ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

心の友よ。絶品鶏むねひき肉・ミンチの人気ダイエットレシピ19選と三大魅力!



鶏むねひき肉・ミンチの人気ダイエットレシピ

 

100g48円。

 

スーパーの特売日に人々が群がる、魅惑のPOP。

これほど魅力的なキャッチコピーが、この世にあるだろうか。

 

ダイエットにも最適な、GOODボタン連発食材鶏むねひき肉

本日はその人気ダイエットレシピをご紹介しよう。

 

そしてなぜ、私がこれほど鶏むね肉を愛してやまないのか。

その推し理由も、こっそりお話させていただきたい。

 

この記事をお読みいただくと
  • 鶏むねひき肉・ミンチの人気ダイエットレシピを沢山ストックできる
  • 鶏むねひき肉・ミンチの三大推しポイントが分かる

 

良かったら、ご覧いただけるだろうか。

週末のコストコが、ディズニー並に楽しくなりますように。

 

 

スポンサー様
 

 

鶏むねひき肉・ミンチ人気ダイエットレシピ19選!

f:鶏むねひき肉・ミンチ人気ダイエットレシピ19選!

 

ではまずは、皆様にこちらからご覧いただきたい。

ダイエットにも最適な鶏むねひき肉・ミンチレシピのご紹介である。

 

柔らかく、そしてハイボリューム。

育ち盛りの皆様にも最適な、高たんぱく・高栄養な逸品ぞろいである。

 

味噌チーズ鶏サンドのカレーマスタード(糖質6.9g) 

味噌チーズ鶏サンドのカレーマスタード(糖質6.9g)

 

ご褒美的な、豪奢な旨み。

そんな表現がふさわしい、おもてなし鶏ミンチレシピがある。

 

それがこの、味噌チーズカレーチキンサンド

名前に税金がかけられそうな、何とも違法な美味しさである。

 

時間:13分 費用:200円 糖質:6.9g タンパク質:48.1g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

栄養山盛りブロッコチキンのチーズ揚げ団子(糖質4.6g)

栄養山盛りブロッコチキンのチーズ揚げ団子(糖質4.6g)

 

見えているのに、食べてしまう。

ブロッコリー嫌いのお子様も引き寄せる、謎の引力。

 

その引力の正体は、鶏胸の柔らかさと野菜の濃い旨み

なんとも不思議な食感に、お弁当にも大変人気の逸品だ。

 

時間:15分 費用:250円 糖質:4.6g タンパク質:27.7g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

カリッと山椒マヨ揚げサバチキンボール(糖質5.8g)

カリッと山椒マヨ揚げサバチキンボール(糖質5.8g)

 

揚げで際立つ、サバチキン。

濃い旨みに酔いしれたい時、この山椒マヨボールはいかがだろう。

 

旨みのポイントを探さずとも出会う、濃い味のオンパレード。

時に一人で嗜みたくなる、シックに香る逸品だ。

 

時間:10分 費用:250円 糖質:5.8g タンパク質:34.0g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

スイチリマヨの油揚げチキン生姜ロール(糖質8.9g)

スイチリマヨの油揚げチキン生姜ロール(糖質8.9g)

 

快感に近い、食べやすさ。

そのひょいパク感が手伝い、マッハで売り切れる大皿レシピ

 

周囲の油揚げがチキンを支える、食材を超えた夢の競演。

皆様の冷蔵庫にもお住まいかも知れない、近な食材達の逸品だ。

 

時間:7分 費用:200円 糖質:8.9g タンパク質:44.7g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

 

オイマヨ鯖缶チキンの辣油酢胡椒ロール(糖質5.3g) 

オイマヨ鯖缶チキンの辣油酢胡椒ロール(糖質5.3g)

 

未体験のサバ水煮缶。

まだまだ旨みを隠している、鶏むね&魚介系コラボレ―ション。

 

ピリ辛酢醤油ラー油でいただく、この陸&海共同作品。

王者ツナマヨに似た、一口単位でグッとくる逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:5.3g タンパク質:40.0g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

スポンサー様
 

 

海老プリチキンの大葉マヨ柚子胡椒(糖質7.2g)

海老プリチキンの大葉マヨ柚子胡椒(糖質7.2g)

 

チキンと海老に、何があった。

人には言えない過去を疑ってしまう、二つの食材の相性の良さ。

 

鶏むねミンチの滑らかな肉質に、プリッと弾ける海老食感。

最後に柚子胡椒マヨに絡めれば、ご主人の箸が乱れ太鼓となるだろう。

 

時間:8分 費用:250円 糖質:7.2g タンパク質:38.5g (※1人分)

簡単さ ★★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

アンチョビチーズのメレンゲメンチ(糖質4.2g)

アンチョビチーズのメレンゲメンチ(糖質4.2g)

 

お通しが合体したような旨み。

これはお酒をたしなまれる方にも、最適な味わいである。

 

メニューにあれば呼び鈴を押してしまう、アンチョビチーズ

素敵な珍味達を、柔らかな鶏むねミンチに溶かし込もう。

 

時間:10分 費用:300円 糖質:4.2g タンパク質:39.8g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

 

白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープ(糖質7.7g)

白湯塩バターのほうれん鶏つみれスープ(糖質7.7g)

 

暴れたい年頃のエキス。

そんな表現が似合う、このバター白湯チキン団子

 

お風邪を召された時に、是非お作り頂きたい。

いやむしろ、元払いで皆様にお送りしたい栄養満点の逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:7.7g タンパク質:34.9g (※1人分)

簡単さ ★★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

至福の椎茸ピーマン鶏マヨガーリック(糖質4.4g)

至福の椎茸ピーマン鶏マヨガーリック(糖質4.4g)

 

地味な味だと思ったか?

まるでマフィアの様な口調で、話しかける椎茸チキン。

 

しかし一口食べると、その衝撃の味わいに愕然とする。

地味な雰囲気が一転、喜びの食卓へとモデルチェンジするだろう。

時間:18分 費用:200円 糖質:4.4g タンパク質:27.8g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグ(糖質5.9g)

柚子胡椒チーズの旨み大根つみれバーグ(糖質5.9g)

 

豚肉君には、真似できませんよね。

生意気な鶏むねミンチが、柔らかなハンバーグに激変する。

 

それはきっと、大根おろしの柔らか酵素が手伝っているから。

野菜と鶏むね肉の旨みが絡む、大変簡単な逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:6.2g タンパク質:38.5g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

お弁当にカレーカマンベールのナス鶏つくね(糖質5.3g)

お弁当にカレーカマンベールのナス鶏つくね(糖質5.3g)

 

カマンベールの人気就職先

それはまろやかさに心奪われる、この茄子ナゲットかもしれない。

 

全ての一口の中に、確実に入り込む茄子とチーズ

ただでさえ柔らかな食感が、乳化で究極進化する逸品だ。

 

時間:8分 費用:200円 糖質:5.3g タンパク質:40.9g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

スポンサー様
 

 

ふんわり辛みの皮なし粗びきチキンチョリソー(糖質5.8g)

ふんわり辛みの皮なし粗びきチキンチョリソー(糖質5.8g)

 

程よい辛みで、食欲猛進。

新しいソーセージの旨みを、新しい食感で満喫する。

 

マスタードとの相性も良い、チキンベースのちょい辛チョリソー

クミンの香りが鼻に抜ける、少しの焦げ目が美味しい逸品だ。

 

時間:10分 費用:150円 糖質:5.8g タンパク質:25.3g (※1人分)

簡単さ ★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

胡麻マヨ味噌一味のゴーヤチキン団子(糖質5.9g)

胡麻マヨ味噌一味のゴーヤチキン団子(糖質5.9g)

 

ソースがずるいっすよ。

思わずそんな感想が飛び出す、味噌ベースのお包みソース。

 

ゴーヤのシャキシャキ感を、鶏むね肉にマッチさせる。

今年のゴーヤとのお別れが寂しくなる、苦みも美味しい逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:7.0g タンパク質:37.5g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

絶品スイチリ胡麻味噌エノキ鶏団子(糖質7.0g)

絶品スイチリ胡麻味噌エノキ鶏団子(糖質7.0g)

 

栄養MAX・かさまし美学。

鶏むねミンチの最高パートナー、それはかさましエノキ。

 

全く茸感を感じさせない、ほろりとした舌触り。

まさかの食感で会話も弾む、皆様にお届けしたい逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:7.0g タンパク質:37.5g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

エノキチーズの大盛りオーブン鶏ナゲット(糖質8.3g)

エノキチーズの大盛りオーブン鶏ナゲット(糖質8.3g)

 

より簡単に、よりヘルシーに。

油も使わない、さらに食べやすいエノキ鶏ミンチが存在する。

 

今秋ハリウットがお贈りする、待望のえのきチキン第二弾

その衝撃の利便性に、貴方は耐えられるか。

 

時間:27分 費用:200円 糖質:8.3g タンパク質:33.0g (※1人分)

簡単さ ★★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

絶品大葉油揚げ山椒チーズサンド(糖質4.4g)

絶品大葉油揚げ山椒チーズサンド(糖質4.4g)

 

マヨ山椒で、至福の家飲み。

大葉とチーズを皿に挟み込み、完璧な布陣で攻め立てる。

 

油揚げに包み込むことで、とことん柔らかい舌触りに。

大人の階段がエスカレーターになる、何とも便利な逸品だ。

 

時間:8分 費用:250円 糖質:4.4g タンパク質:40.3g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

スポンサー様
 

 

アボカドチーズの絶品カレーチキンロール(糖質4.0g)

アボカドチーズの絶品カレーチキンロール(糖質4.0g)

 

好みを反映させ尽くした味。

個人的な好みを凝縮した、このアボカドカレーチーズチキン

 

そのネーミングからもご理解いただける、カレーチーズの容赦のない旨さ。

古くから愛される組み合わせに、食卓で前のめりになる逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:8.1g タンパク質:40.7g (※1人分)

簡単さ ★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

お弁当最適なツナ豆腐チキンナゲット(糖質8.1g)

お弁当最適なツナ豆腐チキンナゲット(糖質8.1g)

 

凝縮した、豆腐とチキンの旨み。

閉じ込められたツナの旨みに、淡白な旨みが呼応する。

 

一つ交換しよう!の提案が、築地の如く連打する。

まるで絹の様な舌触りで、お弁当の主役となる逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:8.1g タンパク質:40.7g (※1人分)

簡単さ ★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

豆腐チーズバーグのスイチリバター醤油(糖質4.8g)

豆腐チーズバーグのスイチリバター醤油(糖質4.8g)

 

あいつ、いつも一番だよな。

音速バーグの称号を獲得する、この豆腐チキンバーグ。

 

最短行程で攻める、王道ながら最も無駄のない調理工程

お豆腐の食感がほとんど気にならない、かさまし度も高い逸品だ。

 

時間:10分 費用:200円 糖質:4.8g タンパク質:31.4g (※1人分)

簡単さ ★★★★★

 

~ 詳細レシピ ~

 

スポンサー様
 

 

鶏胸ミンチを推す3つの魅力!

鶏胸ミンチを推す3つの魅力!

 

やはり鶏むねミンチって、最高だ。

もし生まれ変わるなら、鶏むねミンチの列に並びたいくらいである。

 

ただ、しかし。

 

私はなぜこれほどまでに、鶏むねミンチに惹かれているのだろう。

この世には他にも、数多のナイス食材達があると言うのに。

 

その理由は、ズバリ以下の3つの魅力

これらの要素が、私がノールックで鶏むね肉をかごに入れる理由である。

 

鶏むねミンチ3つの魅力

 

では早速、それぞれを詳しくご紹介させていただきたい。

狂ったように鶏むねミンチを作る、その最大の理由をお伝えしたい。

 

価格が断然お安い

まず最初は、その圧倒的な価格の安さである。

これは先日マイクラ用にPCを購入した私には、大変ありがたい。

 

まず鶏むね肉ひき肉は、最初からミンチ状の製品が主流である。

その価格は約100g130円と、お世辞にも安いね大将!とは言えない価格である。

 

さらにこれには保存剤や増強剤として、結構色々入っちゃっている事が多い。

あまり過度に反応したくはないのだが、結構色々入っちゃっているのだ。

 

そのため私は良く、鶏むね肉100g48円をセルフミンチにする。

すると通常価格の約半額で、安全な鶏むねミンチを自作できる。

 

価格が断然お安い

 

そしてその工程は、それは思ったより簡単。

皮を取った鶏むね肉は、マッハで大量の鶏むねミンチに変身する。

 

その際に愛用するのは、粗びきならばぶんぶんチョッパー

絹のような柔らかさを楽しむなら、通常のフードプロセッサーで余裕である。

 

特にぶんぶん先生は数十秒で完成する、もはや匠の利便性

そのお手軽さは、ぶんぶん症候群と呼ばれる中毒症状に悩まされる。

 

ちなみに私もその患者の一人であり、専門記事も書かせていただいた。

お時間のある際にでも、宜しければご覧いただきたい。

 

 

安全性が高い

まず最初は、やはり常食としての安全性の高さである。

良質なたんぱく質である事に加えて、これは外せない要素である。

 

まず普段のメイン食材には、豚肉・牛肉・鶏肉・魚肉などある。

そしてこの各食材に、一定の危険性が危惧されている。

 

それは遺伝子組み換え飼料やホルモン剤などの、成長・育成促進剤

さらに大量飼育等などを原因とする、飼育環境の衛生問題に由来する。

 

そしてこれらは、普段の生活で100%回避することは極めて難しい。

そのため私たちは、できる限りいい感じの安全性を求めるべきだろう。

 

 

その点、鶏むね肉は安全性の比較的高い国産地鶏を手に入れやすい。

AMAZONなどで注文しなくとも、ダイエーなどでも容易に出会える。

 

さらにJASマーク※の付与された鶏むね肉でも、比較的安価で購入できる。

これぞ私たちが毎日続けられる、いい感じの安全感ではないだろうか。

※JASマーク:商品の品質や製造工程が保証された認証マーク

 

安全性が高い

 

もちろん鶏もも肉などでも、ハラールマーク等の安全性に関する証明は存在する。

ただ今回は全体的な利便性の良さから、鶏むね肉をプッシュさせていただきたい。

 

グッと柔らか美味しくなる

そして最後は、その柔らかさ+美味しさである。

これは通常の鶏むね肉とはひと味違う、極上の食感体験である。

 

鶏むね肉は、低脂肪で固い。

 

その一般的な見解は、きっと古くからある。

それは確かに事実であり、柔らかく仕上げるには工夫も必要である。

 

その点、鶏むね肉ミンチはその名の通りミンチである。

つまりお肉の隙間に、柔らか調味料入れ放題なのだ。

 

グッと柔らかく、美味しくなる

 

チーズや塩麹、スイチリマヨにアボカドペースト。

時にエビや片栗粉も潜み、全力で鶏むね肉を柔らかくする。

 

鶏むねステーキには出来ない、この社交的な柔らか術

この他の食材・調味料との絡め技が、絶品テイストを引き出してくれるのだ。

 

そしてそれが意味することとは、組み合わせが無限ということ。

時にブロッコリーやセロリなど、やんちゃなタッグも名作へと進化する。

 

 

淡白な味付けに、最高の調味料たち。

ぜひその奇跡の組み合わせを、ご自身でも模索して頂きたい。

 

鶏むね肉を柔らかくする方法はこちら!

 

 

鶏むねミンチっていいよね。

 

これから私は、どれほどミンチするのだろう。

そして子供の初料理でも、ミンチさせちゃったりするかもしれない。

 

そして我が子の一人暮しの時にも、ぶんぶんチョッパーを持たせるかもしれない。

そう考えると、何だかフライングで泣けてきた。(注:未婚)

 

 

ここまでお読みいただき本当に有難う。

良かったら、こちらの低糖質レシピサイトにも遊びに来てね!

 

 

じゃ!

鶏ミンチしまくってね( ゚Д゚)!

(怖い)