ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

イラスト超実践!脳フル回転でも睡眠系アロマで本当に眠れるか?

イラスト超実践!脳フル回転でも睡眠系アロマで本当に眠れるか?

 

マジで眠れない。

 

どうやらこれは、人生最大の不眠期だ。布団に入って数時間、目がギンギンで寝られやしない。

 

ただその理由は、良く分かっている。それは布団に潜る直前まで、ゲームで脳がフル回転していたからである。

 

脳フル回転にも

睡眠系アロマは効果的か?

 

 

本日はこのテーマで、様々な睡眠系アロマを試してみよう。最も安全推奨されない使用方法なども、色々模索しながら。

 

この記事をお読みいただくと
  • 思考フル回転時の、本当に使える睡眠系アロマが分かる
  • 効果を倍加する、アロマの使い方が分かる
  • 睡眠系アロマの限界ラインが分かる

 

頭が冴えて眠れない時とは、なんと地獄なのか。もし安眠アロマに効果があれば、もっとギリまで遊べるのに…( ˘•ω•˘ )

 

 

 

スポンサー様
 

 

睡眠系アロマはどこまで効果的か?

睡眠系アロマはどこまで効果的か?

 

アロマでイケるの…?

 

本当にアロマで、脳のフル回転を沈められるのか。最初は正直、不安でいっぱいだ。

 

というのも、不眠の理由は沢山ある。『入眠時の深部体温』『自律神経の鎮静』『消化器系の活性化』など、その原因は一つではない。

 

しかもこれらの多くは、体内環境が原因の不眠症状たち。しかし今回私の不眠を引き起こしているのは、脳のフル回転だ。

 

寝る直前まで楽しむゲームで 脳が圧倒的な興奮状態に



これはいわば、脳の覚醒状態。脳が全く眠くなぁい!と駄々をこねている、とびっきりの反抗期である。

正直この脳内フルスロットル状態で、リラクゼーション的な要素はあまり効かない。ヒーリングミュージック程度でおネムになるほど、やわな回転力ではない。

 

ぶっちゃけ脳の覚醒時に本当に効果的なのは、『睡眠導入剤』と『マインドフル瞑想』。ただ睡眠導入剤は常用性が生まれ、マインドフル瞑想も初めての方には難しい。

 

睡眠導入剤 マインドフル瞑想 スピー

 

ゃあアロマだ!

 

不眠改善の書籍を拝見しても、インターネッツで検索しても。不眠にはアロマ!の文字が、高確率で飛び込んでくる。

 

個人的には正直、アロマって効かない気がするけど…。でも実際に試してみなければ、アロマ愛好家様に申し訳ない。

 

と、いうことで。

 

 

今回ご用意したアロマは、以下の4つ。それぞれがアロマ界で名を馳せる、安眠オイル四天王である。 

 

『サンダルウッド』『マージョラム』『ラベンダー』『イランイラン』。

 

サンダルウッド』『マージョラム』『ラベンダー』『イランイラン』。この四大睡眠オイルたち。

 

ただ実は、安眠効果を謳うオイルは異常に多い。なぜなら『リラックス効果=安眠効果』と捉えられると、ほぼ全オイルが該当してしまう。

そもそも『アロマ=リラックス』は基本であり、これを許すと本当に効果的な安眠アロマが見えなくなる。そのため『本当に思考鎮静効果の高そうなオイル』だけを選ばせていただいた。

 

『リラックス効果』 で呼びかけると ひな壇芸人並みに主張するアロマ達

では早速、それぞれのオイルと個別面談を始めよう。君たちは本当に、研究結果安眠効果をお持ちなのか。

 

サンダルウッドの安眠効果

サンダルウッドの安眠効果


まず最初は、別名白檀とも呼ばれるサンダルウッドから。数多くの安眠効果と、今回欲しい以下の効果が囁かれている。

 

思考の鎮静に繋がりそうなサンダルウッドの効能
  • 思考の鎮静化
  • 抗痙攣作用
  • 強壮作用・催淫作用・性的強壮作用

 

思考の鎮静化に関しては、かなりピッタリだ。これで研究論文にその効果がつづられていれば、高い効果が期待できる。

 

ただ少し、『強壮作用・催淫作用・性的強壮作用』効果が気になる。これは安眠とは真逆に位置する、脳が逆にフル回転し始める要素ではないだろうか。

 

サンダルウッドの香りのイメージ

 

では次に、香りの特徴を詳細にご報告しよう。実際に嗅ぐと、以下のイメージである。

 

サンダルウッドの香りイメージ
  • 空港ラウンジの免税店を通り抜ける時の薫り
  • 一瞬柑橘系の香りがし、次第に甘みのある香り
  • 歴史ある高級寺院の広間の香り
  • 直に嗅ぐとクラリとくる、強めの清涼感
  • 若い男性はやられるだろう、大人の女性的な香り
  • サキュバスみたい(会ったことないけど)

 

端的に言えば、官能的。ただ通常時に嗅いでも、脳の回転が緩和する感覚(落ち着く)はある。当時に10秒ほど嗅いでいると、嗅ぎ過ぎたのかちょっと眠くなる。 

 

安眠に対するサンダルウッドの研究論文

 

ではこのアロマに、本当に安眠効果は期待できるのか。頭の回転を抑制する効果を、様々な論文内で検索しよう。

 

するとどうやら、『香りの個人差に関係なく』睡眠維持に効果的とのこと。実験で頑張ってくれた寝不足ラットも、普段よりぐっすり良く寝れたらしい。

 

総目覚め時間の有意な減少と総非急速眼球運動(NREM)睡眠時間の増加を引き起こしました。

睡眠障害ラットの睡眠覚醒サイクルに対するサンダルウッドの効果

Sandalwood oil is widely used in aromatherapy for alleviating various symptoms. Santalol, a major component of sandalwood oil, has been reported to have central nervous system depressant effects such as sedation. In the present study, we investigated the effect of santalol on the sleep-wake cycle in sleep-disturbed rats. 

(和訳)

ビャクダン油は、さまざまな症状を緩和するためにアロマテラピーで広く使用されています。サンダルウッドオイルの主成分であるサンタロールは、鎮静などの中枢神経系抑制作用を持つと報告されています。本研究では、睡眠障害ラットの睡眠覚醒サイクルに対するサンタロールの効果を調べた。 

~ 参照研究論文 ~

 

よしよし!

 

このサンダルウッドは、結構使えそうだ(*‘∀‘)! ではどんどん、他のアロマのポテンシャルも確認しよう。

 

マージョラムの安眠効果

マージョラムの安眠効果

 

そしてお次は、シソ科のハーブ『マージョラム』を。ワイルド・スイート・ノッテッドなど豊富な種類があるが、今回はワイルドマージョラムを使用させていただこう。

 

その理由は、単純に名前がカッコいいから。ちなみにこのマージョラムには、以下の鎮静効果が報告されている。

 

思考の鎮静に繋がりそうなマージョラムの効能
  • 沈静・抗不安・制淫
  • 血流促進・血圧降下作用

 

まさに脳の回転抑制にぴったりな、これらのマージョラムの効果。特に制淫効果をお持ちのため、先程のサンダルウッドの効果を打ち消してくれそうだ。

 

さらに血流促進と血圧降下は、まさにぐっすり安眠特効薬。体内からもダブルで攻める、最高峰の安眠バトルが繰り広げられるだろう。

 

マージョラムの香りイメージ

 

そしてその香りは、清涼感一色。ただ清涼感と言っても、少し特徴を持った爽やかさだ。

 

マージョラムの香りイメージ
  • 祖母の田舎を即思い出す綺麗な畳の香り
  • ガツンと鼻に響く柑橘系
  • ティーツリーオイルと激似
  • メンソールのような、鼻が通る心地良さ

 

その香りは、まさに清涼感&爽快感。ティーツリーオイルと非常に良く似た、それでいて不快感の少ない薫である。

 

ただマージョラム単体では、これスキ(*‘∀‘)!となる方は少ないかもしれない。混ぜることをベースとする、基礎アロマで使えそうだ。

 

安眠に対するマージョラムの研究論文

 

そして次に、マージョラムの安眠に関する研究論文もしっかりチェック。どうやら特に、成人男性の睡眠の質改善に高い効果を持つようだ。

 

その研究内容を激簡単に説明すると、左大脳半球の前頭部がいい感じになったと。睡眠誘発効果により、より健やかな安眠効果が得られるということだ。

 

左大脳半球の前頭部と後頭部 および右大脳半球の頭頂部で シータパワーの増加 

睡眠質が悪い男性成人の脳波へのMajorana香りの影響

 

マジョラム香りは、男性の成人に有益な睡眠誘発効果があり、睡眠の質が良い場合も悪い場合もあります。そして左大脳半球の前頭部は有意に増加した。一方、睡眠の質が悪い被験者は、左大脳半球の前頭部と後頭部、および右大脳半球の頭頂部でシータパワーの増加を示しました。 

 ~ 参照研究論文 ~


うんうんうん。

 

キミも良い感じである。1本890円のお値段分は、しっかり働いていただけそうだ(*‘∀‘)!

 

スポンサー様
 

 

ラベンダーの安眠効果

ラベンダーの安眠効果

 

そして次は、天下の宝刀『ラベンダー』を。これはアロマの研究実験でも高確率で使用される、アロマ界の大ベテランだ。

 

ソフランアロマリッチでお世話になった、馴染み深いこちらのアロマ。強制的に元カノを思い出させる、罪深いタイプのアロマと言えるだろう。

 

思考の鎮静に繋がりそうなラベンダーの効能
  • 酢酸リナリルによる、セロトニンの分泌
  • リナロールによる、鎮静作用や抗不安作用

 

その効果は、ずばり『酢酸リナリル』と『リナロール』と呼ばれる二つの成分。これらが興奮した脳の抑制と、睡眠しやすい脳内環境を作り上げるとのこと。

 

ラベンダーの香りの特徴

 

そして実際に嗅ぐと、何と言うことでしょう。いつもの寝室が、あっという間にお花畑に。

 

ラベンダーの香りイメージ
  • 一気に香りの印象が沁み込む、優しい花の香り
  • 嫌な感じのしない、トイレの芳香剤(精油)
  • 万人受けするだろう、清涼感のある香り
  • 香りが強いのに主張しすぎない、謙虚な押し寄せっぷり

 

恐らく多くの方がご存じの、このラベンダーの香り。そのため肌馴染みが強く、スッと生活に馴染みやすい。

 

さらに直接肌に塗布するアロママッサージでは、より高い安眠効果も期待できる。ミツバチに好かれるかもしれないが、今度やってみよう。

 

安眠に対するラベンダーの研究論文

 

そしてラベンダーと安眠に関する研究論文は、まさに膨大だ。同時に全ての研究データが微妙に異なるため、どれをご紹介するべきか悩んでしまう。

 

そのため逆に『ラベンダー精油の安眠効果を支持する研究が多い』ことを、安眠効果の根拠としたい。あとは実際に使用してみて、その効果を実感しよう。

 

数多くの研究で優れた結果を残し 他のアロマに一目置かれるラベンダーさん

多くの論文で香り吸引による睡眠の効果が認められており,特にラベンダー精油で効果があるとした論文が多いことが報告されている。

 

イランイランの安眠効果

イランイランの安眠効果

 

そして最後は、女性に広く愛されるイランイランを。本来男性である私とは無縁のアロマだったが、どうやら神経系の鎮静作用が強いらしい。

 

つまりゲームで暴れる脳の回転を、ギュッと止める可能性があるということ。ちなみにイランイランに期待するその他効果は、以下の通りだ。

 

思考の鎮静に繋がりそうなイランイランの効能
  • 睡眠導入に効果を持つ、リラックス効果
  • 神経系の鎮静作用(思考鎮静)
  • 血行促進(体内睡眠環境の適正化)

 

で、でた(;´・ω・)!

大抵のアロマに書かれるリラックス効果が、全面的にプッシュされている。ただ前述の思考鎮静作用も持つため、ダブルで何とか爆睡させてくれないだろうか。

 

さらに血行促進効果も持つらしく、体内の深部温度を調節するのにも効果的だ。意外とこのアロマ、安眠のスペシャリストなのかもしれない。

 

イランイランの香りイメージ

 

そして実際に嗅ぐと、その独特の香りに驚かされる。正直好みが分かれる強い薫りで、むせるような甘い匂いが特徴だ。

 

イランイランの香りイメージ
  • 男性には好まれるだろう、民族的な甘い香り
  • 中野の占い師の部屋にあるような香り
  • お香ショップの甘い香りゾーンを通った時の香り
  • サンダルウッドと方向性が似た香り

 

恐らく女性の方の中には、この香りが嫌いな方もいらっしゃるはず。甘さが強すぎて、少し酔いそうになる甘味感だ。

 

ただ甘みが強いため、リラックス効果は確かに感じる。バリのホテルでマッサージが始まりそうな、オリエンタルな落ち着きがある。

 

安眠に対するイランイランの研究論文

 

そして実際にイランイランを使った研究では、どうやら抗不安効果が強いらしい。いわゆるこれも、リラックス効果による緊張緩和だ。

 

ただその緊張緩和効果は、雄のラットに顕著に見られている。男性の私にとっては、安眠アロマのスタメンになりそうな結果である。

 

イランイランの香りを嗅ぎ、不安解消&猪突猛進のラットさん

Both acute and chronic YYO exposure showed anxiolytic effect on the male mice. YYO and its major constituent benzyl benzoate might act on the 5-HTnergic and DAnergic pathways.


急性および慢性の両方のYYO曝露(イランイランオイル成分)は雄マウスに対して抗不安作用を示した。YYOとその主成分である安息香酸ベンジルは、5-HT作動性およびDA作動性経路に作用する可能性があります。

~ 参照研究論文 ~

 

よしよし(*‘∀‘)!

 

今回選んだ四天王アロマには、どうやら良い感じの安眠効果があるようだ。リラックス効果・神経鎮静効果、どれが働いても良く眠れそうだ。

 

では早速、実際の効果を検証しよう。ここからは体感的な効果になるが、お付き合いいただければ幸いだ。

 

スポンサー様
 

 

睡眠系アロマの実際の効果

睡眠系アロマの実際の効果

 

爆睡するぞぉ(*‘∀‘)!

 

では早速、これらのアロマを同じ条件下で実践してみよう。条件はズバリ、以下の通りだ。

 

爆睡実践の条件
  • 寝る10分前まで、同ゲームで覚醒(ベヨネッタ)
  • 当日の起床時間、仕事内容はほぼ同じ
  • お酒・寝る前のストレッチはなし
  • 体調も万全、すこぶる元気
  • 脳がめっちゃ働いているのを、体感している状態

 

ただ大学で行われる正式な実験とは違い、被験者も私一人。体感的な結果であることを、笑ってご理解いただければ幸いである。

 

枕+今治タオル
 

そして今回はアロマの効果が脳に届きやすい、枕への直接塗布で試してみよう。ただこの場合は二・三滴が最適と言われるようなので、今回も最大三滴でチャレンジしたい。

 

ではここからは、各アロマの寝る直前までの感覚をご紹介しよう。香りがどんな感覚で眠りに引き入れてくれたか、参考になれば幸いだ。

 

サンダルウッドの安眠感覚

サンダルウッドの安眠感覚

 

まずは、サンダルウッド(白檀)から。

 

眠り始めで最初にイメージしたのは、お寺での瞑想。香り自体がオリエンタルなだけあって、似た香りがあった過去の経験を思い出しやすい。

 

特にお寺での座禅体験の感覚が蘇り、追体験として落ち着きを感じる。ただサンダルウッドの香りが初めての場合は、漠然とお寺のイメージだけかもしれない。

 

高貴な安心感を持つ まるで座禅のような感覚

 

ただお寺のイメージが全面的に押し出され、危惧していた催淫作用はあまり感じない。逆に寝ている時は清涼感を強く感じるため、鼻腔の開き方にも違いがあるのかも。

 

安心感からのリラックス効果が強く、シンプルに眠くなる香り。普段使うのと安眠のために使うのでは、少し感覚が違うアロマだった。

 

サンダルウッドの入眠効果
  • 香り気になる度:★★★
  • リラックス感:★★★★
  • 脳が落ち着く感:★★★
  • 注意事項:安眠重視なら、落ち着いた場所をイメージすると効果的
※個人の感想です

~ 今回使用したお勧め人気サンダルウッドオイル ~

マージョラムの安眠効果

マージョラムの安眠効果

 

続いてマージョラムは、涼しい夏の昼寝のような感覚。柑橘系の香りが鼻に抜け、部屋の気温に左右されない清涼感が魅力的。

 

クーラー付けてたかな?と錯覚しつつも、決して寒いわけではない。それでいて脳の思考がクリアになるような、風が思考を整理するような感覚である。

 

心地良い春の風 すっきりと晴れ上がる感覚

 

ティーツリーのように棘のある香りではなく、あくまでさっぱり心地良い。たださすがは精油、脳に直接働きかける感覚は確かにある。

 

脳の回転が収まるというより、部屋の印象全体が変わる感覚。その結果安眠に繋がるような、是非夏場にも活用したい安眠効果だった。

 

マージョラムの入眠効果
  • 香り気になる度:★★
  • リラックス感:★★★★
  • 脳が落ち着く感:★★★
  • 注意事項:若干寒さを感じる香りかも知れない
※個人の感想です

~ 今回使用したお勧め人気マジョラムオイル ~

ラベンダーの安眠効果

ラベンダーの安眠効果

 

ラベンダーの香りは、 寝室の雰囲気を一変させる。まるで『寝るための部屋』に来たような、部屋がきれいに片付けられたような。

 

その香りは程良い高貴さで、嫌味はさほど感じない。香水コーナーに迷い込んだような、強すぎる香りはあまりない。まさにである。

 

安定の花畑をイメージする ラベンダーの優しい心地良さ

 

安眠効果は、一番安定的に感じられたかもしれない。おそらくそれは、香り自体に馴染みが強く、香りに集中することが少ないため。

 

そのため少し特徴的な、サンダルウッド・イランイランとの組み合わせがお勧め。安心感のある香りと共に、スッとリラックスさせる追加オプションを得た感覚だ。

 

ラベンダーの入眠効果
  • 香り気になる度:★★
  • リラックス感:★★★★★
  • 脳が落ち着く感:★★★★
  • 注意事項:慣れると大量塗布しがち
※個人の感想です

~ 今回使用したお勧め人気ラベンダーオイル ~

イランイランの安眠感覚

イランイランの安眠感覚


イランイランに関しては、最初は甘さが気になってしまう。ただ20回ほど呼吸すると、香りにも慣れ胸の辺りが緩くなる感覚に。

 

思考が鮮明になった』は言い過ぎかもしれないが、思考がフワリと面倒になる感じが来る。結果として脳回転時の『フラッシュバック』的な現象が、早めに落ち着く。

 

脳内に残るゲームの映像が スッと軽減するイメージ

 

脳が高速回転する時に特有の、同じ光景が何度も描写される感覚が消えやすい。スッと入眠しやすくなった、想像とは裏腹に結構使える安眠アロマだった。

 

イランイランの入眠効果
  • 香り気になる度:最初は★★★★~次第に★★
  • リラックス感:★★★★
  • 脳が落ち着く感:★★★★
  • 注意事項:過度に付けると逆に寝られない
※個人の感想です

 ~ 今回使用したお勧め人気イランイランオイル ~

 

スポンサー様
 

 

アロマを効果的に使い続けるなら

より効果的に使い続けるなら

 

ただ問題が一つ。

 

実はアロマには、鼻が慣れてしまうという問題が。香水と同じように、毎日同じ香りを使うと香りに耐性が出来てしまう。

 

その場合は、香りによるリラックス効果は激減。ただ脳の自律神経系に働きかけるなどの、薫り以外の効果は残っているとする見解が強い。

 

ただ効果的な安眠効果を狙うなら、ローテーションがお勧めである。しかも脳が香りに慣れないように、毎日香りは変えておきたい。

 

ただそうすると7種類のアロマが必要なため、ガマグチ君に申し訳ない。ここはアロマの得意技である、組み合わせを活用しよう。

 

お勧め組み合わせアロマ

 

今回の『サンダルウッド』『マージョラム』『ラベンダー』、そして『イランイラン』。全て安眠効果のあるアロマだが、さらにタッグを組ませるとより効果的だ。

 

具体的には同系統の香り・追加効果を持つ、以下のタッグがお勧め。香りに深みも生まれ、実際の安眠効果も体感的に満足できた。

 

(イラスト)『サンダルウッド+イランイラン:少し気分の高揚度が高い』『イランイラン+ラベンダー:香りがマイルドに』『マージョラム+ラベンダー:花感が強くなり、スッと入ってくる』

 

単品4種+組み合わせ3種の、合計7種類。これなら毎日別の香りを楽しみ、尚且つ香りに慣れることも少ないだろう。

 

また毎日香りが変われば、それだけで就寝が楽しくなる。よりワックワクの、香りライフを是非ご堪能いただきたい。

 

~ より安全なアロマの使い方特集はこちら! ~

 

睡眠導入剤は怖い。

 

でも次の日も仕事があるし、無理にでも眠らなければならない。そんな時に古くから愛されてきた、アロマのお力を借りられてはいかがだろう。

 

頭が回転しすぎて眠れない日は、是非一度お試しいただきたい。物理的に頭が回転していない限り、きっと良い効果が得られるだろう。

 

 

ご覧いただき、本当にありがとう(*‘∀‘)!

 

当ライフハックサイト + 運営レシピサイト『旨ブロ』では、週三回の無料メルマガを配信しています。こちらでは絶品レシピファイル不思議と使えるライフハックをお送りしているので、ご興味があれば是非ご登録くださいませ(*‘∀‘)!

 

~ ご登録で未知の情報を受け取ろう(*‘∀‘)! ~

 ≪著者運営ダイエットレシピサイト≫

ツイッター・メルマガ・当ブログも

是非フォロー・読者登録してね(*‘∀‘)!

【登録ボタンはすぐ真下!】

 

んじゃ!

素敵な爆睡ライフを(*‘∀‘)!

ゲームのやりすぎは、良くないね…。

 

※本記事は特定成分の有効性を説明・補償するものではありません。また特定のサプリに対する批評を行う意図もございません。イラストはイメージであり本質的な構造を表現するものではありません。何卒ご容赦ください。