ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

さよなら頑固な鏡うろこ!10年物汚れも劇的に落とすグラスパワーとアレ!【閲覧注意】

さようなら、長年の鏡うろこ
※2018年10月14日更新【最新情報追記!

さようなら、長年の鏡うろこ。

こんにちは、ぺかペかミラー。

 

私たちを悩ませ続ける、お風呂場の水垢。そしてそのボス的存在、うろこ

 

あの鏡うろこを消し去れれば、私たちはもっと快適になる。いつでも綺麗な鏡に、ご家族が映し出されるのだ。

 

本日は、長年の超頑固な鏡うろこを徹底して落とす術をご紹介したい。費用は約1000円~2500円、作業時間は約30分である。

 

良かったら、ご覧いただけますでしょうか。写真付きで分かり易く、最高に簡単に説明させていただきます!

 

スポンサー様
 

 

長年の超頑固な鏡うろこを綺麗さっぱり落とす方法

長年の超頑固な鏡うろこを綺麗さっぱり落とす方法

 

我々を悩ます、頑固な鏡うろこ

 

奴に支配された鏡は、全く持って不快だ。ざらざらの表面に、鍛えた腹筋を映すことも出来ない。

 

あの不愉快な鏡うろこを、私たちは完全に排除しなければならない。それは、私たちが快適に暮らすためのお約束なのだ。

 

私の職場のシャワー室にも、恐ろしい鏡鱗が存在する。その歴史、なんと15年

 

こんなシャワー室で、良い仕事ができるわけがない。ついに我々は、この鏡うろこを完全に排除することにしたのだ。

 

クエン酸アルミホイルウォータースチーム…。

 

あまたの手段を使っても、奴はびくともしなかった。そんな彼に、我々は勝負を挑んだのだ。

 

まずは、そのおぞましき姿からご覧いただきたい。一体、この職場はどうなっているのだ。 

 

~閲覧注意~
頑固な鏡鱗 
 

これぞ、15年を超える鏡うろこ

 

もはや、モザイクすら必要ないレベルである。一体、どんな思念が入り混じっていると言うのだろう。

 

こんなモンスターに、一体私はどう立ち向かえばいいのか。今まで、数々のアイテムを駆逐してきた化け物なのだ。

 

 実は今回、私は耳寄りな情報を手に入れた。それは、ある業務用商品アレが使える気がするという情報だ。

 

私は藁にもすがる思いで 、迷いなくそれをぽちった。それがコチラの商品である。 

 

f:id:nekoyamachan:20170203202158j:plain 
 

業務用スケール除去剤、グラスパワー。Amazonでも圧倒的な高評価を得ている、ガラス洗浄の業務用商品だ。

 

お値段は約2000円程度。200mlという少量にも拘わらず、ずっしりとした重みが特徴である。 

 

グラスパワー 
 

まずは説明文を読んでみる。すると非常に丁寧な、この様な記載を拝見した。

 

説明文 『ガラス・鏡・ステンレスのうろこ状の汚れやくもり・硬質スケールを研磨除去。頑固な汚れには、二・三回繰り返し擦ってください』

 

なるほど。私が今、まさに欲しい効能が列挙されている。

 

この商品が、このモンスター化した硬質スケールを完全に除去してくれるのだ。何とも頼もしい限りだ。 

 

このモンスター化した硬質スケール

 

そして、これが付属のスポンジ。グラスパワーをタップリ塗り、これでわしわしと磨けばいいのだ。

 

なるほど、最高に簡単だ。これなら職場のシャワー室も、あっという間にぺかペかになるだろう。

  

しかし。

 

世の中そんなに甘くなく、これで15年物の鏡うろこがポロリと取れる訳がない。私がそう思ったのは、後輩からの貴重な意見が原因だった。

 

『それ、私使いましたよ。 200回くらい、こすりましたけどね。』

 

( ゚Д゚)!? 

 

に、200回だと!?まてまて、そんなにヘヴィなお仕事なのか!?

 

そもそも人は一回当たり、どのくらいの範囲をこすれるのだ?そう考えた私は、エアこすりをしてみた。

 

すると一こすりで届く範囲は、大体30cm(約900平方センチメートル)。30センチ四方で、200回こすると言うのか。

 

このシャワー室の鏡は、横2メートル縦1メートル。つまり、20000平方センチメートルだ。

 

これを公文式で培った計算能力で、はじき出すと…。私は4444回こすらなければならないのか。

  

果たして私に、その天文学的な回数の擦りは可能なのか。しおまねきのような右腕になりはしないか。

 

そう悩んでいる私に、部署の秀才が一言。彼は、最高に素晴らしいアイデアを授けてくれた。

 

ねこやまさん、いいアイデアありますよ!これ、使いましょうよ! 

 

ダイヤモンドのうろこ取り 
 

で、でた!!ダイヤモンドのうろこ取りだ!!

 

これは、表面にダイヤモンド粉末をコーティングしたスポンジ。最高に細かな表面が、あらゆるものを削り取るという売り文句だ。

 

しかし実は、これも過去に使ったことがある。シャワー室のモンスターと戦わせたことがあるのだ。

 

確かに、今まで使った中で最も善戦した商品ではある。ただ、超頑固な鏡うろこを取り払うには至らなかった。

 

しかし今回は、これを併用するのだ。単独で効果がなければ、ダブルアタックを試みればよいのだ。

 

なるほど、なるほど。

 

まさにうろこ取りにおける、ベジータと悟空。このタッグならば、もしや可能かもしれない。

 

このグラスパワーダイヤモンドスポンジを使えば!過去最高峰の戦いが出来ると言うわけか。

 

賢いよ、生駒君(*‘∀‘)!

 

ではまず、試しにダイヤモンドスポンジを単品で使ってみよう。これは少し水に濡らし、キュッキュと磨き上げるのだ。 

 

ダイヤモンドのうろこ取りだけで磨いてみる 
 

キュッキュ…。

 

うん。確かに少し白いエキス(スケールが取れている)のは感じる。

 

しかし、スポンジ越しのざらざらは一向に消えない。前回と恐らく、劇的な除去ではないのだろう。 

 

ダイヤモンドのうろこ取りだけで磨いてみる 
 

そして次に、約50回ほどこすり洗い流してみる。ある程度消える感覚が、ダイヤモンドスポンジ越しに感じる。 

 

しかしやはり、劇的ではない。少しはましになったが、完璧には程遠い出来だ。

 

長年の鏡鱗に対しては、4444回では済まないだろう。腕がもげるか、メンタルがぶち折れるかの結末を迎えるだろう。 

 

スポンサー様
 

 

ダイヤモンドスポンジ&グラスパワー実践 

こうなったら仕方がない、奴らを総動員しよう。グラスパワーダイヤモンドスポンジを!

 

グラスパワーとダイヤモンドスポンジ 
 

まず、最高に硬質スケールが集まっている場所を狙おう。こんな鏡うろこ、ある意味貴重なのではないだろうか。

 

待っていなさい。キミたちを、すべて無に帰してあげるからね。 

 

グラスパワーとダイヤモンドスポンジ 
 

まず、冬場なので鏡が非常に冷たい。そのため、お湯をしっかりかけて鏡を温める。

 

これは、硬質スケールに対しての働きかけではない。グラスパワーの効果を最大化するための下準備である。※商品にその旨の記載はありません。 

 

グラスパワーとダイヤモンドスポンジ 
 

そしてこのグラスパワー。実は、非常に垂れやすい。

 

200mlしかないのだから、効率的に使わなければならない。そのため職場の倉庫に行き、刷毛を持ってきたのだ。

 

これで少量でも、ダイレクトにしっかり濡れる。100均などでも購入可能なので、一つは持っておきたいアイテムだ。こういう小さな工夫って、非常に重要だよね。 

 

刷毛でしっかりと塗る
 

そしてこれを、良く温めた鏡に塗り塗り。湘南の海で女性に日焼け止めを塗るように、丁寧に塗り塗り。 

 

刷毛でしっかりと塗る 
 

さぁ、いざ勝負だ。15年を超える、最高に頑固な鏡うろことのデスマッチだ。

 

ダイヤモンドスポンジにも少し水をつけ、いざきゅっきゅ…。きゅっきゅ、きゅっきゅ…。 

 

徹底的に鏡鱗をこする 

きゅっきゅ…。

きゅっきゅ…。

 

……ん?

な、なんか…。

 

スポンジ越しのざらざらが…?

だんだんと無くなっていく…?

 

きゅっきゅ!

きゅっきゅ!!

(テンション上がってきている) 

 

徹底的に鏡鱗をこする 
 

約20回程こすって、シャワーを当てる。もうなんか…。水の向うの鏡が綺麗に…なってないか?

 

こんなにドキドキしたのは、大学受験以来だ。どうだ、どうなのだ!? 

 

徹底的に鏡鱗をこする 
 

から雑巾で、最後にきゅっきゅ…。

 

おお・・・?おおおお・・・・?? 

 

徹底的に鏡鱗をこする 
 

ぺかーーーー(*‘∀‘)!!

 

や、やりました!!やりましたよ、おばあちゃん!!

 

これは、めちゃくちゃ綺麗になりました!!シャワー室の隣の、トイレットペーパーもしっかり見れます!!

 

15年ぶりに、シャワー室に光が差している。この頑固鏡うろこを、一体誰が消せると思っただろう。

 

さすが グラスパワー。さすが ダイヤモンドスポンジ

 

これで快適なシャワーが浴びられる。いくらでも残業できる、素晴らしいメンタルを手に入れることができた。

 

本当に有難う。心より感謝します。 

 

ダイヤモンドスポンジ

 

しかし、問題が一つだけある。それは、ダイヤモンドスポンジが摩耗に弱いということ。

 

そのため約40㎝四方を磨くと、写真のように禿げてしまった。こればかりは、致し方がない。

 

ダイヤモンドスポンジ

 

まとめ
ダイヤモンドスポンジは、たくさん買っておこう。

 

~ 今回使用させていただいた商品 ~

 

この点さえ注意すれば、もう怖いものはない。10年を超える鏡うろこも、さよならバイバイだ。

 

追記:同等成分で高性能な鱗落としを発見!【アズマジック】

 

あの鱗落とし戦争から、早一年半…。

 

私はまたしても、同事務所内で鱗付きの鏡の前に立っていた。次はこれを落としてね!と、事務員様の笑顔に後押しされて。

 

しかし既にグラスパワーは使い切ったため、新しい出会いを求めネットの海を漂った。

 

もし同じ成分で低価格なものがあれば、より最高だと。そうすればお読みいただいている方々のお財布にも、過度な負担を掛けないのにと思いながら。

 

すると遂に発見した、プロが使用する業務用で(ほぼ)同成分の製品。名前は『アズマジック』、彼もまたグラスパワー並みに頑固な鏡鱗を綺麗に取り払ってくれた。

 

アズマジック

 

グラスパワー最大の弱点は、その価格が少し高いこと。もちろん昨年の戦争では大変お世話になったのだが、お小遣い生活の私に2000円はちょと痛い。

 

その点こちらは税込み660円と、猛烈なまでに低価格だ。さらに成分を比較すると、以下の通りである。

 

グラスパワーとアズマジックの成分比較

 

今回の鱗落として必要な界面活性剤(界面活性剤は水と鏡との境界をなくす)と、それに粘度を加える補助剤。アズマジックでは補助剤ではなく増粘剤というネーミングで含有されている。

 

さらに強力な鱗をより落としやすくする研磨剤(30%)も含有されており、より強力な鏡ピカピカ作用が期待される。ただ酸性と混ぜるな危険!の表記から、グラスパワーと同様に手袋は必ずお付けいただきたい。

 

そして実際に使ってみた感想は、ほぼ同じ感覚。一度鱗を落とした経験があるからかもしれないが、非常に楽々落とすことができた。

 

粘り気も申し分なく、約2本で大きめの鏡(2メートル四方)を一枚ピカピカに磨き上げることが出来た。大体3000円近くお安くすんだため、その日は鳥貴族で祝杯を挙げた次第である。

 

ただこちらの製品も、単品では効果はかなり薄い。やはりダイヤモンドスポンジか、同様の研磨用スポンジがなければほぼ消えない

 

是非こちらのアズマジックに関しても、末永く愛してやっていただきたい。きっと皆様のご自宅の鏡を、よりパワフルに磨き上げてくれるだろう。

 

ただAMAZON様では価格が100円程度高かったため、私は研磨スポンジとセットでアズマ工業様の公式販売サイトから購入させていただいた。(セット販売がメチャ安い)

 

 

またアズマ工業様の販売元では、プロが愛用する業務用洗剤・裏技的グッズが多数取り揃えられている。こういう類の商品がお好きな方なら、きっとよだれが垂れるほど楽しいだろう。

 

 

さぁさぁ!

 

いざ、ぺかペか祭りを開催しよう。 水回りが綺麗になれば、テンションも最高だ。

 

綺麗な職場やご自宅で、素敵な日々をお過ごしいただきたい。 皆様の水回りが、ぺっかぺかになりますように(*‘∀‘)

  

ツイッターや当ブログも、是非フォロー・読者登録してね(*‘∀‘)!

【登録ボタンはすぐ真下!】

 

 ※各種商品は注意事項を良くお読みになり、自己責任にてご利用ください。