬が体内で分解しづらいことが原因であり、特に肉や卵ミルクなどの畜産物にも、その生体濃縮の影響は及ぶ。

 

恐るべき、生体濃縮。

 

毎日無農薬のお野菜を食べてればOK!

生体濃縮とは、どうやらそんな簡単な問題ではないようだ。

f:id:nekoyamachan:20170316210819p:plain

 

バターの原料である牛乳の場合、「穀物→乳牛」の一段階生体濃縮。

「プランクトン→海老→魚」のように濃縮段階が多い魚などと比較すると少ないが、十分に危険視しなければならない状態である。

 

そしてこの生体濃縮を回避する最も原始的な方法が、無農薬の飼料である。

グラスフェッドバターはこの点を克服しているため、より高い安全性に繋がってる。

 

ミルクの製造者である乳牛、そしてその乳牛が食べる牧草。

その牧草が無農薬であることは、この生体濃縮を回避する目的でもあるのだ。

 

 

さらに穀物飼養においては、遺伝子組み換えの危険性がつきまとう。

この遺伝子組み換えの穀物に関しては、以下の問題点が懸念されているのだ。

 

遺伝子組み換え食物に懸念される危険性

 

・遺伝子組み換え食品の流通時期からの、ガン、白血病、アレルギー、自閉症などの慢性疾患の急増(米国)

 参照:遺伝子組み換えの何が問題? | Alter Trade Japan

・遺伝子組み換え飼料を与えられたマウスの3世代先における不妊発症

・遺伝子組み換え飼料を与えられたマウスの生育不良、乳房の腫瘍、肝臓障害

 ※動物実験における研究に基づく 

 

まぁ恐ろすぃ。

 

生体濃縮でさえ、私はもうガクブル状態なのだ。

遺伝子組み換え&生体濃縮コンボを食らったら、私は一体どうなっちゃうのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210831p:plain

 

私たちの身近にも多く存在する、この遺伝子組み換え食品。

そしてその規制内容の多くは、企業に有利な規制内容になっている。

(規制例:含有量の多い3番目まで、かつ重量比5%以上のみを表示する)

 

さらに企業が発表する遺伝子組み換え食品が安全だという根拠は、90日間もの短期間の実験データに基づいてる。

そして同時にそのデータを発表する企業自体が、遺伝子組み換えを主導する多国籍バイオ企業や研究機関であるという不信感もぬぐえない。

 

 

確かに遺伝子組み換えの穀物を与えれば、農薬の使用量は抑えられるかもしれない。

しかしそれに相反する問題点が、前述のように懸念されているのだ。

f:id:nekoyamachan:20170316210830p:plain

 

さらにさらに。

 

この遺伝子組み換え穀物を使用すれば農薬使用率を下げられるという見解も、アメリカの総合医学雑誌『New England Journal of Medicine』により、疑問視されている。

 

それが真実であれば、もはや遺伝子組み換えであるメリットはほとんど見当たらず、より安全な無農薬飼料であることが望まれるだろう。

無農薬&遺伝子組み換えでない、この二つが求められるのだ。

f:id:nekoyamachan:20170316210828p:plain

 

なるほどなるほど。

グラスフェッドバターが安全な乳製品であることは分かった。

 

では次に、このグラスフェッドバターの栄養バランスをみてみよう。

私が普段業務用スーパーで爆買いしているバターと、何が違うのだろう。

 

 

 

栄養バランスと期待できる効果

f:id:nekoyamachan:20170312141526j:plain

 

では早速、このグラスフェッドバターのポテンシャルを存分に見てみよう。

 

どうやらこのバター、その栄養バランスが非常に素敵とのことだ。

ハイスペックな栄養素で、どうか私を魅了していただきたい。

 

グラスフェッドバターの栄養素とバランス

 

(1) 通常のバター同様に、以下の有効成分を含む

 ・ビタミンA 強い抗酸化作用によるアンチエイジング

 ・ビタミンD カルシウムの吸収促進、骨密度の形成

 ・ビタミンE 血行促進による血行改善 冷え性・しもやけ・あかぎれ予防等

 ・ビタミンK 骨格形成、止血作用

 ・カルシウム 骨の形成、体全体の構成

 ・リン    カルシウムの代謝促進

(2) オメガ3とオメガ6の成分バランスが2:1

(3) ダイエット効果の高い共役リノール酸を含む
 

 

なるほど、なるほど。

まずはバター自体に含まれる、各種栄養分を十分に含んでいると。

 

さすがは高栄養食材と名高い、バターの末裔である。

そのすこぶる高い栄養素は、私たちの体を構成する重要成分ばかりである。

 

そしてグラスフェッドバターは、これらの成分を高品質で含んでいる。

普段使いにより、マルチビタミン並の成分をより安全・継続的に摂取できるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210829p:plain

 

そしてあのお魚に主に含まれる、有名なオメガ3も豊富に含まれるのか。

そしてその上で、オメガ3とオメガ6の成分バランスも2:1なのか。

 

 

体内で作ることが出来ない、αリノレン酸・EPA・DHAで構成されるオメガ3

そしてそのオメガ3と逆の作用を引き起こし得る、オメガ6

 

グラスフェッドバターは、そのオメガ3とオメガ6の成分バランスが2:1

この成分バランス、実は非常にありがたい配分なのだ。

 

というのもこのオメガ3とオメガ6。

体内におけるバランスは、1:4が理想とされている。(厚生労働省発表)

 

今の欧米化された食事では、そのバランスは1:10~40にもなる。

これは摂取しやすいマヨネーズやサラダ油などのオメガ6と比べ、オメガ3がいかに不足しやすいかを物語っている。

 

そしてアレルギーを促進するオメガ6の過多は、花粉症やアトピー等にも影響する。

体内のオメガ3とオメガ6の1:4バランスの遵守は、体質改善にもつながるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170310135129p:plain

 

そこで、グラスフェッドバターのナイスな2:1バランスである。

 

不足しやすいオメガ3を大量補給し、オメガ6とのバランス均衡を整える。

オメガ3を豊富に含むグラスフェッドの最大の売りであり、それは効果に直結する。

 

普段の食事にも使用しやすい、このグラスフェッドバター。

サラダ油等と代用するだけで、体内の成分バランスは大きく改善されるだろう。

 

そして同時に、オメガ3の持つ各種効果も受け取れる。

ダイエット効果』『健康保全』『アンチエイジング』を主とするそれらの効果は、多くのダイエッターを魅了する、素晴らしい効果ばかりである。

 

ただその効果を詳しくご紹介するには、ここでは少しスペース不足である。

そのためオメガ3の具体的な効果は、以下の記事をご参照いただければ幸いだ。

 

そして問題は(3)の共役リノール酸の存在だ。

 

なんだ、このイケてるネーミングの成分は。

名前に漢字とカタカナを含むと、栄養素ですらリア充な雰囲気を出せるのか。

 

 

このあまり知られていない、共役リノール酸という成分。

高いダイエット効果を享受できる、その秘密を見てみよう。

 

 

 

共役リノール酸とは?

 

では早速、この共役リノール酸とやらに肉薄してみよう。

 

なんだかいい感じの効果を持っているらしい、この成分。

裏庭に呼び出して、ちょっと詳しくお話を伺おうではないか。

 

共役リノール酸とは

 

体内の酸化を防ぐ不飽和脂肪酸の一種であり、体の成長を促進するリノール酸と微妙に異なる構造を持つ脂肪酸。

主に乳製品や肉類に多く含まれるが、体内では生成されない特徴を併せ持つ。

 

リノール酸は過剰摂取によってアレルギー反応大腸がんを引き起こす恐れがあるが、この共役リノール酸は、そのリノール酸とは逆の以下のメリットを持ち合わせる。

 

   (1)体内のアレルギー反応の抑制

 (2)体脂肪の燃焼効果

 (3)抗酸化作用によるアンチエイジング

 (4)筋力増強

 

これら(1)~(4)の効果は体の代謝と深く関係し、多くのダイエット効果が期待できる。

特にその脂肪燃焼効果は、体内での具体的な働きにも注目が集まる。

 

なんとっ!!

名前は激似にも関わらず、リノール酸と逆の効果をもっているのか。

 

過剰摂取でアレルギー反応や大腸がんなどの原因となる、リノール酸

このリノール酸は、先ほどお話したオメガ6に多く含まれる。

 

そしてグラスフェッドバターのオメガ3には、共役リノール酸が含まれる。

これらが相反する効果を持ち、体内で勢力を保っているのだ。

 

オメガ3が増えれば、GOODな共役リノール酸が増える。

そしてオメガ6が増えれば、BADなリノール酸が増えるわけだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210827p:plain

 

オメガ6のリノール酸は、主にアトピー花粉症等のアレルギー原因となる。

そしてその発症は、前述の体内におけるオメガ3とオメガ6のバランスに依存する。

 

オメガ3を多く摂取することで、共役リノール酸も豊富に摂取できる。

その結果、アレルギーが発症しにくい体内バランスが保たれるのだ。

 

 

さらに共役リノール酸の特徴は、アレルギー反応の抑制だけではない。

グラスフェッドバターに期待される、ダイエット効果においても優秀なのだ。 

 

それが共役リノール酸の十八番、脂肪燃焼効果

この脂肪燃焼効果は、臨床的にもその効果が認められている。

 

参照:Efficacy of conjugated linoleic acid for reducing fat mass: a meta-analysis in humans(脂肪質量減少のための共役リノール酸の有効性:ヒトにおけるメタアナリシス)

 

ただし残念ながら、その効果。

 

一気にズドン!と落ちるタイプの燃焼効果ではない。

じわりじわりと脂肪を燃焼させる、いわばコツコツタイプの効果なのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210826p:plain

 

そして共役リノール酸には、植物性動物性の二種類の構造が存在する。

細かく言えば、植物性の油分から人工的に製造される共役リノール酸と、反芻性の動物(乳牛など)から摂取できる天然の共役リノール酸である。

 

 

そして植物性の共役リノール酸には、人工製造の工程でオメガ6が含まれやすい。

それにより肝臓に脂肪が癒着し、肝臓脂肪を招く恐れがある。

 

一方、天然の共役リノール酸を生み出すバターなどの動物性共役リノール酸

これは人体への悪影響が極端に少なく、脂肪燃焼効果のみを享受しやすいのだ。

  

この点に着目すれば、動物性共役リノール酸と植物性共役リノール酸。

積極的に摂取すべきは、どうやら動物性共役リノール酸の様だ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210825p:plain

 

そしてこの動物性の共役リノール酸が持つ、脂肪燃焼効果。

これには具体的に、以下の働きが認められている。

 

リポタンパク質リパーゼによる脂肪蓄積の妨害

 

毛細血管に存在する、リポタンパク質リパーゼ

聞きなれないこの成分は、中性脂肪を分解することで有名な酵素である。

 

ただこのリパーゼは、中性脂肪の分解後に細胞内に脂肪を残していく性質がある。

このKYな性質を、共役リノール酸は阻害してくれるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210824p:plain

 

脂肪蓄積のメカニズムの一つ、リポタンパク質性リパーゼの脂肪置き去り事件。

この事件を解決してくれる、まさに脂肪界の明智小五郎なのだ。

 

ホルモン感受性リパーゼによる、脂肪燃焼の促進

 

さらに脂肪細胞内には、似た名前のホルモン感受性リパーゼが存在する。

この酵素は主に中性脂肪を分解する、ダイエットの味方役である。

 

そして共役リノール酸は、このホルモン感受性リパーゼの脂肪燃焼効果を促進する。

それにより血中の脂肪濃度が減少し、体内での脂肪蓄積を大きく防いでくれるのだ。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210823p:plain

 

共役リノール酸のお仕事である、これら二つの脂肪燃焼効果。 

まさに腹筋を6個に割りたい時に願っていた、素敵な効果ばかりだ。

 

これらの根拠となる文献は、以下の英語文献などが良いだろう。

お時間のある際にでも、是非ご覧いただきたい。

 

心血管疾患およびがんに対する反芻動物のトランス脂肪酸の影響
疫学的、臨床的および機構的研究の総合的レビュー

 

Compared to the control butter, the VA-enriched butter contained higher amounts of MUFA and lower amounts of SFA; thus, the changes in lipids and lipoproteins may be due to differences in fatty acid composition between treatments rather than differences in VA intake alone.

対照バターと比較して、VA濃縮バターは、より多量のMUFAおよびより少量のSFAを含有した。 したがって、脂質およびリポタンパク質の変化は、VA摂取量のみの違いではなく、治療間の脂肪酸組成の差に起因する可能性がある。

 

参照:Effects of Ruminant trans Fatty Acids on Cardiovascular Disease and Cancer: A Comprehensive Review of Epidemiological, Clinical, and Mechanistic Studies

 

なるほど次郎。

 

グラスフェッドバターに含まれる、動物性共役リノール酸

君は既に、いろいろな研究の対象になっていたのだね。

 

そして長年の努力の末、このような高い評価を獲得したというのか。

まるで若手の前座をする、芸歴18年の漫才芸人並の根性をお持ちだったとは。

 

f:id:nekoyamachan:20170316210821p:plain

 

 安全性、効果、根拠論文。

 

どこをとっても結構な説得力ではないか。

グラスフェッド君、先生はとっても嬉しいぞ。

 

どうやら私は、キミを冷蔵庫に常備するつもりらしい。

その証拠に、先ほどからカードの利用可能額を気にし始めている。

 

 

では最後に、このグラスフェッドバター。

どの製品が最も経済的かつ安全か、徹底して確認させていただいた。

 

するとどうだろう。

 

私の財布が身震いする、大人な問題点が生じたではないか。

この問題点を伝えずに、終わることはできないのだ。

 

経済的で安全なグラスフェッドバターの比較

 

ではここで、市販のグラスフェッドバターを比較してみよう。

心地良く使うには、とても大切な行程だ。

 

数あるグラスフェッドバターから、より人気の高いものを選ぼう。

そして継続して使用できる、長期的なパートナーになろうではないか。

 

安全性・経済性・美味しさ。

全ての頂点に立つグラスフェッドバター、でてこいやっ!! 

 

Grand Fermage バイオ・グラスフェッドバター (有塩) 250g

 
f:id:nekoyamachan:20170314202410p:plain

 

有機農法で育てた乳牛から搾乳された、純粋なミルクを原料とするグラスフェッドバター。もちろん無農薬の牧草で育った乳牛のミルクは、カロチンが高く薫り・美味しさ共に最高品質のバター。

 

フランス農務省が認定したABマークを持つ本製品は、昔ながらの手作りでの攪拌で作成されている。安全性はもちろんのこと、口の中で蕩けると表現される歴史のあるグラスフェッドバターと言える。

 

ただ、値段は恐ろしく高い。わずか250gにも関わらず、2060円もの高価格だ。

フランス本国の数倍の価格設定には、少し違和感を覚えてしまう。

 

本製品を継続利用するには、正直ある程度の経済力が必要になるだろう。

 

AB認証取得 R-Bio ビオバター 250g 

f:id:nekoyamachan:20170314203434p:plain

フランス政府の厳しい基準をクリアした、栽培から商品加工までの全工程で添加物等を一切含まない食品に許されているAB認証。そのAB認証をクリアした、完全有機栽培の牧草で育った乳牛のミルクを主原料としている製品。


完璧なまでに管理された製造工程は、グラスフェッドバターの恩恵を最大化できる大切な要素である。本製品もまた、美味しさと芳醇な香りで品薄が懸念される。

 

日本でネット経由で入手できるグラスフェッドバターの中では、最安値帯である1,380円であり、お試し用・継続利用にも、検討しやすい人気商品である。

 

 フォンテラ社グラスフェッドバター 業務用5kg  

f:id:nekoyamachan:20170314204908p:plain

 

本製品はBSE問題と汚染が限りなく少ないニュージーランド産グラスフェッドバター。本製品にはビオ認証(オーガニック認証)は無いが、ストレスフリーの自然環境国であること自体が、安全性に繋がっている。

 

そしてその最大の魅力は、250gあたり580円もの圧倒的なコスパ
他製品の約1/4~1/2の価格で購入できる本製品は、継続利用に最高に適している。

 

4.5もの高評価(71カスタマー中)には、美味しさ・経済性への多くの感謝が寄せられている。話題だと理由で価格操作をしない社風には、非常に好感が持てる。

 

 

ぐぬぬ!!

 

何とお高いのだ!! 

正直250gで2000円を超えていた時は、枕を濡らしてやろうかと考えた。

 

人気商品であるからこそ、価格が操作されやすいのも事実。

そんな時こそ、業務用他国の製品などをうまく活用するべきだろう。

 

 

 

色々なネットワークを使い、是非試したいグラスフェッドバター

フランスお土産として、プレゼントされる日も近いかもしれない。

  

あぁ、最高に楽しかった。

ここまでお読みいただき、本当に有難う。

 

やはりバターは、美味しくて素敵な食品だった。

これからも焦がしバター醤油ラーメンを、心行くまで堪能しよう。

 

んじゃ!!

またねっ!!(*´ω`)

 


こちらでも海外サプリメント・ハーブの効能と副作用をご説明しております。

お役立ていただければ、幸いです。

 

 

※本記事は各サプリメント、成分の有効性を保障するものではありません。

 また特定のサプリメントに対する批評を行う意図もございません。

 イラストはイメージであり、本質的な構造を表現するものではありません。

 何卒ご容赦ください。

 

ご利用規約
当サイトに掲載されているコンテンツをご利用になり いかなる問題が生じた場合にも当サイトは一切の責任を負いません。 またシェア・リンク・ご紹介を除く、一切の転載禁止とさせていただきます。

© 2016 ねこやまローカボ日誌