ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

中国旅行記17 夜と表情を変える中国鳳凰の美味しい昼散策

f:id:nekoyamachan:20180210120912p:plain

 

夜も昼も最高。

 

そんなシンプルな感想が飛び出す、中国奥地の鳳凰。その昼の表情は、まるで煌びやかな夜への助走のよう。

 

夜の煌びやかさが注目される、中国鳳凰。ただゆっくり流れる昼の世界は、散策にも最適だった。

 

スポンサー様
 

 

湖南省・鳳凰古城の昼の姿

f:id:nekoyamachan:20180210120903p:plain

 

モーニング臭豆腐。

 

体が欲する食べ物が、段々と中国人らしくなってきた。朝はパン!と叫んでいた私が、まさか朝から臭豆腐を注文するとは。

 

苗家臭豆腐(10元:約170円)と書かれた、鼻腔をくすぐるこちらの一品。その香りは煮込み&揚げ系の、かなり暴力的なタイプだ。

 

お子様が食べればギャン泣きするだろう、容赦なく香る腐〇臭。しかし食べ慣れた今、なんて愛おしい…と、頬ずりの一つでもしたくなる。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112430p:plain

 

臭い…。

 

目まで辛くなる唐辛子ソースに、容赦なく放り込まれたザク切り大蒜。デートを明日に控えたメンズには、決してお勧めできないトッピングばかりだ。

 

しかし揚げ臭豆腐から溢れるエキスは、まるで絶品煮込み。猛烈な辛みとダシの軍勢のが、口に一気になだれ込んでくる。

 

その香りを名付けるなら、臭一揆。米返せ!米返せ!と、村人たちが襲い来る。

 

川独特の生臭さと交じり、もはや気分は川遊び。丸の内OL様にはお勧めしづらい、なんとも野性的な香りである。

 

しかし旨い。ただただ旨いのだ。

 

ブルーチーズのような癖のある旨味で、バクバク食べ進めてしまう。朝の少し冷えた体に、辛みと温かさが一気に押し寄せてくる。

 

これが約170円で食べられるのだから、なんとも羨ましい限りである。もし職場の近くにあれば、同僚女性の悪評と引き換えに毎日食べちゃいたい。

 

f:id:nekoyamachan:20180130112434p:plain

 

もちこもバクバク箸を進め、お互いが容赦ない香りに包まれる。ただお互いが好物であるため、その強烈な香りも全く気にならない。

 

もちろん残ったスープまで、全て飲み干す。朝から胃も強制的に目覚め、本日も元気に働いていただけそうだ。

 

お腹の準備体操も終わり、店主の方にお会計をお願いする。するとここでもまた来てね!と笑顔をもらい、人々の明るさにほっこりさせられる。

 

さらに散策を続けると、次から次へと興味が奪われる。まずその第一弾は、朝から人混みで賑わうご飯屋の店頭だった。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133103p:plain

 

この人混みはなんじゃろ?

 

人々が群がる先には、何やら大きな中華鍋が。そして何やら香ばしい匂いと共に、お煎餅的な揚げ物が目に入る。

 

さらにその揚げ物を、観光客の方々が次から次へと購入する。一体皆様は、何に列を作っているのだろう。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133106p:plain
 

小エビの揚げ物。

 

全体の90%が小エビで構成された、海老だらけのかき揚げ。小麦粉等でかさましされることもなく、サービス精神満点の一品だ。

 

どうやらこの小エビ、この沱江で採れたものらしい。目の前の河で捕まえているのだから、新鮮さも折り紙付きだ。

 

当然ここでも列に並び、揚げたての小エビかき揚げを購入する。一口食べるとふっくら柔らか、高純度の海老の旨味が雪崩込んでくる。

 

そしてお値段もわずか10元(約170円)と、お値段もお優しい。朝から臭豆腐と揚げ物で胃袋も忙しいが、大変美味しい逸品ばかりだ。

 

そしてもちこと海老揚げを分け合いながら、さらなる散策を。すると興味をそそる光景が、次から次へと現れる。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133157p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133111p:plain

 

……。

 

ピクリとも動かない。

 

いきなり遭遇する、まるで子熊のような礼儀正しいわんちゃん。なぜこのモフモフちゃんは、微動だにしないのだろう。

 

恐らく看板犬だろうまなざしは、ずっと一点を見つめている。その頭をわしわしと撫でてみても、時折鼻の頭をぺろりと舐めるだけ。

 

首元の骨の名札には名前が書いてるけど、この名前じゃないと反応しないのかな?そう思って名前を見るが、漢字が難しくて全然読めない。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133146p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133153p:plain

 

さらに街に広がる沢山の小道では、現地の方がご飯を食べている。日本と同じくお米が主食で、おかずと共にモリモリ召し上がっていらっしゃる。

 

朝からビールを飲まれる方や、紙麻雀に興じる方など。涼しい朝の鳳凰の楽しみ方は、人それぞれ。

 

鳳凰全体に敷かれた石畳も趣があり、歩くたびにコツコツ音が響く。その音が教えてくれる歩いている感も、また最高だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133116p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133120p:plain

 

そして川沿いのお店には、中国らしい陶器の数々。その隣では右手に睡蓮の葉を持つ、睡蓮師匠(たぶん)もニッコリ幸せそうだ。

 

店内には魅力的な茶器が広がり、目移りもすごい。もし今地震が来たらどうなるのだろう?と思う程、一面茶器だらけのお店だ。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133123p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133127p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133135p:plain

 

そしてお店の奥に入ると、壁一面に張られる一面の手紙が。どうやらここから中国全土に手紙が出せるらしく、郵便ポストまで備えられている。

 

そして窓の外には、広大な沱江。ここは鳳凰観光の気持ちを言葉に乗せ、友人や家族に贈る場所なのだ。

 

店員さんに写真のご許可を頂き、その光景を写真に収める。もし日本にも送れるなら、会心のイラストと共に友人に送付したい。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133131p:plain
f:id:nekoyamachan:20180210133142p:plain

 

隣には専用の手紙書きスペースがあり、窓の外には沱江の家並みが広がる。そして少し座ると、なにやら文才が舞い降りそうな感覚だ。

 

もしここで手紙を書いたら、なんだか意識高い系の手紙を書きたくなっちゃいそうだな。背景〇〇君とか、普段は使わない言葉が溢れ出てくる気がする。

 

f:id:nekoyamachan:20180210133201p:plain

 

さらに夜は閉まっていたお土産屋が、道沿いに次々姿を現す。伝統的な服や着物も並び、袖を通したくなる物ばかりだ。

 

どうやら記念撮影用の服らしく、川沿いでは着物の女性で溢れている。確かにこれら民族衣装なら、鳳凰の景色にバッチリ映えるよね。

 

f:id:nekoyamachan:20180212121127p:plain

 

そして周囲は勧誘も凄まじく、沢山の女性観光客が笑顔でポーズを撮る。確かに夜だと暗すぎて撮影できないが、この昼間なら最高じゃないか。

 

私もせっかくだからと、もちこに記念撮影を勧めてみる。するとマジで嫌だと、都会っ子独特の断り方をされる。

 

彼女たちの笑顔に勝てる気がしない。

 

それがもちこが嫌がる理由らしい。確かにハチャメチャな笑顔だ。

 

中国独特の文化と金銭感覚

f:id:nekoyamachan:20180210133216p:plain

 

さらに周囲のお土産店を見渡すと、ここでも興味をそそられる。版権のるつぼと言える、好奇心を刺激するお土産ばかりだ。

 

ポケットから便利グッズを出す、みんな大好き猫型ロボット。メガネに話しかけて大人の美声を響かせる小学生探偵。さらに全く関係が見えないチェ・ゲバラまで、その守備範囲は広大だ。

 

ちょっと欲しい。お土産に最適だけど、これ税関で怒られそうだな…。

 

泣く泣くお店を後にし、さらに昼の鳳凰を散策することに。すると昨晩の祭りのあとらしい、生生しい光景に直面する。 

 

~旅の続きは電子書籍で!~

 

第17話のお試し読みは、こちらまで。

宜しければオフラインで一気に読める、電子書籍はいかがですか?

キンドル読み放題対応ですので、是非ご覧下さい!

 

※iphone・アンドロイド端末でも、Kindleアプリでお読みいただけます!

 

WEB版はこちらから!~