ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

メンタル超大切。毎日の自宅筋トレを効果的に継続する23つのコツ!

毎日の自宅筋トレを効果的に継続する23つの方法

 

世にも恐ろしい、3日坊主。

 

私たちの目的をあざ笑う、邪悪なお邪魔人。

それが私たちの脳に潜む、悪名高い3日坊主である。

 

ダイエットを始めた時、試験勉強を企画した時。

私たちの人生には、面倒くささが付きまとう。

 そしてそれは、毎日の自宅筋トレにも当てはまる。

 

いかに自分のメンタルを把握し、その面倒くささに対抗するか。

そのためにどう考え、どの様な行動をとるべきか。

 

その対処方法を学べば、きっと自宅筋トレは継続できる。

本日はそんな、自宅筋トレの継続法をご紹介しよう。

 

この記事をお読みいただくと
  • 毎日の自宅筋トレに対する、様々な継続アイデアがストックできる
  • 疲れた時や超面倒くさい時の、筋トレスイッチの入れ方が分かる
  • 筋トレが継続できるようになるまでの段階が分かる

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

この記事が、皆様の筋トレ継続のお役に立てれば幸いだ。

 

 

スポンサー様
 

 

自宅筋トレが継続しづらい理由

自宅筋トレが継続できない理由

 

では早速、始めさせていただこう。

まず最初に、自宅筋トレの問題点から見てみよう。

 

自宅で筋トレが継続しづらい理由。

それには、以下の2つの問題点が待ち構えている。

 

自宅で筋トレ出来ない2つの理由

 

一つは、当然ながら筋トレ自体の面倒くささ

これは後述する対処法にて、華麗に撃沈させよう。

 

ここではまず最初に、自宅環境の問題点から克服しよう。

この点が非常に重要であり、まずはその対策を講じる必要がある。

 

そしてこの問題点は、そのまま筋トレの面倒くささに直結する。

我々自宅トレーニーたちが抱える、克服すべき問題なのだ。

 

そのため、まずはデメリットを直視することから始めよう。

自宅トレーニングの弊害をリストアップし、全て対策を講じたい。

 

 

敵を知り己を知れば、100日筋トレ危うからず。

では早速、その問題点を洗い出してみよう。

 

自宅筋トレの問題点
  1. 冷蔵庫が近く、水分補給と称した休憩が多い
  2. 携帯電話が近く、SNSなどを見ながらやってしまう
  3. 同居人がいる場合、ご飯などの予定を合わせる必要がある
  4. 部屋の汚れが気になる
  5. LINE等の各種連絡に、即気づいてしまう
  6. 見たい番組に間に合わせようと、筋トレが適当になる
  7. 監視の目がなく、いつでもソファーにダイブできる
  8. 祖母に「あんたケンカでもするんか?」と言われる
  9. その他、本能を揺さぶる誘惑がとにかく多い

 

何という問題パラダイス。

 

筋トレの面倒くささを加速させる、これらの要素。

これらの問題点は、実体験と筋トレ仲間達が教えてくれたものである。

 

確かにこれほど問題が山積すれば、面倒くささに拍車がかかる。

これらの自宅筋トレの問題点は、早急に解決するべきである。

 

自宅筋トレの問題点

 

では早速、これらの自宅環境の問題点を解決しよう。

全て解決できなくとも、できるだけ克服しておこうではないか。

 

スポンサー様
 

 

自宅筋トレにおける環境の改善

 

では早速、これらの問題点を一つづつ解決してしまおう。

少しの工夫で改善できる問題点も、意外と存在するのだ。

 

冷蔵庫が近く、水分補給と称した休憩が多い

 

筋トレにおける冷蔵庫の存在は、まさに魔物。

一度開けると、夕飯や夜の晩酌などに意識は吹っ飛んでしまう。

 

そのため、筋トレ前には専用の水分補給ボトルを用意しよう。

できれば筋トレ感を演出できる、イケてるボトルを選ぶと良いだろう。

 

自分いま、筋トレやっとりますから。

時には自分自身に対する、そういった演出も大切だ。

 

携帯電話が近く、SNSなどを見ながらやってしまう

 

これに対しては、電源を切ってしまおう。

そうすれば、筋トレだけに集中できる環境が整うだろう。

 

しかし、音楽を聞きながら筋トレをする場合もあるだろう。

その場合はイヤホンをBLUETOOTHに変え、スマホ自体を遠ざけよう。

 

たしかに筋トレ中の音楽は、個人的にもとてもお勧め。

そのため、スマホを使いたくなる状況を回避することをお勧めしたい。

 

同居人とのご飯などの予定を、合わせる必要がある

 

これは正直、ご家庭における優先順位の問題である。

筋トレとご家族様のご予定を戦わせると、一気に雰囲気が悪くなるだろう。

 

そのため、この場合は食事等のスケジュールを把握すること。

そして事前に、余裕を持って筋トレを開始することが正攻法だとされる。

 

しかし中には「給料日だから焼肉行くぞ!」と、トリッキーなお誘いをしてくるパパ上もいらっしゃるだろう。

その場合は予定した筋トレ内容が果たせず、一気にモチベも下がるだろう。

 

ただこの場合にも、対処法は存在する。

少し長くなるため、本記事の後半で後述させていただきたい。

 

部屋の汚れが気になる

 

そして意外と大切なのが、お部屋の掃除である。

特に腹筋ローラー時に視界に入る毛髪類には、憎悪すら湧いてしまう。

 

コロコロする前にコロコロを。

 

腹筋ローラーを使用する前に、その視界を綺麗に整える。

このキャッチフレーズと共に、心地良く筋トレに励もうではないか。

 

LINE等の連絡に、即気づいてしまう

 

以外と高確率で邪魔をする、これらの通知音

これは超重要な連絡が来る可能性がなければ、音を消そう。

 

大抵のスマホなら、その音設定も瞬時に可能である。

逆に少し待たせる方が、愛情も爆増するかもしれない。

 

見たい番組に間に合わせようと、筋トレが適当になる

 

筋トレを上回る重要イベントがある場合、どうするか。

ミュージックステーションに、AAAが出演することもあるだろう。

 

これも前述のご家族様との食事と、同じ問題点である。

つまり時間の圧迫感による、筋トレのモチベダウン問題だ。

 

この解決策も、後ほど詳しくご説明させていただきたい。

後回しばかりな私を、どうぞお許しいただきたい。

 

祖母に「あんたケンカでもするんか?」と言われる

 

大事な人を守るためなんやで。」と祖母に伝えよう。

恥ずかしくなければ。

 

監視の目がなく、いつでもソファーにダイブできる

 

これは、筋トレ部屋をつくるのが一番手っ取り早い。

 

ベットやソファーがあると、思わず腰かけてしまう。

そんな経験をお持ちなら、とにかくそれらの楽園から距離を置こう。

 

つまり筋トレだけに集中できる環境を、しっかり整える。

もし1Kにお住いの場合、洗面台などの鏡の前でやる方法もお勧めである。

(※ダンベル等を使用する場合)

 

その他、本能を揺さぶる誘惑がとにかく多い

 

とにかく誘惑の多い、自宅環境。

時にはスラムダンクを手に取り、豊玉戦を読み切るかもしれない。

 

しかしこれは、もはや自宅環境では避けられないこと。

心地良く過ごす環境である自宅に、無いはずのない要素なのだ。

 

つまりこれらは、既に自身のメンタルの問題

筋トレをしない理由を探し求める、めんどくさがりな部分なのだ。

 

筋トレをしない理由を探す図

この問題は、次のセクションにバトンタッチ。

いくら部屋の環境を変えようとも、なかなか克服しずらい問題である。

 

 

ではここからは、自宅の問題を飛び出そう。

そして冒頭でお伝えした、筋トレ自体の面倒くささを克服しよう。

 

ここからは、賛否両論分かれまくるメンタルテク

是非一つの意見として、ご活用いただければ幸いだ。

 

スポンサー様
 

 

自宅筋トレを毎日継続する方法

自宅筋トレを毎日継続する方法

 

環境以外のメンタル課題。

 

自宅筋トレを、毎日継続するためには。

自分自身のメンタルを、筋トレに向けることが大切だ。

 

いつ筋トレをさぼったか、そしてそれは何故だったのか。

過去の自分を振り返り、その原因をしっかりと探ってみる。

 

 

すると次第に浮き彫りになる、筋トレへの抵抗感。

筋トレを断念した日には、ある2つの特徴が散見される。

 

筋トレを断念した日の図

 

この何ともそれっぽい、二つの理由。

しかし何度考えても、これらの要素はとても重要。

 

そしてこれらの問題点は、それぞれ細かな要素で構成される。

ではここから、各要素を詳しく分解してみよう。

 

ゴールが見えていない

 

まずこれは、筋トレを怠った日に共通する欠落点だ。

なぜ自分は筋トレを行うのか、その意味合いを見失っていたのだ。

 

ただこれは、筋トレ自体の目的を失っていたわけではない。

その日の筋トレ目的が、欠落していたのである。

 

最終的にこうなりたい!という、筋トレ全体の目的は持っている。

失われていたのは、その日に筋トレを行う目的なのだ。

 

なぜ今日、私は筋トレをする必要があるのか?

今日筋トレをすれば、一体何がどうなるんだ?

 

そんな想いが、ふと脳裏をよぎる。

そして些細なきっかけで、右手のダンベルを床に置いてしまう。

 

筋トレをさぼった図

繰り返しになるが、筋トレ全体の目的ははっきりしている。

ただ、その日に筋トレをする明確な目的が不足していたのだ。

 

つまり大切なのは、2つの要素

筋トレ全体の目的」と「その日筋トレを行う目的」である。

 

筋トレの二つの目標

 

今日は足が筋肉痛だから、徹底的に上腕を鍛えよう。

そうすれば、一週間全体で3カ所を筋肉痛に陥れられる。

 

明日は飲み会があるから、今日の内に全身をやっておこう。

晩御飯までの時間を逆算すれば、17時には始めたい。

 

このような、筋トレに対する一日単位の具体的な目的。

これらが確定していない時、自宅筋トレは高確率でおさぼられる。

 

今日やらなくても、問題ないんじゃない?と。

耳元で囁く筋トレ三日坊主に、私は立ち向かう武器を失っていたのだ。

 

耳元で囁く筋トレ三日坊主

 

日々の積み重ねが、将来の体を作る。

 

それはもちろん超同意するが、同時に机上の正論かもしれない。

自分を動かす要素は、あくまで自分のメンタルが大きく占める。

 

そのためまずは、一日単位の筋トレ目的が大切になる。

それはどんなに些細な要素でも、私たちの背中を押してくれるだろう。

 

 

では一体、日々の筋トレ目的にはどんなものがあるだろう。

ざっとリストアップして、日々の自宅筋トレの目標に採用しよう。

 

効果的な日々の筋トレ目的
  • 一週間内で筋トレ部位を決め、その日だけで徹底的に行う
  • 週末の飲み会で暴れ狂うために、週〇回筋トレすると決める
  • 週の別予定を確認し、その日に筋トレすべき理由を探す
  • SNS等で自宅筋トレを予告し、実際に写真等を投稿する
  • 〇日間継続した!という、継続日数自体を目的とする
  • テンションの上がる晩御飯を設定し、筋トレによる相殺を狙う

 

いかがだろうか。

 

これらを一つでも定めれば、毎日の筋トレ目的がしっかり生まれる。

そしてそれらが徒党を組むほど、三日坊主はどんどんヘロヘロになるだろう。

 

様々な目標によりヘロヘロになる筋トレ三日坊主

しかしもちろん、これで十分ではない。

目的があるだけで筋トレできるほど、私は出木杉君ではない。

 

重要な要素である、一日単位の筋トレ目的を作ること。

そのパワーを最大化するために、もう一つ重要な要素がある。

 

 

それは、筋トレに対する興奮である。

この興奮がなければ、私たちは決して立ち上がれない。

 

ではこのもう一つの要素、筋トレへの興奮を詳しく見てみよう。

この興奮度により、達成率・継続率は大幅に変わるのだ。

 

スポンサー様
 

 

筋トレに興奮していない 

 

日々の筋トレへの興奮。

これはとにかく、むちゃ重要な要素である。

 

この要素について詳しく考える時、私はいつも想像をする。

それは日々筋トレをこなす、イケトレ達についてである。

 

このイケトレとは、イケてるトレーニーのこと。

彼らのストイックな生き様に敬意を払い、そう呼ばせていただきたい。

 

 

敬愛すべき、イケトレ達。

彼らの生活は、想像以上に明るさに満ちている。

 

彼らはなぜ、毎日筋トレを継続できるのだろう。

週末も例外なくジムに通い、時には自分の時間を削れるのだろう。

 

その理由には、様々な要素が絡みつく。

彼らのモチベ―ションには、様々な要素が影響しているのだ。

 

 

まず一つ目は、前述の日々の筋トレ目的

そして次に、全体の筋トレ目的

 

これに関しては、各人が明確なビジョンをお持ちである。

そしてそれぞれの確固たる意志が、彼らをダンベルへと歩ませる。

 

日々何をするか・将来どうなりたいのか。

今日トレーニングをすればどうなるか・しなければどうなるか。

 

そんな確固としたイメージを、常にお持ちになられている。

そのイメージ力もまた、彼らの強い武器である。

 

そして同時にジムやSNS仲間など、周囲の仲間の支えも強みの一つ。

お互いに励まし合える仲間は、そのまま筋トレ目的になるだろう。

 

 

でも待てよ。

 

彼らは最初から、筋トレに興奮していたのだろうか。

生まれながらに、輝かしい筋トレ街道が用意されていたのだろうか。

 

輝かしい筋トレ街道

 

いや、恐らくそうではない。

彼らにも最初は、必ずおさぼりシーズンがあったはずだ。

 

もちろん中には、最初から筋トレを継続できる方もいらっしゃるだろう。

しかし大半の方は、何度も筋トレの面倒くささをご経験されているだろう。

 

ではなぜ、彼らはたどり着いたのだろう。

面倒くささを凌駕する、圧倒的な筋トレ興奮段階に。

 

 

筋トレやらなきゃ…。ではなく、筋トレやりたい!

プロテイン飲まなきゃ…。ではなく、プロテイン飲みたい!

 

そんな自分の優先順位を変える、筋トレ興奮段階。

彼らは一体なぜ、その段階にまでたどり着いたのだろう。

 

 

その大きな原因は、恐らく達成感

自分自身の変化を、心の底から実感しているからである。

 

引き締まった太腿四頭筋や、盛り上がった広背筋。

腕まくりした時のワイシャツから覗く、血管の走る上腕筋。

 

ふとした瞬間に感じる、過去の自分との相違点。

時にそれは、周囲から向けられる称賛の声かもしれない。

 

これらの達成感こそ、彼らを動かす原動力

その原動力が、イケトレ達を常に筋トレに興奮させる要素なのだ。

 

筋トレによる達成感

そして、この達成感。

人によって実感できる時間が、大きく異なる。

 

目的が高ければ高いほど、少しの変化では実感しづらく。

逆に現実的な目標になるにつれ、自身の変化を感じやすい。

 

そしてさらに、筋トレの頻度・負荷にも左右される。

筋トレが高頻度・高負荷になれば、当然達成感は早く訪れるだろう。

 

私たちをより強く動かしてくれる、達成感からの原動力。

イケトレ先輩達は、この達成感を常に感じ続けているのだろう。

 

 

そして、筋トレによる達成感を感じた後。

その達成感は、より強い要素に生まれ変わる。

 

筋トレによる達成感は、何に生まれ変わるのだろう。

それは次の段階、筋トレを継続する目的である。

 

筋トレをすることではなく、筋トレを継続することが目的。

継続するからこそ意味がある!と、心底実感する段階である。

 

筋トレを継続する目的

 

筋トレの達成感が生み出す、筋トレを継続したい気持ち

この興奮段階は、色々な嬉しい気持ちを与えてくれる。

 

毎日筋トレを継続すると、こんなにも変化できた。

先月までなかった腹斜筋が、何とも嬉しそうだ。

 

やっぱり、毎日続けるって重要だな。

これからも筋トレ、毎日やろうかな。

 

 

そんな気持ちを呼び起こす、日々の筋トレの達成感。

継続から得られる達成感が、継続モチべに変わるのだ。

 

筋トレを継続するためのモチベーション

ここまでくれば、日々の筋トレはさらに達成しやすくなる。

あと一押しで、日々の筋トレは脳内で確固たる地位を占めるだろう。

 

 

そして更に。

 

この筋トレを継続する目的は、次の段階に進化する。

この最終形態こそ、イケトレ達の持つ最強の武器である。

 

それは、筋トレへの義務感。

筋トレやりたい!から、絶対やらなきゃ!にまで進化する。

 

変化する継続目的

 

ここまでくれば、もう怖いものなしだ。

日々の筋トレを継続する、最強パートナーになるだろう。

 

 

ただし。

 

この表現には、確かに語弊が多数ある。

別に義務感でやってねぇわ!というご意見を、二兆個頂戴するだろう。

 

その点に関しては、誠に申し訳ない。

その攻撃力の高そうなダンベルを、そっと床に置いて欲しい。

 

しかし私のボキャブラリーでは、この表現が最も近い。

職人の持つ責任感に近い、何かしらの圧力を表現したかったのだ。

 

 

この、筋トレへの義務感

必ずしもブラック企業のそれの様な、嫌悪感のある圧力ではない。

 

なぜならこの義務感は、多数の要素で構成されているから。

そしてその各要素が、時に良影響を与えてくれるからである。

 

それは例えば、以下の様な要素である。

 

様々な要素で構成される義務感

 

生物Ⅰの様な図を描き、誠に申し訳ない。

 

ただご覧の様に、筋トレへの義務感には多数の要素が存在する。

そしてそれぞれの要素が、私たちを駆り立ててくれる。

 

決してお仕事の様な、圧迫的ではない筋トレへの義務感。

その各要素に共通する点とは、守る気持ちである。

 

得た物を失いたくない気持ちや、過去に戻りたくない気持ち。

そして時にその気持ちは、更なる高みを目指させてくれる。

 

最高に心地良かった、引き締まった肉体。

過去の自分と比較して、にひひと笑う嬉しい瞬間。

 

その変化を一度感じたら、もう過去には戻りたくない。

腹の上のポニョと可愛く揶揄された、あの暗黒時代。

 

 

そしてその快感は、一度体験すれば脳に宿る。

それは強い継続意思となり、イケトレ達への切符となるだろう。

 

筋トレを継続しようとする強い意志

これぞ、私たちが狙う最終ステージ

ここまで逃げ切れば、きっと日々の自宅筋トレは継続できる。

 

長ったらしく書き、誠に申し訳ない。

つまり簡単に言えば、こう言うことである。

 

筋トレを継続することの目的の進化
  • 日々の継続に繋げるには、少なからず達成感が必要
  • 達成感を感じられるのは、自分が成長した時
  • 自分の成長を感じるには、人により大きな差がある
  • 成長を感じるには、時に高頻度・高負荷が効果的
  • 一度感じた達成感は、筋トレを継続する目的に進化する
  • 一度継続できると、それが大きな達成感に進化する
  • そして大きな達成感は、筋トレへの義務感に進化する
  • 筋トレの義務感は決して悪いものでなく、強い意志となる

 

つまり、こういう事である。

 

これ先に書けや!

そう仰るお気持ち、全力で賛同したい。

 

ただ一度、どうしてもこのテーマについて以前から書きたかったのだ。

だからこそ、ちょっと長く書かせていただいたのだ。

 

 

では最後に、これらの要素を含めて。

筋トレに興奮するポイントをまとめてみよう。

 

私自身、もっと筋トレに興奮したいんだ。

はぁはぁ。(ど変態)

 

スポンサー様
 

 

 

自宅筋トレに興奮するポイント

自宅筋トレに興奮するポイント

 

自宅筋トレで興奮する。

 

その前向きなメンタル状態は、きっと役に立つ。

日々の自宅筋トレの、最初の一歩を踏み出させてくれる。

 

ではここで、その具体的な方法を見てみよう。

前述の要素を加味した、人の意識に根付く要素ばかりである。

 

自宅筋トレに興奮するためのポイント
  1. 変化を感じるため、日々の写真を撮影する
  2. 達成感をいち早く感じるため、負荷が高めのメニューから行う
  3. 時間に圧迫されないよう、5分・10分用のメニューを作成する
  4. 回数で慣れないよう、時に回数を減らし動作を緩やかにする
  5. ナルシストと呼ばれようと、時に鏡の前で筋トレする
  6. 自分を盛り上げるために、スポーツグローブを装着する
  7. 筋トレ後の糖質用に、少し糖質のある美味しいご飯を用意する
  8. どうしても興奮しない時は、作業興奮を活用する

 

では早速、それぞれを細かく見てみよう。

この中で一つでも、皆様にやり易いものがあれば幸いだ。

 

変化を感じるため、日々の写真を必ず撮る

 

筋トレ後の引き締まった体を、どや顔で撮影する。

これは達成感を感じるために、大変大切な工夫である。

 

自身の変化を実際に目視で確認すれば、筋トレへの興奮も増加する。

また同時に、周囲の客観的な評価をいただくことも出来る。

 

しかし嫌がる人々に対して、自身の筋肉を見せつけることはご法度だ。

筋肉見せつけ係長などと、給水室で揶揄される恐れもある。

 

あくまでも、自分自身が達成感を感じるための写真撮影。

筋トレ仲間やご理解のある方以外への開示は、どうぞ控えめに。

 

負荷が高めのメニューから行う

 

これは筋トレに対して、なかなか興奮できない時にお勧めだ。

特に時間がない時や、早急に空腹感を満たしたい時に効果がある。

 

それは筋トレの達成感の一つである、筋疲労を早めに感じること。

筋トレしている!」と体が理解し、それは更なるモチベとなる。

 

 筋トレが面倒くさい時に、きつくない30回の腹筋は義務感に近い。

そんな場合は、この筋トレのご褒美である疲労感も有効だ。

 

ただし、これはあくまでも筋トレへの興奮を呼び起こす目的

その順序が効率的な筋成長を目的としていない点は、ご理解いただきたい。

 

5分・10分用のメニューを作成する

 

個人的には、これが最も効果がある筋トレ興奮メソッド。

これは先述の時間がない時を想定した、対処方法である。

 

急なご飯のお誘いや、絶対に外せないテレビ番組など。

私たちの生活には、筋トレを優に超える優先順位が存在する。

 

そんな時に狙うのは、あくまでも一挙両得

その行動を選択しつつも、筋トレも継続する。

 

しかし時間がない時には、長時間の筋トレは物理的に不可能。

そのため、5分~10分の筋トレを事前に用意しておくのだ。

 

そうすれば、どんなに短い時間でも興奮は失われない。

むしろわずかな時間でも筋トレをする、ご自身をべた褒めだろう。

 

短い時間でも筋トレを達成する図

しかし短時間の筋トレの際にも、必ずストレッチ等はお願いしたい。

小鹿の様な足腰で、大切なご予定に向かうわけにはいかないだろう。

 

時に回数を減らし、動作を緩やかにする

 

こちらの方法も、筋疲労による達成感を感じるための方法。

回数で縛るのではなく、あくまでも効いてる!と感じるための方法だ。

 

100回の腕立てを高速度でやらず、30回のプッシュアップを極めてゆっくりと。

時には亀すらも驚愕するような、ねっとりとした速度で試してみよう。

 

すると自覚する、自身の筋肉の動き方

それは達成感だけではなく、筋トレフォームの再確認にも繋がるだろう。

 

ナルシストと呼ばれようと、時に鏡の前で筋トレする

 

体の動きを確認しやすい、鏡を見ながらの運動。

これも前述と同じく、筋トレによる筋肉の動きを確認するもの。

 

それはダンベル等の高負荷な運動だけでなく、緩やかなストレッチにも効果的だ。

日々の筋トレに、一体どんな効果があるのかを先に確認しよう。

 

一度その動きを理解し、日々の筋トレ中にそれを反芻する。

今あの筋肉が動いているな?」と、マニアックな微笑みが炸裂するだろう。

 

スポーツグローブを装着する

 

これはただ単純に、やり易さの追及自分を盛り上げるため

一度着ければ止められない、かっぱえびせん的なグッズである。

 

まだご体験されてない方は、ちょっとご検討されて欲しい。

きっと今までにない、心地良いダンベルライフを送れるだろう。

 

 

少し糖質のある美味しいご飯を用意する

 

これは、私の様な腹ペコキッズにお勧めの方法。

筋トレ前後のカーボ(糖質)摂取を理由とした、ご褒美の作成だ。

 

個人的に筋トレを辞められない、もう一つの理由。

それが、日々の筋肉トレーニングによる糖質の消費だ。

 

簡単に言えば、筋肉の増強に適度な糖質は欠かせない。

その糖質の消費を目的として、事前に適度にカーボご飯を用意するのだ。

 

大好物のたらこおにぎりや、ぐうの音も出ないとんこつラーメン。

筋トレで消費された糖質を、直後の食事で補給する。

 

 

そしてこの時に大切なのは、逆転の発想

もし筋トレをさぼれば、この糖質は全て貯蓄されるという発想である。

 

筋トレをバリバリ行えば、大変美味しい素敵な夕食。

事前に作った糖質モリモリのご飯も、素敵なお仲間だ。

 

しかし逆に筋トレをさぼり、ただ食事をとるのなら。

それはきっと、ダブルの罪悪感が私を襲うだろう。

 

虚無感に襲われるおさぼりご飯直後

その背水の陣こそ、糖質モリモリご飯の最大の特徴。

筋トレ前に事前に用意すれば、きっと我々を監視してくれるだろう。

 

作業興奮を活用する

 

そして次に、最強に便利な筋トレ興奮メソッド。

それが人類の友、作業興奮先生である。

 

簡単に言えば、人の脳は作業するにつれて興奮するもの。

たとえ10秒でも、やり始めればそのスイッチはONになる。

 

その10秒が仮に微弱な力だとしても、15秒後には更に大きくなる。

そして人は30秒程度の作業なら、容易にこなせるものである。

 

だから、まずは何も言わずに10秒のスクワットを。

そして段々と入る興奮スイッチを、30秒まで継続させよう。

 

そうすればきっとオンになる、私たちの作業興奮スイッチ。

このスイッチ無しで、私は日々のお仕事を達成する事は出来ない。

 

人類の最高の恩師、作業興奮先生

これからも不徳な私を、どうか見守っていてほしい。

 

作業興奮先生による励まし

 

筋トレって最高だ。

これから私は、どこまで成長できるのだろう。

 

現在、日曜日以外の約1年半継続している自宅筋トレ。

決して長い期間ではないが、これらの発想が少なからず助けてくれた。

 

この記事を、自分自身の備忘録として書かせていただいた。

少しでも、皆様のお役に立てれば大変嬉しい。

  

 

ここまで読んでくれて、本当に有難う。

良かったら、こちらの低糖質レシピサイトにも遊びに来てね!

 

 

じゃ!

良き筋トレライフを(*‘∀‘)!

 

でも、やりすぎないでね!