ねこやまローカボ日誌

美味しいご飯を気にせず食べたい、食べさせたい。だから厳選ローカボレシピを紹介させて。

イラスト徹底解説!Lカルニチンの脂肪燃焼・ダイエット効果を探ろう!

イラスト徹底解説!Lカルニチンの脂肪燃焼・ダイエット効果を探ろう!

 

発汗すごいんだ!

 

多くの使用者がそう口を揃える、ダイエットに活用されるLカルニチン。しかしこの人気成分は、果たしてどんなお仕事をお持ちなのか。

 

そしてこれから試すならば、その効果を詳しく知りたい。その正体を確認せずに、体にお迎えするわけにはいかないから。

 

本日ご紹介する、Lカルニチンのダイエット効果。詳しいその効果と理由を、イラスト付きで分かり易くご紹介させていただきたい。

 

この記事をお読みいただくと
  • Lカルニチンの脂肪燃焼・ダイエット効果が詳しく分かる
  • 併用で効果が上がる、相棒的成分も凄く分かる
  • 本当にLカルニチンが必要か、実際のとこも良く分かる

 

宜しければ、ご覧いただけますでしょうか(*‘∀‘)! 薬局で見かけてからカルニチンさんのこと、ずっと気になってました。

 

 

 

スポンサー様
 

 

Lカルニチンのダイエット効果とは

Lカルニチンのダイエット効果とは?

 

ダイエットに効果的?

 

広告などでそう記載されていると、思わず体を乗り出してしまう。もしかして世界的にもすんごい成分が、遂にNASA辺りで発見されたのかと。

 

しかし本日ご紹介するLカルニチンは、結構以前から存在するサプリ成分。2002年12月の食薬区分改正から食品として使用可能になった、なかなかベテランなダイエット成分である。

 

そしてその売りは、ずばり以下の通り。実はその効果は一つだけでなく、数多の効果を持ち合わせるスーパーエリートとの噂である。

 

ダイエットにおける脂肪燃焼効率UP 学習における脳機能の向上 運動パフォーマンス増大

 

Lカルニチンの効果
  • ダイエットにおける脂肪燃焼効率UP
  • 学習における脳機能の向上
  • 運動パフォーマンス増大

 

なんと豊富な…( ゚Д゚)

 

それらの根拠を確認する前に、アマゾンでポチリそうになる魅惑的な効果達。しかしそんなポチ欲をぐっとこらえ、本当に効果があるのかを見極める必要がある。

 

さらに本日はこれら三種から、ダイエット効果だけに特化したい。Lカルニチンの脂肪燃焼効果を、詳しくご紹介させていただこう。

 

Lカルニチンのお仕事

 

では早速、そのダイエット効果を見ていこう。まずこのLカルニチンには、以下のお仕事が日々待ち受けている。

 

Lカルニチンのお仕事(ダイエット篇)
  • 血液中の遊離脂肪酸を、細胞内のミトコンドリアに取り込む

 

え?

これだけ( ˘•ω•˘ )?

 

そう。ダイエットにおけるLカルニチンの主なお仕事は、ずばりこれだけ。 しかしそれでいて非常に重要な、無くてはならぬ専門職だ。

 

まず『痩せる』という行動とは、多くの場合は脂肪を燃焼すること。そしてそのためには中性脂肪を分離し、脂肪を『遊離脂肪酸』と『グリセロール』に分解する必要がある。

中性脂肪を分解して溶かす

つまり何もせずに脂肪だけを狙い撃ちするのは、非常に困難。多くの場合は運動や空腹感等を活用して、まずは中性脂肪を溶かす作業から始めなければならない。

 

さらにその段階で、血液中に溶けだした遊離脂肪酸を狙い撃ちする。これこそが、効果的に脂肪を燃焼させる簡単なロジックだ。

血液中に溶けだした中性脂肪を、運動などで燃焼させる

つまり脂肪だけを燃焼させるというのは、非常に難しい。多くは有酸素運動や高強度の無酸素運動による、カロリー消費等で初めて脂肪が燃焼される。

 

その脂肪燃焼の超分かり易いロジックに関しては、以下の記事をご参照いただければ幸いである。脂肪燃焼効率を根底から考えた、きっとお役に立てる記事ではないだろうか。

~ 脂肪燃焼に関する記事 ~

 

では飲むだけで痩せる!と表現されるサプリは、何なのだろう。あれらはギムネマのような、糖質が大腸自体に吸収されるのを防ぐ、ブロッカー系のサプリメントである。

 

つまり脂肪自体の燃焼を推奨するのではなく、そもそも脂肪の構築を防ぐ(吸収させない)系のサプリ。そのため胃腸に負担を掛けるため、体質に合うかなど様々な問題をクリアしなければならない。

 

勿論それらのサプリも一定の効果が確認されているため、脂肪減少に繋がる利点は存在する。ただ飲むだけで脂肪だけをガシガシ燃やすような、 チャッカマン的なサプリは難しいだろう。

 

~ カーボブロッカー系サプリのお勧め分析記事 ~

 

お話を戻そう。

 

つまり脂肪燃焼を狙うならば、中性脂肪を分解して燃やす必要がある。そして今回のLカルニチンは、ずばりその工程をサポートする成分である。

 

サポート…レベル?

もっとガシガシ燃やすんじゃなくて…( ゚Д゚)?

 

スポンサー様
 

 

脂肪燃焼に繋がるLカルニチンの働き

 

まずLカルニチンは、私達の体内でも生成される重要成分。そしてそのお仕事の一つが、先程登場した遊離脂肪酸の運搬係である。

 

実は運動等で中性脂肪を遊離脂肪酸に分解した後、遊離脂肪酸は勝手には燃焼されない。さらに追撃で運動をしたり、空腹感を維持することでエネルギーとして燃焼される。

 

そしてその際に遊離脂肪酸を焼却炉(ミトコンドリア)まで運搬する係の一人が、Lカルニチンである。つまりいくら遊離脂肪酸が血液中に溶けだしても、それをエネルギーとして使う場所に運んでくれる人がいなければどうしようもない。

溶けだした遊離脂肪酸を焼却炉に 送り届けるLカルニチンさん

もしその係の人がいなければ、せっかく溶けだした遊離脂肪酸は再度肝臓に取り込まれ、もう一度中性脂肪に帰宅してしまう。つまり脂肪燃焼の悲願は達成されず、再度お腹のポニョに戻ってしまう。

 

本来はミトコンドリアという焼却炉で、バリバリ働くはずなのに…。そこまでの案内役である、Lカルニチンがいなければどうしようもないのだ。

 

そのためLカルニチンをサプリとして摂取し、スムーズな脂肪燃焼を狙おうと。そうすれば遊離脂肪酸がボッチでたそがれることなく、効率的な脂肪燃焼が可能だというロジックである。 

一人ぼっちで漂う遊離脂肪酸に 優しく声をかけるLカルニチンさん

 

 ※細かくは脂肪分解によるエネルギー獲得のために、アセチルCoAとしてTCA回路で酸化されるのを支援する

 

つまりせっかく遊離脂肪酸がエネルギーとして活躍しようとしているのに、案内役のLカルニチンが不足していると良くないね!そういうお話なのだ。 

 

Lカルニチンは本当に不足しているのか?

 

では実際、本当に体内のLカルニチンは不足しているのか?もし全然足りていないんだったら、昨日のスクワットは何の意味が…(;´・ω・)

 

その答えは、結構ある。特に20代前半の方の場合、必要なLカルニチンは体内で十分生成されるというのが、多くの研究結果の答えである。

 

あんの(;´・ω・)!?

じゃあサプリ要らないじゃん!

 

正直余裕で徹夜麻雀出来るような若い方の場合、Lカルニチンは体内でも生成される。しかし以下のような特定状況においては、Lカルニチンが慢性的に不足していると考えられている。

 

体内のLカルニチンが不足する場合
  • ビーガン・ベジタリアンなどの野菜が主食の方(30代以上)
  • ダイエット中で食事量自体が少ない方(30代以上)

 

まず前述のとおり、Lカルニチンが体内でモリモリ製造されるピークは、ぴちぴちの20代の方。1日に必要なカルニチンは、肝臓・腎臓においてアミノ酸のリジンとメチオニンにより十分な量が生成される。

 

つまり食物やサプリからLカルニチンを摂取する必要はなく、遊離脂肪酸もぎゃんぎゃんミトコンドリアに案内される。しかし加齢と共にその体内生成量は減少し、太りやすい体質の構成要因となる。

 

若い時はいくら食べても太らなかったんだ…(;´・ω・) そう仰っていた生駒先輩は、豊富なLカルニチンに助けられていたのかもしれない。

加齢と共に少なくなっちゃう 昔の思い出に浸るLカルニチンさん

さらに問題は、加齢に加えて食事内容が変化した場合。実はLカルニチンの多くは肉食から補給されるため、野菜食を中心とする方の場合にも不足しやすくなる。

 

特にダイエット中で高カロリーな肉食を回避された場合、慢性的なLカルニチン不足に陥る可能性がある。そしてこれらの不足状態になって初めて、Lカルニチンをサプリで補給する必要が生まれるのだ。

 

つまりまとめると…。

 

Lカルニチンサプリを飲む前に…
  • 30代以降でLカルニチンの生成が少なくなっているか
  • 野菜中心の食事で、Lカルニチンを摂取する機会が減っているか
  • ダイエット中で、高カロリーな肉食を避けているか

 

Lカルニチンの効果を体感するには、これらの点を確認する必要が必要となる。飲むだけで脂肪燃焼が加速するのではなく、あくまで脂肪燃焼が適切に行われる環境に戻すサプリなのだ。

 

Lカルニチンの使用感と摂取時の注意点

 

そしてこのLカルニチンサプリを実際に飲むと、どうなるか。まず最初に体感するのが、圧倒的な発汗作用である。 

 

まるで透明なサウナスーツを着せられているかのような、少し走るだけで滝のように汗が流れる。そしてこれめっちゃ効いているじゃん(*‘∀‘)!と、河川敷をニヤニヤ走ってしまう。

 

その理由はずばり、Lカルニチンによりミトコンドリア内に遊離脂肪酸が運ばれるから。そしてエネルギーとして燃焼される過程で、体温が上昇するためと考えられる。

 

さらにその上がり過ぎた体温を、適切な温度に戻す必要がある。そしてその調節役こそが、滝のように流れ出る汗(発汗作用)なのだ。

エネルギー燃焼で体温が上がり 調整として大量に発汗する図

ただし。

 

この発汗作用自体に、ダイエット効果は殆どない。あくまで発汗作用とは上がり過ぎた体温を下げるための機能であり、脂肪自体が燃焼しているシグナルではない。

 

むしろ有酸素運動などで長時間の脂肪燃焼を狙うには、脱水症状は最も避けるべき現象の一つ。脂肪の代謝が大幅に低下するため、発汗による脱水は避けなければならない。

 

そのため発汗だけで脂肪が燃焼している(*‘∀‘)!と考えるのではなく、あくまで遊離脂肪酸を燃焼させる運動強度・時間が最も重要。10分程度の有酸素運動で汗をかいただけで止めてしまうと、より効率的な脂肪燃焼が損なわれてしまうのだ。

 

発汗=脂肪燃焼と考えて ご褒美ビックマックに興じる著者の図

さらに脱水症状を避けるための水分補給は、電解質を含んだポカリスエットなどがやはりお勧め。水だけを大量補給すると、体内の電解質バランスが大きく崩れる可能性が高い。

 

その結果意識混濁や痙攣など、かなり深刻な問題になりかねない。さらに有酸素運動は高頻度で行われやすい運動習慣のため、それらの問題発生率も格段に高くなってしまう。

 

つまり。これらの点を踏まえると、Lカルニチン摂取には以下の注意が必要となる。

 

Lカルニチン摂取の注意点
  • 摂取だけで脂肪が燃焼するわけではない(別途運動が必要)
  • あくまで脂肪燃焼が最適に行われるのみ(倍増するわけではない)
  • 発汗自体は、脂肪燃焼のシグナルではない
  • 大量発汗のため、電解質(イオン)の補給が必要
  • 脂肪燃焼には、それなりの長時間(30分以上)が推奨される
  • ※電解質(イオン):ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム等

 

つまりこれらの注意点を克服すれば、本来の脂肪燃焼効率を取り戻せるに違いない。帰省で3キロ増大したわがままボディを、ランニングだけでリセットできた若き大学時代に。

 

ちなみにLカルニチンの摂取タイミングと摂取目安は、以下の通り。これらも重要な要素となるため、ご確認いただければ幸いである。

 

Lカルニチンの摂取量とタイミング
  • アセチルL-カルニチン:一日あたり600~2,500mg
  • L-カルニチンL-タートレート:一日あたり1,000~4,000mg
  • 【摂取タイミング】:運動の30分~45分前

 

むぅ…。

 

飲めば飲むほど、効果が上がるわけじゃないんだ…。やっぱりそんな都合の良いサプリなんて、ないんだなぁ…。

 

その事実を知った時、スタ丼をやけ食いしそうになった。しかし不足している成分を補給することは、日々の努力を無駄にしない重要な作戦だ。

 

いくら遊離脂肪酸を効率的に排出しても、ダイエット中でLカルニチンが不足していては最良の効果は得られない。そういう意味では、補給が必要な成分の一つである。

日々の食事内容と年齢によっては 摂取が推奨されるLカルニチンさん

スポンサー様
 

f:id:nekoyamachan:20180315000313p:plain

 

コエンザイムQ10・αリポ酸との併用

 

さらに実はこの成分、他成分との併用が推奨されている。それはLカルニチンによる脂肪燃焼効果をさらに効率的にしてくれる、2つの成分だ。

 

その名は、コエンザイムQ10αリポ酸。共にLカルニチンと同部署で働く、脂肪と糖の代謝がお仕事の人気成分である。

Lカルニチンのお仕事をサポートする 併用摂取が人気の2成分たち

そして彼らのお仕事とは、ずばり以下の通り。少し分かり辛い部分に関しては、詳しくご説明させていただきたい。

 

コエンザイムQ10のお仕事
  • Lカルニチンのエネルギー生成を助ける(電子伝達系からの移行促進)
αーリポ酸のお仕事
  • 糖質の代謝を促進し、同時にLカルニチンのエネルギー生成を助ける(TCA回路の回転促進に関与)

 

ほうほう。

 

つまりお二人とも、Lカルニチンのお仕事を促進するお仲間だと。さらにαリポ酸はLカルニチンが担当しない、糖質の代謝促進業務も備えているのだ。

 

ただ実際に併用が強く推奨されるのは、ずばりコエンザイムQ10。こちらはLカルニチン単体で使用するより、相乗的な脂肪燃焼効果が期待されている。

 

そしてコエンザイムQ10の職場は、脂肪がエネルギーとして使われる最後の電子伝達系。Lカルニチンから受け取った脂肪をしっかりエネルギー燃焼させる、千と千尋のかま爺的な存在だ。

Lカルニチンが連れてきた脂肪酸を 効率的に燃焼させるコエンザイムQ10爺

もちろんこれらの二成分も、飲めば脂肪が燃焼するというマジックサプリではない。あくまで皆様の努力を結果に残す、松岡修造的なサポート役だ。

 

ただコエンザイムQ10の併用に関しては、動物実験等で効果の増大が確認されている。本来必要な成分を補給することの有効性が、裏付けされた結果とも考えられる。

 

 

何か…。

色々不足している気がしてきた…。

 

ただ実際にLカルニチンの多くは、体内でも生産される。さらに毎日お肉をモリモリ食べる私の場合、平均的に1日当たり約60~180mg※のカルニチンを摂取しているはずである。※L-カルニチンおよびアセチル-L-カルニチン代謝の動態

 

さらに中には、Lカルニチンの摂取が全く代謝に影響を与えないとする研究結果も散見される。それは20年間継続的に1日2g~6g摂取したにもかかわらず、効果は認められないとするしょんぼりな研究結果である。

 

~ 参照研究論文 ~

 

でも実際に飲むと、体感的に発汗作用はすごいしなぁ…。中にはコエンザイムQ10との併用で、効果を感じたって口コミもすごい見るし…(ブツブツ)。

 

ただ記事を書かせていただいている以上、一つの結論も出さなければならない。そうでなければ、ただの気まぐれ☆カルニチン雑談だ。

 

結論。

30代以上の野菜中心のダイエットをされている方で、さらにお肉からのLカルニチン摂取がカロリーオーバーになりそうだから避けたい方は、Lカルニチンサプリが有効かもしんない。

 

ちょっと曖昧さを残した結論で、誠に申し訳ない。ただ絶対摂取した方が良いよ(*‘∀‘)!と申し上げられない以上、嘘をつくわけにもいかないんだ。

 

ただLカルニチンの効果は、二型糖尿病やガン患者様のカルニチン療法等にも使用される。さらにカルニチン欠乏症などの疾患では、摂取が推奨される成分でもある。

 

そのためダイエット効果だけにとらわれず、是非皆様のお体に併せて多角的に価値をご判断いただきたい。同時に使用前には医師の方の診断を受け、安全なカルニチンライフをお送りいただければ幸いだ。

特定の状況ではやはり必要な 適切生成・摂取が求められるカルニチンさん

スポンサー様
 

 

実は種類があるLカルニチンサプリ

 

そして最後に、皆様に一つだけお話しておかなければならない点がある。それはこのLカルニチン、実はその種類は一種類だけではない。

 

え!?

兄弟とかいるの( ゚Д゚)!?

 

実はLカルニチンには、複数の生成種類が存在する。そして今回のダイエット効果(脂肪代謝効果)に直結するのは、L-カルニチンL-タートレート(酒石酸塩・フマル酸塩)・プロピオニルL-カルニチンがメインなのだ。

三種類のカルニチン兄弟 アセチルL-カルニチン L-カルニチンL-タートレート プロピオニルL-カルニチン

もちろんその他のカルニチンも、脂質代謝に影響を与えないわけではない。さらにプロピオニルL-カルニチンに関しては、カルニチンの男性機能向上効果を狙い撃ちできるタイプである。(※いずれのカルニチンも脂質代謝を十分促進するとの見解)

 

ちなみにこれらカルニチン兄弟の、主たる目的は以下の通り。もし脂肪燃焼の最適化を狙うなら、タートレート(酒石酸塩・フマル酸塩)・プロピオニルが無難ではないだろうか。

 

各カルニチンサプリの主目的
  • アセチルL-カルニチン:脳機能向上
  • L-カルニチンL-タートレート:脂質代謝促進
  • プロピオニルL-カルニチン:素早い脂肪燃焼&効率化、男性機能向上

 

もしこれからLカルニチンサプリをご検討されるなら、これらの違いにも気にされると良いだろう。きっとお望みの効果に、最短距離で向かうことができるから。

 

~ おすすめLカルニチンサプリ ~

 

発汗凄いんだ?

 

そんな耳寄りな口コミから使い始めた、Lカルニチン。ただその正体を知ると、人体の面白さを痛感する。

 

やはりダイエットに近道なし、尚且つ最適な代謝環境を作ることは重要だ。毎晩河川敷を走り込むなら、その努力は無駄にしたくない。

 

だからこそ、本当に必要な成分だけを見抜くことって大切だ。体にもお財布にも、いつまでも健康的でいて欲しいから…。

 

ここまでお読みいただき、本当に有難う御座います!もし宜しければ、こちらのダイエットレシピ本もご覧いただければ幸いです!

 

筋トレや糖質制限にも大変使える、厳選・未公開81レシピを一挙収録!また読み放題にも対応しましたので、お読みいただければ最高に幸せです(*^-^*)

 

今なら読み放題初月30日間無料!
≪著者運営ダイエットレシピサイト≫

ツイッターや当ブログも、是非フォロー・読者登録してね(*‘∀‘)!

【登録ボタンはすぐ真下!】

 

んじゃ!

ナイスな燃焼ライフを(*‘∀‘)! 

 

※本記事は各サプリメント、成分の有効性を保障するものではありません。

 また特定のサプリメントに対する批評を行う意図もございません。

 イラストはイメージであり、本質的な構造を表現するものではありません。

 何卒ご容赦ください。